目次

  1. ミノタブを飲んでいたらむくみが出てきた…
  2. ミノタブの真実
  3. 薄毛治療はミノタブ以外の方法で!
  4. むくみが出てきた場合の対策法
  5. 正しい知識を持って、自身に合った治療をしよう

薄毛治療薬として市場を席巻しているミノキシジルタブレット通称ミノタブ
ネット上でも話題ですし、薄毛対策で使っている方もいることでしょう。

そんなミノタブですが、口コミを見ると「副作用でむくみが出てきた」という声も少なくありません。
むくみは見た目に影響を与えますし、どうにかして対処したいですよね。

今回は、そんなミノタブによるむくみの対策法を紹介します。

早速対策を!といきたいところですが、その前に大事なことを一つだけお伝えします。

ミノタブの効果・副作用については現状はっきりとしたことは言えないため、ヘアラボではミノタブの服用は推奨していません。

むくみ対策を見る前に、まずはミノタブの恐ろしい真実を解明していきましょう。

薄毛治療薬として知られるミノタブですが、実はミノタブは薄毛を治療するために作られた薬ではありません。

その正体は、アメリカで開発された降圧剤、つまり血圧を下げる薬です。

したがって、薄毛治療の効果は認められていませんし、世界的に見てもミノタブを薄毛治療薬として承認している国はありません。

そんなミノタブが薄毛治療に用いられたのは、副作用の「多毛症(注1)」によって、髪も増えるのではないかという憶測からです。

つまり、ミノタブは体毛が濃くなる副作用を持っているものの、本来血圧を下げるための薬ということ。
薄毛治療に用いても、何が起こるかは分かりません。

また、ミノタブは降圧剤の中でも作用が強く、重篤な高血圧患者にのみ処方される薬でもあるため、副作用目当てで服用するとなると身体への影響は計り知れません。

ヘアラボでミノタブの服用を推奨していないのは、これらの理由からです。

ちなみに、日本皮膚科学会による男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版においても、有用性・危険性が不透明なことから推奨度は最低のD(=行うべきではない)

一部の医師による安易な処方も問題視されていますので、「口コミによると効果がありそう」「クリニックで勧められた」などという理由で手を出さないようご注意ください。

「じゃあ、薄毛になったら諦めるしかないのか…」
そんなことはありません。

世の中には、効果の認められた薄毛治療がミノタブ以外に存在しますからね。
続いて、ミノタブに代わる薄毛治療法を紹介していきます。

注1:体毛が濃くなる症状のこと。

再三になりますが、ヘアラボではミノタブの服用は推奨しません。
では、どのようにして薄毛を治療すればいいのか…。

幸いなことに、日本では有用性・危険性の検証された薄毛対策がいくつか存在します。
今回は、先にも名前の挙がったガイドラインにて、推奨度A(=行うよう強く勧める)またはB(=行うよう勧める)とされる4つの対策を紹介していきますね。

  • ミノキシジル外用
  • フィナステリド内服(※男性のみ)
  • デュタステリド内服(※男性のみ)
  • 自毛植毛

それぞれにまた別のリスクやデメリットはありますが、一つ確実に言えるのは「これらは国で認可を受けた薄毛対策である」ということ。

詳しくは以下の記事に載っていますので、ぜひ併せて参考にしてください。

続いて、「すでにミノタブを使用しており、むくみが気になってきた」という方に向けて、むくみの対策法を説明していきます。

むくみの対策法というと、世間では「生活習慣の改善」「マッサージ」など、手軽なものがおすすめされています。
ですが、ミノタブを飲んでむくみが出てきた方には、上記のような対策は推奨しません。

なぜなら、上でも説明した通り薄毛治療でミノタブを服用した場合の危険性は、科学的に検証されていないため。

むくみが現れたからといって、それがミノタブの副作用によるものだと断言できませんし、血圧の変化が臓器に負担をかけている可能性もあります。

むくみの原因には、心不全や肝硬変など重篤な疾患も考えられるため、一般的なむくみ解消法を試すよりも、医師に相談した方が良いでしょう。

その際はミノタブを服用している旨はもちろん、いつから服用しているのか、どういった用法用量で服用しているのか、具体的に伝えることが大切です。

しつこいようですが、ヘアラボではミノタブの服用は推奨しません。

すでに服用している方も、服用を検討している方も、ミノタブがリスクの大きな薬であることを理解し、薄毛治療の選択肢から外してください。

また、ミノタブの服用と同時にむくみが気になっている方は、一度医師に相談するようにしましょう。

薄毛の悩みは決して軽いものではありませんが、まずは健康を意識して対策していくことが大切ですよ。

参考文献
[1] 麻生泰 , 薄毛治療の新常識 , (白誠書房、2016)