目次

  1. ミノキシジルタブレットは1日にどれだけ飲むのが適切なの?
  2. そもそもミノキシジルタブレットとは?
  3. ミノキシジルタブレットの正しい服用量
  4. ミノキシジルタブレットの服用方法を解説
  5. 【重要】ミノキシジルタブレットの副作用って?
  6. ミノタブは用法・服用量を守って使用しよう

発毛効果が期待できるとして話題の成分、ミノキシジル。

クリニックではミノキシジルをタブレットにした、内服タイプのミノキシジルタブレットが処方されることもあります。

ミノキシジルは多く使用すると発毛効果が増すとも言われていますが…ではミノキシジルタブレットはどれくらいの量を服用するのが適切なのでしょうか?

今回は、このミノキシジルタブレットの適切な服用量や、服用方法について徹底解説します。

すでにミノキシジルタブレットを服用している人も、これから服用使用と考えている人も、ぜひ一度チェックしてください。

まずは自分が薄毛かどうか判断したい…

自分の症状にあった薄毛の対策方法を知りたい…

そんな方はまず『ヘアラボカルテ』でいまの薄毛レベルや対策方法をお調べすることをおすすめします。
たった90秒で簡単に薄毛の進行度合いや対策方法を調べることができますので、ぜひこちらを試してみてください!

ミノキシジルタブレットとは、発毛効果が認められたミノキシジルを有効成分とする内服薬。

クリニックで処方されるものは主に、ミノキシジルの含有量によって下記の3種類に分けられます。

  • 2.5mg錠
  • 5mg錠
  • 10mg錠

処方される場合、この3種類から医師の診断に沿って適切なものが処方されます。

ミノキシジル自体は、国内でも発毛効果が認められた成分。

しかし、ミノキシジルタブレットは、AGAの治療薬として認可されていません。

ですので、服用を検討されている方は慎重にご判断いただくようお願いいたします。

服用を希望される方は、クリニックで処方してもらう他、個人輸入や代行業者を通じて海外から購入(注1)することができます。

注1:個人輸入は、偽造品や適切な服用ができないなどのリスクから、ヘアラボではおすすめしていません。詳しくはヘアラボポリシーをご覧ください。

ミノキシジルタブレットの適切な服用量は人によって異なります。

ミノキシジルタブレットをAGA治療に使用する場合、1日の内服量は5mgが目安とされています。

しかし、効果が出にくい場合などは、医師の判断で10mgまで増やして処方されることも。

また、初めてミノキシジルタブレットを使用する場合は、2.5mg錠から服用を始め、様子を見ながら服用量を増やすことがあります。

つまり、ミノキシジルタブレットの服用量は、明確には決まっておらず、人によって適切な服用量が異なるのです。

また、服用量の変更は医師が診察をして行うもの。

効果がでないからといって個人の判断で服用量を増さず、必ず医師に判断してもらうようにしましょう。

適切な服用量がわからないまま 自己判断で服用量を増やしてしまうと、副作用のリスクが高まってしまうので注意してください。

ミノキシジルタブレットの正しい飲み方のポイントは、以下の4つです。

  • 医師に指定された量を守って飲む
  • 毎日飲み続ける
  • 食後に飲む
  • 飲む時の飲料はお水がおすすめ

それぞれ、理由を詳しくご説明しますね。

医師に指定された量を守って飲む

先ほどもお伝えした通り、ミノキシジルタブレットの服用量は人によって異なります。

必ず、医師に指定された量を守って服用しましょう。

また、少し効き目に不安があり服用量を増やしたい場合は、前述の通り、医師の判断を仰ぎましょう。

1日のミノキシジルの摂取量が増えるということは、その分副作用のリスクが高まるのです。

毎日飲み続ける

ミノキシジルタブレットを飲み忘れたり、自己判断で飲むのを止めてしまうと、発毛の効果を期待できなくなると考えられます。

処方薬は、医師の指示通りに毎日飲み続けることが大切。

ミノキシジルタブレットの効果を実感できるまでには、早い人で3~4か月、通常で6か月間の服用期間が必要とされています。

AGA治療は継続的な服用が重要となるので、飲み忘れがないように注意しましょう。

朝食後に飲む、朝食後と夕食後に飲むなど、指定された1日の服用数に合わせて、飲むタイミングを決めておけば、飲み忘れも防げますよ。

ただし、服用後に体に異変が出た場合や、副作用の疑いがある場合は、使用を中止してすぐに医師に相談してくださいね。

食後に飲む

ミノキシジルタブレットを服用するタイミングは、特に決められていません。

しかし、一般的な薬と同様、ミノキシジルタブレットは食後に飲むのが良いでしょう。

食後であれば胃腸や肝臓に負担が少なくて済むためです。

飲む時の飲料はお水がおすすめ

ミノキシジルタブレットを飲むときの飲料は、特に指定されていません。

しかし、一般的な医薬品は飲料の成分と薬が結合してしまい、薬の吸収や効き目が悪くなる可能性があるので、水で飲むのが良いとされています。

ミノキシジルタブレットも、飲料によっては吸収が妨げられる可能性があるので、水で飲むのがおすすめです。

自己判断で服用量を増やしてしまうと、副作用のリスクが高まると説明しましたね。

続いて、ミノキシジルタブレットにはどのような副作用のリスクがあるのかについて見ていきましょう。

ミノキシジルタブレットには、以下の副作用の症状が報告されています。

  • 血圧低下
  • めまい、動悸、息切れ
  • 吐き気、嘔吐、腹痛
  • むくみ
  • 性欲減退
  • かゆみ
  • 多毛症

ミノキシジルはもともと、血圧の降下剤に含まれている成分。

そのため、血圧の低下やそれに伴う動悸などの副作用が現れることが考えられます。

その他、タブレットとして服用することで、全身に成分が行き渡るため、体毛が濃くなる多毛症が起こることも。

これらの症状は、ミノキシジルの含有量が多いものや、服用量が多いほどリスクが高まるとされています。

そのため、血圧に異常がある人や血圧の薬を飲んでいる人などは、服用が禁止されることも。

注意しなければいけないのは、服用量が通常量であっても、このような副作用の可能性はあるということ。

自己判断で服用量を増やしてしまった場合、あくまでもこれらの副作用のリスクが高まるというだけの話です。

ですので、万が一ミノキシジルタブレットの服用によってこれらの症状が出た場合は、すぐに使用を中止し、医師に相談してください。

ミノキシジルタブレットは、人によって適切な服用量が異なるため、明確にどれだけ飲めば良いということはできません。

しかし、クリニックでミノキシジルタブレットを処方してもらった場合、服用量が指示されます。

その量を超えて服用することは、副作用のリスクを高めることに繋がります。

早く効果を出したい気持ちはわかりますが、まずは体に余計な負担を与えないためにも、指示された服用量を守りましょう。

また、ミノキシジルタブレットは個人輸入や代行業者を通じての購入も可能です。

その場合、自分にとって適切な服用量がわかりません。ミノキシジルタブレットを使用する場合は、必ず薄毛治療を行うクリニックを受診してくださいね。

参考文献
[1] 麻生泰 , 薄毛治療の新常識 , (白誠書房、2016)