目次

  1. ミノタブの副作用で多毛になる!?
  2. 【結論】ミノタブで体毛が濃くなることもある
  3. 実際にミノタブで体毛が濃くなった【体験談】
  4. ミノタブで体毛が濃くなったときの対処法は?
  5. 多毛症以外のミノタブの注意点
  6. 効果と副作用どちらも考慮しましょう!

薄毛治療を調べているとよく出てくるミノキシジルタブレット、通称ミノタブ

そんなミノタブですが、服用すると体毛が濃くなるという噂があります。

「頭髪が濃くなるのは嬉しいけれど、他の部分に毛が生えてしまうのはちょっと困る…」
「薄毛の薬なのに、なんで体毛が濃くなるの?」

なんて方も多いはず。

そこで今回は、本当にミノタブを服用すると体毛は濃くなるのか体験談を含め、調べてみました。

薄毛治療について詳しく知る前に

そもそも自分は本当に薄毛かどうか判断したい…

という方や、

自分の症状にあった薄毛の対策方法を知りたい…

という方は、まず『ヘアラボカルテ』でいまの薄毛レベルや対策方法をお調べすることをおすすめします。
たった90秒で簡単に薄毛の進行度合いや対策方法を調べることができますので、ぜひこちらを試してみてください!

結論から述べると、ミノタブの服用によって体毛が濃くなることはあります。

なぜなら、ミノタブの副作用には体毛が濃くなる、多毛が認められているため。

そもそも、ミノタブの主成分であるミノキシジルは、もともと高血圧用の医薬品でした。

そんなミノキシジルが発毛薬として利用されるようになった背景には、副作用の多毛があるのです。

ミノキシジルは、血行を促進し、髪の毛を作り出す機関である毛乳頭に栄養を与え、発毛を促す作用を持っています。

ミノタブを服用すると、このミノキシジルが血管を通って身体中を駆け巡ることに。

すると、全身の毛乳頭にも栄養が行き届き、頭髪以外の体毛も濃くなるという仕組み。

つまり、体毛が濃くなるということはミノキシジルの効果の現れとも言えるのです。

さまざまな部位の体毛が増える

中には、体毛は濃くなったものの、頭髪での効果は見られないという感想も…。

効果や副作用には個人差があるため、このような症状になる可能性もあるのですね。

ミノタブを飲んだからといって、必ずしも体毛が濃くなるというわけではなく、また体毛が濃くなったからといって髪も増えるというわけではないようです。

口コミをいくつか見たところ、腕の毛が濃くなった、という方が多かったです。

多毛が起きる箇所には個人差があり、足や手の甲、なかにはまつ毛が濃くなったという方もいるほど。

もちろん、多毛が起きないという方もいますが、思いがけない部位が毛深くなるかもしれません。

事前にしっかり理解しておくことが大切ですよ。

体毛が増えても、髪は増えないことも…

※これらの口コミは効果・効能を保証するものではありません。

それでは、ミノタブを飲んで、実際に体毛が濃くなってしまったら、どうしたらいいのでしょうか?

ここでは、ふたつ対策をお伝えします!

  • ①自己処理(剃る・抜く)
  • ②脱毛

①自己処理(剃る・抜く)

まずは、自分でできる対策方法。

剃る・抜くといった方法があります。

剃る場合は、カミソリ電動シェーバーを使うのが簡単です。

カミソリは肌を傷める可能性があるため、クリーム等でのケアをお忘れなく!

抜く場合は、一本一本、毛抜きで抜く方法もありますが、市販されている除毛テープワックスを使う手段もあります。

こちらもカミソリ同様、肌を傷める可能性があるため、しっかり説明書を読んでから使用しましょう。

②脱毛

もうひとつは、プロに任せる脱毛

クリニックでの医療脱毛や、男性専用の脱毛サロンに通うという方法があります。

費用はかかりますが、多毛が全身に渡っている場合は範囲が広い分、自己処理をするより楽に対策ができます。

レーザー脱毛などの場合、施術前に自己処理が必要になる可能性があるため、クリニックやサロンのHPなどで、施術前の手順について確認しておきましょう。

ここまで、体毛が濃くなるミノタブの副作用について見てきました。

ミノタブを服用する際に、ぜひ知っていただきたい注意点がふたつあります。

副作用

ミノタブを服用する際に、注意していただきたいことのひとつは、副作用のリスク。

体毛が濃くなる以外にも、次のような副作用のリスクが指摘されています。

  • 動悸・息切れ
  • めまい
  • 不整脈
  • 性欲減退
  • 血圧低下
  • 吐き気・嘔吐
  • 腹痛

以上のような症状が出たら、ミノキシジルの副作用かもしれません。

すぐに医師に相談し、休薬などの対処を行ってください。

購入方法

もうひとつ、注意していただきたいのは購入方法。

ミノタブは医療用医薬品のため、原則として医師からの処方が必要な薬です。

ですが、未承認薬であることから、取り扱っているクリニックはあまり多くないのが現状。

そこで利用されているのが、海外から医薬品を取り寄せる個人輸入という手段です。

未承認の医薬品であっても、個人の使用の範囲内であれば合法的に輸入できるのですね。

安価で手軽なことから、利用している方もいるかもしれません。

ですが、この個人輸入には偽造品の流通という問題があり、効果が期待できない・重篤な健康被害、といったリスクがあります。

そのため、ヘアラボのポリシーでは医薬品の個人輸入は推奨しません。

お求めの方は、取り扱いのあるクリニックで処方してもらいましょう。

発毛効果が期待できるミノタブですが、これまでお伝えしてきたように、体毛が濃くなる副作用があります。

薄毛の悩みだけでなく、もともと体毛でも悩んでいる方がミノタブを服用すると、さらに悩みが大きくなってしまう可能性も…。

また、この多毛症の他にも副作用があります。

その点を踏まえ、医師と相談の上、服用は慎重に判断しましょう。