目次

  1. ミノタブを飲んでいたら、体毛が濃くなってきたような…
  2. ミノタブ(ミノキシジルタブレット)とは?
  3. ミノタブ服用者からの報告が多い副作用、多毛症
  4. ミノタブで体毛が濃くなる仕組み
  5. ミノタブの副作用でどのくらい体毛が濃くなるの?
  6. ミノタブによる多毛症は仕方のないこと…
  7. ミノタブによる多毛症への対策方法
  8. 発毛効果だけに目が行きがちですが…リスクもしっかりチェック!
副作用?
副作用?

どうしたものか…

有効成分ミノキシジルを含んだミノタブ

元々は高血圧の薬でしたが、副作用で全身の多毛が生じたことをきっかけに、薄毛治療に使用されるようになりました。

ミノキシジルは、ヘアサイクルの司令塔である毛乳頭細胞に働きかけ、発毛効果の高いアデノシンを分泌し、血行・発毛促進、しっかりとした髪を育てる効果が期待できます。

とはいえ、ミノタブはあくまでも高血圧の薬であって、薄毛治療薬としては未認可です。

薄毛に効果が大きい反面、副作用も多く注意が必要な薬であることも、頭に入れておきましょう。

最強の育毛剤とも呼ばれているが
最強の育毛剤とも呼ばれているが

副作用も気になりますね

ミノタブが薄毛治療に用いられるようになったきっかけは、高血圧治療の際、副作用で体毛が濃くなったからでした。

その副作用を利用して薄毛治療が出来るほど、ミノタブは体毛を濃くしてしまう効果があります。

ミノタブを飲んだ人の、一部の人に見られるという体毛の増加。

なぜ濃くなるのか、どのくらい濃くなってしまうのかなど、ミノタブの副作用として避けがたい体毛の変化について、ご説明していきたいと思います!

髪が増えるのはいいけれど
髪が増えるのはいいけれど

多毛症も困る…

ミノタブは、口から摂取する内服薬ですね。

その有効成分は、血液の流れにのって全身へと運ばれます。

すると当然、頭髪だけでなく、ありとあらゆる体の毛穴に、その有効成分が作用します

と、いうことは…そうですね。

全身の体毛に、発毛・育毛効果が作用しましまうことがあるのです。

ミノタブは全身に作用してしまうので、体毛が濃くなってしまうのですね。

頻度の高い副作用です
頻度の高い副作用です

頭に入れておきましょう

ミノタブの副作用である多毛症。

体毛がどのくらい濃くなってしまうかは、個人差がかなり大きいようです。

元々薄かった方はその濃くなった体毛に驚くことが多い反面、元々濃かった方は変化に気づきにくいという面もある様子。

体毛が濃くなったと感じるのは、大体ミノタブを飲み始めて2~3か月後から。

部位としては、腕や足はもちろん、胸、腹部、お尻、さらには顔の産毛も濃くなるようです。

眉毛やひげが濃くなったとの報告も見かけます。

ミノタブを止めて元に戻る方もいれば、濃いままの方もいるようで、こちらも個人差が大きいようですね。

薄毛対策には、効果が期待できると言われるミノキシジルタブレット。

通称ミノタブと言われるこの薬には、いくつかの副作用のリスクが伴います。

なかでも、体毛が濃くなるという多毛症の副作用は、ほとんどの人に出るようです。

それはいったいなぜなのでしょう。

今回は、そのメカニズムや多毛症への対策法などを、ご紹介したいと思います。

体毛の変化
体毛の変化

濃くなるのは仕方がない様

内服薬であるミノタブの有効成分は、血液の流れにのって、全身に作用するのでしたね。

有効成分ミノキシジルは、身体中の毛乳頭細胞に働きかけて、発毛・育毛効果を期待できます

ですから、ミノタブを飲んで体毛が濃くなってしまうのは、ある意味当然のことなのです。

ミノタブを飲むなら、体毛が濃くなることは必ずあると思っておいた方がいいですね。

そうなのか…
そうなのか…

飲む前に心構えをしておかなくては

ミノタブの内服で体毛が濃くなってしまうのは、ある程度仕方がないことのようです。

気にならない、もしくは男らしくて気に入った!という変化の場合はいいのですが、濃くなって気になる場合は、以下の方法を試してみましょう。

抜く・もしくは剃る

体毛が気になった時、手軽にできる方法です。

一本一本抜くのはかなり時間がかかりますが、太く目立つ毛があるときは、ピンポイントで抜くとすっきりします。

また、広範囲を一気にツルツルにしたい時には、カミソリなどで剃ってしまうのがおすすめです。

肌がカミソリ負けすることもありますので、シェービングフォームやローションを必ず使うようにしましょう。

また、電気シェーバーは、カミソリより肌に優しくあたるので、肌の弱い方は電気シェーバーを使うのもいいですね。

メンズエステなどで脱毛する

肌が弱い方は、エステの脱毛もおすすめです。

手軽にできても、カミソリは肌がブツブツになってしまったり、毛抜きは痛みがあり、赤くはれることもあります。

その点、レーザー照射などで脱毛するエステは、肌への負担が少なく、美肌に導く効果もあります。

毛周期に合わせて通い続ける必要がありますが、確実に体毛が薄くなっていきますよ。 脱毛といっても好きな濃さにできるので、ツルツルになってしまうのが嫌でも大丈夫です。

ミノキシジルの外用薬を使用する

内服薬であるミノタブは、血液の流れとともに、有効成分が全身を駆け巡ります。

そのため、髪を生やしたいと思って飲んだミノタブの成分は、頭髪だけでなく、全身の毛穴に作用します。

ミノタブの有効成分、ミノキシジルは、内服に比べ、皮膚からの吸収効果が低いです。

ミノキシジルを使いたいけど、副作用は最小限にしたい、そんな時は、外用薬にすれば副作用の減少が期待できます。 しかし、副作用のリスクがあることは変わらないので注意してください。

気持ちを切り替えて
気持ちを切り替えて

対策はいろいろあるよね

ミノキシジルの濃度を下げる

ミノタブは、有効成分ミノキシジルの含有量が違う、2.5mg、5mg、10mgという三種類の錠剤があります。

ミノキシジルの含有量が多いと、期待できる発毛効果も高いですが、それに比例して副作用も強くなります。

ですから、少しでも体毛が濃くなるのを抑えたい場合、ミノキシジルの濃度を下げるのも考えたい手段ですね。

他の育毛方法に切り替える

ミノタブを飲む限り、体毛が濃くなるのは仕方がないようですね。

体毛が濃くなるのを避けたいなら、確実な方法はミノタブを使用しないことです。

薄毛治療には、ミノタブ以外にも選択肢はいろいろあります。

AGA治療薬のプロペシア、育毛剤やサプリメントなど、ミノタブにこだわらず、他の薄毛対策に変えてみるのもいいかもしれません。

育毛法はひとつじゃない!
育毛法はひとつじゃない!

自分に合うものを見つけよう

ミノタブは、薄毛治療に効果が期待できる薬です。

しかし元来は高血圧の治療薬。

その副作用は、多毛症の他にも動悸、むくみ、肝機能障害など多くのリスクが伴います。

誰しも、できるだけ期待できる効果の高い薄毛対策をしたいですよね。

けれど、効果だけに目を向けず、薬の副作用や体調にも気を配って、ご自分に合った薄毛対策方法をじっくり選んでくださいね。