目次

  1. ミノタブとアルコールの飲み合わせってどうなの?
  2. まずはミノタブについておさらい
  3. ミノタブとアルコールを同時に飲むのは推奨しません
  4. アルコールが薄毛に与える影響
  5. ミノタブとアルコールの関係をしっかり理解しておこう!
ミノタブでの薄毛治療を始めたい
ミノタブでの薄毛治療を始めたい

でもお酒を飲めなくなる?

薄毛で悩んでいる方の中には、ミノキシジルタブレット、通称ミノタブの服用を検討している方もいるのでは?

ですが、薬ということでアルコールとの飲み合わせが気になりますよね。

仕事上の付き合いや毎日の晩酌など、お酒が習慣となっている方にとって、お酒が飲めなくなるのは辛いところ。

そこで今回は、ミノタブとアルコールの飲み合わせについて詳しく調べていきます。

アルコールと薄毛の関係にも触れていくのでお見逃しなく!

ミノキシジルを主成分とするミノタブ
ミノキシジルを主成分とするミノタブ

ミノタブの効果や副作用をしっかりと確認しておこう

まずは、ミノタブについておさらいをしておきましょう。

ミノタブは、発毛効果が認められているミノキシジルを主成分とする医薬品。

もともと血圧を下げる降圧剤として開発されましたが、体毛が濃くなる副作用があることが分かり、薄毛治療に用いられるようになりました。

現在ミノタブは、AGA治療薬としては国から承認されていません。

未承認薬は医師の処方箋があれば購入できるので、お求めの際は取扱われている一部クリニックを受診してください。

ミノキシジルの効果はこちら。

  • 血管拡張作用

  • 毛乳頭細胞を刺激

これらの効果によりミノタブの服用で、髪の成長を促したり、健やかな髪が育ちやすい頭皮作りが期待できるようになります。

次に、ミノタブの副作用はこちら。

  • 血圧低下
  • 性欲減退
  • 動悸・息切れ
  • 多毛症
  • めまい
  • 不整脈

ミノタブを服用して、これらの症状が現れた場合は医師に相談してください。

ミノタブについて、もっと詳しく知りたい方は下記の記事を参考にどうぞ。

ミノタブとアルコールの飲み合わせはNG!
ミノタブとアルコールの飲み合わせはNG!

理由までしっかりと確認しておこう

ミノタブとアルコールの飲み合わせに関して、同時に飲むのは推奨しません

理由はこちら。

  • 肝臓への負担が大きい
  • 血圧が下がり過ぎる可能性も

ミノタブは、肝臓で代謝され分解されたのち、有効成分が血液とともに全身へ拡散します。

アルコールも同様に肝臓で代謝されるため、同時に飲むと肝臓への負担が大きくなり、肝機能障害につながる可能性も考えられます。

また、アルコールは一時的に血圧を下げることが分かっており、そこに血圧を下げる副作用のあるミノタブを摂取すると、血圧が大幅に下がり過ぎてめまいや立ち眩みなどが起こることも。

これらの理由から、ミノタブとアルコールを同じタイミングで服用することは推奨できません。

夜にお酒を飲む機会が多い方は、朝にミノタブを飲むよう習慣付けるなど、タイミングをできるだけずらしてください。

それぞれの服用時間を離して間隔を開くことで、肝臓への負担を少しでも抑えることが重要です。

また、ミノタブとの飲み合わせとは関係なく、アルコールの過剰な摂取が髪に悪影響を与えることも。

それでは続いて、アルコールが髪に与える影響についてみていきましょう。

お酒で睡眠の質が低下?
お酒で睡眠の質が低下?

眠りが浅いと髪の毛に影響がでることも...

ミノタブとは関係なく、アルコールを飲み過ぎると、薄毛の原因になることもあります。

それは、アルコールの飲み過ぎで身体に以下のような影響があるため。

  • 睡眠の質の低下
  • 肝臓への負担

睡眠の質の低下

アルコールを分解した際に生じるアセトアルデヒドには、睡眠の質を低下させる作用があります。

お酒を飲むとよく眠れると思われがちですが、実際は眠りが浅くなり、夜中に目を覚ましたり翌朝早くに目が覚めたりしてしまうのです。

髪の成長に必要な成長ホルモンは睡眠時に多く分泌されるため、眠りが浅いと十分に分泌されず、髪が弱って抜けやすくなり薄毛を招くことがあります。

肝臓への負担

肝臓アルコールを分解する一方で、タンパク質を合成する働きもあります。

髪の毛の約90%はタンパク質から作られているため、肝臓のタンパク質を合成する働きは髪にとって重要。

ところがお酒を飲み過ぎると、肝臓はアルコールの分解に追われ、タンパク質の合成に影響が出てしまいます。
体は生命維持に必要なものを優先するため、優先順位の低い髪へのタンパク質供給は後回しに。

すると髪を作るのに必要なタンパク質が不足し、細く弱り抜けやすくなって薄毛につながることがあります。

※アルコールの摂取は適量を心がけましょう!

上記の理由から、髪への影響が気になる方はアルコールの過剰摂取は控えるようにしましょう。

厚生労働省が推進する国民健康づくり運動「健康日本21」に記された、節度ある適度な飲酒量を酒類別で見るとこちら。

  • ビール:中瓶1本
  • 日本酒:1合
  • 缶チューハイ:1.5缶

ただし、「お酒の適量」は個人の体質やその日の体調によっても異なり一概には言えません。

お酒に弱い方や高齢の方などは、この量よりも少な目を適量としましょう。

ミノタブは朝、アルコールは夜
ミノタブは朝、アルコールは夜

肝臓をいたわる飲み方が重要

ミノタブとアルコールの関係を見てきましたが、いかがだったでしょうか?

ミノタブとアルコールの同時摂取は肝臓に負担となり、しかも血圧が下がって体調不良を起こす可能性もあります。

ミノタブは朝に飲むなどして、肝臓をいたわる飲み方を習慣付けましょう。

ミノタブとアルコールの関係をしっかりと理解した上で、ミノタブの服用を検討してみてくださいね。