目次

  1. うなじのはげはどうしたら治るの?
  2. うなじのはげに悩む人が意外と多い?
  3. なぜうなじがはげてしまうのか?
  4. 特にこんな人はうなじはげに注意が必要!
  5. うなじがはげてしまったときの対策方法
  6. 少しでも早くはげを改善したいなら...
  7. まずはうなじはげの原因をしっかり知りましょう

最近抜け毛が増えたと思ってうなじに手をやると大きなはげが・・・。 気にすればするほど目立ってしまうはげ。 でも原因がわからなくて、1人で悩んでいる人もいるでしょう。

いったいどうしたら治るの?と困り果てている人もいるかもしれません。 そんなあなたのためにうなじにはげができてしまうメカニズムと対策方法を たっぷりご紹介します。

しっかり勉強していきましょう。

悩みのタネのうなじのはげ
悩みのタネのうなじのはげ

いったいどうしたら治るんでしょうか・・・?

髪の長い人では特にうなじ部分は髪に隠れていて気づきにくいということもあり、 発見が遅れてしまううなじのはげ。

髪をアップにした時や、何気なく触れた時、 また美容室で美容師さんに言われて初めて気づく人もいるようです。 でも、このうなじのはげ意外と多いんです。

いきなり現れるうなじのはげ
いきなり現れるうなじのはげ

悩む人は意外と多いんですね。

読んでくださっている人がすごく気になっているのは、「なぜ?」の部分でしょう。

突然現れるうなじのはげに悩みながらも 原因がわからなくて更に悩んでしまう人が多いです。 そこで、ここではうなじにはげができてしまう原因についてお話しします。

⑴無意識に髪を引っ張っている

無意識に行ってしまう行動がうなじをハゲさせている原因になっているかもしれません。 女性では自分の髪を触るのが癖の人もいます。 髪を結ぶのに思い切り強く引っ張ってしまう人もいます。

男性でも例外ではありません。 髪の毛を伸ばしている最中に、伸びてきた髪が気になって 知らず知らずのうちに襟足の髪の毛を引っ張ってしまう人が多いようです。

このような無意識にやってしまう癖や習慣によって 頭皮に負担がかかってしまい、気づかないうちにうなじにハゲができることがあります。

⑵シャンプーのすすぎ残し

毎日シャンプーをして頭皮を清潔にしているつもりでも、 シャンプーやリンスなどをすすぎ残してしまうことで 成分が残ったままになり、かえって頭皮を傷めていることがあります。

髪の毛の先はきれいにすすいでも、うなじ部分についたシャンプーは 落とせていないことが意外と多いのです。 シャンプーした後にうなじ部分に痒みを感じたらすすぎ残しがあるかもしれません。

⑶ハイペースでのカラーリングやパーマ

カラーリング剤やパーマ剤が頭皮に悪影響を及ぼす可能性がある というのはみなさん知っていると思います。 うなじも同じです。 何度も繰り返しカラーリングやパーマをしていると 薬剤の刺激によって頭皮がダメージを受けます。 そのダメージによってハゲになる可能性がありますよ。

薬剤でしみたことがあるなど、何かしらの刺激を感じたことがある人は 頭皮がダメージを受けているサインです。 頭皮の負担を考えて控えるようにしましょう。

うなじのハゲを予防するには
うなじのハゲを予防するには

シャンプーをうなじまでしっかりすすぎが大切です。

なぜうなじにはげができてしまうのかメカニズムがわかりましたね。 では、どんな人がうなじはげの影響を受けやすいのでしょうか? 気になる人も多いはずです。

では、うなじにはげができやすい人の特徴を見ていきましょう。

①長髪の人

これは最も基本的なものです。 長い髪の人がなぜうなじのはげに注意が必要かというと、

  • 髪を結ぶ ただ結ぶだけでは問題になりませんが、強く結ぶことによって引っ張る力が加わり抜け毛を助長する事があります。

  • シャンプーのすすぎ残し 刈り上げた髪であれば容易にうなじ部分をすすぐことができますが、長い髪だとすすぎにくいですね。 シャンプー剤が髪に残り頭皮へダメージを与えはげをまねく原因になりかねません。

  • ドライヤーの熱 髪が長いとドライヤーで乾かすのに時間がかかります。 ドライヤーの熱で頭皮にダメージを与えることがあります。 長い髪ではうなじは内部に隠れているので乾かしにくく熱を与えてしまいがちです。

②カラーリングやパーマをよくする人

カラーリング剤やパーマ剤が頭皮がダメージを受けることはお話ししました。 具体的には以下の影響があります。

  • 薬剤によるダメージ 髪の毛に薬剤をつけるわけですがら、皮膚負担がかかりますよね。 カラーリングやパーマをする度に頭皮や髪自体にダメージを受けます。

  • キューティクルを剥がす 薬剤の使用により、髪の毛のキューティクルが剥がれてしまい、 栄養分が外に流れ出て髪自体がもろくなり、抜け毛が増えはげになる原因になりえます。

  • 毛穴のつまり 頭皮がダメージを受けると皮膚を守るために過剰の皮脂が分泌されます。 その皮脂によって毛穴のつまりが起こり抜け毛が増えて、はげにつながる事があります。

きれいなパーマやカラーリングでも
きれいなパーマやカラーリングでも

繰り返すと髪の傷みやうなじはげになるかも・・・。

③生活が不規則な人

生活が不規則である人はうなじのはげに注意が必要です。

  • 睡眠不足による影響 健康的な髪の毛を育てる成長ホルモンは睡眠中にたくさん分泌されます。 睡眠時間が短いと十分に成長ホルモンが分泌されず抜け毛が増える事につながる可能性があります。

  • 栄養不足による影響 食生活が乱れて、偏った食事を続けていると体は栄養不足に陥り、髪の毛にまで栄養が届かなくなります。 過度なダイエットも同じで栄養が偏りがちで、栄養不足になった髪も抜けやすくなってしまうそうですよ。

④ストレスを受けている人

ストレスは体に不調をきたします。 ストレスを受けた体は血行が悪くなったり、自律神経のバランスが崩れたりもします。 そうなることで体に色々な不調をきたします。 頭皮の血行が悪くなることで、髪の毛にも栄養が行きわたらなくなり 抜け毛につながる。と考えられます。

ストレスははげには大敵と言えますね。

うなじがはげになる原因がわかったら、次は解決方法を知りたいですよね。 すでにはげができてしまった人も、何かしら気になるところがある人も すぐに実行できる対策方法をご紹介します!

⑴規則正しい生活をする

うなじがはげてしまうのには様々な原因がありますが、 まずは自分の生活習慣を見直してみましょう。 不規則な生活や良くない生活習慣は髪にも体にも影響を及ぼします。 うなじのはげは体からのシグナルでもあります。

  • バランスの良い食事 栄養不足にならないように、偏った食事はやめましょう。 ビタミンやミネラル、亜鉛、髪の主成分であるタンパク質を積極的に採りましょう。

  • 睡眠をしっかり取る 睡眠をしっかり取って成長ホルモンの分泌を促しましょう。

  • 適度な運動 はげの原因が血行が悪くなって起こっている場合は血行を促進する運動をしたり、 お風呂でじっくり温まることも対策になります。

⑵シャンプー剤の見直しと正しい洗髪

髪を守るためには、外部刺激をできるだけ避けなければなりません。 カラーリング剤やパーマ剤もそうですが、 毎日使用するシャンプーはもっと気を配りたいものです。

市販されているシャンプーの中には、洗浄力の強い石油系の成分が含まれているものがあります。 刺激が強く,頭皮に影響を及ぼすこともあり抜け毛につながります。 頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーをオススメします。

またうなじのはげの原因のところで説明したとおり、 シャンプー剤が残らないようにしっかりすすぐことも対策の一つです。

⑶育毛剤の使用

うなじのはげに育毛剤?と思うかもしれませんが、 育毛剤も有効的な対策方法と考えられます。

育毛剤はただ単に育毛を促すための成分だけでなく、 頭皮環境を整えたり、血行を促進するための成分も含まれています。 ので、ハリやボリュームが生まれる事もありますよ。

育毛剤を選ぶ際の注意点としては、肌に優しい天然成分で無添加無香料のものを選ぶことです。 せっかく使うのですから、効果に期待のもてるものを選ぶようにしましょう。

うなじはげの対策方法
うなじはげの対策方法

育毛剤の使用も有効的です。

ここまで原因と対策についてご紹介してきましたが、 はげができてしまったら、一刻も早く解決したいですよね。

うなじのはげを解消するには、はげの元となった原因を突き止めることが 最も早く改善へとつながります。 そのためには、クリニックを受診することをおすすめします。 髪や皮膚のエキスパートに相談することで悩みが解消される事もあるでしょう。 無料で相談できるところもあるみたいなので、思い切って訪ねてみましょう。

うなじのはげについてご紹介しましたが、思い当たる原因はありましたか? はげになってしまったものは仕方がないので、 今できることは一刻も早く治すということですね。 そのためには原因を知らなければなりません。 原因をしっかり把握して、悩みを解決していきましょう。