目次

  1. 勉強のしすぎでハゲてしまった女性がいる!?
  2. 勉強のしすぎでハゲてしまった女性のニュースをご紹介!
  3. 彼女が勉強のしすぎでハゲてしまった原因とは…
  4. 勉強によるストレスでハゲるのを防ぐ方法は?
  5. 生活習慣を整えて勉強のしすぎによるハゲを防ごう

勉強は学生にとって毎日のように行うものですよね。

でも、この勉強のしすぎが原因でハゲてしまった女性がいるって知っていますか?

今回は、実際に勉強のしすぎてハゲてしまった女性のニュースとともに、勉強が薄毛に繋がる理由や、その対策をご紹介します。

長時間の勉強による薄毛が心配な方は、ぜひ参考に対策を行なってみてください。

勉強によって髪が抜け落ちてしまったのは、イングランド南部のボーンマス大学に通う女子大生。

20歳のケイティ・アンナ・ムーアさんです。

彼女に異変が起きたのは2016年の3月。

いつものようにシャワーを浴びながら髪を洗っていると、髪の毛が一気に抜け落ちたのです。

心当たりがないまま、彼女は普段の生活を続けるのですが、シャワーを浴びる度に彼女の髪の毛はみるみる抜けて行く…。

誰にも相談できないまま2週間がすぎた頃、周囲は彼女の異変に気づき始めます。

そして、8週間がすぎた頃、彼女の髪の毛は全体の70%が抜け落ちていました。

意を決して病院を訪れたケイティさんにくだされた診断は、円形脱毛症

検査の結果では、貧血気味という以外に大きな問題は見当たらず、原因として考えられたのは過度のストレスでした。

ニュースになったケイティさんは、勉強のしすぎによるストレスが原因でハゲてしまったと考えられます。

過度のストレスは、血管を収縮させ血行不良を招きます。

髪の毛は血液を通じて新鮮な酸素や栄養をもらっていますが、頭皮が血行不良を起こすと髪の成長に必要な栄養や酸素が足りない状態に。

すると健康だった髪も栄養不足で弱ってしまい、ハゲる原因になってしまうのです。

彼女の場合、円形脱毛症と診断されたようですが、円形脱毛症の原因は厳密にはわかっていません。

そのため、必ずしもストレスで円形脱毛症になるとは言えませんが、ストレスが血行不良に繋がりハゲる可能性は十分にあるといえます。

学生でいる間は勉強をまったくやらないわけにもいかないですよね。

それでは勉強のしすぎでハゲるのを防ぐには、どんなことに気をつければいいのでしょうか?

ここでは勉強によるストレスを減らして、ハゲを防ぐためのコツをご紹介します。

ストレスを適度に発散させる

まずは勉強によるストレスを溜めすぎないことが、ハゲるのを防ぐうえで大切です。

そのためには日々のストレスをそのままにしないで、適度に発散することを心がけましょう。

試験が近い場合や、受験期間はとくに毎日何時間も勉強することになります。

しかし、その間にあえて勉強を忘れる時間を作ってみましょう。

スケジュールを立てているなら、リフレッシュの時間を確保したスケジュールを立てるのもおすすめ。

そうすることで、ストレスを発散できるだけでなく、リフレッシュでき体や気持ちをリセットすることもできます。

たとえば、友達とショッピングやカラオケに行く、運動をする、趣味の時間を作るなど。

自分が好きなことでストレスを発散してみてくださいね。

睡眠時間を確保し、良質な睡眠をとる

実は、睡眠は一種のストレス発散になると言われています。

しっかりと睡眠時間を確保し、良質な睡眠をとることで、体を休めるだけでなくストレスを解消できるのです。

1日7時間程度は休むようにしましょう。

とはいえ、勉強で忙しく、思うように睡眠時間を取れない人も多いかもしれません。

そんな場合は、睡眠の質を高める工夫をするのもおすすめです。

寝る前にスマホをいじったり、少し息抜きにテレビを見ている人は要注意

これらは、副交感神経を刺激してしまうため、睡眠の質が落ちると言われているのです。

寝る前はスマホやテレビを見るのは避け、できるだけリラックスした時間を過ごすようにしましょう。

適度な運動をする

運動はストレス発散になるだけでなく、体の血行を促進することにも繋がります。

勉強による過度なストレスによって血行不良が起きている場合、その血行不良を改善することにも繋がります。

運動としておすすめなのが、一般的に有酸素運動と言われるもの。

ジョギングやウォーキング、サイクリングなど、体への負荷が軽く継続性のある運動を行いましょう。

有酸素運動には全身の血行を良くする効果が期待できるので、頭皮の血流も良くなると考えられます。

今回ご紹介した海外のニュースは、特別な例かもしれません。

しかし、毎日勉強に追われているとどうしてもストレスになってしまいますよね。

ストレスは髪だけでなく、体にも良くありません

思い通りに勉強を続けられる健康状態を維持するためにも、ストレスのためすぎには注意しましょう。

ストレスによる頭皮の血行不良やそれに伴うハゲは、日々の生活から予防できます。

今回ご紹介した方法を参考に、ストレス発散の工夫をしてみてくださいね。