目次

  1. しつこいくせ毛、なんとかしたい…!
  2. 【結論】くせ毛は育毛剤を使用するだけでは直りません!
  3. そもそもくせ毛とは?
  4. くせ毛の原因、こんなにあるんです
  5. 今すぐトライ!くせ毛対策
  6. できることから、ぜひ毎日のケアに取り入れてくださいね!

くせ毛を悩んでいる方はたくさんいらっしゃいます。

そういう方に質問です。

育毛剤を使用してくせ毛が改善される」という噂を聞いたことがあるでしょうか?

「だったら育毛剤を使ってみたい!」と思う方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、「くせ毛が育毛剤で直せるのは、本当なのか? 」を徹底的に調べてみました。

くせ毛が育毛剤で直せるのか?というと…。

結論からいうと、育毛剤を使用するだけで、くせ毛を直すことはできません。

厳密には、一部のくせ毛には効果が出る場合もありますが、すべてのくせ毛に効果があるとはいえないのです。

それは、「くせ毛」はさまざまな原因が絡み合うために起こるもので、人それぞれで対策法が変わってきてしまうから。

まずは、自分のくせ毛がどんなタイプなのかを知ることが大切です。

くせ毛のことを学びながら、対策法を見ていきましょう。

くせ毛とは髪の水分バランスが関係して起こる、まっすぐでない髪のこと。

なぜ起こってしまうかというと、原因はコルテックスの構造にあるのです。

  • <コルテックスとは?>
    キューティクルの内側にある、髪の内部の芯をくるんでいるもののこと。
    毛髪の90%ほどを占めており、髪の毛の太さ、ハリやコシなど、髪の健康状態を決定付ける役割をしています。

このコルテックスが規則正しく配列されると、水分バランスが整いまっすぐな髪に!

つまり、くせ毛は、コルテックスが規則正しく並ばず、不規則に配列されることで髪の水分バランスが崩れて起こる症状なのです。

といっても、くせ毛の原因はこれだけではありません。
他にもどんな原因があるのか詳しく見ていきましょう。

簡単に、くせ毛といっても、原因はさまざま!

ほかには、どんな原因があるのか、詳しくみていきましょう。

遺伝

まず、くせ毛の原因で挙げられるのが「遺伝」です。

これは、両親またはどちらかの親がもっていたくせ毛を受け継いでしまう先天的なものです。

毛包(注1)の形や向きがそもそも曲がっていたりねじれているため、最初からうねりのある髪が生えてしまいます。

つまり、髪が生える毛包が遺伝しているため、どうしてもくせ毛になってしまうのです。

このタイプのくせ毛を治すには育毛剤を使用しても効果はなく、縮毛矯正やストレートパーマなどをしなくてはなりません。

その際には美容師さんに相談したりなど、プロのアドバイスを聞くといいでしょう。

注1:髪の毛を包みこむように毛穴の内側に存在する器官

毛穴の変形

次に、遺伝ではなく後天的にくせ毛になった場合、毛穴の変形が原因に考えられます。

毛穴の変形は、毛穴が汚れていたり頭皮がたるんだことで起こる現象です。

昔は直毛だったのに、どんどんくせ毛になってきた…という方は当てはまっている可能性が!

<毛穴が変形する理由>

  • 頭皮の血行不良
  • 紫外線の浴びすぎ
  • 頭皮のたるみ
  • 毛穴の汚れ詰まり

これらは、毛穴のゆがみを進行させる原因に…。
毛穴がゆがむことでまっすぐな髪が生えることができず、くせ毛になってしまうのです。

頭皮を健康に保つことが、くせ毛を回避する方法となります。

髪の毛へのダメージ

そして、髪の毛のダメージがくせ毛を招くこともあります。

傷んだ髪は、キューティクルが剥がれ、大切な水分や栄養を保持できない状態に…。

その結果、ダメージ部分に水分差が生じ、くせ毛になってしまうのです。

ヘアカラーやパーマなど、髪のおしゃれを楽しむために行う方は多いですね。 しかし、やりすぎると髪を傷める原因になってしまいます。

また、紫外線の浴びすぎも同じように髪の毛を傷めてしまいます。

髪を健康に維持することも、くせ毛を防止する方法の一つです。

ここまでで、くせ毛になってしまう原因について見てきました。

くせ毛の原因には、先天的なものから後天的なものがあるんですね。

ここで、まとめておきましょう。

【原因まとめ】

  • 遺伝
  • 毛穴の変形
    ・頭皮の血行不良
    ・紫外線の浴びすぎ
    ・頭皮のたるみ
    ・シャンプーやスタイリング剤の付着
  • *髪の毛へのダメージ *
    ・ヘアカラーやパーマ
    ・紫外線の浴びすぎ

このように、くせ毛の原因はさまざまですので、自分のくせ毛状態にあった対策をすることが大切です。

では、どのような対策が考えられるのでしょうか?続いて見ていきましょう。

残念ながら、くせ毛が遺伝に由来するものなら、効果的な対策はありません。

しかし、後天的なくせ毛の場合は普段からのケアでくせ毛を緩和できる可能性が!

先ほどご紹介した原因ごとに、今すぐできるくせ毛対策をご紹介していきましょう。

頭皮の血行を改善

最初にご紹介するくせ毛対策は、頭皮の血行改善です。

血行を改善するのにあたり、育毛剤は効果的なアイテムといえます。

育毛剤には頭皮の血行を促進する成分が配合されているものが多く、血流改善に効果的なのです。

育毛剤の使用に加えて頭皮マッサージも行うことで、より血行が促進され高い効果を得られるでしょう。

ただ血管は全身につながっているので、体全体の血行促進も心がけることが重要です。

<血行促進のための改善ポイント>

  • 適度な運動をする
  • タバコを控える
  • ストレスを軽減する
  • 冷えを解消する

タバコやストレス、冷えなどは、血管を収縮させたり血液をドロドロにしてしまいます

育毛剤での対策と合わせて、これらのポイントを意識して解消しましょう。

そして、運動で筋肉量を多くすると血液の循環もよくなり、冷えやストレスも解消できます。

血行促進はくせ毛だけでなく、そもそも健康全体によい栄養を与えるので、ぜひチャレンジしてくださいね。

先述の通り、育毛剤と合わせて頭皮マッサージを行うとより効果的です!

頭皮マッサージの方法について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧くださいね。

頭皮を清潔に保つ

くせ毛を生む原因でご説明した通り、くせ毛対策においては頭皮を清潔に保つことも大切です。

頭皮が汚れた状態でいると、毛穴に汚れが詰まり、ウネウネした歪んだ髪の毛が生える原因に。

毛穴の汚れ詰まりの原因は、シャンプーでは落としきれなかった皮脂や、きちんと洗い流せなかったシャンプーの残り滓(かす)。

ですから、自分の頭皮に合ったシャンプーで、洗い残しのないように丁寧に洗髪することが重要になります。

以下がヘアラボでおすすめのシャンプー方法になりますので、ぜひ毎日のシャンプーで実践してみてくださいね。

<ヘアラボおすすめのシャンプー方法>

  • ①洗う前にブラッシング
    頭皮や髪についている汚れを浮き上がらせる

  • ②ぬるま湯で2分程度素洗い
    浮き上がった汚れを、十分に洗い流す

  • ③シャンプー泡立てる
    手でシャンプー泡立ててから洗髪をする

  • ④頭皮を優しく洗う
    頭皮を重点的に指の腹で優しく洗う

  • ⑤十分にすすぐ
    シャンプーが頭皮に残らないように、2~3分十分に洗い流す

  • ⑥タオルドライ後すぐにドライヤーで乾かす
    濡れた状態は雑菌が繁殖しやすいので、なるべく早く乾かす

このように、シャンプー方法も見直して、頭皮を清潔に保つようにしましょう。
詳しくは、下記の記事も参考に!

また、スタイリング剤などは毛先につけ、頭皮につかないように注意してくださいね。

頭皮を清潔にすることは、くせ毛対策になるだけでなく、健康な髪を育てる準備にもつながりますよ

紫外線を浴びすぎない

くせ毛対策として考えなければならないことの一つに、紫外線への対応があります。

紫外線は、そもそもキューティクルを破壊する力があるので、髪にダメージを与えます。

また、紫外線の浴びすぎで頭皮が日に焼けた状態になると、頭皮のたるみなどに繋がってしまうのです。

これらが原因となり、くせ毛が生じる可能性があります

頭皮や髪を守るためには、紫外線を浴びすぎないことが大切なのです!

日中の長い時間に外出される際は、帽子をかぶる日陰を歩く日傘をさすなどを心がけるようにしましょう。

ヘアカラーやパーマのサイクルを空ける

最後にご紹介するくせ毛対策は、ヘアカラーやパーマなどのサイクルを空けることです。

くせ毛は、毛穴から生えている髪だけでなく、傷んだ髪が途中からうねることでも発生します。

キューティクルが剥がれて水分バランスが崩れてしまい、うねるってしまうのです。

ですから、頭皮や毛穴だけを考えるのではなく、髪自体の健康にも注意するのがポイント。

ヘアカラーやパーマは、3~4か月は空けるようにしましょう。

間隔をあけずにヘアカラーやパーマをしてしまうと、当然ですが小さいながらもダメージは蓄積していきます。

ヘアカラーだったら、伸びてた髪の部分だけをリタッチするにとどめるなど、すでにカラーリングをしている髪の毛のダメージを考慮する工夫も大切です。

また、髪の毛が傷んでいるならトリートメントの使用もおすすめですよ。

髪を保護して水分バランスを整え、髪を大切にするように心がけてくださいね。

今回は育毛剤でくせ毛が治るのかについて、そしてくせ毛の原因と対策について解説してきました。

解説してきました通り、くせ毛の原因・対策法は人それぞれによって変わってきます。

くせ毛の原因が頭皮の血行や頭皮環境の悪化ならば、育毛剤の効果に期待できるでしょうし、他の原因も考えられる場合はその原因に合わせた対策法を取り入れなければいけません。

くせ毛を改善していくには、自分のくせ毛の原因に合った対策が必要です

今回ご紹介した原因・対策を参考に、効果的に改善を図っていきましょう。