目次

  1. 女の年齢は髪に出るって知っていますか?
  2. あなたの「髪年齢」、実年齢より老けてない?
  3. 実は男性にも見られている! 「髪には年齢が出る」という事実
  4. 髪のプロに聞いてみた。「髪年齢」を保つために今やるべきこと
  5. 女性は年齢を重ねるとともに「髪の悩み」が増えていくもの
  6. 髪は正直。日々のシャンプーやトリートメントで見違えます!
  7. シャンプーは頭皮のため、トリートメントは髪質の改善に役立つもの
  8. 年齢や髪質に合わせて使うシャンプーを選びましょう!
  9. ストレスフリーなシャンプーで日々のケアを見直してみませんか?
  10. 成分にこだわった、リーズナブルなシャンプー&トリートメント登場
  11. 毎日のヘアケアで「髪年齢」をキープ。3年後も美しい髪を目指して!

最近「髪年齢」(注1)という言葉を耳にしませんか? もちろん、樹木の年輪のように明確なものではありません。 「肌年齢」と同じように、目安として使われている言葉です。

ですが、髪も肌同様、年齢を重ねると変化していくのは事実です。例えば、肌の水分量やコラーゲン量が減少していくように、髪もハリや艶などが少なくなってくるのです。

いつまでも若々しい印象でいたいと願いつつ、「肌年齢」はとても気にしているのに、「髪年齢」にはまだ目を向けていない女性もいますよね。

そこで、今回は「髪年齢」を若々しい印象に保つために、今できることを考えていきましょう。

注1:髪年齢とは、年齢を重ねることで髪にあらわれる変化を含めて、髪が人に与える印象を年齢に例えた言葉

今まで「髪年齢」に無頓着だった人は、まず自分の「髪年齢」に目を向けることが大切です。

お風呂上がりに髪を乾かして鏡を覗いてみてください。肌のハリや艶に比べ、髪がパサついていたり、くすんでいませんか?

顔の皮膚と頭皮、そして髪は繋がっているものです。顔の皮膚に比べて、髪のコンディションが悪く見えるようなら、あなたの「髪年齢」は実年齢より老けているのかもしれません。

また、同世代の友人と比べてみるのもわかりやすい方法です。あなたの髪の方が元気なく見えるのなら、友人より髪の老化スピードが早いのかも!

そして、やはり気になるのは異性の目ですよね。

ある調査(注2)で、「女性の髪には年齢が出るな~」と感じたことがあるか? と男性たちに聞いたところ、以下の結果になりました。

・ある 35.0%  

・ない 65.0%

約3分の1の男性が「髪に年齢が出る」と回答しているのです。

電車内や会社、食事会などで、あなたの髪はチェックされているかも。 メイクや服装にばかり気を遣っていないで、髪にも目を向けることが大切ではないでしょうか?

注2:マイナビウーマンの調査結果より

「髪年齢」としっかり向き合うために、今回は髪のプロである美容師・田所幸子さんに女性の髪について聞いてみました。

田所幸子

美容師歴25年。東京青山を中心に全国17店舗を展開する超人気ヘアサロン『BEAUTRIUM』のトップスタイリスト。現在は、BEAUTRIUM Aoyama St.のディレクターとして芸能人やモデルなど多くの顧客を持つ。ヘアスタイルやヘアケア提案を監修した著書『女っぽさを作る美髪ケアの基本』(幻冬社)も好評発売中。
サロンURL http://beautrium.com/

最近「髪年齢」という言葉をよく耳にしますが、髪も年齢によって変化するのでしょうか?

「生まれつき『毛が少ない、細い、ボリュームがない』という悩みを持っている人も多いのですが、30歳以降、女性が歳を重ねるごとに増加していくのが、この髪悩みです」

髪が細くなったり、ボリュームがなくなると、毎日のスタイリングにも困ってしまいそう…。  

「そうですね。特にトップやサイドの毛の"立ち上がり"が出にくくなったりします。そうすると、せっかくのヘアスタイルが決まりにくくなったり、老けて見えたりします。

パーマなどでボリュームを出すという方法も有効ですが、健康で豊かな髪でいるための『毎日のヘアケア』も欠かせなくなってきますね」

健やかで美しい髪の女性は、第一印象も目を惹き、キレイな印象を受けますよね。

「『素敵な女性だな』『きれいだな』と思う第一印象の美しい人を思い浮かべてみると、多くが"きれいな髪"の持ち主であることに気づきませんか? 

サロンでトレンドのヘアスタイルを作っても、毎日のヘアケアがおざなりだと、そのオシャレなイメージが再現されません。私たち美容師も、自宅で手間をかけなくても再現できる、お客様に最適な髪型をご提案しています。

その再現性のために一番重要なのが、素髪(すがみ)が健康で美しいこと。髪は、毛髪や頭皮が健康でいて、初めて美しい印象になるんです」

毎日のヘアケアに目を向ければ、髪は変化するのでしょうか?

「ヘアケアに力を入れると、あっという間に髪は見違えますよ。

例えば、髪質を考えてトリートメントを変えたというお客様は、見た目の髪ツヤがグンとUPしています。ですから、毎日使うシャンプーなどはきちんと選んでほしいです。

でも、最近はドラッグストア、百貨店、ヘアサロンなどでたくさんのシャンプー剤が発売されていて迷ってしまいますよね。そこで、シャンプー選びについて美容師としての思いをお伝えします」

シャンプーは何をポイントに選べばいい?

「まず、シャンプーは頭皮のために選ぶもの、だと思っています。髪質の改善に役立ってくれるものは主にトリートメント

シャンプーは自分の頭皮に合わせて選ぶべきだと思うので、頭皮の状態をよく確認してみてください。

毎日洗っているのにフケのような白い粉浮きがあったり、かゆみがあったり、パーマ剤やカラー剤がしみたりする場合、かなり頭皮が乾燥しているかも。

また、合わないシャンプーで頭皮に刺激を与えている人もいるようです。製品の中には、洗浄力がかなり強く、皮脂を取りすぎてしまう可能性があるものも。逆に洗髪後、すぐに頭皮が脂っぽくなったりする場合は、頭皮が洗いきれていないのかもしれませんね」

「長年担当させていただいているお客さまの髪に触れていて感じるのは、20代後半ですでに髪の老化が始まっている人が、以前より驚くほど多くなってきていることです。

20代後半のうちに頭皮や髪への意識改革を行い、少しずつケアを始めることで、髪の老化スピードを緩やかなものにすることができると考えます。

30代、40代においても、やはり大切なのは、日々のベーシックなケア。自分の年齢や髪質に合わせて、シャンプーやトリートメントを選ぶようにしましょう」

美容師さんのお話から、シャンプーやトリートメントは日々使うものだからとても大切、ということがわかりましたね。

そこで、みなさんに質問です。肌同様、髪や頭皮も年齢とともに変化しているのに、今も20代前半の頃と同じシャンプーを使っていませんか? 洗い上がり以外に、どんな点に着目してシャンプーやトリートメントを選んでいますか?

年齢とともに少しずつデリケートになってくる頭皮や髪。それに合わせて、できるだけストレスフリー(注3)のシャンプー&トリートメントを選ぶようにしてみてはいかがでしょう。

注3:ここでいうストレスとは、物理的(外的)ストレスのことです

レヴール ゼロ

髪や頭皮にできるだけストレス(注3)を与えない、と考えると、やはり成分にこだわった製品を手に取りたいものですね。ですが、たくさん並ぶ商品のすべての成分を読み解くのは大変!

そこで、5月15日に発売になったばかりで、すでに話題となっているオススメの製品をご紹介します。

「ストレス成分(注3)を使わない」ことに本気で向き合い、ノンシリコンシャンプーを作り上げた『レヴール』から誕生した『レヴール ゼロ』シリーズです。

『レヴール ゼロ』の魅力

レヴール ゼロ レヴール ゼロ シャンプー

シャンプーは、レヴールが発売当時から守っている「ノンシリコン」はそのままに、石油系洗浄成分0%(注4)を叶えたもの。

シリコンは頭皮を外的刺激や汚れから守り、手触りを良くしてくれるものである反面、シリコンに対してアレルギーを持つ人もいるといわれています。つまり、人によっては、髪や頭皮に少なからずストレス(注3)を与える成分なのです。

今回発売された「レヴール ゼロ」は、ノンシリコンであることはそのままに、さらに髪や頭皮に刺激を与えがちな石油系の洗浄成分ではなく、刺激の低い「アミノ酸洗浄成分」を使用。

過剰な成分を取り除き、美容成分(注5)をたっぷりと入れた、髪と頭皮にやさしく使えるストレスフリー(注3)なシャンプーへと進化しました。

注4:洗浄成分は石油のみを原料とする界面活性剤不使用
注5:保湿成分 

レヴール ゼロ レヴール ゼロ トリートメント

トリートメントはカチオン0%(注6)を実現しました。

カチオン界面活性剤は柔軟剤などにも使用されているもので、静電気防止作用があったり、髪が滑らかになったように演出できるものです。

その一方、皮膚に残るとかゆみや炎症を起こすこともあり、逆に髪にストレス(注3)を与えてしまうことも。また、背中に残ってしまうと背中ニキビの原因にもなるのです。

そこで「レヴール ゼロ」ではカチオン界面活性剤0%でありながら、毛先までまとまるように、新開発の『SI-amino(注7)』を配合。とても満足度の高い仕上がりになっています。

注6:柔軟剤などで使用されるイオン性界面活性剤のカチオンを無配合
注7:アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCI(ヘアコンディショニング成分)、ジメチコン(エモリエント成分)

成分にこだわり、ストレスフリー(注3)を目指した『レヴール ゼロ』シリーズは、本体価格900円(税抜)とリーズナブル!

ストレス成分(注3)をできる限り取り除いたシャンプーやトリートメントが、この価格で手に入るなんて驚きです。そろそろシャンプーやトリートメントを変えようと思っている人は、一度使ってみるといいかも!

見た目の印象に大きく影響する「髪年齢」。生活のほんの一部を見直すだけで、若々しい印象をキープできることがおわかりいただけましたでしょうか?

「髪年齢」にこだわるのなら、さっそく日々使っているシャンプー&トリートメントを見直してみてください。きっとあなたの髪が見違えるはずです!