目次

  1. 若年性脱毛症(若ハゲ)とは?
  2. 【原因】まだ若いのに、若年性脱毛症になる理由は?
  3. 【若ハゲ対策①】頭皮環境の乱れには、育毛剤!
  4. 【若ハゲ対策②】AGAなら、クリニックへ!
  5. 若年性脱毛症に関するまとめ

若年性脱毛症(若ハゲ)」は、10代~30代前半の若い年齢で、薄毛やハゲになることを指します。

具体的な症状としては、生え際がM字に後退したり、頭頂部のつむじハゲが拡大したり

薄毛・ハゲというと年配の方を想像しがちですが、若ハゲに悩んでいる人は決して少なくありません。

Yahoo!知恵袋などのQ&Aサイトを覗いても、薄毛や抜け毛に悩める若い人からの相談が数多く寄せられています。

手をこまねいていると、薄毛・ハゲは進行する一方。

早めに対策を打ち、しっかりケアを行いましょう。若いほうが改善もしやすくなります。

対策を打つためには、原因を知ることが第一。

若年性脱毛症になる原因は、主に次の2つです。

  • 頭皮環境の悪化

  • AGA(エージーエー)の発症

頭皮環境(頭皮の健康状態)は、ストレスや生活習慣の乱れ(偏食や睡眠不足)、スタイリング剤の乱用や、肌に合わないシャンプーなど、さまざまな要因により悪化してしまいます。

頭皮はいわば、髪の毛にとっての土壌。土がやせると健康な作物は望めないように、頭皮が荒れると髪の毛の正常な発育は期待できなくなってしまいます。

一方のAGAの要因は、加齢による男性ホルモンの変化

加齢にともなう一種の生理的な現象として、「テストステロン」という男性ホルモンが「DHT(ジヒドロテストステロン)」という強力な男性ホルモンに変化し、髪の毛の成長を妨げ、脱毛を促してしまいます。


それぞれの原因に対しては、次のような対策が有効です。

  • 頭皮環境の悪化 →育毛剤

  • AGAの発症 →クリニック受診

それぞれの対策について、これから詳しく見ていきましょう。

若ハゲの原因のひとつ、「頭皮環境の悪化」を改善するには育毛剤がおすすめです。

年配の方が使うイメージがあるかもしれませんが、実は10代・20代でも薄毛ケアに使用する人が多いアイテム

ストレスケアや生活習慣の改善と言っても容易ではなく、それだけでは、薄毛改善の成果にはつながりにくい難点もあります。

その点、育毛剤は1日数分でケアができ、身体への影響が少なく、年齢や性別に関係なく使える利点があります。

育毛剤には次のような効果があることが、厚生労働省によって認められています。

  • 育毛
    (今ある毛を太く丈夫にする)
  • 発毛促進
    (新しい毛が生える手助けをする)
  • 抜け毛の予防

今回は、男女ともに使えるチャップアップと、女性向けのベルタ育毛剤をご紹介しましょう。

AGAによる若年性脱毛症の場合は、やはり薄毛治療を行うクリニック(もしくは病院の皮膚科)を受診しましょう。

クリニックでは、ドラッグストア等では買えないAGA治療薬(「発毛剤」)の処方が受けられるほか、髪や頭皮にやさしい生活習慣について、各人にあったアドバイスを受けることができます。

同じ薄毛・抜け毛対策でも、素人が独力で挑むよりは、専門の医師と二人三脚のほうが安心ですよね。

今回は、ヘアラボ読者からも支持の厚い、大手のクリニックを2院、紹介します。

どちらも全国に分院を置いていますので、まずは無料カウンセリングまで、お近くの店舗へお出かけください。

以上、若年性脱毛症について、お話してきました。
最後に、ささっとポイントを振り返りましょう。

◎若年性脱毛症(若ハゲ)とは?

  • 10代~30代前半の若い年齢で薄毛・ハゲになること

◎若年性脱毛症の主な原因

  • 頭皮環境の悪化
  • AGAの発症

◎若年性脱毛症の2つの対策

  • 育毛剤で頭皮環境を整える
  • クリニック通院でAGAに立ち向かう

若年性脱毛症は、早めの対策が肝心!ぼやぼやしていると、薄毛の進行を許してしまいますよ!

若年性脱毛症(若ハゲ)については、あわせて次の関連記事もお読みください。