目次

  1. 男女で薄毛の原因が違えば、必要なケアも違う?真実を探る!
  2. 薄毛対策に有効な育毛剤は、男女で異なります!
  3. 男性向け育毛剤と女性向け育毛剤、いったい何が違うの?
  4. 薄毛対策におすすめな育毛剤はこちら!【男性編】
  5. 薄毛対策におすすめな育毛剤はこちら!【女性編】
  6. 【要注意!】こんな育毛剤は薄毛対策におすすめできません。
  7. 薄毛対策、まずは正しい育毛剤選びから!
  8. 育毛剤の関連記事はこちら

育毛剤、そもそもたくさんありすぎて何を選べばよいのかわからない… と悩みすぎて、なかなか薄毛対策としての行動に移せなくなっていませんか?

この記事ではそんなあなたのために、男性用、女性用の育毛剤の違いと原因によって使い分けるべき配合成分についてご紹介します!

育毛剤、何を選ぶ?
育毛剤、何を選ぶ?

もう何からやっていいやらわからない! という人は必読です

男性と女性の薄毛は主な原因が異なります。 当然、男女で行うべき薄毛対策の形は変わってきますよね。

それぞれの特徴に合った育毛剤を使わなければ、効果が出にくいので注意が必要だと言われています。

男性の薄毛の原因は大半がAGAと呼ばれる男性型脱毛症で、男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が毛髪の成長を妨げることが原因です。

また、頭皮の血行不良も要因となると言われています。

一方女性の薄毛はストレスや食生活の乱れなどによる頭皮の栄養状態の低下、毛髪の長く健康に保つ女性ホルモンの減少することの2つが主な原因と考えられています。

男女の薄毛は原因が異なります
男女の薄毛は原因が異なります

男性には男性の、女性には女性特有の薄毛の原因があります。

それでは、実際に男性向けと女性向けの育毛剤は、どのような違いがあるのでしょうか。

薄毛対策として使う育毛剤だから、その違いはしっかり把握しておきたいですよね。

それぞれの薄毛の原因と、育毛剤に含まれてる成分について具体的に見ていきましょう。

①男性はホルモン抑制、女性はホルモン促進

男性の薄毛の原因は、AGAと呼ばれる男性型脱毛症が主流です。

男性型脱毛症は、毛髪の生成を妨げる男性ホルモンDHTに起因しているため、このホルモンの働きを抑制するための成分が育毛剤に配合されていることが多いそうです。

一方女性の薄毛はストレスや加齢による女性ホルモンの減少や、栄養不足や妊娠による貧血が大半となっていると言われています。

女性の薄毛対策には女性ホルモンと同様の働きをすることや、豊富な栄養分で頭皮の栄養を補うことが必要なため、育毛剤にもそのような成分が配合されます。

②男性はやや刺激性、女性は刺激の少ない自然派成分

男性は血行不良の改善や頭皮の毛穴の詰まりを洗浄する効果のある成分が含まれるため、やや刺激があり、さっぱりタイプの育毛剤が多いです。

女性は栄養不足や貧血女性ホルモンの減少を改善するため、栄養成分を豊富に含むものやアロマオイルを配合したものも増えてきています。

女性は男性に比べて皮膚の刺激に弱いため、肌に優しいということにこだわった育毛剤が多く見られます。

男性と女性の違いは育毛剤の成分にもあるんです
男性と女性の違いは育毛剤の成分にもあるんです

育毛剤も原因の違いによって使い分けが必要!

③男性は脂っぽさの改善、女性は保湿

男性の場合ホルモンの影響で皮脂の分泌量が多くなります。 過剰な皮脂は毛穴に詰まって酸化し、毛髪の成長を妨げる可能性があるため、頭皮の洗浄、抗菌効果の高い成分が含まれます。

女性は貧血などが原因で皮脂分泌量が低下し、頭皮が乾燥することがあります。 気づかぬうちにパサパサになり毛が細くなってしまうのを防ぐため、保湿剤や栄養剤などがたっぷり配合されています。

それぞれの特徴がわかったところで、まずは男性向けおすすめ育毛剤をご紹介してきます。

男性で薄毛対策のために育毛剤の購入を検討されている方は、みてみてください!

女性の方は飛ばしてくださいね。

①チャップアップ

こういう人におすすめ

⑴これから薄毛対策をするビギナーの人

チャップアップはメディアでも注目され多くの人に愛用されている育毛剤です。

これから薄毛対策をしようと思うけど、育毛剤がたくさんあって何を使っていいかわからないという人には、ハゲラボで人気の育毛剤をまず検討してみてください。

⑵夫婦やカップルで一緒に薄毛対策したい

チャップアップは男性も女性も使用することができます。

多くの育毛剤は、その原因の違いから男性用、女性用と区別して販売していますが、チャップアップは共通する原因に着目し、男女区別なく育毛対策に使えるように成分の配合を調整しています。

②BUBUKA

こういう人におすすめ

(1)ノンアルコール製法に惹かれる人

ノンアルコール製法

サラサラしてベタつかない質感が特徴で、46種類の有効成分と育毛成分M-34を配合しています。

⑵効果や安全性が公的に認められている育毛剤を使いたい

BUBUKAは育毛促進の効果があるとして、国の認可が下りた育毛剤です。

成分やその効果がきちんと実証されているかどうか、怪しい会社が販売していないかが気になる人には安心して使える育毛剤です。

とりあえず最低限現状維持!

BUBUKAは脱毛を阻止し健康な毛髪の状態を保つという点で優れた育毛剤です。

『M-034』と呼ばれる褐藻エキスを濃密配合し、休止期毛でもすぐに抜け落ちないようにとどめ、抜け毛を予防してくれます。

「薄毛が始まったかも…?」と感じ始めた人に、まずはこれ以上の脱毛を予防する目的で使用するのがおすすめです。

③薬用プランテル

こういう人におすすめ

M字薄毛にお悩みの方

M字型薄毛進行の原因とされる「テストステロン」。 薬用育毛剤プランテルはこのテストステロンをいかに抑制するかと追及しました!

男性ホルモン「テストステロン」ターゲットを設定し、女性ホルモン様物質を含む ヒオウギエキスで強力に対抗。また、脱毛遺伝子<FGF-5>の発生に対応する ビワ葉エキス、さらに毛乳頭に働きかける牡丹エキスを組み合わせました。

④薬用ナノアクションD

サントリーが開発した極小ナノサイズ成分の育毛剤

1日2回の使用で頭皮の奥深くまでしっかり浸透し、有効成分が毛根や細胞に到達し効果を発揮できる育毛剤です。

血行促進成分として、ビタミンE誘導体の酢酸DL-α-トコフェロールを配合し、血行不良の改善が期待できます。

スプレーして軽くマッサージするだけで、皮脂を通ってしっかり毛穴に浸透してくれるという手軽な使用感もポイントです。

こういう人におすすめ

信頼できる販売元の製品が良い

サントリーという日本では誰もが知っている企業で開発された製品ということもあり、そのブランド力に期待されている方が多いようです。

有効成分をナノ化するというテクノロジーに加え、その有効成分が角質層に広く浸透する独自構造を編み出したのもサントリーの技術の賜物。

効果が期待できるならお金の問題は厭わない!という人にはオススメです。

⑤M−1育毛ミスト

頭皮の内側の発毛メカニズムをうまく働かせることにこだわった、身体の中の潜在的なエネルギーに働きかける育毛剤と言われています。

女性にとって髪は美の象徴でもあり、大切なものですよね。 そんな髪が薄くなってしまったら、深刻になってしまうのも無理はありません。

でも、薄毛の原因が突き止められれば、取れる対策はあります。

今回は女性にぴったりのストレスのない育毛剤ケアをご紹介しています。

⑥BELTA(ベルタ)

女性用育毛剤BELTA(ベルタ)は、そのリッチな配合成分で注目を浴びいる育毛剤です。

メディアでも多く取り上げられ、BELTAは、頭皮のエイジングケアに優れ美しく健康な髪を呼び戻す効果の期待できる製品と言われています。

こういう人におすすめ

⑴最近髪の毛のハリとコシがなくなってきた

脱毛はそれほど進行しなくても、栄養不足で髪が細くなったりしっかり成長せずに短いままの毛が増えると、薄毛に見えてくることも。

BELTA56種類もの有効成分を配合し、14種類のアミノ酸を始め、保湿や栄養補給のための天然成分が頭皮浸透します。

継続して利用すると髪にハリやコシが蘇り、薄毛に見えていた頭部にボリュームが蘇ります。

⑵痒みやフケなど頭皮のトラブルで悩んでいる

BELTAは度重なるカラーリングやパーマによる頭皮のダメージをケアに期待ができます。

カラーリング剤やパーマ液は頭皮に刺激があり、フケや痒みなどのトラブルを起こすことがありますが、BELTAは皮膚の弱い人にも愛用してもらえるようユキノシタやシルバーバイン果実など天然由来の保湿成分を豊富に配合しています。

⑦Wヘアアプローチ

女性の薄毛、抜け毛にクリニック発想の育毛剤!!

育毛治療を行う皮膚科医が髪の元に着目。 2剤タイプのアプローチ「整え」そして「育てる」Wアプローチ

STEP1:頭皮美容液)1剤をなじませ、髪の土台となる頭皮環境を整えます。

STEP2:薬用育毛剤)活性化された毛根に、薬用育毛成分をしっかり届けます!

⑧マイナチュレ

マイナチュレは2014年、2015年連続でモンドセレクション金賞、銀賞を受賞している世界に認められた育毛剤です。

その主成分は「三石(みついし)昆布」という、昆布の中でも髪や育毛にとって大切なβカロテン、ビタミンB2、ナイアシン、亜鉛などを豊富に含む昆布のエキスを使用しています。

日本ならではの素材にこだわった育毛剤です。

⑨アデノバイタルスカルプエッセンスV

資生堂のスカルプケアシリーズで、もともとヘアサロン向けに販売を開始した製品です。

薬用成分のアデノシンが毛乳頭に直接作用し、毛髪の成長を促進する遺伝子FGF7、毛細血管を増やす遺伝子VEGFを活性化する効果が期待できます。

⑩ヴィージェメディケートエッセンス

ヘアサロン専売のヴィージェシリーズの女性用育毛剤。

野菜に含まれる抗酸化作用やコラーゲンの合成の働きに着目し、毛髪のエイジングケアに利用しているのかヴィージェの特徴です。

トータルケアで幾つかの製品がある中で、メディケートエッセンスは太く強い豊かな髪を育てる育毛剤で、人参エキス桑白皮エキスタケネエキスなどを配合しています。

研究開発が進み効果の期待できる育毛剤が次々と登場し、インターネットで購入できるようにようになった反面、粗悪な製品を購入してしまうリスクも高くなっているそうです。

誤った育毛対策をしないために、買ってはいけない育毛剤の知識をあらかじめ身につけておきましょう!

輸入元がわからない個人ブログ紹介の育毛剤

なんとか薄毛を克服したい!と切に願う人たちを狙った、悪質な詐欺サイトが存在することをご存知ですか?

有名な製品の名前や写真を勝手に使用し、あたかも正式な会社や個人輸入販売業者のように装って育毛剤を購入させるWebサイトやコミュニティーが実際に存在します。

このような発信元、輸入元が不明確な販売者からは買わないようにしましょう。 製品の偽物や、まったく異なる製品を送り付けられることがありますので、注意が必要です。

成分表示のない育毛剤

輸入育毛剤の中には、日本で認められていない成分を配合していたり、使用すると体に害を及ぼす可能性のある製品もあります。

成分表示がされているか、輸入元はどこか、強力なアルコール性成分が入っていないかなどが購入前に確認できる製品を買いましょう。

また、英語やその他の外国語表示が読めないのに安易に使用するのはリスクがあります。 用法用量を理解し、納得できる製品のみ使うようにしましょう。

きちんとした知識がトラブルを防ぎます
きちんとした知識がトラブルを防ぎます

口コミだけでなく含有成分などしっかり下調べをして、安全なものを使用しましょう。

刺激のあるアルコール性成分が入っているもの

育毛剤に含まれる添加物の中で、副作用を及ぼす刺激物質があります。

特にアルコール性成分で見られるのは、プロピレングリコールという添加物です。 日常使用する歯磨き粉などにも含まれている場合がありますが、この成分はかゆみやかぶれを起こす可能性がありますので、なるべく入っていないものを選びましょう。

いかがでしたか? 数多ある育毛剤の中から自分に合ったものを選ぶのは大変に思えるかもしれませんが、自分の症状や薄毛の原因を知ることが、適切な育毛剤選びの近道です。

まずは自分の身体に耳を傾け、効果的な薄毛対策をしていきましょう。