目次

  1. ミノキシジルタブレットとは?
  2. 何故ミノキシジルタブレットは人気があるのか?
  3. ミノキシジルタブレットの効果
  4. ミノキシジルタブレット10mg
  5. ミノキシジルタブレットの副作用
  6. ミノキシジルタブレットを病院で処方してもらう

AGA治療薬を語る上で欠かせない発毛剤配合成分であるミノキシジル。

ミノキシジルタブレットは名前の通りミノキシジルを主成分とした錠剤です。

ミノキシジルは高血圧症の治療などにも使用されている成分で、血管を拡張させ血行を良くします。

またミノキシジルタブレットは、なかなか生えづらい生え際にも効果があるとされています。

ミノキシジルは外用薬として直接頭皮に塗布するものですがミノキシジルタブレットはミノキシジルが錠剤なっているもので内用薬として服用するものとなっています。

現在ミノキシジルタブレットは2.5mg、5mg、10mgのものが販売されています。

ミノキシジルタブレットは「ミノタブ」とも呼ばれています。

ミノタブは外用薬のミノキシジルを使用して効果が得られなかった時に用いられることが多いみたいです。

ミノキシジルは頭皮に直接塗布することで髪の毛を濃くする作用がありますが人間の皮膚には外からの物質をバリアする働きがあるため、十分にミノキシジルが吸収されないという問題点があります。

しかしミノタブは内服薬として体内に直接ミノキシジルを取り入れることで十分に吸収され効果が期待出来るということなります。

ミノキシジルの育毛メカニズム

血行を促進し、髪の毛に栄養を運ぶ手助けをしてくれるんですね。

ミノキシジルタブレットを服用することで髪の毛はもちろん、 体毛も濃くなることがあるようです。

これは内服薬として服用することで外用薬とは違い全身の血行を良くすることが原因だと考えられます。

しかしこのようなことからなかなか生えづらい生え際の毛髪生成も期待出来ます。

血行が良くなることで毛細血管が拡張され毛髪生成に大切な栄養がきちんと行き渡り毛髪生成までの一連の流れがスムーズになり丈夫な髪の毛の生成に期待が出来ます。

ミノキシジルタブレットには2.5mg、5mg、10mgの錠剤がありますが脱毛症の治療薬として服用する場合は2.5mgでも十分に効果は得られるといいます。それほど服用する量によって効果が変わらないという意見もあります。副作用のこともありますので、まずは2.5mgから始めることをおすすめします。10mgを購入する際は、ピルカッターで半分や4分の1にして使用しましょう。

副作用もしっかり理解した上で服用しましょう
副作用もしっかり理解した上で服用しましょう

副作用を理解し、起きてしまった場合はすぐに服用をやめ、ひどい場合は病院に相談しましょう。

もともと血圧降下剤として使用されているものなので副作用として個人差はありますが、血圧の低下による動悸や目眩が起きたり、血管を拡張させることによる、むくみや胸の痛みなどが確認されています。

2.5mgのミノキシジルタブレットよりも10mgのミノキシジルタブレットの方が副作用があることも事実です。

副作用が起こる確率は2〜3%ですが中には個人の判断で服用してしまうと副作用が出てしまうリスクも高まりますので、はじめは2.5mgのものから服用するのがオススメです。

ミノキシジルタブレットは医薬品の発毛剤ですので、副作用などのリスクも隠れています。 ご購入を検討するときは、かならずお近くの皮膚科、もしくは発毛専門クリニックでしっかりとご相談の上、お求めください。

ハゲラボのポリシー】により個人輸入は推奨いたしません。

ご購入をお考えの方はクリニックでご相談くださいね。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。