目次

  1. 育毛剤は危険って聞いたけど本当?
  2. 【結論】育毛剤には一定の安全性が認められている
  3. 【注意点】育毛剤は安全とは言い切れない
  4. 育毛剤=危険ではないが、注意も必要!

薄毛対策の代表ともいえる育毛剤

薄毛でお悩みの方の多くが使用を検討しているのではないでしょうか?

ですが、育毛剤について調べてみると「育毛剤は危険」「副作用のリスク」など、気になる噂も。

薄毛は深刻な悩みですが、健康を害するのであれば少し躊躇(ちゅうちょ)してしまいますよね。

そこで今回は、本当に育毛剤は危険なのか徹底調査しました。

育毛剤を使おうか迷っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

結論として、世間で流通している育毛剤には一定の安全性が認められているため、「この育毛剤は危険」という商品は存在しません。

そもそも育毛剤は、身体への作用が緩やかな「医薬部外品」に分類されるため、健康に対するリスクは低いと考えられているのですね。

医薬部外品とは?という方もいるでしょう。

実は頭皮や薄毛のケア用品は、厚生労働省により医薬品・医薬部外品・化粧品の3つに分類されており、発毛剤や治療薬は医薬品に、育毛剤は医薬部外品に、ワックスやスプレーは化粧品に含まれるのです。

それぞれの特徴をまとめると以下の通り。

分類 効果 身体への影響
医薬品 病気の治療
医薬部外品 衛生、予防
化粧品 清潔にする、健やかに保つ

上記の点を踏まえると、医薬部外品は身体への影響が緩やかな商品といえます。

そのため、広く流通している育毛剤に大きな危険性はないと考えるのが自然でしょう。

副作用を心配する声もありますが、副作用は医薬品のみに認められたものなので、医薬部外品である育毛剤に副作用のリスクはないといえます。

ちなみに「それでは医薬品は危険なのか」というと、その認識も誤り。

発売されている医薬品はすべて厚生労働大臣の承認を受けており、副作用のリスクはあるものの一定の安全性は認められています。

医薬部外品や化粧品には一定の安全性が認められている一方、健康被害の報告や安全性の問題点について指摘する声もあります。

続いて、育毛剤の注意点を見ていきましょう。

育毛剤には一定の安全性が認められていると述べましたが、だからといって確実に安全なわけではありません。

例えば、医師3,195人を対象にした調査によると、医薬部外品の安全性について実に8割以上の医師が「安全性の問題を抱える場合がある」と回答しています。

また、厚生労働省の文書にも以下のような記述が。

近年,薬用化粧品(医薬部外品)による皮膚障害(白斑)の発生など,販売開始前に想定されなかった副作用事例が発生している

出典: 医薬部外品及び化粧品の 副作用報告制度の改正について

このことからも、医薬部外品だからといって確実に安全とは言い切れないことが分かります。

もちろんこれは一部の例ですし、必要以上に心配しても仕方のないことですが、リスクが存在することは理解しておきましょう。

育毛剤は一定の安全性が認められているものの、すべてが確実に安全というわけではないのですね。

とはいえ、使う前から危険性の心配をしていても薄毛は進行するばかり。

ヘアラボとしては、初期の薄毛や予防に対しては育毛剤の使用をおすすめしています。

大切なのは、異常が現れた際にすぐに使用を中止し、医師に相談すること。

正しい知識を持って、自分に合った薄毛対策をしていきましょう。

育毛剤選びで迷っている方は、以下の記事も併せて参考にしてください!

参考文献
[1] 麻生泰 , 薄毛治療の新常識 , (白誠書房、2016)