目次

  1. ケアアイテムでまつ毛を育毛・伸ばすことは可能?
  2. まつ毛が短く・少なくなる【原因】
  3. まつ毛ケア用品の「役割」と「効果の違い」
  4. 主な「まつ毛ケア用品」の紹介
  5. まつ毛を健やかに伸ばす!ケアアイテムで育毛サポートを徹底
毎日のケアでまつ毛が育毛できるの…?
毎日のケアでまつ毛が育毛できるの…?

この記事にたどり着いた方は、まつ毛ケア用品についてこんな風に考えていませんか?

  • ①まつ毛ケア用品といえば、まつ毛美容液

  • ②まつ毛美容液は「まつ毛を育毛できるもの」もしくは「元々短いまつ毛を伸ばす・少ないまつ毛を増やせるもの」

その認識、実は違います

そもそもまつ毛のケア用品にはいくつか区分があり、その種類の違いによって効果や役割がまったく異なるのです。

この記事では、そんなまつ毛ケア用品の認識について徹底解説しつつ、主なまつ毛ケア用品も紹介してまいります。

ぜひ最後までチェックしてみてください!

どうしてまつ毛が少なくなるの…?
どうしてまつ毛が少なくなるの…?

まつ毛は、汗や強い日光、ホコリや異物から目を保護するために存在します。

その長さや太さ、濃さでその人ならではの顔つきや表情をつくる役割もあるので、まつ毛がキレイに生え揃っていると見栄えがいいですよね。

しかしこのまつ毛、髪の毛とは比較にならないくらい短いですよね。

その理由は、まつ毛の毛周期(毛が生え変わるサイクル)が約「5〜12か月」ほどと短いことが挙げられます。

毛髪の毛周期はおおよそ「5年」ほどですから、まつ毛が短いのは当たり前なのです。

さらに、成長期毛率(成長期に当たる毛の量)は、上まつ毛が41%、下まつ毛が15%といわれているので、「下まつげの方が生え変わりの速度が早い」と言えるでしょう。

まつ毛が短くなったり、少なくなってしまうのはなぜ?

そんなまつ毛が、本来の長さや量に比べて短くなったり、少なくなったりしてしまう主な原因としては、以下のようなものが挙げられます。

  • ①日々のアイメイク、まつ毛エクステ、クレンジングなどによるダメージ
  • ②加齢
  • ③皮膚疾患・服用している薬の副作用

まつ毛の短い毛周期が、上記で触れた①〜③の原因によって乱れてしまうことで、まつ毛が少なくなってしまったり、タイミングによって全体的に短くなったように見えたりするのです。

そんなトラブルの起きやすいまつ毛を、美しく保つために存在するのが、まつ毛ケア用品

ですが、冒頭でも説明した通り、まつ毛ケア用品には種類によって効果や役割に大きな違いがあるのです。

意外と知られていない「まつ毛ケアアイテムの真実」
意外と知られていない「まつ毛ケアアイテムの真実」

まず大前提からお伝えすると、“生まれつき短いまつ毛を伸ばす、少ないまつ毛を増やす”ことは、まつ毛ケア用品ではできません。

これから説明するどの区分のまつ毛ケア用品においても、「本来の長さ以上にまつ毛を伸ばす」「発毛させる」という効果はないのです。

まつ毛のケアアイテムはあくまでまつ毛の健やかな成長をサポートするためのものという認識が必要です。

まつ毛ケア用品の種類は、薬事法により以下のような3つの区分に分類されます。

《医薬品》

まつ毛が不足していたり、不十分な状態になったりする「睫毛(しょうもう)貧毛症」の患者に処方される薬はこちらに分類されます。

「医薬品」ではありますが、“まつ毛を長く太く濃くするもの”であり、発毛効果はないのであくまで育毛剤として扱われます。

医薬品である以上副作用のリスクは避けきれないので、必ず医師に処方してもらいましょう。

《医薬部外品》

抜け毛を予防したり、発毛を促進させたりするための有効成分を含んでいる育毛ケア用品は、こちらに分類されます。

なお、まつ毛ケア用品では医薬品と医薬部外品の両者をあわせて「育毛剤」という括りになります。

発毛効果があるものが医薬品の「発毛剤」、育毛効果しかないものは医薬部外品の「育毛剤」になる髪の毛とは違う点、注意しましょう。

《化粧品》

まつ毛にハリやコシを与え、まつ毛を健やかに成長させる・伸ばすためのサポートを行うケアアイテムがこちらに分類されます。

まつ毛が育つ土壌を整えたり、まつ毛自体をケアする役割が主であるため、「育毛効果」は謳えません。

それでは、ここからは3つの区分ごとに代表的な商品を紹介していきましょう。

ここで取り上げるのは以下のラインナップです。

《医薬品》
※育毛剤

①グラッシュビスタ 外用液剤 0.03%(国内認可)

②ラティース(国内未認可)

《医薬部外品》
※育毛剤

③ノヴェルモイ 薬用・育毛ミニエッセンス/ルチア

④ラッシュセラムEX/アヴァンセ

《化粧品》
※美容液

⑤スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュセラム/アンファー

⑥THEまつげ美容液/フローフシ

①グラッシュビスタ 外用液剤 0.03%

グラッシュビスタ 外用液剤 0.03%

グラッシュビスタ 外用液剤 0.03%は、医療用医薬品として厚生労働省から製造販売承認を受けた、国内唯一の睫毛(しょうもう)貧毛症治療薬

発売元はアラガン・ジャパンです。

緑内障の患者に処方されていた点眼液の成分「ビマトプロスト」に、まつ毛を伸ばす・毛を太くする効果があることに着目し、つくられた医療用育毛剤です。

②ラティース

ラティースは、グラッシュビスタと同様、緑内障の患者に処方されていた点眼液の成分「ビマトプロスト」を有効成分とし、睫毛(しょうもう)貧毛症に悩む方のまつ毛を濃くする、伸ばす、増やすために作られた医療用医薬品です。

FDA(注1)が世界で初めてその効果を承認した“まつ毛の医療用育毛剤”ではありますが、日本国内においてはまだ未承認の医薬品です。

注1:アメリカ医薬品局の略称。日本でいう厚生労働省に当たる機関を指します。

《海外の医薬品に関する注意事項》

医薬品の個人輸入には偽造品の流通などの問題があり、効果が期待できない・重篤な健康被害、といったリスクがあります。
したがって、ヘアラボのポリシーでは医薬品の個人輸入は推奨しません。

お求めになる方は、取り扱いのあるクリニックでリスクや安全性をしっかり医師にお伺いの上、処方してもらいましょう。

③ノヴェルモイ 薬用・育毛ミニエッセンス/ルチア

内容量:5ml
値段:通常価格2,700円(税込)

グリチルリチン酸2Kピリドキシン塩酸塩ニンジンエキスなどの有効成分により、育毛や発毛促進、脱毛の予防効果が期待できます。

まつげや眉毛など、薄い、短い、コシ・ボリュームがないなどでお悩みの部分にピンポイントで使える育毛剤です。

まつ毛や眉などを健やかに伸ばす。成長させるための育毛剤ですが、ホルモン剤は一切使用していないので、出産前後や生理中など、ホルモンバランスが気になるタイミングでも使いやすいのが特徴。

④ラッシュセラムEX/アヴァンセ

内容量:7ml
値段:通常価格1,800円(税抜)

育毛、発毛促進、脱毛の予防効果が期待できます。

有効成分(パントテン酸誘導体・感光素)が、抜毛予防や毛生を促進。
また、ニンジンエキスとキチンリキッドなどの保湿成分が毛先に潤いを与えて健やかな毛髪の成長をサポートする育毛剤です。

まつ毛を健やかに伸ばす・成長させるための育毛剤は一見手に入りにくい印象ですが、ドラッグストアなどでも広く取り扱われているので、お求めになりやすいのが特徴。

⑤スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュセラム/アンファー

内容量:記載なし
値段:通常価格1,730円(税込)

潤いを保ち根元からハリ・コシのあるまつ毛を伸ばす・育むためのサポートを行うまつ毛美容液です。

保湿成分が角質層内へ浸透しやすいように、ナノ化(注2)技術を駆使。
さらに、オイル・アルコール・シリコン・パラベン・合成香料・合成着色料・界面活性剤不使用なのでお肌に負担をかけにくい仕様になっています。

注2:文字通り、特定の成分をナノサイズまで小さくして肌への浸透性を上げること。

⑥THEまつげ美容液/フローフシ

内容量:5g
値段:通常価格1,200円(税別)

まつ毛やその根本だけをケアする「点」のアプローチではなく、まつ毛が育つ土壌となるまぶた全体の環境を「面」でケアし、健やかなまつげを伸ばす・成長させるサポートするまつ毛美容液です。

アイクリームとしても使用できるほど豊かな保湿成分がまつ毛が育つ環境を整備。

保湿によってまぶたや目尻のシワ予防、マッサージをしながら利用することで血行不良によるクマの予防にも一役買ってくれます。

徹底ケアで華やかな目元を目指そう!
徹底ケアで華やかな目元を目指そう!

ここまでの内容から、以下のようなまつ毛ケアアイテムの事実について知ることができたと思います。

  • まつ毛ケアアイテムは区分によって役割や効果が異なる
  • 生まれ持った毛量や長さよりもまつ毛を増やす・伸ばすことはできない
  • 何らかの原因により少なく・短くなったまつ毛の健やかな成長をサポートできる

ご自身が求める役割や効果に合わせて、今回紹介したおすすめの商品も参考に、健やかなまつ毛の育毛環境を整えるアイテムを使ってみてはいかがでしょうか?

この記事で紹介したまつ毛ケアアイテムも、ぜひお買い物の参考にしてみてください。