目次

  1. どうせ切るなら役立てたい…髪の毛を売る方法が詳しく知りたい!
  2. どこで?どうやって?《髪の毛を売る方法》
  3. 髪の毛を売るための“必要事項”と“価格の詳細”
  4. 髪の毛をできるだけ高く売るための秘訣
  5. 少しでも高く髪の毛を売るなら、日頃のケアから見直そう!
ゴミになるくらいなら役立てよう!
ゴミになるくらいなら役立てよう!

髪の毛を売ることができるという噂を聞いて、この記事にたどり着いてきた方は多いかもしれません。

その噂通り、通常ヘアカットでゴミになってしまう髪の毛を、売ることができるシステムは確かにあるのです!

髪の毛を寄付する、「ヘアドネーション」とはまったく別物です。

どうやって売るの?高く売るためのコツは?なんて疑問の声にお答えするべく、この記事では髪の毛の販売について解説していきます。

髪の毛はどこで売れるの?販売方法が知りたい!
髪の毛はどこで売れるの?販売方法が知りたい!

髪の毛の販売方法は、こちらの2つ。

①以下のような専門業者に送る方法

  • タムタム
  • 美さいくる工房・ラビットハンズ♪
  • ベルニケ

②以下のようなネットオークションで売る方法 - ヤフオク

今のところ、専門業者やオークションの落札者に郵送する方法の2つのみです。

「サロンに足を運べば販売できる」というものではないので、手軽に売れるような場所はないというのが現状。

したがって、「お金にするというよりも手軽さを重視したい」という方は、髪の毛が寄付できるヘアドネーションがおすすめ。

ちなみに、ヘアドネーションは多くのサロンが行なっています。

ヘアドネーションは、さまざまな理由からエクステンションやウィッグが必要な方のためになるので、「どうせ髪の毛を切るなら無駄にしたくない」という想いも解消されます。

もちろん、お金がもらえるわけではありませんが、サロンによってはカット代が安くなったりするので、ちょっとしたお得感もあるのではないでしょうか。

「お金にしたい!」という思いよりも「どうせなら役立てたいな」という気持ちが強い方は、検討してみてもいいでしょう。

次は、髪の毛を売るための必要事項や価格などの詳細をまとめました。

髪の毛を売るには条件があります!
髪の毛を売るには条件があります!

髪の毛を売る際には守らなくてはならない必要事項があります。

それに、どのくらいの価格で売ることができるのか、気になります。

前章でもお知らせした以下の4つについて、それぞれ必要事項や買取案内を説明していきます。

  • タムタム
  • 美さいくる工房・ラビットハンズ♪
  • ベルニケ
  • 番外編:オークション

タムタム

《必要事項》

キツめでも大丈夫ですので、必ずヘアゴムを結んだ状態で売る部分の髪の毛を切るようにしてください。

また、本人確認のために、必ず「長さ」「重さ」「ビフォーアフター」がわかる写真を添付する必要があります。

《買取案内》

「100g300円〜」買取可能

以下のような場合は買取の対象にならないのでお気をつけください。

  • 長さが「15cm未満」
  • 重さが「40g未満」
  • 束ねられていない髪
  • ビビリ毛、ちぢれ毛
  • 極端に癖のある髪
  • パーマネントのかかった髪(縮毛矯正除く)
  • 極端に傷んだ髪
  • 全体の1%以上が白髪の毛
  • 写真などによる照明が不十分で本人確認が取れないもの

※髪質を問わず、31歳以上のお客様の毛髪におかれましては、買取りいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
※時間の経過とともに、埃、粉塵といった異物が毛髪に付着されるため、毛髪の剪断日より、1か月以上経過された場合、買取りいたしかねます。
公式サイトより引用)

美さいくる工房・ラビットハンズ♪

《必要事項》

髪の毛を結んだ状態で、売る部分の毛のみカットしてください。

毛先の揃ったワンレングスで、40cm以上の長さが必要です。

《買取案内》

「40cm以上、12,000円〜」買取可能

  • 40cm以上は、5cm長さが伸びるごとに1000円プラス
  • 70cm以上は、5cm長さが伸びるごとに2000円プラス

以下のような場合は買取の対象にならないのでお気をつけください。

  • 毛の量がまばらで先細りしている髪(すくなどして長さが不揃い)
  • 傷みが激しい場合は減額か、買取ができない

※お写真での判断もしておりますので、カット前でしたら後ろ髪の状態を、またはカット後の髪束の状態のお写真、写メをお送りいただけましたら、おおよその金額が分かり安心かと思います。
公式サイトより引用)

ベルニケ

《必要事項》

買取が可能かを判断するため、髪の長さ髪の毛をカットした日付など必要事項を記入、カット前後の写真と、カットした髪の毛の写真を送り、無料仮査定を受ける必要があります。

《買取案内》

「10cm以上、800円〜」買取可能

※上記の買取金額は日本人の方のみ対象となります。
※50g未満の髪の毛については上記買取価格が適用されませんので、あらかじめご理解をお願いいたします。(50g未満の髪の毛も買取いたします)
※髪の状態によっては、買取不可の場合がございますので、あらかじめご理解をお願いいたします。
※18歳未満(高校生含む)のお客様につきましては、保護者の同意、または保護者の方からの買取のお申し込みをお願いいたしております。
公式サイトより引用)

番外編:オークション

オークションでも髪の毛を売ることが可能です。

オークションサイト大手のヤフオクなどは買う人によってさまざまな条件があります。
一定の基準があるわけではないので、場合によって変わることを覚えておきましょう。

ただし、次で紹介しているような髪の毛を高く売るための秘訣は、どんな方法で髪を売るにしても守っておくべきなので、ぜひ参考にしてみてください。

日頃から髪の毛のケアに気をつけよう!
日頃から髪の毛のケアに気をつけよう!

「タムタム」の公式サイトに載っている、減額対象の一覧を目安に要件を洗い出してみました。

これらは、買取価格が減額対象になるほか、売ることができないこともありますので、髪の毛を売る際には十分に注意したいポイントばかりです。

【髪質】

  • 天然パーマ
  • ちぢれ毛、癖毛
  • 切れ毛
  • 枝毛

【ケミカル処理】

  • ヘアカラー(ヘンナ、マニキュア含む)
  • ブリーチ
  • 縮毛矯正

【毛量】

  • 不均一な髪の毛

以上の条件から、できるだけ減額にされずに髪の毛を売るためには、以下のような対策が必要であることがわかります。

  • 1)常日頃から髪の毛をまっすぐに保つようにケアしておく
  • 2)髪の毛は基本的に毛先を揃える(髪の毛をすかない)
  • 3)カラーやパーマなどは極力避ける
  • 4)傷ませないための対策をしておく

4つの項目に分けて、詳しい内容を説明していきます。

1)常日頃から髪の毛をまっすぐに保つようにケアしておく

基本的に、髪の毛を売ることを考えるならストレートであることが理想です。

度合いにもよりますが、天然パーマでうねりが出やすい方は、日頃からまっすぐに保っておけるようにケアする必要があります。

ブローに気をつけたり、髪の毛がうねりやすくならないようにダメージケアをしたり、日頃からできるだけ髪の毛をストレートに保つようにしましょう。

パーマを当てたようなカールがかった髪の毛の方は買取ができないこともありますので、事前に確認してみましょう。

2)髪の毛は基本的に毛先を揃える

いまは全体的に髪の毛を少なくして軽めのヘアスタイルにする女性が増えていますが、髪の毛を少しでも高く売る場合は、髪の毛にレイヤーを入れず、基本的に毛先を揃えておきましょう。

髪の毛の価格は、長さだけでなく重さなどでも変わるので、ヘアカットにも気をつける必要があります。

3)カラーやパーマなどは極力避ける

髪の毛の買取の際には、できるだけナチュラルな髪の毛であることが好まれます。

カラーやブリーチ、パーマ、縮毛矯正など、ヘアスタイルを変えるために行われるケミカル処理は控えるようにしましょう。

傷んだ髪の毛も買取価格の減額に響くので、このような薬剤によるダメージもなるべくなくすように心がけてください。

4)傷ませないための対策をしておく

髪の毛を売る際、ダメージの度合いで減額されてしまうことがあります。

この減額をなるべく抑えるためには、

  • 髪の毛にあったシャンプー選び
  • トリートメントでの補修ケア
  • 紫外線対策

など、受けたダメージをケアする方法や受けるダメージを軽減させるための対処で、髪の毛を傷ませないための対策をする必要があります。

以下に、「シャンプー選び」「トリートメントケア」「紫外線対策」についての記事をご用意しましたので、詳しいやり方を知りたい方は、チェックしてみてください。

髪のカラーやパーマは控え、傷みは事前にケアしておこう!
髪のカラーやパーマは控え、傷みは事前にケアしておこう!

ゴミになるだけだったカット後の髪の毛は、特定の機関に髪を寄付するヘアドネーションだけでなく、売る*という方法もあることを知っていただけたかと思います。

髪の毛を売るためには、それぞれ買取会社の規定に沿うほか、カラーやパーマなどを控えてできるだけナチュラルな状態を保つ必要がありましたね。

長く、質量があり、髪質が良いほど高価格で買い取ってもらうことができるので、販売を考えている人は普段からケアカットに気を配っておくといいでしょう。