目次

  1. 硬い髪質を柔らかい髪にしたい!それってできるの?
  2. 髪質が硬い原因は「遺伝」と「髪の毛の水分量」
  3. 硬い髪質の水分量を増やして潤いを与えるヘアケア法5選
  4. 【男性編】硬い髪質におすすめの髪型&ヘアアレンジ
  5. 【女性編】硬い髪質におすすめの髪型&ヘアアレンジ
  6. 硬い髪質に関する疑問を解消します!<Q&A>
  7. <まとめ>硬い髪をしっかりお手入れして髪質改善!
  8. 「硬い髪質」に関連する記事一覧

元々の髪質が硬いです。
柔らかくするためにはどうしたらいいですか?

(前髪が目に入ってしまって悩んでます!)

出典: 元々の髪質が硬いです。 - 柔らかくするためにはどうしたらいいですか?(前... - Yahoo!知恵袋

髪質が硬いのが悩みの男です。
そこで質問なのですが
髪が硬い場合、どういう髪型が清潔感があり いい印象を持たれますか?

①髪質が硬い人におすすめの髪型を教えてください。
②髪質が硬い人にオススメのワックスを教えてください。

出典: 髪質が硬いのが悩みの男です。 - そこで質問なのですが髪が硬い... - Yahoo!知恵袋

髪質が硬いとなかなか思い通りの髪型にならず、毎朝のスタイリングに時間がかかってしまいますよね。

そもそも髪質の硬さの違いは、髪の毛1本1本の「太さ」の違い。

  • 硬い髪質:髪の毛が太いこと(剛毛・硬毛)
  • 柔らかい髪質:髪の毛が細いこと(軟毛)

髪質が硬いと髪の毛がボワっとしてまとまりにくく、髪の毛の量も多いと感じてしまいます。

しかし一方で、髪の毛1本1本がしっかりしているので、カラーやパーマをしてもダメージを受けにくいといった特徴もあるんですよ。

この記事では、以下の硬い髪質を柔らかい手触りにするヘアケア方法や、硬い髪質を生かしたおすすめのヘアスタイルなどをご紹介していきます。

まずは髪質が硬くなってしまう「原因」から確認していきましょう。

髪質が硬い原因は、「遺伝」や「髪の毛の水分量が少ない」こと。

髪質は親から子へ遺伝する可能性があり、この場合もともとの髪質から細い柔らかい髪の毛にすることは難しいです。

しかし、もともと髪質が硬いわけではなかったけど、髪の毛がダメージを受けて髪の毛の水分量が少ないことで、髪がくせ毛のように広がってまとまりにくくなり、髪質が硬いと感じられることがあります。

髪の毛の水分量が少なくなる原因として考えられるのは、熱(ドライヤー、アイロン、紫外線など)によるダメージや、ヘアカラーやパーマによる髪の毛へのダメージなど。

髪質自体を変えることはできないものの、髪の毛のダメージをケアして水分量を保てば、手触りが柔らかくなりスタイリングしやすい髪になる可能性があります。

それではダメージを受けてゴワゴワした硬い髪の毛の、水分量を増やして保湿するケア方法をご紹介していきます。

ご紹介するヘアケア方法は、今すぐにでもできてしまう以下の5つ。

保湿することで柔らかい手触りの髪の毛になりますので、硬い髪質や剛毛に悩んでいる方はぜひ、できるものから試してみてくださいね。

ヘアケア方法①シャンプー選びを見直す

硬い髪質や剛毛な髪の毛を柔らかい質感にするために、まずは日頃から使っているシャンプーを見直してみましょう。

シャンプーの洗浄力が強すぎたり、保湿力が足りないなど自分の髪の毛に合っていないシャンプーを使っていると、髪の毛がパサパサしてまとまりにくくなることも。

髪質が硬い方や剛毛の方におすすめなのが、アミノ酸系のシャンプーです。

アミノ酸系シャンプーは、高い保湿力を持った成分が含まれており、髪の毛の水分量を奪わずに潤いを残したまましっかり洗浄します。

硬い髪質や剛毛の方におすすめの、アミノ酸系シャンプーを4つご紹介するので、自分の髪の毛にあったシャンプーを見つけてくださいね。

1、コンディショナー不要でしっかり保湿する【haru kurokamiスカルプ シャンプー】


2、保湿しながらしっかりダメージもケア【ボタニスト ダメージケアシリーズ】


3、市販で安価で購入できる【HIMAWARIオイルインシャンプー】


4、髪に優しく家族で使えるシャンプー【ミノン 薬用ヘアシャンプー】

ヘアケア方法②シャンプー方法を見直す


硬い髪質の手触りを柔らかくするヘアケア方法2つ目は、普段のシャンプーの方法を見直すこと。

意外としっかりできていないことの多い毎日のシャンプーは、健康な髪の毛を生やす土台づくりとなります。

正しくシャンプーができていないと、髪の毛がゴワゴワするだけでなく、薄毛や抜け毛の現認になることも。

先ほどご紹介したアミノ酸系シャンプーや、後ほどご紹介するトリートメントケアの効果をしっかり得られるよう、正しいシャンプー方法を確認していきましょう。

  • ①素洗いを2〜3分かけてする
    シャンプーの前にお湯で2〜3分素洗い(お湯を当てること)することで、髪の毛や頭皮の汚れを浮かせて落としやすくします。
  • ②指の腹で頭皮をやさしく洗う
    シャンプーをしっかり泡立てて、指の腹を使ってやさしく洗います。ゴシゴシ強く洗うと頭皮や髪の毛が乾燥する原因に。
  • ③すすぎは、ぬめりがなくなるまで
    シャンプーが頭皮や髪の毛に残ったままだと髪の毛の潤いが奪われる原因になるため、ぬめりがなくなるまで十分に洗い流してください。
  • ④ドライヤーで頭皮まで乾かす
    頭皮が湿っていると雑菌が繁殖しやすく、フケやかゆみが発生して健康な髪の毛が生えにくくなるため、髪の毛だけでなく「頭皮」をしっかり乾かしましょう。

ヘアケア方法③トリートメントで保湿する

3つ目にご紹介する硬い髪質(剛毛)のヘアケア方法は、トリートメントを使って髪の毛を保湿すること。

保湿効果の高いトリートメントを使うことで、髪の毛を熱やカラーなど刺激となるものから守り、髪の毛内部の水分も守ってくれます。

水分量が保たれると硬くて太いと感じる髪の毛も柔らかい手触りになり、くせ毛が改善されて髪の毛表面にもツヤが出やすくなりますよ。

硬い髪質の方、剛毛の方におすすめの保湿効果の高い「ヘアミルク」「ヘアオイル」「ヘアマスク」を4つご紹介していきます。

1、やわふわな髪に導く、髪が太い方用のヘアミルク【ミルボン エルジューダ エマルジョン+】

2、からだにも使えるヘアオイル【大島椿】

3、ダメージを補修しながら保湿するヘアマスク【ジュレームアミノ ディープリペアアルゲ ヘアマスク】

4、週に1回のスペシャルケア用ヘアマスク【ボタニスト ボタニカル ヘアマスク】

ヘアケア方法④パーマやカラーを控える

硬い髪質や剛毛になる原因として、頻繁にパーマやカラーすることによる髪の毛へのダメージもあげられます。

パーマ液やカラー剤は髪の毛にとって刺激が強く、頻繁に繰り返すと髪の毛の水分量が少なくなり髪質が硬い・太いと感じられ、また抜け毛や薄毛に繋がることも。

せっかくシャンプーやトリートメントで髪の毛をケアしても、パーマやカラーの回数が頻繁だと、髪の毛のダメージを補修するのは難しくなってしまいます。

柔らかい手触りの髪の毛を手に入れるためには、パーマは3〜4ヶ月に1回程度、カラーは2ヶ月に1回程度がおすすめです。

ヘアケア方法⑤髪質にあった「ヘアブラシ」を使用する

硬い髪質や剛毛な方のヘアケア方法として、最後にご紹介するのが髪質にあったヘアブラシの使用です。

ヘアブラシなんてどれも同じと思われるかもしれませんが、ヘアブラシの役割は髪の毛をとかすだけでなく、髪の毛についた汚れをとったり、髪の毛のキューティクルを整えてツヤを出す効果も期待できるのです。

特に獣毛(猪毛・豚毛)を使ったヘアブラシは、ブラシ部分に油分が含まれているため静電気を起こしにくく、キューティクルを整えて髪の毛をまとまりやすくするので、髪の毛が柔らかく感じられる効果が期待できます。

以下に髪質が硬い方、剛毛の方におすすめの、猪毛を使用しているヘアブラシをご紹介します。

【MASON PEARSON(メイソンピアソン)ハンディミックス】


ゴワゴワして硬い・太い髪質に感じる髪に、保湿して柔らかい手触りにするヘアケア方法を5つご紹介してきました。

次に、髪質が硬い方におすすめのヘアスタイルを、男性・女性別に画像でご紹介していきます。まずは男性から見ていきましょう。

硬い髪質(剛毛)で思い通りにスタイリングできず、毎朝ヘアセットに苦労している方も多いのではないでしょうか。

そこで、硬い髪質や剛毛な方がスタイリングしやすいメンズヘア画像をご紹介していきます。

硬い髪質(剛毛)におすすめのメンズヘアのポイントは、以下の3つ。

  • 硬い髪質(剛毛)の髪型のポイント①
    「短髪ショートにする」
  • 硬い髪質(剛毛)の髪型のポイント②
    「パーマで動きを出す」
  • 硬い髪質(剛毛)の髪型のポイント③
    「ワックスで動きを出す」

それぞれ、実際のメンズ画像を見ながら解説していきます。

硬い髪質(剛毛)の人の髪型のポイント①短髪ショートにする

硬い髪質(剛毛)の方におすすめの髪型のポイント1つ目は、短髪ショートにすること。

硬くて太い髪質の方(特に髪の量が多い直毛の方)は短髪にカットしたときに、髪の毛が立ち上がってしまうという方もいるかもしれません。

しかし、そこをあえて髪の毛を立ち上げたメンズの短髪ショートにすることで、ボリュームが抑えられてヘアセットの時間が短縮され、さわやかな印象にもなります。

スーツ姿にも似合いますし、ビジネスシーンでもおすすめのメンズヘアです。

硬い髪質(剛毛)の人の髪型のポイント②パーマで動きを出す

硬い髪質の方や剛毛な方には、パーマもおすすめ。

髪質が硬いとごわついて髪の毛が広がりやすく、重い印象になりがちですが、パーマをかけることで髪の毛に動きが出て柔らかい印象になりますよ。

毎日時間がかかっていたヘアセットも、パーマをかければワックスを揉み込むだけで簡単になるので、くせ毛の方にもおすすめです。

硬い髪質(剛毛)の人の髪型のポイント③ワックスで動きを出す

パーマは髪の毛が傷みそうだし、仕事柄難しい。でも髪の毛に動きを出して柔らかく見せたい。そんな方はワックスを上手に使って髪の毛に動きを出しましょう。

ワックスで髪の毛に束感をつくることで、動きが出てふわっと見せ、硬い髪質や剛毛でも髪の毛を軽く見せることができます。

しかし、ワックスにもいろいろな種類があり、髪質が硬い場合はなにを選んだらいいのかわからないという方も多いはず。

硬い髪質(剛毛)の方におすすめのメンズワックスは、伸びがよく、油分が多めのファイバー(繊維)系や、クリーム系のワックスです。

油分が多いことで髪の毛に動きを出しやすく、伸びが良いので頑固な硬い髪質や剛毛にも馴染みやすいのです。

硬い髪質や剛毛の方におすすめのメンズワックスを2つご紹介します。

1、【ウェーボ デザインキューブ ホールドワックス】

2、【LIPPS L14 フリーハードワックス】

続いて、髪質が硬い(剛毛)女性におすすめの髪型や、簡単にできるヘアアレンジを長さ別にご紹介していきます。

髪質が硬い(剛毛)女性のヘアアレンジのポイントは、サイドや襟足などの顔まわりの髪の毛をすっきりさせること。

女性の場合、髪の毛が長く横にぼわっと広がりやすいため、顔周りをすっきりさせることで軽やかな髪型に見せることができます。

髪の毛の長さ別に、硬い髪質や剛毛な方におすすめのヘアスタイルを確認していきましょう。

  • 硬い髪質(剛毛)におすすめの髪型①
    「ショートヘア」
  • 硬い髪質(剛毛)におすすめの髪型②
    「ボブ〜ミディアムヘア」
  • 硬い髪質(剛毛)におすすめの髪型③
    「ロングヘア」

最後に、硬い髪質や剛毛の方におすすめのスタイリング剤もご紹介しますので、参考にしてみてください。

硬い髪質(剛毛)の人におすすめの髪型①ショートヘア

髪質が硬い剛毛な人が短い髪型にすると、襟足部分の髪が浮いてしまうことがあるので、襟足部分の髪をすいてすっきりさせましょう

そうすることで、襟足も浮かずにメリハリも出てバランスの良いショートカットに。

トップにボリュームを持たせて後頭部をふんわりさせることで、ボーイッシュになり過ぎず女性らしさも演出してくれます。

ショートヘアはスタイリングがしやすいので、朝のヘアセットに時間がかかってしまう…という悩みを解決しますし、くせ毛の方にもおすすめですよ。

硬い髪質(剛毛)の人におすすめの髪型②ボブ〜ミディアムヘア

こちらはサイドとトップの髪の毛をねじって止めるだけの簡単ハーフアップスタイル。

前髪も短く薄めに残せば、硬い髪質でも顔まわりの髪の毛の広がりを抑えて、すっきりとした印象になりますよ。

髪の毛を巻いてからハーフアップにすることで、髪の毛の広がりもごまかせて簡単無造作ヘアも作れちゃいます。

こちらは後頭部の真ん中あたりで、ゆるくお団子にしたヘアスタイル。

髪の毛が短いと襟足部分の髪が出てしまいますが、それがまたアクセントになって可愛らしい印象に。

くしできれいに整えながら髪の毛をまとめるよりも、手ぐしで適当にまとめるくらいが硬い髪質を柔らかく見せ、ふんわりとした女性らしいイメージになりますよ。

一つにまとめた髪の毛に、ターバンを巻いてアクセントをつけたヘアアレンジ。

ターバンはアホ毛や短い髪の毛を隠してくれるので、時間がない朝でも簡単におしゃれなヘアスタイルができちゃいます。

髪の毛はルーズに崩しながらふわっとまとめると、柔らかい髪質に見せてくれるのでおすすめ。

硬い髪質(剛毛)の人におすすめの髪型③ロングヘア

髪質が硬い(剛毛)ロングヘアの方におすすめの髪型一つ目は、アレンジ一つ結びです。

髪の毛を左右二つにわけてねじりながら結び、結んだところをピンでとめてワンポイントアクセントに。

これだけでも可愛いですが、帽子をかぶることでおしゃれに硬い髪の広がりも抑えます。

また、特に髪の毛が長い方は黒髪よりも少し明るめのヘアカラーにすると、髪質が硬い方や剛毛な方でも軽く見せることができますよ。

髪の毛が長い人にもふわっとルーズにまとめたお団子ヘアはおすすめ。

あえてふんわりルーズにお団子を作ることで、硬くて飛び出しやすい毛先を自然に見せることができます。

お団子部分に目立つヘアゴムやヘアアクセサリーを使うと、いつもワンパターンになりがちな髪型にアクセントがつけられますね。

髪質が硬い(剛毛)女性におすすめのスタイリング剤

硬い髪質(剛毛)の方の髪の広がりを抑える髪型をご紹介してきましたが、髪質が硬いとうまくまとまらなかったり、アレンジが崩れやすいといったことも多いのではないではないでしょうか。

そこで、髪質が硬い人や剛毛な方におすすめな、スタイリング剤を3つご紹介します。

気になるアホ毛に【マトメージュまとめ髪スティックレギュラー】

キープしにくい巻き髪に【ケープ3Dエクストラキープ】

一つ結びをアレンジしたい方に【ポニーアレンジスティック】


男性・女性別で、髪質が硬い方(剛毛)におすすめなヘアスタイル、アレンジをご紹介しました。

次に、硬い髪質に関する噂話について探ってみました。

①硬い髪質(剛毛)の人は白髪になりやすいって本当?

「髪質が硬いと白髪になりやすい」といった噂を聞いたことはありませんか?

それ実は、根拠がまったくない噂です

白髪になる原因はさまざまですが、主な原因は以下の3つ。

  • 加齢
  • 遺伝(早老症・優性遺伝による若白髪)
  • 後天的要因(病気や薬の作用、大きなショック等)

いずれの原因も白髪になる仕組みは「メラニン」という色素が関わっており、髪質が硬いからといって白髪になりやすいわけではないのです。

②硬い髪質(剛毛)の人と髪が細い人はどちらがはげやすいの?

細くて柔らかい髪の毛の方が、硬くて太い剛毛な髪の毛よりもはげやすそう…と思われがちですが、もともと髪の毛が硬い・柔らかいといった髪質で薄毛(はげ)になるかどうかを判断することはできません。

薄毛やはげは、遺伝や生活習慣の悪化、適切でないシャンプー方法などが原因で起こる「ヘアサイクルの乱れ」によるものだからです。

ただしヘアサイクルが乱れると、細い髪の毛が増える症状が見られることがあるため、髪質が硬い剛毛な方でも細い髪の毛が増えてきたら薄毛の兆候の可能性があります。

③産後は髪質が変化して剛毛になるって聞いたけど本当?

女性は妊娠・出産で女性ホルモンのバランスが変化するため、妊娠・出産をすると髪の毛がパサパサしたり、ハリやコシがなくなったと感じることがあります。

しかしそれは、髪質そのものが硬く剛毛になるわけではなく、パサついたりごわついて硬い髪質になったように感じているということ。

先ほどご紹介したシャンプーやトリートメント、ヘアオイルなどで髪の毛をケアすることで少しずつ元の髪質に戻っていくはずですよ。

④髪質が硬い剛毛のアホ毛が気になる…抜いても大丈夫?

髪質が硬い剛毛の方は、短い髪の毛がぴょんぴょんとはねる「アホ毛」が気になることも多いと思います。

しかし、毛根からアホ毛を抜いてしまうと、毛穴が変形してくせ毛になったり、髪の毛を抜いたあとの毛穴から雑菌が入って、フケやかゆみの原因になることも。

また、抜いたあとの毛穴から髪の毛が生えなくなってしまう可能性もあるので、髪の毛を抜くことは絶対にやめましょう。

硬い髪質(剛毛)の原因は「遺伝」の場合と、もともと硬いわけではないけど「髪の毛の水分量が少ない」ことで、髪質が硬いと感じられる場合の2つがあることがわかりました。

以下の方法で髪の毛をしっかり保湿することで、柔らかい手触りの髪の毛に戻る可能性があります。

<髪の毛の水分量を増やして潤いを与えるヘアケア法5選>

また、硬い髪質(剛毛)でもスタイリングしやすい髪型や、簡単にできるヘアアレンジを男性・女性別にご紹介ました。

<硬い髪質(剛毛)におすすめの髪型&ヘアアレンジ>

身近で簡単にできる方法ばかりですので、ぜひ普段の生活に取り入れてみてくださいね。