目次

  1. そろそろ薄毛対策をしたい…何から始めればいいの?
  2. 育毛トニックは薄毛対策になる!
  3. 育毛トニックの使い方
  4. 「育毛トニック」「育毛剤」「発毛剤」の違いとは?
  5. 育毛トニックおすすめ3選<ヘアラボ厳選!>
  6. <まとめ>まず始めるべきなのは【育毛トニック】!

誰もが気になる抜け毛や薄毛。

「最近抜け毛が増えてきた…抜け毛を抑えたい!」
「家族に薄毛の人がいるから、今から何か対策をしておきたい」

と思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、いざ薄毛対策を始めようとしても、薄毛対策の商品はたくさんあるし、まずはじめに何をすればいいのか困ってしまいますよね。

「将来は不安だけどまだ薄毛の対策をしていない」「これから薄毛対策を始めようかなと検討している」といった方におすすめなのが育毛トニック

CMなどで聞いたことがある方もいるかもしれませんね。

実はこの育毛トニック、すでに薄毛の人が使うものと思われがちですが、まだ薄毛ではない人が使用するのにピッタリな商品なんです!

この記事では育毛トニックとは何か、育毛剤や発毛剤との違いや効果を詳しくお伝えします。

おすすめの育毛トニックも紹介しているので、ぜひ最後までご覧くださいね。

育毛トニックは、もともとは「ヘアトニック」と呼ばれる化粧品として普及しました。

その後、育毛を目的とした成分を配合した医薬部外品が販売され、これを「育毛トニック」と呼ぶようになったのです。

医薬部外品の育毛トニックは、フケやかゆみを抑えるなど、頭皮の環境を整えることを目的として作られた商品です。

何らかの理由で頭皮の血行不良がおこると、頭皮が乾燥してフケやかゆみが発生し、頭皮のバリア機能の低下などがおこって髪が抜けやすくなります。

そこで、血行促進保湿抗菌などの成分が含まれる育毛トニックを使用することで、頭皮環境が整えられ抜け毛、薄毛対策に繋がるということです。

また、主成分のアルコールやメントールによって、塗布するとスースーと気持ちいい爽快感が得られることも育毛トニックの特徴です。

育毛トニックはどのように効くの?

育毛トニックの効果

先ほどご説明したように、育毛トニックには保湿や抗菌作用があるため、乾燥やほこりなどから頭皮を守ってくれます。

さらに、育毛トニックには血行促進の成分も含まれているため、頭皮の血流をよくし、健康な髪の毛を生やすサポートをしてくれるのです。

つまり、育毛トニックがハリのある健康的な髪を生やす土台を作る役割を担い、結果的に抜け毛や薄毛予防に繋がるというわけですね。

では、育毛トニックは具体的にどのように使っていくのか、次の段落で確認しましょう!

育毛トニックは頭皮の毛穴に汚れがないきれいな状態で使用すると、より効果が得られやすくなります。

なので、育毛トニックは「夜の入浴後」と「朝のヘアセット時」の1日2回の使用がおすすめ。

<基本的な使い方の手順>

  • ①(洗髪後はタオルドライをした後)ノズルの向きを確かめて頭皮に向けてスプレー
  • ②スプレーした後、片手ですぐにもみこむ
  • ③全体になじませたら、指のはらを使って優しくマッサージするように頭皮をもみほぐす
  • ④ドライヤーで髪を乾かす

商品によって使い方が異なる場合があるので、あらかじめ使用方法をしっかり確認しましょう。

また、育毛トニックを使う際の注意点も確認しておきます。

<使用する際の注意点>

  • 基本的に育毛トニックは乾いた髪、濡れた髪どちらでも使えますが、濡れた髪に使うと液がたれやすいので、しっかりタオルドライをした後に使いましょう。
  • 育毛トニックはスプレータイプのものが多く、直射日光やヒーターが当たる場所など、温度が高くなる場所には置かないようにします。
  • スプレー缶を捨てる際は、必ずすべて使い切ってから各自治体の指示に従って捨ててください。
  • 基本的に飛行機の持ち込みは可能ですが、容量や保管状況によっては持ち込みを制限される場合がありますので、事前にご利用の航空会社に確認してください(※)

育毛トニックが頭皮環境を整え、薄毛対策となることがおわかりいただけたと思います。

では、育毛トニックはほかの頭皮ケア商品である育毛剤や発毛剤と、どのような違いがあるのでしょうか?

次の段落で確認しましょう!

「育毛トニック」「育毛剤」「発毛剤」の違いを表にまとめました。

育毛トニック
育毛剤
発毛剤
分類
化粧品/医薬部外品
医薬部外品
医薬品
主な効果
育毛効果
育毛効果
育毛/発毛効果
副作用
心配が少ない
心配が少ない
報告あり
価格
1,000円前後
5,000~15,000円
3,000~10,000円


それぞれ役割に違いがあることがわかりますね。

まず大きな違いとしては、発毛剤は「医薬品」に分類されます。

医薬品は薬剤師などの助言を得てから購入する必要がありますが、育毛トニックや育毛剤は自身で自由に購入することができます。

そのほかを比較してみると、以下の点は育毛トニックの特徴といえそうです。

  • ①育毛剤と同じように血行促進といった育毛効果のある成分が含まれているのに、育毛剤よりも価格が安い
  • ②発毛剤に比べて副作用の心配が少ない

では、この2点について詳しく確認していきましょう。

医薬品:病気(疾病)の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされているもの。一般的に薬剤師等の薬の専門家の助言を得て自らの判断で購入可能。
医薬部外品:積極的に治療に用いられるものではなく、吐き気等の人体に対する作用が緩和のものをいい、美容目的に使用されるものもある。
化粧品:人の身体を清潔、美化し、容貌を変え又は皮膚や毛髪を健やかに保つために使用されることが目的とされているもの。
(参照:公益財団法人 日本学校保健会

育毛トニックの特徴①<育毛剤とほぼ同じ効果でありながら、価格が安い!>

育毛剤も育毛トニックと同じような成分が配合されています。

しかし価格に大きな違いがあり、育毛剤の価格は商品によって異なるものの、以下の記事でご紹介しているように、1日にかかるコストを計算してみると大体130~370円という結果でした。


一方、後ほどご紹介する3つの育毛トニックの商品では、1日あたりにかかるコストは23〜108円と、育毛剤と比べると3分の1以下にコストが抑えられています。

育毛トニックも育毛剤も、効果を実感するためには使い続けることが大切ですので、なるべくコストは抑えたいですよね。

以下に1か月(30日)、1年使用したときの金額をそれぞれ計算してみました。

育毛トニック
育毛剤
1日
23~108円
130~370円
1か月
698~3,240円
3,900~11,100円
1年
8,376~38,880円
47,450~135,050円

1年継続した場合、1桁変わるほどの開きがあり、育毛トニックが価格面でかなりお得であることがわかりますね!

※育毛トニックは、1日2回の使用で1か月(30日間)に1本消費したときのコストを計算しています。

育毛トニックの特徴②<副作用の心配が少ない!>

育毛トニックは、人体への影響がほとんどないように製造されているため、副作用はほとんど報告されていません。

一方で発毛剤は、副作用が起こる可能性があるのです。

例えば、主成分にミノキシジルが配合された発毛剤「スカルプDメディカルミノキ5」は、以下の副作用が発現する可能性があると注意を促しています。

  • 皮膚:頭皮の発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感など
  • 精神神経系:頭痛、気が遠くなる、めまい
  • 循環器:胸の痛み、心拍が速くなる
  • 代謝系:原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ

発毛剤は実際に髪を生やしたい方には有効です。

しかし、既定の用法用量を守って使用し、使用する前には起こりうる副作用を把握しておかなければいけません。


ここまで「育毛剤」「発毛剤」と比較しながら、育毛トニックの特徴を確認してきました。

では、ドラッグストアでよく見かける「スカルプシャンプー」は、頭皮にアプローチしたシャンプーですが、薄毛対策にはならないのでしょうか?

どのような役割があるのか、次の段落で確認してみましょう。

<補足>「スカルプシャンプー」って育毛トニックと何が違うの?

スカルプシャンプー」は普通のシャンプーとほぼ違いはなく、頭皮洗浄を目的とした商品です。

普通のシャンプーよりも、より頭皮(スカルプ)にアプローチしたものが、スカルプシャンプーということです。

スカルプシャンプーに血行促進剤やフケ・かゆみを抑えるといった成分は含まれていないため、育毛効果や発毛効果はありません。

頭皮の汚れは落としてくれますが、薄毛対策として使用するには物足りないかもしれませんね。


このような育毛トニックの特徴から、これから薄毛対策を考えている方にピッタリな商品であることがわかりましたね!

育毛トニックは安価で副作用の心配も少なく、比較的安心して使えるのでまだ薄毛でない人は身だしなみを整えるためや、10年後薄毛にならないための予防策として、まずは手軽に初めてみましょう。

スカルプシャンプー、育毛剤、発毛剤について、また育毛トニックとの違いなどをさらに詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

育毛トニックについてご紹介しましたが、具体的にはどのような商品があるのでしょうか?

今回は、医薬部外品の以下3つの育毛トニックをご紹介します。

また、実際にこれまでいくつかの育毛トニックを試してきたヘアラボスタッフMさんに、今回3つの育毛トニックを使用してもらいましたので、その感想もご紹介していきます!

Mさん

ヘアラボスタッフMさん(30代/独身)
「育毛トニックは、ほどよく【冷感】や【爽快感】があるものが好きです!」

商品の値段は2018年11月時点のAmazonの価格を表示しています。

①サクセス育毛トニック ボリュームケア

育毛トニックのCMでおなじみのサクセスから、今年(2018年)4月に発売されたこちらの商品。

人気の商品「サクセス育毛トニック」に"毛髪プロテクト成分"を配合することで、さらに即効性に優れた保護効果を実現した、ボリュームケアが登場しました。

ボリュームケアは、毛根の毛球に働きかけて血管を拡張し、髪を根元から太く長くふんわりとしてくれます。

炭酸ガスを使用しているので勢いよく噴射し、爽快感も得られますよ!

<サクセス育毛トニック ボリュームケアの使い方>

  • ①ノズルの向きを確かめます
  • ②頭皮から5~10cm程はなしてスプレー
  • ③スプレーするためびにすぐにマッサージをしてなじませます(数回繰り返す)

※注意点:缶は振らずに、横向きや逆さにせず使います。

以下の動画で使い方が詳しく紹介されているので、参考にしてみてください。

※上記の動画は育毛トニックの使い方を説明していますが、今回のボリュームケアでも使い方は同様です。

<ヘアラボスタッフMさんが使用してみた感想>

Mさん
Mさん

サクセスの育毛トニック(ボリュームケア)はほどよく爽快感があって、すごく気持ちがいい!
今回の3つの育毛トニックの中で、僕はこのサクセスとの相性がピッタリでした!

香りは無香性と書いていますが、ややアルコールのような匂いがします。でもすぐ消えるので気にはなりませんでしたね。
スプレーして頭皮にすぐに揉み込めば、液ダレもありません。

僕は育毛トニックは爽快感を重要視していますが、パッケージの重要性にも気づいちゃいました。
この黒いパッケージは力強くて髪が元気になりそうなイメージがあり、つい手に取りたくなります
効果を得るために毎日使おうと思ったら「気分」って結構大事なんですよね!

視覚的にも使い続けられる育毛トニックだと思いました。

サクセス育毛トニック」はこちらから購入いただけます。

  サクセス育毛トニック
 ➡︎Amazonページ

②インセント 薬用育毛トニック

今回ご紹介する3つの育毛トニックの中で、一番お手頃価格なインセント。

インセントの育毛トニックは3つの生薬有効成分(ショウキョウ、センブリ、ニンジン)が抜け毛を防ぎ、殺菌成分が頭皮を清潔に保ちます。

また、植物清涼成分(ハッカ油)が頭皮をスッキリさせ、植物性保湿成分(ホップ)が頭皮を柔軟にします。

液だれ防止成分も配合されているので、服などにもつきにくいかもしれませんね。

<インセント育毛トニックの使い方>

  • ①よく振ってからノズルの向きを調整します
  • ②缶の頭部を上にして、頭皮に適量をスプレー(3秒以内)
  • ③よくなじませながら頭皮をマッサージします

<ヘアラボスタッフMさんが使用してみた感想>

Mさん
Mさん

このインセントは頭皮につけても冷たさはほとんどなく、3つの中で一番やさしい育毛トニックでした。
敏感肌の人や、爽快感が苦手な人には良いかもしれません!

無臭で液だれもないので使いやすい商品ですが、育毛トニックは爽快感が1つのメリットなので、物足りなさを感じる人がいるかもしれないなと思いました。

パッケージが緑というのも、穏やかな雰囲気を醸しだしていて、個人的には好きです。

若い人から年配の人まで、幅広い年齢層の方にオススメできる育毛トニックです。

③スカルプD 薬用育毛トニック スカルプジェット

3つの育毛トニックの中で一番高価なスカルプDの育毛トニック。

特徴は有効成分による頭皮の血行改善と、独自製法の豆乳発酵液(湿潤剤)と保湿成分によるハリコシ・ボリュームアップです。

また、特許取得の特殊ノズル採用し、波動ジェットで有効成分を頭皮に届けます。

着けた時の爽快感が好評ですが、敏感肌の人には少し刺激が強い場合もあります。

また、特許を取得した特殊ノズルを使用しており、液だれせず頭皮にとどまりやすくなるよう設計されています。

<スカルプD育毛トニックの使い方>

  • ①軽く上下に振ってから噴射口を調整します
  • ②頭皮から5~10cm離して約1秒、5ヶ所程(前頭部・頭頂部・後頭部・両側頭部)スプレーします。頭とスプレーは10cm程度離してください。
  • ③指の腹で両側の耳の上から円を描くように上に向かってまんべんなくマッサージ。
  • ④時折、地肌を軽く押さえつけ、ゆっくり離します。

※髪が長い方は、髪を持ち上げて直接頭皮に届くようにスプレーしましょう。

<ヘアラボスタッフMさんが使用してみた感想>

Mさん
Mさん

スカルプDの育毛トニックは爽快感が最強でした。

「アタマ凍らせる気かよ!」っていうくらいキンキンしたので、僕は冷たすぎる感じがありましたが、これがクセになる人も多いかも。
とにかく、頭皮につけたときのインパクトが絶大です。

直で液を嗅ぐと若干においがありますが、頭皮につけるとにおわなくなりますね
泡状の液でけっこうしっかりしているので、液だれはしにくいです。

1番始めのサクセスではデザインは黒が良いと言いましたが、僕の一番好きなカラーは赤なので、スカルプDも捨てがたいです(笑)。

これから頭皮ケアを始めようと考えている方にとっては、頭皮ケア商品って頭皮にどんな影響があるのか、どうやって使うのかなど、不安がありますよね。

今回ご紹介した「育毛トニック」は、育毛剤のように育毛効果のある成分が含まれていることがわかりました。

さらに、副作用の心配が少なく他の頭皮ケア商品と比べて安価に購入することができるので、抜け毛や薄毛対策として最初に始めるにはピッタリの商品です。

育毛トニックで頭皮環境を整えて、健やかな髪を生やしましょう!

<まとめ>

  • 育毛トニックは医薬部外品で育毛効果のある成分が入っており、抜け毛予防や薄毛対策になる。
  • 育毛剤や発毛剤と比べると安価に購入することができる。
  • 発毛剤と比べると副作用の心配が少なく、比較的安心して使用できる。
  • 育毛トニックの使い方
    ①朝と夜の2回に育毛トニックを頭皮にスプレーする(洗髪後はタオルドライした後に使用する)
    ②片手ですぐにもみこむ
    ③全体になじませたら、指の腹で頭皮マッサージをする
    ④ドライヤーで乾かす