目次

  1. 【見逃し注意!】どうしてもオススメしたいアイテムがあります…
  2. 濡れると地肌が見える…なんとかしたい
  3. 【自己判定】まずは髪の状態をチェック!
  4. いつの間にか髪が細く/少なくなっていた原因は?AGA?
  5. 濡れても大丈夫な髪になるには?薄毛対策
  6. 普段の生活に育毛剤をプラス
  7. 濡れるとスカスカにならないように今から対策を!

記事の始めからすみません…。 でも、どうしてもまず知ってほしいアイテムがあるんです。

実は、ヘアラボの運営会社から新作育毛剤が誕生したんです!

よくある育毛剤ではありません。今までずっと解決されてこなかった悩みを解消しているので、相当な自信があります!



育毛剤の悩みと言えば、「どれを選べば良いか分からない」ことですよね。

あまりの商品数に、選ぶのを諦めたり、よく分からない商品を買ってしまった人はとても多いはず。

そこで新開発したのが、全成分配合というコンセプトの育毛剤。 その名も【オールオンスカルプ】といいます。

成分数はNO.1155種類。↓の表をご覧ください。

表

他社育毛剤の成分カバー量と比べると、もはや圧巻ですよね。

しかも配合されているのは、
・ネット人気NO.1の育毛剤
・大企業が開発した育毛剤
・最近話題のスカルプエッセンス
など、これら商品のほぼすべての成分を配合しているんです。

つまり、もう育毛剤選びで迷う必要はないんです。 この1セットを選べばOK!

満足度は94.7%・限定キャンペーン中


発売から数ヶ月経ち、「こんな育毛剤待っていた!」と続々の喜びの声を頂いています。

6月時点で行った調査では、満足度が94.7%を記録しました。

これだけ成分数が多く、しかも満足度が高いと、お値段が気になるかと思います。

現在、初回価格が1,480円のキャンペーン中で、しかも返金保証付きなので、 ぜひこの機会に1度試してほしいです!

ヘアラボを長年運営したからこそ、絶対の自信があります!

「濡れると髪がスカスカに見える!?」プールやお風呂上がりでふと気付いたことありませんか?

ましてや恋人や友達から「あれ?なんかはげてない?」なんてもし言われたらショックですよね...

濡れると髪がスカスカに見えるのは、もしかしたら髪が細かったり、少なくなっていたりしている可能性があります。

普段は気づきにくいですが髪が濡れることでそれが目立ってしまうのです。

生まれつき髪が細い人以外で、「髪が濡れるとはげて見えてきた...」という人は”見えている”だけでなく、実際にはげてきているのかもしれません。

原因や対策を確認する前に、まずあなたが最初にすべきなのは自分の髪の状態を理解すること。

自分の髪が薄毛なのかそうでないのか、どの程度進行しているのかなどをしっかり理解していないと、適切な対策が取れませんよね。

「最近、髪が濡れるとはげて見えるな...」と感じている人は髪が細く、少なくなっている証拠です。

髪が細く、少ない状態に変化するのは薄毛が進行している状態なんです。

そしてその薄毛はもしかしたらAGA(男性型脱毛症)かもしれません。

AGAは日本人男性の3人に1人が発症するもので、薄毛の原因のほとんどがこのAGAと言われるほど。

AGAを発症すると髪の生まれ変わりのサイクルが乱されて、髪が太く長く成長するのが阻害され、抜け毛が増えます

髪がいつの間にか細く少なくなっていた...という状態はまさにこのAGAの典型的な症状なんです。


※AGA以外でも薄毛の症状がありますが、ほとんどの人がAGAを発症しているという 事実から、今回はAGAに絞ってご説明します。もしAGAの原因を見ても当てはまらないのに薄毛になっている人は、他の脱毛症を疑い、まずは病院で診断してもらうことを推奨します。

AGAの原因①遺伝

AGAは、DHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンが毛根に存在するアンドロゲンレセプターと結びついて発症します。

そしてこのDHTは男性ホルモンTS(テストステロン)が酵素5aリダクターゼによって変化してできたものです。

このうち

  • アンドロゲンレセプターの感受性(影響の受けやすさ)
  • 5aリダクターゼの活性

は遺伝によって決まります。

つまり、遺伝によってアンドロゲンレセプターの感受性や、5aリダクターゼの活性が高いとAGAを発症しやすいのです。

このはげやすい遺伝的な体質そのものは変えることができませんが、抜け毛などの対策をすることはできるので、それは後ほどご紹介します。

AGAの原因②栄養不足

髪を育てるために重要な栄養素には

  • たんぱく質(髪のもとになる)

  • ビタミン類(たんぱく質を体内で合成するのに必要)

  • ミネラル類(たんぱく質を体内で合成するのに必要)

などがあります。 しかし、バランスの偏った食事ファストフード・インスタント食品ばかり食べるなどするとこれらの栄養素が不足してしまいます。

さらに、もともと髪は生命維持に関係がないので、栄養が回ってくる優先順位も低いため、栄養不足の影響を受け易いんです。

AGAの原因③血行不良

では、バランスの良い食事を取ればいいのかというとそうではありません。

栄養素を髪にまで届ける血液の流れも重要です。

血行が悪いと、先ほど挙げた栄養が十分に髪に行き届きません。

血行不良は

  • 食生活の乱れで血液がドロドロになる

  • ストレスによって交感神経が過剰に緊張する

  • 喫煙によって血管が収縮する

などによって引き起こされます。(参照1)


参照1:横浜血管クリニック「冷え性外来」


他にもさまざまな原因が

紹介した3つ以外にも

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 過度な飲酒
  • 喫煙

などの原因がAGAに繋がるとされており、さまざまな要因が絡まり合って薄毛になります。

ですので、対策は1つではなく、複数を同時並行していく必要があるのです。

確認してきた原因を元に、どういった対策をとればいいのでしょうか。

ここからは、具体的な薄毛対策についてご紹介します。

これら方法を実践し、濡れてもスカスカに見えない髪にしましょう!

対策①食事の見直し

偏った食生活を改めて、バランスよく栄養を摂取しましょう。

髪に必要な栄養素が十分でないと、髪が充分に成長しません。

そんな髪に必要な栄養素とは、

  • たんぱく質
  • ビタミン類
  • ミネラル類

でしたよね。

普段の生活で、これらの栄養が足りていないか、心がけてみてください。


具体的にどんな食事を摂ればいいか分からない方はこちら!

対策②血行不良の改善

薄毛の原因になってしまう血行不良。

血行をよくするためにはさまざまな方法があります。

  • 半身浴(38~40℃のお湯にゆっくり浸かる)
  • 運動(軽いウォーキングや仕事の間のストレッチでもOK)
  • 頭皮マッサージ

これらの行動を意識して日常的に取り入れてみてはいかがでしょうか。 頭皮マッサージのやり方は以下の記事をごらんください。

対策③洗髪方法の改善

正しく髪を洗うのも薄毛対策には重要です。

間違った方法で洗うと、頭皮環境が悪化し、薄毛につながりかねません。

簡単に、正しい洗髪方法をご紹介します。

  • ブラッシングして髪の汚れを事前に落とす

  • ②シャンプーはつけずにお湯で2分を目安に洗う

  • 500円玉程度の量のシャンプーを手に取る

  • ④髪にいきなりつけずに手やネットで泡立てる

  • 指の腹で優しくマッサージするように髪を洗う

  • すすぎ残しがないように2〜3分を目安にしっかりと洗い流す

ちなみに、乾かし方のポイントも続けてご紹介します。

  • 濡れた髪同士を擦り付けないようにタオルドライ

  • ⑵ドライヤーで根本から毛先にかけて髪を乾かす

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックしてみてください。 シャンプーの選び方から解説していますよ!

対策④質の良い睡眠

睡眠中に分泌される成長ホルモンは、髪を成長・修復してくれます。

この新陳代謝が充分に行われるよう、充分な時間(最低でも6時間)は睡眠をとりましょう。

また、成長ホルモンの分泌量のピークが22時〜2時と言われています。

なるべくこの時間帯には寝ているよう心がけるといいですね。

髪が濡れるとスカスカになってしまう方には、育毛剤の使用もおすすめ。

「ちょっと薄くなってきただけだから、まだ早いのでは…」

確かにそう思われる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、薄毛対策はなるべく早くから行動することをおすすめしています。

そしてなぜ育毛剤なのかというと、育毛剤は育毛・発毛促進・抜け毛の予防など効果が認められています。

どうせ始めるなら、効果が期待できるものを使ってみたくありませんか?
普段の生活に、育毛剤をプラスして、濡れても大丈夫な髪を手に入れましょう!


具もし育毛剤を利用するなら、オールオンスカルプがおすすめです。

育毛剤っていろんな商品があって、どれを選べば良いか難しいイメージがありませんか?

新作のオールオンスカルプは、全ての成分が配合してあるので、これ1セットでOKなんです。

成分数は155種類と圧倒的。

人気育毛剤から最近注目のスカルプエッセンスまで、あらゆる商品の成分を一気に獲得できるようなコンセプトです。

しかもそんなに成分数が多いにも関わらず、価格がお手頃なのも注目。

特に、定期便の初回価格なら1,480円ととてもお安くなっています。

・何を選べば良いか分からない人

・いろんな育毛剤を試してもダメだった人

いろんな人におすすめの1セットです。

髪が濡れることで「あれ?ちょっとはげてる?」と思われるのは嫌ですよね。

髪が細く短くなって薄毛が進んでしまう前に、今のうちから対策しましょう。

きっと髪が濡れることを気にせずに雨の日の屋外を過ごしたり、温泉や海を満喫できますよ!

参考文献
[1] 麻生泰 , 薄毛治療の新常識 , (白誠書房、2016)
参考文献
[2] 髙橋栄里 , 髪がみるみる蘇る習慣 , (宝島社、2016)