目次

  1. ワックスでナチュラルにセッティングするには…?
  2. ナチュラルに決まるワックスの《選び方》
  3. ナチュラル仕上げワックス《7選》!
  4. ワックスでナチュラルに仕上げる《セット法》
  5. ワックスを適切に選び、かつ使って、理想のナチュラルヘアを!

爽やかなナチュラルスタイルに憧れるけど、何度セットしても代り映えしない…といった悩みをお持ちの方もいると思います。

そんな方たちは、髪質や美容院で悩むよりも先に、ナチュラルスタイルに適したワックス選びから始めてみてはいかがでしょうか。

実際、ワックスひとつでスタイリングの仕上がりが全く別ものになることも…いまや、各化粧品メーカーやサロンがしのぎを削って商品開発しているワックス群の性能は伊達じゃありません。

それぞれ特徴や個性、向いているスタイリングなどがありますので、今回はその選定方法およびこれらを活かしたセット法をお伝えしていきたいと思います。

順を追って、まず人気ワックスを7種類紹介し、次にナチュラルタイプのセット法を、動画付きで解説していきます。

それではじっくりご覧ください。

まずは、ワックス選びの基礎知識を簡単におさらい…

ワックスの性質表記法はメーカーによってまちまちですが、セット力の強さを表す指標としては、 「ソフト(ライト)か、ハードか」の別があり、両者の間に各段階があります。

たとえば、本記事でも紹介するナカノのタントシリーズは、"ライト”"ノーマル”"ライトハード”"ハード”"スーパーハード”"ウルトラスーパーハード”"スーパータフハード”の7段階に分かれています。

このなかで、ナチュラルスタイルを目指すメンズに適しているのは、セット力が控えめなミディアム~ソフト(ライト)系のワックスです。

また、ツヤ感という軸もあります。
ワックスには、ツヤの強いものからツヤの全くないもの(マット、ドライ、クレイなど呼ばれます)までがあり、お好みに応じたものが選べます。

ナチュラルに決めたい人は、ツヤがあり過ぎるものは避けたいところ。あまりにテカりすぎているヘアはナチュラル感からはかけ離れてしまいます。
かといって、ツヤの全くないマット系ワックスは、一般にセット力が強く、動きを出したいミディアムのメンズには不向き。

というわけで、ナチュラルな雰囲気を演出するには、「適度にツヤが出る」ワックスがおすすめです。

また、テクスチャー(質感)で選ぶ、という考え方もあります。
ワックスは、その質感によって、クリーム系ファイバー系など、さまざまに呼び分けられています。

このうち、ナチュラル派にまずおすすめなのはクリーム系のワックス。軽くてツヤ感も適度にあります。
ただ、スタイルをキープする力が弱く、ヘタりやすいのも特徴。
夕方になるとヘタっとなってしまい、ナチュラルでなく単に「だらしがない」印象に…とならないよう、クリーム系のなかでもキープ力があるものを選びたいです。

もうひとつおすすめなのは、ファイバー系のワックス。よく伸び、髪の毛にもなじみやすい質感で、万人にとって扱いやすいワックスです。
毛先のコントロールも効きますし、いざ乱れたときもカンタンに再セットが可能。このため、ナチュラルな髪型を目指すビギナーの方にもオススメです。

以上、ナチュラルにスタイリングしたい方におすすめなワックスの選び方をご紹介してきました。
次の章からはいよいよ、具体的なおすすめ商品をご紹介していきます。

※紹介している口コミは、あくまで個人の感想です。使用感は人によって異なります。

①ナンバースリー「デューサー ミディアムソフトワックス 3」

ふんわりと毛先まで動きのあるセットを実現するスグレものワックス。ナチュラルスタイルにはうってつけの、程よいキープ力です。

ツヤ感も絶妙。ほんのりとツヤめく髪から受ける印象はナチュラルそのもの。

ナチュラルな毛流れを活かしたヘアスタイルに向いているワックスの定番とも呼べる製品です。

  • 価格:税込み1049円(内容量:80g)※2018年5月時点
  • ブランド紹介:サロン向けの製品や美容師の育成を手掛けるナンバースリー。ワックスブランド「デューサー」では、マカダミアナッツバターの力を利用して、キープ力のあるワックス開発に成功しました。
  • おすすめの髪の長さ:ミディアム

香りがほのかに香り。 そして冬場でも手の体温ですぐに馴染み、ヘヤーアレンジができる優れもの。

しかも程よいセット力なのでシャンプーでも洗い流せやすく、ふわっと仕上がる。 手についたワックスもきれいに落とせます。

出典: 出展:Amazonカスタマイズレビュー

クリーム状ですがサラリとしていて軽く、使いやすいワックスでした。 付けた後もべたつくことはなく、自然な感じに仕上がります。

出典: 出展:Amazonカスタマイズレビュー

②アリミノ「ハード バーム」

このワックスの特徴はなにげに強力なセット力。動きのあるナチュラルなスタイリングを長時間しっかりキープしてくれます。

香り重視の方にもおすすめで、シトラス・ムスクの香りが特徴。

天然由来成分97%配合しているので、優しさも。

また仕上がりは重くなく、ナチュラルな雰囲気を醸し出して爽やかなイケメンを演出できそうです。

ドラッグストア等では手に入りにくい製品ですので、ネットでの購入が便利でしょう。

  • 価格:税込み1899円(内容量:60g)※2018年5月時点
  • ブランド紹介:「毎日をポジティブに過ごす」をテーマに掲げるブランド。仕事も遊びもバリバリこなす"イケてる男性"を、ナチュラルなスタリングで応援してくれます。
  • おすすめの髪の長さ:ショート~ミディアム

“つけてます感”がなく、仕上がりはとてもナチュラル。ベタベタしたハードワックスに慣れ切ったせいか当初は『もの足りなさ』を感じましたが、セット力はまぁまぁ。むしろ『髪や頭皮にはこれくらいが丁度いいんじゃないか』と思わせてくれたという意味では、“トータルバランスに優れた整髪料”と評価できるように思います。

出典: 出展:Amazonカスタマイズレビュー

もしかすると今まで自分が使ってきたワックスで一番使いやすいかもしれません。
<中略>
このワックスは最初は柔らかい割にセット力があり、長時間経った後もキープはもちろんお直しが ちゃんと出来る点がすごく良いと思います。

出典: 出展:Amazonカスタマイズレビュー

③オーシャン トリコ「ヘアスタイリング ワックス(NATURAL/ナチュラル)」

サラッと軽い仕上がりでナチュラルな雰囲気をさりげなく表現。ファイバー配合の製品ですので、毛先の動きがつけやすく、髪全体に「おおげさじゃない」程度のダイナミズムを与えます。

初心者にもナチュラルにスタイリングしやすいワックスであり、有名サロンのプロデュースとあって品質も折り紙つきの、人気商品。
ご購入は直営サロンやロフト・ハンズなどバラエティショップ、またはネットでどうぞ。

  • 価格:税込み1620円(内容量:80g)※2018年5月時点
  • ブランド紹介:原宿発のモテ美容室「OCEAN TOKYO」のカリスマ美容師たち中心に始動したブランド。サロンクオリティの髪型が自宅で再現できるよう研究開発された製品を、熱量高く世に送り出しています。
  • おすすめの髪の長さ:ミディアム

30代後半、短髪なので、ゴテゴテとしたようなスタイリング剤はあまり好みませんが、 こちらの商品は、とてもナチュラルな仕上がりで、 テカったりすることもなく、適度なキープ感で使い心地が自身に合っていると感じました。
<中略>
また、この手の商品では上げ底だったり、無駄にパッケージが大きかったりしますが、 きちんと上の方まで入っており、容量も比較的に多く、コスパも悪くないのではないかと思います。

出典: 出展:Amazonカスタマイズレビュー

半乾きの髪に、こちらを手の平で伸ばしてから全体に馴染ませ、好みのスタイルに固定。 更にそこから毛先を遊ばせる といった用途に向いているかと思います。 思ったよりは艶感少な目、そして乾いてからの固定力もそれなりにあります。 正直、他社の似たワックスに比べあからさまなアドバンテージがある訳ではありません、 それでも総じて良い商品である事は断言出来ます。シャンプーでも比較的落としやすい部類だと思いますよ。

出典: 出展:Amazonカスタマイズレビュー

④ミューヴル「アレンジクレイ」

ドライかつナチュラルな質感

ツヤ感はほとんどなく、セット力低めなので、このワックスから生み出されるスタイルはラフかつナチュラルそのものです。

ドライではありますが髪馴染みもよいので、スタイリングがやりやすいのも特徴といえます。

さりげなく香る、アップル&ジャスミンがナチュラルな爽やかさを引き立てるでしょう。

こちらの製品についても、取扱いは一部量販店・ドラッグストアに限られており、ネットでの購入が便利です。

  • 価格:税込み1404円(内容量:80g)※2018年5月時点
  • ブランド紹介:香りと質感を前面に押し出した製品を販売しています。製品には、性別を問わず楽しめる透明感ある香りを配合していて、使う人と周りの人に清涼感を与えてくれます。保湿成分配合など、髪の健康にも配慮した製品づくり。
  • おすすめの髪の長さ:ミディアム

男性、髪質は硬毛、クセあり、量多め、乾燥毛です。 ドライワックスの中ではかなり柔らかいテクスチャーだと思います。(ウェーボの灰よりとろみがある) 匂いは甘く、強めです。好みが分かれます。 セット力は資生堂のトゥルーエフェクターやデューサー6、ウェーボ灰に比べると若干弱めでしょうか。 しかし髪が硬く、乾燥毛の自分にはちょうど良い固さとセット力で気に入ってます。

出典: 出展:Amazonカスタマイズレビュー

ふわっとエアリーな感じも出せるってことで、 数ある種類からこれを選びました
ちょっと重ためのテクスチャでしたが、 もみこむようにつけて、 ちょっとふんわり感出すにはよかったです

出典: @cosme

⑤リップス「L11 ライトムーブワックス」

ナチュラルに動きがつけられて、ツヤ感もほどほど。香りはほんのりですので、「ワックスの香りがどうも苦手」という方にもおすすめの一品。

人気サロンLIPPS(リップス)発のナチュラル派向け製品ですので、直営サロンのほか、一部バラエティショップ・ドラッグストアに置かれています。

  • 価格:税込み1728円 (内容量:100g)※2018年5月時点
  • ブランド紹介:原宿や表参道を中心に展開している人気サロン、LIPPS。その製造・販売するワックスはプロ仕様かつ一般人にも使いやすいもので、セットがしやすい一方、洗い落ちがよく、一度手に取る価値ありです。
  • おすすめの髪の長さ:ミディアム(特にウェーブスタイル)

このLIPPSのL11ワックスは、まさに「自然な感じ」のスタイルになります! だからといって動きが出ないわけではなく、ほどよく形が作れるのです!!

髪の毛が柔らかめで束感や動きがでない〜人にイイと思います。 サラサラすぎて、ストンと落ち着いてしまう髪のボリュームアップにもイイでしょう。このボリュームアップもほどよいのです。

とにかく、自然な感じ(ほどほど)に形が作れるワックスはこれが初めてで驚いています。

出典: 出展:Amazonカスタマイズレビュー

髪の毛が伸びてセットしにくくなってこれを購入しました!匂いが上品で艶も少なく程よいワックスです。

出典: 出展:Amazonカスタマイズレビュー

⑥マンダム「ギャツビー ムービングラバー マルチフォルム」

ツンツンからふんわりまで何でも請け負うギャツビー『ムービングラバー』シリーズのなかでもほどよいツヤとセット力によって、ラフでナチュラルなスタイルが作れる製品といえばこれ。
クリーム系のワックスです。

同シリーズのすべての製品に配合されるアレンジ記憶成分は、崩れてからも再セットが効き、あまりワックスの使い方に慣れていない方にも使いやすいでしょう。

こちらは手に入りやすく、コンビニでも購入できて価格帯も手ごろです。

  • 価格:税込み495円(内容量:80g)※2018年5月時点
  • ブランド紹介:男性用スタイリング製品では日本一のシェアを誇るマンダム。この圧倒的な流通量が質の良い製品の安価な提供を可能にしています。また、髪質やスタイルに合わせたバリエーションも豊富に取り揃えていますので、自分にあった製品がきっと見つかるはず。
  • おすすめの髪の長さ:ショート~ミディアム

ギャッツビーのワックスの中で一番バランスが良いと思いました。私の髪質はくせ毛でボリュームが出やすいのでマット系や軽すぎるもの、硬すぎるものではセットに苦労しますが、このマルチフォルムは重さ、ツヤ感、なじみの良さで私にとっては凄くフィットしました。キープ力を上げるために、このワックスで整えてからかるくヘアスプレーで固めますが、このやり方でバッチリです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3V4J58EDEA3UA/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B005F2ESJC

仕事用に使ってます。 髪がまとまりやすく使い勝手もいいです。

出典: 出展:Amazonカスタマイズレビュー

⑦ナカノ「タントN ワックス 3 ライトハード」

ファイバー系。細くて柔らかい髪でもスタイリングできて、ほどよいセット力。ナチュラルな毛先の動きを演出し、毛束のまとまりも醸し出せます。

香りは甘すぎず、清潔感ただようものでこのへんもナチュラル志向。キープ力があるのに洗い落ちもよい優れものです。

  • 価格:税込み 780円(内容量:90g)※2018年5月時点
  • ブランド紹介:サロンを中心に製品展開しているナカノ。その道60年近くの実績から業界での信頼はピカイチです。一般向けのワックス「タント」についてもクオリティの妥協はなく、プロから初心者までに高い人気があります。
  • おすすめの髪の長さ:ミディアム

髪を切ったすぐのかなり短いときや、あんまりセットしてる感じを出したくないときに使ってます まず手に取るとすごく伸びますね あと香りがとてもいいです!

出典: 出展:Amazonカスタマイズレビュー

夫婦で兼用出来るスタイリング剤を探していたのですが、セット力のバランスが良く2個目の購入です。 ちなみに夫婦共硬くて太い髪で、私(妻)はコテで巻いた髪の仕上げに使っています。 テクスチャーは伸びが良く軽めで、それでいて固まらない程度にセットしてくれます。 香りもさわやかなマスカットの香りで、男女問わず嫌味なく使えるところがGOODです。

出典: 出展:Amazonカスタマイズレビュー

お好みのワックスが選べたところで、ワックスを使ったセット法をご紹介していきます。

まず、百聞は一見に如かず、プロの美容師によるスタイリングを動画で見てみましょう。

動画A:ナチュラルにワックスだけで出来るスタイリング メンズ 髪型 三科光平
動画B:【徹底講座】ナチュラルセット~セルフVer~

改めて、要点を整理しましょう。

  • ①ワックスを指の第一関節くらいの量で取り、手のひらから指の間まで全体になじませる。
  • ②髪の毛全体を逆立たせていく。ここで、
    A:束感がほしい人は、指の間までしっかり髪を通す(動画A)
    B:束感がないほうがよい人は触れる程度にとどめる(動画B)
  • ③髪を下ろしながら形を整えていく。その際、
    A:束感がほしいなら、毛先をつまんで動きを作る
    B:束感が要らないなら、そのまま自然に降ろしていく

これでナチュラルなスタイリングもばっちり!

いかがでしたでしょうか。ご紹介してきたワックスはどれも人気が高く、ナチュラルなスタイリングがしやすいものです。

意外に香りも好き嫌いの好みが分かれるものだったりするので、できればいくつか試してみて、自分にピッタリ合ったものを見つけましょう。

ワックスを選んだら、セット方法を洗練させていき、思い通りの清潔感や爽やかオーラが演出できるようになりたいもの。

どうしても実現できない指技などは担当美容師さんにたずねるなどして、理想のナチュラルヘアを確立してみてくださいね。