目次

  1. 気になる植毛手術、流れを知れば不安も解消!
  2. そもそも植毛手術ってなに?
  3. 知っておこう、自毛植毛手術のメリットとデメリット
  4. 植毛手術の流れを知ろう
  5. まずは無料カウンセリングを受けてみよう

育毛剤・発毛剤でも効果がいまいちだった方にとって、薄毛・抜け毛対策の最後の希望「植毛手術」

しかし、値段や失敗などの懸念や、外科手術ゆえに「やってみたいけど少し恐い」など、不安を抱いている方もいるでしょう。

そこでこの記事では、植毛のメリットデメリット、そして手術の流れまでをご説明します。

植毛手術を受けようか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「植毛」とは、健康な髪が生えている後頭部や側頭部などから、毛根ごと毛髪を採取して薄毛部分に移植する治療方法です。

植毛手術は医師のみが行える医療行為ですが、美容系の手術になるため保険は使えず、治療費は患者の全額負担になります。

クリニックや移植する本数にもよりますが、費用は基本治療費と合計でおよそ50万円~200万円

また、植毛手術には、自分の毛を移植する「自毛植毛」と人工毛を移植する「人工毛植毛」の2種類があります。

しかし、人工毛植毛は「異物を体に入れる」という点から、日本皮膚科学会では人工毛植毛は行わないように勧められており、ヘアラボも推奨しておりません

そのため、この記事では自毛植毛についてのみ解説していきます。

【メリット①】髪を作る細胞が死んでいる場所でも髪を生やせる

髪を作る細胞の働きがあまりにも弱り、育毛剤でも発毛剤でも髪を生やす見込みがほとんどない部分でも、自毛植毛手術であれば髪を生やすことができます。

弱った細胞を元気にして髪を作ってもらうのではなく、元気な細胞を持つ髪をそのまま移植する方法なので、薄毛部分の状態に関係なく髪を生やせるのです。

【メリット②】自然な仕上がりでバレにくい

自毛植毛は本物の髪、しかも自分の髪の毛を使っていますので、カツラのように光の加減で不自然な反射をすることがなく自然な仕上がり

時間が経つにつれて移植した髪が伸びてくるので、定着さえすれば、他の部分の髪と同じようにスタイリングもできます。

【メリット③】メンテナンスがいらない

日帰りの手術の後は、翌日に包帯を外しに受診するくらいで、通院など定期的なメンテナンスは必要ありません

たとえ月1回であっても、メンテナンスにかかる時間は、社会人にとって負担になりやすいもの。

一度手術を受ければ、後は髪が定着して育つのを待つだけ、というのはありがたいですね。

【デメリット①】効果の実感までに時間がかかる

植毛した髪が伸びて太く濃い髪になるまでには、術後約6か月ほどかかります。

まず移植した髪は、術後1〜3か月くらいで一度抜け毛となり、術後3〜4か月ほどでまた生え始めます

そして術後6か月経って、効果を実感できるようになってくるのです。

定着すれば半永久的に生やせる自毛植毛ですが、即効性はないため、一刻も早く薄毛をカバーしたい方にとってはデメリットと言えるでしょう。

【デメリット②】出血、痛みが起きたり、傷跡が残ったりすることがある

自毛植毛手術は外科手術ですので、施術方法にもよりますが、術後2週間までは出血や痛みが起きることも。

手術の傷が開くと治りが悪くなったり、膿んだりする可能性があるため、できれば術後1週間以上は仕事を休むべきであるとされています。

傷跡については、移植元の部分と移植した部分、両方とも傷跡の残る可能性があります。

植毛手術の施術方法は大きく分けて、メスを使う方法(FUT法)と、穴あけパンチのようなものを使う方法(FUE法)の2種類。

しかしどちらにしても、多少なりとも傷跡は残ってしまいます

強いて言うなら、パンチを使う方が傷そのものが小さく目立ちにくいため、傷跡が気になる方はパンチの方を使う手術を選ぶといいでしょう。

【デメリット③】他部分の薄毛が進んだ場合、違和感が出てしまう

植毛手術を行った部分は髪が生えてきますが、他の部分の薄毛が進行した場合違和感が出てしまうことがあります。

植毛した部分とそうでない薄毛の部分の差が大きく現れた場合、アンバランスな見た目になってしまうのです。

薄毛が進みすぎて移植元にできる髪の毛がない場合は植毛が行えないため、植毛手術では解決できない事態となる可能性があります。

【デメリット④】定着率や医師の腕によっては、あまり髪が生えないこともある

技術の発達した最近では、移植した髪の定着率については9割以上としているクリニックが多いです。

しかし、例えば術後に移植部分へ強い衝撃やダメージを与えてしまった場合。

あるいは、手術で移植用の髪を採取・移植する際に髪を作る細胞を傷つけてしまった場合。

そのような場合は、定着率が下がってしまったり、そもそも髪が育たなかったりするため、移植した髪が生えてこない可能性もあります。

髪を作る細胞の扱いについては医師の腕にもよるため、口コミや無料カウンセリングなどで、信頼できる医師のいるところを選ぶといいでしょう。

ヘアラボおすすめの、自毛植毛を行えるクリニック紹介もすぐ後の記事で行っているので、よろしければ参考にしてくださいね。

それでは植毛手術のメリットデメリットがわかったところで、いよいよ植毛手術の流れを見ていきます。

まずは医師と相談

カウンセリングや診察の後、植毛の説明を受けて、医師と相談します。

どれくらいの範囲に植毛を行うのか、何本植毛するか、などを話し合い、仕上がりのシミュレーションなども行います。

費用もここで決まるので、納得が行くまで話し合いましょう

施術内容が決まったら、手術の日にちも決め、予約をしてその日はおしまいです。

手術の予約日に来院、デザインや体調などのチェック

植毛手術当日に来院し、手術前に医師と、デザインのチェックや体調など最終確認を行います。

移植元の部分の髪を刈り上げる場合は、ここで髪の刈り上げも行い、手術がしやすいように髪を短くします。

局部麻酔を行い、移植元の髪を採取

痛みを最小限に抑えるため、頭皮に局部麻酔を行います。
準備が整ったら、手術開始。

メスやパンチで、薄毛部分に移植するための髪の毛を、髪を作る細胞ごと側頭部や後頭部から採取していきます。

採取した髪の毛は、大きさや仕上がりイメージによって「グラフト」と呼ばれる束に数本ずつ分けてまとめます

頭皮に小さな穴を開け、毛根の束を植えていく

植毛する部分の頭皮に小さな穴を開けていきグラフト(採取した移植用の髪の束)を植え込んでいきます。

グラフトを植え終えれば、手術は終了です。

移植した部分をガーゼや包帯でしっかり保護し、医師から注意事項などの説明を受けた後、帰宅となります。

包帯を外して、移植した髪が伸びるのを待つ

植毛手術の翌日、またクリニックへ行き、包帯を外してもらいます

術後の状態などを診てもらった後、何もなければそのまま帰宅。

あとは移植した髪が伸びるのを6か月ほど待てば、太く濃い髪の毛が生えてくるはずです。

育毛剤などで薄毛・抜け毛対策をしても望んだ効果が得られず、植毛を考えている方は、まずは「無料カウンセリング」を受けてみてはいかがでしょうか。

カウンセリングでは植毛の仕方や料金について知ることができ、クリニックの雰囲気や医師の人柄も把握できます。

できれば2~3か所のクリニックを回り、比べてみるとよいでしょう。

納得の行くクリニックで手術を受けられるように、お祈りしています。

参考文献
[1] 紀尾井町クリニック , https://www.nhtjapan.com/ , 最終検索日2018年4月11日
参考文献
[2] 湘南美容クリニック , https://www.s-b-c.net/contents_aga/menu/aga_merit_demerit.html , 最終検索日2018年4月11日