目次

  1. 坊主頭だと自毛植毛はできる?できない?
  2. 自毛植毛とはどんなものなのか?
  3. 【結論】坊主でも自毛植毛は「できる」が向いていない
  4. 坊主で自毛植毛をしてもドナー箇所を隠す方法がある!
  5. 自毛植毛は手術前の髪型に注意しよう!

薄毛が目立たないように、坊主にしている人も多いですよね。

しかし、坊主だと自毛植毛が難しいという情報も…。

これが本当なら、自毛植毛をするために一時的にでも髪の毛を伸ばす必要があります。

実際、坊主だと自毛植毛に何か影響があるのでしょうか?

今回は、坊主でも自毛植毛ができるのか、また坊主の状態だと自毛植毛にどのような影響があるのかを調査しました。

坊主だけど自毛植毛を検討しているという方は、クリニックに相談する前にぜひチェックしてくださいね。

まずは、自毛植毛についておさらいしておきましょう。

自毛植毛とは、自分の毛根を薄毛が気になる部分に移植する施術のこと。

後頭部や側頭部など、薄毛ではない箇所からドナーを採取し、頭頂部や前頭部などの薄毛箇所に移植します。

ドナーの採取方法は主に2種類。

  • 頭皮ごと切り取り、切り取った頭皮から毛根を採取する方法。
  • 頭部から直接毛根を採取する方法。

1つ目は頭皮を切り取った箇所を縫合するので、ある程度傷跡が残りますが、2つ目の方法はあまり傷跡が目立たず、全体からバランス良く採取するので代わりにどこかが薄毛になることもありません。

また、毛根ごと移植をするので、移植した髪の毛もその後通常通り成長や生え変わりを続けます。

そのため、半永久的にメンテナンスなしで、毛量を維持することが可能です。

結論として、坊主でも自毛植毛は可能です。

しかし、あまりおすすめできないと説明しているクリニックもあります。

自毛植毛を行うクリニックでは、自毛植毛前の髪の長さについて以下のような記載がされているところも。

手術の前には、後頭部(頭の後ろ)から側頭部(耳の上)までの範囲の髪を、4cm以上の長さに伸ばしておいて下さい。そうすれば、手術の翌日から、自分の髪でドナーの傷を隠せますので、人に見られることはありません。

植毛手術について | Q&A | [東京・大阪]自毛植毛で薄毛・AGAの悩みを解決|紀尾井町クリニック

ヘアが短い場合でも植毛は可能です。 というより短い方が技術的には行いやすいと思います。 ただ ・薄い所とそうでない所の範囲が判別しにくい ・ドナーの傷が隠せない という理由で少しのばした方がいいと思います。

坊主頭での植毛について | 植毛・自毛植毛なんでも相談室・植毛ブログ 薄毛の疑問にお答えします

坊主のままで自毛植毛がおすすめできない理由として考えられるものは、

  • 自毛植毛後にドナーを採取した傷を隠せない
  • 薄毛とそうでない箇所が判別しにくく移植範囲が把握しにくい

というもの。

できれば、自毛植毛を行うまでに、4cm程度まで髪の毛を伸ばしておくと良いでしょう。

後頭部の刈り上げを隠すヘアシート
後頭部の刈り上げを隠すヘアシート

取材協力『INTI』

坊主で自毛植毛をした際、どうしても気になるのがドナーを採取した傷跡。

基本的には植毛後、髪の毛が伸びることで傷跡もある程度目立たなくなるとされていますが、一時的であっても目立ってしまう不安がありますよね。

そこでおすすめのアイテムが、ヘアシートです。

ヘアシートとは、個人に合わせたオーダーメイドで作る部分的な付け毛のこと。

ウィッグ(かつら)のような広範囲ではなく、刈り上げた部分や傷を隠す部分だけをカバーするために使用されます。

自毛植毛を行った方の多くが使用されていると言われており、価格はサイズ等によって異なりますが、おおよそ5万円前後

坊主で自毛植毛を行い、傷跡や刈り上げ箇所が気になる場合は、ぜひ取り入れてみるとよいでしょう。

坊主でも、自毛植毛は可能ということがわかりました。

ただ、坊主で自毛植毛を行うと、手術後の傷跡が隠せないほか、薄毛とそうでない箇所の見極めが難しくなるというデメリットがあります。

もし少しでも時間に余裕があり、数ヶ月後に植毛しても問題ないという場合は、4cm程度まで髪の毛を伸ばしてから植毛を行うのがおすすめ。

また、傷跡を隠すだけなら、ヘアシートを活用するという方法もあります。

自毛植毛を受ける場合は、坊主の状態でも一度クリニックで施術が可能なのか、他にデメリットが考えられないかなども相談してみると良いでしょう。