目次

  1. 自毛植毛が受けられない人がいる!?
  2. 自毛植毛は坊主だと出来ないって本当...!?
  3. 自毛植毛ってそもそも何?
  4. なぜ坊主だと自毛植毛できないの?
  5. 自毛植毛ができない坊主の基準はこちら
  6. 坊主だけど自毛植毛したい人が取るべき対策方法
  7. 自毛植毛は坊主頭に毛を生やしてから!

近年リスクの少ない植毛方法として自毛植毛という施術が注目を浴びています。 しかし、坊主の人には自毛植毛が受けられないという噂があります。

そこで、今回はどうして坊主の人が自毛植毛を受けられないのかを解説していきます。 一緒に確認していきましょう!

期待していたのに…
期待していたのに…

どうして受けられないのか、その秘密を徹底的に解説します。

リスクが起こりにくい植毛方法として人気の自毛植毛には、受けられる人が限られているといわれています。 特に、坊主やスキンヘッドなどの人が受けられないそうです。

自毛植毛は自分の髪の毛細胞を頭皮ごと薄くなった箇所へ移植します。 そのため、移植する髪の毛が無いとどの部分が有益な箇所か判断できないため、移植することができないのです。

自毛植毛は自分の後頭部や側頭部の髪の毛を移植する手術ということで、元々の毛髪が自分の頭皮に生えていることが最低条件となっております。つまり、坊主の方は移植できるドナーが頭皮に存在しないということで、自毛植毛をクリニックで受けるのは難しいというわけです。

坊主でも自毛植毛を受けられる?

ある程度髪の毛を伸ばしてから医療機関を受診する必要があります。

自毛植毛は坊主やスキンヘッドでも受けられるの?

これらのように、髪の毛が短すぎたり無かったりすると自毛植毛を受けることができないようです。 まだ髪の毛や細胞が元気な箇所を使用するため、髪の毛が無いと医師でも見極めることが難しいのです。

そのため、薄毛を隠すために坊主スキンヘッドにしている人は、ある程度髪の毛を伸ばしてから受診するようにしましょう。

短いからこそ…
短いからこそ…

薄毛を隠すために坊主にしたのに、そのせいで自毛植毛を受けられないなんて…

そもそも自毛植毛とは、その名前のとおり自分の髪の毛を他の箇所へ移植することを目的として植毛方法です。 人工毛を使った植毛とは違って、自分の細胞や頭皮を使用することで、リスクを抑えることができるといわれています。

移植元になる部分には側頭部後頭部にある頭皮がよく使われることがあります。 これらの箇所は、ホルモンが作用する部分が違っていることがあるため、あまり薄毛の症状が現れにくいとされているのです。

また、自毛植毛は髪の毛を移すだけではありません。 髪の毛が育ちやすい頭皮を移植することで、移植した周りの環境を変えることもできるのです。

しっかり確認!
しっかり確認!

自毛植毛の仕組みをしっかり確認しておきましょう!

どうして坊主だと自毛植毛ができないのか、少しずつ触れてきました。 しかし、今のままでは納得できない人もいますよね?

そこで、自毛植毛ができない理由をより詳しく解説していきます。

自毛植毛ができない理由を大きく3つに分けることができます。 具体的にイメージができるように、一緒に確認していきましょう。

①傷が目立つから

植毛といわれるとどんな手法で行われるのか、イメージしづらいですね。 実は、植毛には外科的な手術が行われることが多いのです。

自毛植毛にもこの施術内容は当てはまり、実際にメスなどを使用して植毛が行われていきます。 具体的に説明すると、髪の毛が元気な箇所を頭皮ごと切り取って、薄くなっている箇所の移植を行うのが自毛植毛の施術内容です。

この方法は数ある自毛植毛の方法でも共通して行われることになります。 そのため、あまりにも髪の毛が短すぎると傷跡を隠すことができないのです。

髪の毛が無いとその分目立ってしまったり、雑菌が入る可能性が高まります。 そのため、自毛植毛ができなくなってしまうのです。

②髪の毛の状態が分からない!

記事の中でも何度か触れてきましたが、自毛植毛は自毛の髪の毛や細胞を移植する方法です。 そのため、あなたの髪の毛の状態を見極めることが重要なのです。

切ったから短いのか、うまく育たないから短いのか適切に判断をすることができません。 そうすると、施術をしても効果が期待できずに頭部を傷つけるだけになってしまうのです。

専門の医師でも難しい
専門の医師でも難しい

買いの毛がないのに、その状態を見極めるのは非常に困難なのです。

③効果が期待できないから…

②と同じように効果が期待できないため、自毛植毛ができないことがあります。 それは、薄毛の症状によって髪の毛が無くなってしまっていることです。

薄毛の症状が進行している頭皮の環境は、すでに髪の毛が育ちにくい状態になっています。 そのため、自毛植毛を行っても効果が出る前に抜けてしまうことがあるのです。

この場合は自毛植毛を行う前に、頭皮の環境を整える治療を始めた方が効果が期待できますよ。

では、坊主と言ってもさまざまな種類があるため、いまいちピンと来ないことがあります。 そこで、自毛植毛ができない髪の毛の基準をまとめました。

自毛植毛を考えている人は、当てはまっていないかをしっかりチェックしておきましょう!

①スキンヘッドはできない!

そもそも髪の毛が…
そもそも髪の毛が…

スキンヘッドの人はそもそも髪の毛がありませんので、非常に難しいのです。

髪の毛が短い人の中でも、できない可能性があるスタイルがスキンヘッドです。 スキンヘッドは、髪の毛が短いという前にそもそも髪の毛が無い状態を指すことが多いです。

そのため、あなたの薄毛の状態も把握することができません。 移植元になる箇所だけでなく、移植を行う箇所も判断することができません。

つまり、スキンヘッドの人は自毛植毛を行えないと考えておいた方がいいでしょう。

②坊主の人は長さが決め手

短すぎてもダメ!
短すぎてもダメ!

髪の毛があっても坊主のように短い髪の毛はアウトです!

薄毛を目立たせたくない人坊主が好きな人は、髪の毛の長さに気をつけましょう。 スキンヘッドに比べると髪の毛はありますが、それでも自毛植毛を受けることが難しいことがあります。

しっかりと髪の毛を伸ばしてからクリニックなどを受診しましょう。

③短髪の人も注意が必要!

オシャレでも
オシャレでも

オシャレですが、こうした刈り上げた部分は自毛植毛ができなくなてしまいます。

人と関わる仕事をしている男性はマナーとして短髪にしていることがあります。 坊主まで短くないからと安心していると、自毛植毛を受けられないかもしれませんよ。

短髪の人で気をつけたいのが耳の周辺や襟足を刈り上げてしまうことです。 刈り上げてしまうと坊主のように短くなってしまい、自毛植毛が受けられなくなる可能性があます。

坊主の人は自毛植毛を受けるのは難しいですが、絶対にできないというわけではありません。 しっかりと条件を満たしておけば自毛植毛を受けることができますよ。

坊主の人が自毛植毛を受けるためには、まずは髪の毛を伸ばすこと必要です。 散髪をやめて、髪の毛を伸ばすために行動をしていきましょう。

効率よく髪の毛を伸ばすために過度な飲酒タバコをやめることから始めます。 そして、脂っこい食事もやめて野菜を中心とした食生活に変えていきます。

これらのことは、自毛植毛を行った後でも効果が期待できます。 今のうちから生活習慣を変えていきましょう!

自毛植毛はその特性から坊主の人が受けるのは、難しい治療法だといわれています。 しかし、絶対に受けられないということはありません。

自毛植毛を決意したら、まずは髪の毛を伸ばすために行動をしていきましょう。 髪の毛を成長させるための行動は自毛植毛の後でも効果が期待できます。

慌てずに今できることから初めて、ハゲを治す為に、 効率よく元気な髪の毛を手に入れましょう。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。