目次

  1. 自毛植毛の術後のあれこれ…受ける前に知っておきたい!
  2. 自毛植毛の術後の経過について簡単に知っておこう!
  3. 術後の主な注意点
  4. 自毛植毛の術後のアフターケア!3つのポイント
  5. アフターケアが期待できるクリニック2選!
  6. 自毛植毛の術後は本当に重要!注意点やアフターケアには気をつけよう

自分の頭の薄毛が進行してしまった部分に自分の毛根を移植することで、髪が生えなくなった部分からまた髪を生やす、「自毛植毛」。

AGA(男性型脱毛症)に悩む人にとって希望の光とも言える存在です。

しかし、自毛植毛は外科的な治療であり、術後の経過や注意点が気になるという方も多いのではないでしょうか?

この記事では、自毛植毛を受ける前に知っておきたい自毛植毛の術後の注意点や、してはいけないことについて解説していきます。

自毛植毛の手術後の注意点を具体的に説明する前に、まずは術後のイメージがしやすいよう、簡単に術後の経過について説明します。

  • ①手術の翌日、病院へ行って包帯を取ってもらい帰った後、2〜3日は静養期間。
  • ②2週間ほどで痛みが引いてきてかさぶたが取れる。
  • ③1〜3ヶ月あたりになると、移植した毛根やその周りで一時的な脱毛が起こることがある。
  • ④4〜6ヶ月になると、だんだん髪が伸びてきたと実感できてくる。
  • ⑤徐々に太く濃い髪の毛に育っていき、6ヶ月〜1年ほどで発毛が完了。

ここでは簡単な説明にとどめますが、もっと詳しく経過を知りたいという方は、すぐ後で紹介している記事を参考にしてみてくださいね。

【術後直後〜2週間】痛みや赤みが起きたり、かさぶたや傷ができたりする

自毛植毛の術後、植毛部分や毛根を摂取した部分が痛くなったり赤くなったりかさぶたができたりします。

自毛植毛は、メスや穴あけパンチのような器具で、自分の頭皮を切ったり穴を開けたりして、毛根を別部分に移植する方法。

傷跡をできるだけ小さくして目立ちにくくするタイプもありますが、いずれにしても傷跡が全くできない自毛植毛は存在しません

植毛部分や毛根を摂取した部分の痛みや赤みなどは1〜2週間ほどで引きかさぶたも取れてくるものの、それまでは待つしかないのです。

さらに、目立たないとはいえ、よく見ると分かる程度の傷跡が少し残ることも…。

これらの対策として、痛みについては痛み止めの薬をクリニックで処方してもらえます。

また、施術の際に短く刈り上げてしまった部分は、ヘアシートという部分かつらのようなもので隠すことができます。

かさぶたができてくると、気になったりかゆくなったりするかもしれませんが、移植した毛が抜けてしまう可能性があるので、触るのは厳禁です。

ヘアシートを貼って隠す
ヘアシートを貼って隠す

【術後直後〜2週間】植毛部分への刺激やダメージはアウト

自毛植毛は毛根を移植する手術。

移植した毛が頭皮に根付いて定着する前に強い刺激やダメージを与えてしまうと、毛が抜け落ちて植毛が失敗してしまう恐れがあります。

移植した髪の定着に必要な期間は、クリニックなどによっても異なりますが、だいたい術後1〜2週間です。

特に1週間後までは一番デリケートな期間なので、この期間中はシャンプーなどで強い刺激を与えてしまわないよう、気をつける必要があるでしょう。

【術後1〜3ヶ月】抜け毛が起きることがある

自毛植毛後に、植毛部分やその周りの髪が抜け毛になってしまうことがあります。

ただし、これはまた生えてくるので心配はいりません。

自毛植毛で起こる抜け毛の種類は主に2種類

1つ目は「一時的脱毛」と言って、植毛後1〜3ヶ月の間に、移植した髪が抜けること。

これは髪が新しく生え変わるための自然現象なので、術後3〜4ヶ月ほどでまた髪が生えてきます。

2つ目は「ショックロス」。移植部分の周りの髪が抜ける現象で、施術で使った麻酔や移植部分の炎症が原因と考えられています。

こちらも一時的なもので、6ヶ月〜1年後にまた生えてきますよ。

どちらにせよ抜けてもまた生えてくるため、「自毛植毛の手術前よりも薄毛になる」ということはないので、安心してくださいね。

【術後直後〜6ヶ月】効果を実感するまでの期間が長い

自毛植毛の術後、「髪が伸びてきた、生えてきた」と効果を実感できるようになるには、少なくとも半年前後待つ必要があります。

髪の成長スピードには個人差があるため、必ずしも半年待つとは限りませんが、数ヶ月様子を見なければならないのは確かです。

半年ほど経てば、植毛して一度生え変わるために抜けた髪が、徐々に太く濃い髪に育っていきます。

毛根を移す手術である自毛植毛を成功させるには、術後のケアが非常に大切になります。

移植した髪の毛が定着するどうかか、痛みが長引かないか、傷跡が残らないか…これらには術後の対応が大きく関わってくるのです。

自毛植毛後のケアのほとんどは、自分で行うことになります。

事前に医師の注意をしっかり聞くとともに、術後でも不明な点があればクリニックに問い合わせしましょう。

ここでは、アフターケアで気をつけるべき点を3つに絞って紹介します。

【術後直後〜1週間】仕事内容などによっては休みをとって安静にする

手術そのものは日帰りなので、翌日から仕事に復帰できます。

しかし痛みや傷の悪化、移植した髪の定着、見た目などを考慮して、基本的には1週間ほど休むことをすすめられる場合がほとんどです。

特に肉体労働やスポーツ系といった体を動かす仕事をしている方は、術後の経過を見つつ1週間以上の休みをとりましょう。

帽子やヘルメットをかぶって作業する場合は、頭皮が蒸れて雑菌が繁殖しやすくなるため、術後3、4日間は開けるようにしてくださいね。

デスクワークなど体をあまり動かす必要のない方は、翌日から復帰しても大丈夫ではありますが、やはり傷や見た目の点からおすすめはできません

【術後直後〜2週間】入浴・運動・アルコールを控える

血行を促進してしまうと手術の傷が開いてしまう恐れがあるため、入浴や運動、アルコールは避けましょう。

入浴の際は1〜2週間は軽いシャワーだけにして、湯船にはつからないように。

運動については、術後3、4日はジョギングなど軽い運動だとしても避け、筋トレや激しい運動は1〜2週間は行わないようにしましょう。

アルコールも、1〜2週間は最短でも控えてくださいね。

【術後翌日〜2週間】シャンプーは優しく行う

術後2週間くらいまでは、移植した髪の毛がまだ定着する途中なので、自毛植毛部分への刺激はできる限り避ける必要があります。

とはいえ手術の傷からの感染症を防ぐことを考えると、2週間頭を洗わないわけにもいきませんよね。

術後当日はまだ出血しているので、自毛植毛の翌日か、2日後からのシャンプーをクリニックでは推奨しています。

洗い方のコツとしては、まず、お湯の温度はぬるめで。

温度が高いと、血行が良くなってしまい、自毛植毛の傷口から出血してしまうかもしれません。

術後翌日〜1週間後までは、指でこすらずに肌に優しいスポンジを使って軽い押し洗いで洗いましょう。

水圧が強いシャワーを当てるのも刺激になってしまうので、手でお湯をかけるなどの方法でシャンプーを流してください。

術後1〜2週間後からはだんだん移植毛が定着してくるので、多少こすっても大丈夫。

ただし爪を立てずに、指の腹で優しく円を描くように洗うように心がけてくださいね。

自毛植毛の術後のアフターケアは自分で、と言われても、できるかどうか心配になる人がいるのではないでしょうか。

そこで最後に、自毛植毛後のアフターケアを自分の代わりにやってもらえるクリニックを2院、紹介します。

記載の費用は、2018年1月時点の税込価格です。

①アイランドタワークリニック

アイランドタワークリニックは「自毛植毛専門」を掲げているクリニック。

東京・新宿、大阪、名古屋、福岡にクリニックを展開しており、雑誌にも取り上げられるなど、知名度もあります

自毛植毛の方法は2種類。

  • i-Direct
    説明:医師の手によるメスを使わない極細のパンチ式。
    値段:基本の治療費用200,000円+毛根1つにつき1,296円
  • 刈らないDirect
    説明:i-Directと同じ極細のパンチ式、毛根の採取時に髪を短くしなくていい。
    値段:基本の治療費用200,000円+毛根1つにつき2,160円

気になるアフターケアについては、まず専属美容師によるカット

「植毛した髪が伸びるまでは美容院に行きづらい」という方のために、自毛植毛を理解している専属美容師によるカットや、提携理容室の紹介などを行っています。

さらに、電話やメールで相談可能な「アフターケアセンター」では、ケア専門のスタッフに、専門医には相談しにくい内容でも気軽に相談できます。

アイランドタワークリニックはホームページで「術後もしっかりフォローします」と宣言しているので、心強いですね。

②親和クリニック

親和クリニックは東京、名古屋、大阪、福岡にクリニックを展開しています。

扱っている自毛植毛の種類は3種類。

  • MIRAI法
    説明:医師の手で行われる、メスを使わない自毛植毛。
    値段:基本の治療費用200,000円+毛根1つにつき800〜1,200円
  • NC-MIRAI法
    説明:MIRAI法と同じくメスを使わず、しかも髪を短くしないで受けられる。
    値段:基本の治療費用300,000円+毛根1つにつき2,000円
  • United MIRAI法
    説明:MIRAI法とNC-MIRAI法を組み合わせることで、NC-MIRAI法より安く受けられ、自分の髪で隠せる部分だけ髪を短くする自毛植毛。
    値段:基本の治療費用250,000円+毛根1つの価格はMIRAI法とNC-MIRAI法を適用する本数により変動

そして肝心のアフターケアでは、アフターケア専門の担当スタッフを置き、術後に不安を抱えた患者の相談に乗ってくれるというサービスを展開。

また、術後に自分で洗髪することを不安に感じる方のために洗髪サービスを実施しているので、心強いですよね。

自毛植毛したての髪の毛はまだ完全な状態ではありません。

移植した髪の毛を定着させ、感染症や植毛の失敗などを防ぐためには、自毛植毛の術後の対応こそが重要。

太く濃い髪を取り戻すため、この記事を参考に、術後は気をつけてみてくださいね。

参考文献
[1] アイランドタワークリニック , https://itc-shokumou.com/?utm_source=google&utm_medium=cpc&gclid=CjwKCAjwwbHWBRBWEiwAMIV7E3bkeoSF22rhdGY3b8XhPJiBSXs38uUvu3_0DyNc902SCwdP8YsflxoCfWAQAvD_BwE&trflg=1 , 最終検索日2018年4月11日
参考文献
[2] 親和クリニック , https://shinwa-clinic.jp/lp/y01/ver4/?gclid=CjwKCAjwwbHWBRBWEiwAMIV7E8RIebPClnDxsZmpeh07F9n3wU3bn4qcEOeeFjjwnvfA1czsoVTE5hoCudoQAvD_BwE , 最終検索日2018年4月11日