目次

  1. 育毛トニックで白髪予防ができる?!
  2. 【結論】育毛トニックに白髪予防の効果はない
  3. 医薬部外品・化粧品、それぞれの育毛トニックの効果とは
  4. 【参考】どうしたら白髪を予防できるの?
  5. 白髪予防は日々の生活習慣から!

「最近、白髪が増えてきた…どうにかして予防できないのだろうか?」

歳とともに増えてゆく白髪

老けて見えたり、白髪染めが面倒だったり、できることなら生えてきてほしくはありませんよね。

そんな白髪を育毛トニックで予防できるのでは!? と期待してしまうのも、白髪で悩んでいる方からすれば当然かもしれません。

育毛トニックには、本当に白髪を予防する効果はあるのでしょうか?

もしあるのであれば、白髪染めの面倒から解放されて嬉しいのですが…。

そこで今回は、育毛トニックに白髪への効果があるのかどうかの真偽をお伝えするとともに、白髪の予防方法についてもご紹介します。

まずは自分が薄毛かどうか判断したい…

自分の症状にあった薄毛の対策方法を知りたい…

そんな方はまず『ヘアラボカルテ』でいまの薄毛レベルや対策方法をお調べすることをおすすめします。
たった90秒で簡単に薄毛の進行度合いや対策方法を調べることができますので、ぜひこちらを試してみてください!

さっそく結論から述べると、育毛トニックに白髪予防の効果はありません

そもそも“育毛トニック”には、

  • 医薬部外品(厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されているもの)に分類されているもの
  • 化粧品(美化する、魅力を増すといった目的で使用されるもの)に分類されているもの

の2種類がありますが、どちらにせよ白髪を予防するような効能・効果はありません。

そもそも、医薬品においても白髪を予防するものはないのが現状なので、医薬部外品や化粧品ではもちろん、白髪予防などはできないのです。

それでは、医薬部外品の育毛トニックと化粧品の育毛トニック、それぞれが実際に認められている効能・効果とは、どんなものなのでしょうか。

章を改めて見てみましょう。

「医薬部外品」の育毛トニックは、有効成分を一定量含んだ、育毛の促進、抜け毛予防などを目的とした製品です。

一方で化粧品の育毛トニックは、医薬部外品に比べ身体への作用が緩やかで、髪や頭皮をすこやかに保つ、清潔にするなどを目的としています。

次の章で、もっと詳しく見てみましょう。

“医薬部外品”に分類される育毛トニックの効果

医薬部外品の育毛トニックが表示できる効能・効果については、医薬部外品・薬用化粧品の広告における薬事法の育毛剤の欄に、以下のように記載があります。(参照1)

育毛、薄毛、かゆみ、脱毛の予防、毛生促進、発毛促進、ふけ、病後・産後の脱毛、養毛

出典: 医薬部外品の広告における薬事法 | 健康食品・化粧品に関わる薬事法・景品表示法 | 薬事法広告研究所

実際、医薬部外品には以上の効能・効果はあると言えますが、他の効能・効果はありません。

医薬部外品の育毛トニック(=育毛剤)は、 あくまでも脱毛の予防育毛を目的とするものなのです。

参照1:薬事法広告研究所 医薬部外品の広告における薬事法

“化粧品”に分類される育毛トニックの効果

化粧品に分類される育毛トニックが表示できる効能・効果については、薬事法研究所の化粧品の広告における薬事法(参照2)に、以下のような記載があります。

化粧品で標ぼう可能な効能効果

頭皮・毛髪について (1)頭皮、毛髪を清浄にする。

(2)香りにより毛髪、頭皮の不快臭を抑える。

(3)頭皮、毛髪をすこやかに保つ。

(4)毛髪にはり、こしを与える。

(5)頭皮、毛髪にうるおいを与える。

(6)頭皮、毛髪のうるおいを保つ。

(7)毛髪をしなやかにする。

(8)クシどおりをよくする。

(9)毛髪のつやを保つ。

(10)毛髪につやを与える。

(11)フケ、カユミがとれる。

(12)フケ、カユミを抑える。

(13)毛髪の水分、油分を補い保つ。

(14)裂毛、切毛、枝毛を防ぐ。

(15)髪型を整え、保持する。

(16)毛髪の帯電を防止する。

出典: 化粧品の広告における薬事法 | 健康食品・化粧品に関わる薬事法・景品表示法 | 薬事法広告研究所

見て分かる通り、化粧品に分類される育毛トニックには、頭皮や毛髪を清浄にしたり、潤いを与えるなど、頭皮や毛髪の衛生環境を整えるような効能・効果は認められていることが分かります。

参照2:薬事法広告研究所 化粧品の広告における薬事法

つまり、育毛トニックが白髪に作用することはない

前述のように、医薬部外品の育毛トニックには「脱毛の予防」「育毛」などの効果があります。

また、化粧品の育毛トニックには髪や頭皮を「すこやかに保つ」「清潔にする」などの効果があるのです。

しかし、 化粧品の育毛トニック、医薬部外品の育毛トニックのどちらも、残念ながら白髪に作用する効能・効果はありません

では、育毛剤に頼ることなしに白髪を予防する方法はないのでしょうか?

白髪の予防の話に入る前に、まずは白髪になる原因を見てみましょう。

白髪は「ストレス」や「無理に髪の毛を抜いた」ことが原因だと勘違いされがち。

しかし、医学的には以下の3つが白髪の原因とされています。

  • 加齢

  • 遺伝(早老症・優性遺伝による若白髪)

  • 後天的要因(病気や薬の作用、大きなショック等によるもの)

残念ながら、遺伝と後天的要因の対策はないに等しいと言えるでしょう。

ただし、白髪の原因の大半を占める加齢を遅らせることは可能です。

例えば、以下のような対策で白髪の原因である加齢を遅らせることができるとされています。

  • 日光に当たらない  

  • タバコを吸わない

  • 良い睡眠をとる  

  • 白髪に効く食事をとる  

  • 運動する

詳しくは、以下の関連記事をご覧ください。

一見、育毛トニックには白髪にも効果があるのでは? と思えるかもしれません。

しかし、今回の記事でお伝えした通り、化粧品に分類されている育毛トニック・医薬部外品に分類されている育毛トニックのどちらも、白髪を予防する効果はありません

白髪染めが面倒という方、加齢による白髪を少しでも減らしたい方は、紫外線対策禁煙良質な睡眠食生活を見直す、など身近な生活習慣を意識して加齢を遅らせる努力をしてみてくださいね。

これらは白髪のみならず頭皮や髪、体の健康にもつながります。

簡単にできるので、今日からでも初めてみてはいかがでしょうか。

参考文献
[1] 浜中聡子 , 髪をあきらめない人は、3つの生活習慣をもっている , (学研プラス、2017)