目次

  1. 伸ばしかけの髪はカットすべき?
  2. 髪を綺麗に伸ばすならカットが必要
  3. 髪を伸ばすときのカット【美容師さん・美容室の意見は?】
  4. 髪を伸ばすときにカットするメリットって…?
  5. 髪を伸ばす間のカットは、どれくらいの頻度がいいの?
  6. 伸ばす途中で髪をカットしたくない!髪を綺麗に伸ばすコツ
  7. ヘアケアとカットメンテナンスで髪を綺麗に伸ばす!
伸ばす途中でも髪はカットすべき…?
伸ばす途中でも髪はカットすべき…?

髪を早く伸ばすことを考えると、できるだけカットしたくないですよね。

早く伸ばしたいからカットしたくない!」
「でも、美容師さんにはカットをすすめられる…」

髪を伸ばしたくても、こんな葛藤で結局どうするべきなのかわからなくなりますよね。

実際、伸ばしかけの髪にカットは必要なのでしょうか?

そこで今回は、伸ばす途中で髪をカットすべきなのか、美容師さんの意見を含めて徹底調査。

髪を綺麗に伸ばすコツもお伝えするので、ぜひ最後までお読みくださいね!

綺麗に髪を伸ばすならカットはすべき!
綺麗に髪を伸ばすならカットはすべき!

早く伸ばしたいだけならカットしなくてもいいですが、やはり綺麗に伸ばしたいですよね。

結論からお伝えすると、髪を綺麗に伸ばしたいのであれば、カットは必要です。

髪をカットすれば、その分短くなり、伸びるまでにも時間がかかってしまいますよね。

物理的にただただ早く伸ばしたい!というだけが目的であれば、カットする必要はありません

けれど、綺麗に伸びなければ、伸ばしたあとにカットしなければいけませんし、伸ばしている間の髪型もキマらなくなってしまいます。

髪型を考えながら伸ばしたい、綺麗に伸ばしたいということであれば、カットは必要といえるでしょう。

先ほど、髪を綺麗に伸ばすなら、カットが必要だとお伝えしました。

けれど実際の美容師さんや、美容室の間ではどのような意見があるのでしょうか?

今回は、髪を伸ばすときにカットするべきなのかどうかを書いた美容師さんや美容室のブログをご紹介します!

ただひたすらに伸ばしたいという場合は少しも切らない方が早く伸びます。

ですが伸ばしっぱなしの髪は毛先がバサバサになりやすく、髪のコンデション次第では生活が荒れてる感じがしてしまいとても見た目が綺麗とは言いがたいです。

傷んだ部分は切るだとか形を整えるという事もクオリティを高めるには大事かと思いますので、綺麗に伸ばすという点では少しづつ切りながら伸ばしていくのも重要ですね。

出典: 髪にまつわる都市伝説パート1 髪は切った方が早く伸びる?平井 美容室 美容院 ヘアサロン finol フィノール

キレイに扱いやすい状態で伸ばしたいならカットは必須。 あまり髪にこだわりを持たず、ただ長さを伸ばしたいならカットはしない。

出典: 髪を伸ばしている最中でもカットは必要ですか?【美容師のQ&A】 | 美容師 谷垣良和オフィシャルブログ【U-REALM】銀座の美容室

毛先が枝毛、切れ毛の場合は定期的にカットして いく方がきれいに伸びやすいです。

出典: 吉祥寺で人気の美容室 Hair Salon Sorcier 片桐のブログ「髪をきれいに早く伸ばすために」

単純に伸ばすという目的であれば切らない方が早く伸びます。

ただし切らずに伸ばしたままにしておくと毛先が不揃いになってしまう為、見た目という意味では決して良いとは言えません。

やはり女性の場合はただ髪が伸びれば良い訳ではなくキレイに伸ばしたいのが普通だと思います。

なので伸ばし途中でもカットをした方がいいという事になるわけです。

出典: 髪は切った方が早く伸びる…!?:2017年4月4日|マイルス(MILES)のブログ|ホットペッパービューティー

やはり、綺麗に伸ばすならカットが必要という意見が多いようですね。

もちろん、とにかく早く伸ばすだけなら、カットする必要はありません。

けれど、美容師のみなさんや美容室は、できるだけ良い状態・お客様が満足できる状態をキープして髪を伸ばして欲しいと思うもの。

カットによって、すきすぎたり軽くしすぎたりといったことがないよう、工夫している様子も見られました。

綺麗に髪を伸ばすために定期的にカットしながら伸ばすのが良いかもしれませんね。

伸ばす途中でカットするメリットって?
伸ばす途中でカットするメリットって?

髪を伸ばす途中にカットするメリットには、具体的にどんなものがあるのでしょうか?

綺麗に髪を伸ばすなら、カットが必要だということがわかりました。

でも、伸ばす途中で髪をカットすることには、実際どんなメリットがあるのでしょうか?

さっそく、そのメリットを見てみましょう。

見た目が良くなる

まずメリットの一つ目としてあげられるのは、先ほどご紹介した美容師さんのブログにもあった、見た目

髪は1ヶ月におよそ、1cm伸びるとされています。

けれど、正確にすべての髪の毛が同じペースで伸びていくわけではなく、1本1本が伸びる速度は多少異なるのです。

それが長期間になれば、伸びた髪の長さには差が出てきますよね。

つまり、伸ばしっぱなしにすることで、毛先がバラバラになり、見た目が悪くなってしまうのです。

そのため、定期的なカットで毛先をそろえることで、見た目を整えることができるのですよ。

髪のダメージを解消できる

また、伸ばす途中にカットすることは、髪のダメージ解消に繋がります。

髪のダメージというと、カラーやパーマが原因だと思われがちですが、意外にも紫外線や日々のシャンプーでの摩擦など、さまざまなものが髪のダメージの原因なのです。

そのため、長い間カットせず放置された髪の毛先には、ダメージが蓄積。

この部分を放っておくと、伸びた後の髪が綺麗にならないだけでなく、伸ばす途中でも毛先がまとまらなくなってきます。

その状態を無理に落ち着けようと、ドライヤーを長時間当てて、またダメージが増える…。

こんな負ループをなくすためにもダメージがひどくなった毛先をカットし、ダメージを解消させる必要があるのです。

髪のボリュームを調整できる

また、髪を伸ばす途中でカットすることで、ボリュームの調整ができます。

伸ばしっぱなしだと、どうしても野暮ったくなり見た目がよくないだけでなく、髪のボリュームが増えシャンプーやドライヤーに時間がかかりますよね。

もちろん、あまりすきすぎてしまっては、髪が伸びるのが遅くなるので注意が必要ですが、ある程度ボリュームの調整をしながらカットすることで、面倒を減らすことができるのです。

また、ドライヤーの長時間の使用は、髪の傷みの原因

カットによるボリューム調整で、そうした髪の傷みも避けられるようになりますよ。

カットする期間は?
カットする期間は?

綺麗に伸ばすためには、どれくらいの頻度でカットすべきなのでしょうか?

メリットも多い、伸ばす途中のカットですが、ではどれくらいの頻度でカットするのがいいのでしょうか?

カットの頻度はそのときの髪型にもよりますが、1ヶ月半〜2ヶ月に一度が理想のようです。

先ほどもお伝えした通り、髪は1ヶ月に1cmほど伸びますよね。

そして、カットの際はダメージがかなりひどくない限り、毛先をそろえたり毛先のダメージを取り除くため5mm程度カットします。

イメージとしては、1ヶ月半〜2ヶ月かけて、1cm〜1.5cmほど伸びるといった感じ。

さらに髪型や毛先バランスやダメージによっては、必ずしも毎回美容室に行くたびにカットをしなくてはいけないわけではありません

これなら、カットをしながらでも着実に伸ばしていけそうですよね。

髪の毛を綺麗に伸ばすには?
髪の毛を綺麗に伸ばすには?

綺麗に伸ばすコツがあるんです!

髪を伸ばすには長い期間が必要ですよね。

そうなると、やはりできるだけカットの回数を少なくしたい!と思う方も多いはず。

今回はそうした方のために、髪の毛を綺麗に伸ばすコツや、ダメージによるカットをできるだけ減らす方法をご紹介。

ぜひ、髪の毛を伸ばすときに実践してみてくださいね。

髪や頭皮に優しいシャンプーを使う

知名度が高い…価格が安い…意外と適当にシャンプーを選んでしまっている方もいるのでは?

実は、配合されている成分によっては、髪や頭皮にダメージを与えてしまう商品があるんです…

一般的に、洗浄力の鍵となる"洗浄成分"がアミノ酸系で、性質が弱酸性のシャンプーが良いとされています。

一度このことを念頭に、使用するものを検討してみてください。

ここでは、ヘアラボでも評判が高い、アミノ酸系・弱酸性のシャンプーをご紹介しますので、参考にしてくださいね。

明るいカラーを避ける

まず、髪を綺麗に伸ばすなら髪のダメージを避けることが大切。

カラーの中でも、ブリーチなどのハイトーンカラーは、どうしても髪へのダメージが大きくなってしまいます。

あまり色味の強くないカラーであれば、さほど問題はありませんが、ダメージが大きいカラーは控えた方がいいですよ。

また、カラーをし直す際も、毎回フルカラーにするのではなくリタッチカラーにするなど髪への負担をなるべく減らす工夫をしてみてくださいね。

パーマを避ける

また、パーマも髪にダメージを与えてしまいます。

ただ伸ばしかけだとハネてしまうから、パーマをかけたい…という方も多いですよね。

そういった場合は、ちょうどハネやすい時期にパーマをかけるようにしましょう。

パーマも何度も繰り返すと、どんどんダメージが蓄積され、将来的にパーマをかけた箇所を切らなくてはいけなくなることも。

それを避けるためにも、パーマはできるだけ繰り返さないパーマ以外のヘアアレンジでハネる時期を乗り越えるなど、工夫をしてみることをおすすめしますよ。

髪の日焼けを防ぐ

紫外線による髪の日焼けも、ダメージの原因の一つ。

日中、外に出るとどうしても髪は紫外線にさらされてしまいますよね。

そこで活用できるのが、スプレータイプの日焼け止め

髪にスプレーするだけで、髪を紫外線から守ることができます。

また、紫外線が強い時期などは、日傘を使うのも有効ですよ。

髪を日焼けから守り、ダメージが少ない状態で伸ばすようにしましょうね。

ドライヤーの使いすぎ・ヘアアイロンを避ける

さらに、髪のダメージの原因として、もあります。

具体的には、ドライヤーの温風やスタイリングの際に使う、ヘアアイロンなど。

これらは熱によって、髪を傷めてしまいます。

ドライヤーをするときは、髪から少し離して行い、長時間の使用は避けましょう

また、ヘアアイロンを使うときも、本当に必要なときに、必要な箇所だけに使うなど、過度な使用は控えるようにしてくださいね。

美容室でヘアケアをする

最後に髪を綺麗に伸ばす方法としてご紹介するのは、美容室でのヘアケア

美容室に行ったらカットされる…と思い、あまり美容室に行かない方もいらっしゃるかもしれません。

けれど、美容室に行ったからといってカットをしなければいけないわけではないので、ご安心くださいね。

美容師さんに事情を伝え、トリートメントやヘッドスパのケアだけをしてもらいましょう。

美容室でヘアケアをしてもらうことで、自分の髪の状態にあったケアをしてもらうことができますからね。

カットの目的でなくとも、定期的に美容室にいくことをおすすめしますよ!

綺麗に髪を伸ばしましょう!
綺麗に髪を伸ばしましょう!

ヘアケアやカットでしっかりメンテナンスをして、理想の長さまで伸ばしましょう。

髪を綺麗に伸ばすのであれば、カットは必要ということでしたね。

けれど、美容室にいく度に毎回カットしなければいけないわけではありません。

しっかりとダメージケアをし、髪が綺麗に伸びる状態を作れば、カットの長さや回数を減らすこともできます。

そのためにも、先ほど紹介した髪を綺麗に伸ばすコツを参考にして、ヘアケアをしながら髪を伸ばしてくださいね!