目次

  1. 「自分が将来ハゲるのか気になる...」
  2. まずは自己判定で自分の髪の状態をチェック!
  3. ハゲやすい人の特徴と対策【7選】
  4. ハゲやすい特徴と対策①:AGA
  5. ハゲやすい特徴と対策②:食生活の乱れ
  6. ハゲやすい特徴と対策③:お酒の飲み過ぎ
  7. ハゲやすい特徴と対策④:喫煙
  8. ハゲやすい特徴と対策⑤:睡眠不足
  9. ハゲやすい特徴と対策⑥:ストレスを溜め込む
  10. ハゲやすい特徴と対策⑦:合わないシャンプー
  11. 【番外編】噂の「〇〇だとハゲる」は本当?
  12. 自分の特徴にあった方法でハゲ対策を

「自分って将来ハゲるんじゃないか...」

誰でも一度は気にしたことがあるのではないでしょうか。

自分がハゲるのかどうかというのは、かなり気になるものです。

そんな中、インターネットで調べてみても、根拠がはっきりしない都市伝説のようなものも多くて、何を信じたら良いかわからなくて困ったりしていませんか?

そこで、今回はハゲやすい人の特徴とその根拠をまとめてみました!

もしも、この特徴に当てはまっていたとしても大丈夫です。 対策法もしっかりお届けします!

誰もが気になる将来の自分の髪。しかし、今の自分の髪の状態は把握できていますか?

髪の悩みや状態によって今とるべき対策は異なるので、自分の髪について知っておくことはとても大切です。

専門のクリニックに行けば詳しく解説してくれますが、まだクリニックに行くほど悩んでいないし、わざわざ足を運ぶのも面倒…

そんな方のために『ヘアラボカルテ』というサービスをご紹介します!

ヘアラボカルテはたった90秒で、あなたの今の髪の状態を教えてくれるものです。

  • あなたの髪は今から対策が必要な状態なのか、それとも心配する必要はないのか。
  • もし薄毛なら何が原因なのか。
  • 薄毛の深刻度は軽いのか、重いのか。
  • 今できる適切な対策は何か。これ以上薄毛が進行しないためにはどうすればいいか。

医師が監修している質問に答えるだけで、これらを判定することができます。

▼判定はこちらをクリック!

たった90秒でできるので、ぜひ使ってみてください!

将来への不安もやわらぐかもしれませんよ。

自身の髪の状態を確認できたところで、次からハゲやすい人の特徴と対策を確認していきましょう。

では早速ハゲやすい人の特徴と対策をご紹介していきます。

今回紹介するものは以下の7つ。

あなたはいくつ心当たりがありますか?

AGAでハゲる

AGAという言葉を聞いたことはないでしょうか。 「Androgenetic Alopecia」の略で「男性型脱毛症」とも呼ばれる症状のことを指し、薄毛で悩んでいる日本人の多くの方を悩ませています。

AGAの主な原因は男性ホルモンが変異して毛髪の成長を妨げること

正常な男性の体内には、テストステロンという男性ホルモンが分泌されているのですがこれがDHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変異してしまうことがあります。

このDHTがAGAの諸悪の根源で、髪の成長サイクルを乱してしまうのです。

成長サイクルを乱された毛髪は、太く長く伸びる成長期が短くなってしまい、細いまま成長サイクルが終了してしまい、つむじや生え際のハゲにつながってしまうのです。

簡単に流れを整理すると以下の流れになります。

  • ①「テストステロン」が分泌される
  • ②テストステロンが「DHT」に変異
  • ③DHTが髪の成長サイクルを乱す
  • ④髪の成長期が短くなってつむじや生え際の薄毛進行

AGAを対策する3つの方法

今回紹介するAGA対策は以下の3つです。

  • (1)今の髪を育てて薄毛予防
      →育毛剤での育毛対策
  • (2)新たに髪を生やす+簡単に購入
      →市販の発毛剤での発毛治療
  • (3)新たに髪を生やす+専門医に相談
      →クリニックでの発毛治療

それぞれ、解説していきます。

AGA対策①:育毛剤での育毛対策

まずは、今ある髪の毛を育てて現状維持や薄毛予防をしたい人におすすめの育毛対策から。

主に医薬部外品の育毛剤を使用します。

育毛剤とは、育毛有効成分を配合されていて、最近だと天然成分などで作られているものが多いです。

ヘアラボとしては、人気のチャップアップがおすすめ。

3種類の育毛有効成分無添加・無香料永久返金保証といった嬉しいポイントが盛りだくさんです。

  育毛剤ランキング1位
  『チャップアップ』
  特徴:ヘアラボ不動の1位
 ➡︎詳細ページ   ➡︎公式サイト
  育毛剤ランキング2位
  『プランテル』
  特徴:M字ユーザーから高い支持率
 ➡︎詳細ページ   ➡︎公式サイト
  育毛剤ランキング3位
  『イクオス』
  特徴:リニューアルで独自成分の配合量UP
 ➡︎詳細ページ   ➡︎公式サイト

AGA対策②:市販の発毛剤での発毛治療

2つ目は、市販で購入できる発毛剤を用いたAGA対策。

発毛剤は育毛剤とは異なり、つむじや生え際の頭皮から、新しい髪の毛を生やすことを期待できます。

ここでは、『メディカル ミノキ5』という発毛剤をご紹介します。

スカルプDなどで有名なアンファーから新登場した、ヘアラボ注目の発毛剤です。

発毛効果のあるミノキシジルが配合された医薬品で、新たな髪を生やすサポートをしてくれます。

医薬品なので副作用のリスクがあり、購入前にしっかり使用前の注意や添付文書を確認しましょう。

AGA対策③:クリニックでの発毛治療

AGA対策の3つめはクリニックでの発毛治療

市販の発毛剤では自分に合っているか不安な方、しっかり相談して自分にあった発毛治療を行いたい方におすすめです。

リアップに含まれているミノキシジルを始め、フィナステリドという発毛剤を処方してくれることが多いです。

フィナステリドは、AGAの諸悪の根源ジヒドロテストステロンの生成を抑えることを期待できます。

ミノキシジル同様フィナステリドにも副作用がありますが、クリニックなら副作用のリスクや日々の好ましい生活習慣まで、親身に相談に乗ってくれますよ

ヘアラボとしてはヘアメディカルというクリニックがおすすめ。

経験豊富な先生方が自分に合った方法を提案してくれますよ。

食生活が乱れるとハゲる可能性が

髪の毛はケラチンというタンパク質で出来ていて、ケラチンを構成するにはタンパク質をはじめ、ビタミンやミネラルなどバランスの良い栄養が必要。

髪の毛は人間の生命維持には直接関係が無いので、栄養が回ってくる優先順位も低いです。(参照1)

ですので、栄養が不足すると、必要な栄養素が髪の毛に届かない事態になってしまうことがありえます。

忙しいビジネスマンは特に、この食生活が乱れているという特徴に当てはまっているのではないでしょうか?

食生活の乱れへの対策は3つ

健康的な毛髪のためには

  • タンパク質
  • ビタミン類
  • ミネラル類

を摂取することが重要です。

それぞれ、以下の点に注意して食べましょう。

食生活の乱れへの対策①:タンパク質

に多く含まれています。これらをバランス食べることを心がけましょう。

しかし肉ばかり食べていたりすると肥満や生活習慣病につながるので、あくまでバランスよく!

厚生労働省の発表によると、のタンパク質を摂取する際の推奨量は一日当たり成人男性で60g成人女性で50gです。

主に肉、魚、卵、枝豆、チーズ、納豆、なめこなどに良質なタンパク質が配合されています。

食生活の乱れへの対策②:ビタミン類

タンパク質だけを摂取していても健康的な毛髪を維持することはできません。

ビタミンは吸収したタンパク質を体内で合成するのに必要

  • ビタミンB6→にんにく、まぐろ、カツオ
  • ビタミンC→アセロラ、柑橘類、緑黄色野菜
  • ビタミンA→うなぎ、鶏レバー、人参
  • ビタミンE→筋子、ピーナッツ、モロヘイヤ

ただし、これらをたくさん摂取していてもファストフードインスタント食品ばかり食べている人は注意が必要です。

ジャンクフードに多く含まれる食品添加物が肝臓で解毒される際にビタミンを消耗させてしまいます。

これらの要因により体がビタミン不足に陥るので、ジャンクフードばかり食べている人は改めましょう。(参照2)

食生活の乱れへの対策③:ミネラル類

ミネラル類もビタミン類と同様にタンパク質を合成するのに必要な栄養素です。

  • 亜鉛→生ガキ、鶏レバー、パルメザンチーズ
  • 鉄分→豚レバー、アサリ、納豆、ひじき
  • マンガン→生姜、しそ、干しエビ

ただし、 食品添加物を含む加工食品やレトルト食品をよく摂取する人には要注意。

ポリリン酸などの食品添加物は亜鉛の吸収を邪魔してしまいます。(参照3)

思い当たる方はこれらの食生活の改善を。

お酒を飲み過ぎる人はハゲる可能性が

お酒をつい飲みすぎてしまう方は要注意。

アルコールを大量に摂取してしまうと、分解に大量のアミノ酸を使用します。

すると髪の毛の主成分のケラチンを作るためのアミノ酸まで使われてしまうことがあるのです。

また、体内にアルコールが入るとアセトアルデヒドという悪性の物質が増えることが。

このアセトアルデヒドにはAGAの原因であるDHTを増加させる働きがあるんです。(参照4)

肝臓ではこれを分解して無害な酵素に変えていくのですが、アルコールが多すぎると分解しきれずにアセトアルデヒドが体を循環してしまいます

つまり、アルコールを飲みすぎると

  • 肝臓で髪のもとになるたんぱく質がつくれない
  • アセトアルデヒドが薄毛の原因DHTを増加させる

これらの現象が起こり、薄毛を進行させてしまいます。

お酒の飲みすぎへの対策

お酒はあくまで適量を飲むことが大事です。

お酒の適量とは24時間以内で代謝可能な量のことです。 お酒の適量は一般的には、

  • 清酒:180ml(1合)
  • ビール:500ml(中瓶)
  • ワイン:120ml(1杯)
  • 焼酎:180ml(1合)
  • ウイスキー:60ml(ダブル)

とされています。

とはいえ、これは個人差があったり、その日の体調によっても変わってくるのであくまでも目安として考えてください。

喫煙している人はハゲる可能性が

喫煙をすると以下の影響を髪に及ぼします。

  • 毛細血管を収縮させる
  • ビタミンCが大量に消費される

たばこに含まれているニコチンは毛細血管を収縮させる性質をもっています。

血管が収縮すると髪に栄養が行き渡らなくなってしまいます。(参照5)

また、上記でご紹介した髪の成長に欠かせないビタミンCが消費されてしまうことも。

喫煙により体内に入ってきた活性炭素を除去するためにビタミンCが使われてしまうため、髪の成長に大切なビタミンCが失われてしまいます。

喫煙している人の対策

ズバり、禁煙しましょう。

吸いたくなったときに自分の力だけでも出来ることには

  • タバコの煙がある環境に近づかない
  • 喫煙したくなったらガムを噛む

などがあります。

また、禁煙外来に通ってみるのもおすすめします。

禁煙治療は健康保険を使って治療をうけることができます。

気軽に相談してみてくださいね。

睡眠不足な人がハゲる可能性が

髪の毛は、主に睡眠中に分泌される成長ホルモンによって、成長・修復します。

睡眠時間が短いと、この成長ホルモンの分泌量も少なくなってしまいます

さらに、成長ホルモンの分泌量が上昇するのは22時から2時までの間。

毎日夜更かししていて、この時間の間に睡眠がとれていないと成長ホルモンの恩恵を最大限に受けることができません。

また、毎日ばらばらの時間帯に寝るなどの不規則な睡眠をとっていると、副交感神経の働きが低くなり、成長ホルモンの分泌量が減ってしまうことがあるよう。

睡眠不足への対策

適切な睡眠時間は人それぞれですが、夜更かしは控えて、しっかり睡眠をとるようにしましょう。

特に22時~2時には寝るようにしましょうね。

ストレスを抱えやすい人はハゲる可能性が

人間は大きなストレスを受けると、自律神経が緊張し、血管の収縮を起こします。(参照6)

すると血行が悪くなり、十分な栄養分が毛髪に行き届かなくなってしまいます

また、ストレスによって自律神経が乱れると、不眠になってしまい、成長ホルモンの分泌が阻害されてしまいます。

ストレス対策

ストレスの解消法には

  • 体を動かす
  • 趣味の時間を作る
  • 悩みをひとりで抱え込まずに誰かに相談する

などがあります。

自分にあったストレスの解消法を見つけてストレスと向き合っていきましょう。

シャンプーが合っていないとハゲる可能性が

皮脂が過剰に分泌されて毛穴が詰まるのは問題ですが、だからといって皮脂を取り過ぎてしまうのも頭皮・毛髪にとって良くないとされています

特に、薄毛のお悩みの方には、高級アルコール系シャンプーとシリコンシャンプーはおすすめできません

高級アルコール系と言われるシャンプーは洗浄力が強いので必要以上に皮脂を奪ってしまうことがあり、シリコンシャンプーは育毛剤の浸透を邪魔してしまうことがあるのです。

シャンプーが合わない人への対策

ハゲ・薄毛にお悩みの方には、アミノ酸系×ノンシリコンのシャンプーがおすすめ。

人間の体と同じアミノ酸で出来ているので頭皮に優しく、ノンシリコンなので育毛剤の浸透を邪魔することがありません

その中でも、ヘアラボとしては、チャップアップシャンプーがおすすめ。

アミノ酸系かつノンシリコンで薄毛の方に嬉しいシャンプー。

育毛剤も手がけている会社で、薄毛について徹底的に考えていて開発しているんです。

ハゲる人の特徴と対策を7つ紹介してきました。

ここでは、〇〇だとハゲると言われているけど本当なのか分からない噂について調査してみました。

エロい人はハゲやすい?

「エロい人はハゲやすい」

一度は聞いた事があるのではないでしょうか?

ただ、これには直接的な因果関係はありません

男性ホルモンが減少すると性欲が減退しますので、エロい人は男性ホルモンの分泌が活発であるようです。(参照7)

ただし、薄毛の原因は単純な男性ホルモンの量だけでなく、男性ホルモンの影響を受ける感受性が高いかどうかにも影響されるとのこと。

ですので、薄毛=エロいという論理は飛躍しているといえます。

辛いものを食べるとハゲる?

辛いものを食べるとハゲになるという噂について調査してみましたが、根拠づけるものは見つかりませんでした

逆に、唐辛子に含まれるカプサイシンを摂取することで、髪の成長をサポートするという説もあるよう。

ただし、これもまた明確な因果関係を示すものは見つかりませんでした。

帽子をかぶっているとハゲる?

帽子をかぶっているとハゲるという噂もありますが、調査してみたところ明確な因果関係は無さそうです。

むしろ帽子は紫外線から頭皮を守ることできます。

強い紫外線は頭皮に悪影響を与えてしまうので、夏場などは帽子をかぶるのがおすすめ。

最後に今回紹介したハゲになる特徴と目的ごとに効果を期待できる対策を簡単にまとめてみました!

  • ハゲやすい特徴①:AGA
    (1)今の髪を育てて薄毛予防
     →育毛剤での育毛

    (2)新たに髪を生やす+簡単に購入
     →市販の発毛剤での発毛

    (3)新たに髪を生やす+専門医に相談
     →クリニックでの発毛

  • ハゲやすい特徴②:食生活の乱れ
     →バランス良く摂取

  • ハゲやすい特徴③:お酒の飲み過ぎ
     →適量飲む

  • ハゲやすい特徴④:喫煙
     →禁煙

  • ハゲやすい特徴⑤:睡眠不足
     →22時~2時を含めてしっかり寝る

  • ハゲやすい特徴⑥:ストレスを溜め込む
     →ストレス解消法を見つける

  • ハゲやすい特徴⑦:合わないシャンプー
     →自分にあったシャンプーを探す

ハゲやすい人の特徴に当てはまっていたとしても、これらの対策を実行すればハゲの進行を止めたり、遅らせることを期待できます。

ぜひ、この記事を読んだ後から薄毛の対策法を実践してみてくださいね。