目次

  1. 髪が伸びるのが「早い人」と「遅い人」が存在するって本当?
  2. 髪が伸びるのが「早い」「遅い」の真実
  3. 髪の伸びが正常な人と遅い人の3つ違い
  4. 髪を健やかに伸ばすにはどうすればいいの?
  5. 【番外編】今すぐにでも伸ばさなきゃ…そのウルトラCとは?
  6. 髪の毛を健やかに伸ばしましょう!

「なんだか自分は髪が伸びるのが遅い気がする...」

日々の生活の中でそう感じたことはありませんか?

つい髪を切りすぎてしまった時などは、より感じることがあるかと思います。

実際に髪の毛が伸びるスピードに「早い」「遅い」という差はあるのでしょうか?

あるとしたら、なぜ違いが生まれるのでしょうか?

そんな疑問に答えるべく、今回は「髪の伸びの早い・遅い」についてハゲラボ編集部が徹底的に調査してみましたよ!

さて早速、髪が伸びるのが「早い人」と「遅い人」がいるという疑問について。

その真実からメカニズムまで紹介していきます!

【結論】髪が伸びるのが「早い人」はいない

先に結論から申しあげると、髪の毛が特別早く伸びる人は基本的にいません

髪の毛は、だんだんとゆっくり生えていくもので、いきなり早く伸ばす魔法のような手段はありません。

人間の髪の毛が伸びるペースは、平均で1ヶ月で1cmほどと決まっているのです。

これ以上のスピード・速さで髪が伸びることはほぼありえませんので、一見「髪が早く伸びている」と思われる方でも、正確には「髪が正常に健やかに伸びている」と考える方が正しいと言えるでしょう。

ただ、髪が伸びるのが「遅い人」はいる

一方で、髪が伸びるのが遅い人は確かに存在します。

正常の人と比較して、髪の毛が伸びきる前に抜けてしまっていたり、細く弱々しいまま生えているような状態の方をイメージすれば、わかりやすいのではないでしょうか。

ではなぜ、髪が「正常に伸びる」場合と「遅くなってしまう」場合があるのでしょうか。

ヘアサイクルが分かれば、髪の伸びの「正常」「遅い」のカラクリも分かる!

ヘアサイクル
ヘアサイクル

髪が伸びる早さ、遅さを理解するために知っておいて欲しいのが、「ヘアサイクル」

ヘアサイクルとは、髪の成長サイクルのことで

  • 成長期:髪の毛が成長し、伸び続ける期間
  • 退行期:髪の毛の成長が弱まり、停止に向かっていく時期
  • 休止期:髪の毛の成長が完全に停止し、抜け落ちていく時期

という3つの成長段階に分けられます。

「正常な」髪の毛は、このヘアサイクルの中で3~6年ほどかけて長く太く伸びていきます
完全に成長する髪の毛の割合が多いわけですから、「髪の毛が正常に、健やかに伸びている」と感じるはずですね。

一方、伸びるのが「遅い」髪の毛は、このヘアサイクルの中で十分な栄養が得られなかったり、そもそもヘアサイクルが乱れてしまったりして、最後まで育ち切る前に抜けていってしまうんです。
完全に成長することなく抜けてしまう髪の毛の割合が多いと、「髪の毛が伸びるのが遅い」と感じてしまうわけですね。

髪が伸びるのが遅い人は
髪が伸びるのが遅い人は

遅い理由を探してみましょう。

では具体的に、髪の伸びが正常な人(ヘアサイクルが正常な人)と、髪の伸びが遅い人(ヘアサイクルが乱れる人)は何が違うのでしょうか?

①:栄養補給の違い

まず1つめは、栄養面について。

髪の毛は、18種類のアミノ酸で構成されているケラチンというタンパク質でできており、タンパク質やミネラル、ビタミンを摂取することで髪を作るサポートをしてくれます。

これを摂取すれば髪が生える!という栄養素はありませんが、バランスよくたくさんの栄養を摂取することは髪の成長にとって重要なこと

しっかり栄養を補給できているかどうかで、ヘアサイクルの中で正常通り髪が成長して伸びるかどうかが変わってきます。

髪の毛の伸びが正常な方は、この栄養補給がしっかりできていることが多く、逆に伸びが遅い方は、栄養が不足している可能性が考えられます。

髪の毛の伸びが遅いな...と感じているならば、毎日の栄養補給をしっかりと行えているか、一度振り返ってみてはいかがでしょうか。

②:頭皮の血行の違い

髪の伸びに栄養は重要ですが、栄養を運び込む役割を果たすのが血液

頭皮に張り巡らされた毛細血管を通して髪の毛へ栄養を届けます

髪の伸びが正常な方は、頭皮血行が良好で、髪にしっかり栄養を届けることが出来ています。

一方で髪の伸びが遅い方は頭皮の血行が悪く、たくさんの栄養を補給していたとしても、その配達が滞ってしまい、髪の毛の成長に支障が出ている可能性が。

たかが血行、されど血行。

髪の毛を正常に健やかに伸ばすために、必ず意識してみてくださいね。

③:睡眠時間の違い

髪の伸びに違いを産む3つ目の要素は、「睡眠時間」

睡眠中は体の成長や修復を行ってくれて、髪の伸びにも関係します。

特に22:00~2:00は髪の成長のゴールデンタイムと言われ、成長ホルモンが活発に分泌されるので、睡眠をとるにはうってつけ。

十分な睡眠時間を確保していてゴールデンタイムもしっかり休んでいる方は、髪が正常に伸びていく傾向にあり、逆に睡眠時間をあまり確保できていないと髪の伸びが遅れてしまう可能性がありますよ。

もしも毎日寝不足の生活をしている...なんて方がいたら、今日からでも改善してくださいね。

ここまで、髪の伸びが正常な人と遅い人の違いをご紹介してきました。

それでは自分の髪の伸びが遅いと感じていたら、どうすればいいのでしょうか?

以下、対策方法をご紹介します。

髪の伸び正常化①:バランスの良い食事

先ほども説明した通り、バランスの良い食事と規則の正しい生活は髪の毛を正常に伸ばす上で、とても大切。

髪を健やかに伸ばしたい人には、たんぱく質、亜鉛が良いでしょう。

大豆、鶏肉に多く含まれるたんぱく質で髪の原料を補給。そして牡蠣、豚レバーに多く含まれる亜鉛でサポートする。

食事だけで難しいなら、サプリメント併用も検討しても良いかもしれません

髪の伸び正常化②:頭皮マッサージ

もし、頭皮血行が悪化していると感じられる方におすすなのが「頭皮マッサージ」

凝り固まった頭皮をマッサージしてあげて、血流を改善すれば毛根に栄養が届きやすくなります

毎日の入浴中など、自分の生活の中で習慣化しやすいタイミングで取り入れていきましょう。

以下に頭皮マッサージの方法をご紹介しますのでチェックしてみてくださいね。

髪の伸び正常化③:育毛剤

3つのおすすめの対策は「育毛剤」の使用です。

育毛剤とは、今ある髪の毛を育てることを目的とした薄毛対策アイテム。

実際に育毛有効成分が配合されている医薬部外品であり、効能・効果として「育毛効果」「発毛促進効果」が認められています。

育毛剤を使えば「髪の毛が早く伸びる」わけでは一切ありませんが、頭皮環境をしっかりと整え、自身の髪の毛に育毛効果を働きかけることは、健康に髪の毛を育てる上で重要だと言えるでしょう。

ただし、そんな育毛剤をいざ買おうと思っても、数が多すぎてどれにすればよいか迷ってしまうと思います。

そんな方には、ハゲラボ読者も数多く利用している、

ベルタ育毛剤(女性向け)
チャップアップ(男性向け)

の2つのアイテムをご紹介。

ベルタ育毛剤は女性にオススメの育毛剤で、無添加、浸透を追求したナノ化技術が注目を集めている人気商品。ハゲラボ女性読者の方にはとても人気の育毛剤です。

一方チャップアップは男性に人気の育毛剤で、3つの有効成分、無添加・無香料、永久返金保証が特徴。

もし興味がありましたら、公式サイトで詳細をチェックしてみてくださいね!

女性向けのベルタはこちら

男性向けのチャップアップはこちら

ここまで、髪の伸びが遅い人におすすめの対策を紹介してきました。

しかし

「今すぐに髪を伸ばしたい」
「じっくり時間をかけて正常に戻していられない」

という方もいらっしゃるでしょう。

そんな方に紹介したいウルトラCはかつら・ウィッグの利用です。

「え、かつらにはちょっと抵抗が...」「バレてしまいそうで心配」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、最近のかつら・ウィッグは技術が発達していて、見ただけでは判別できないものが多いんですよ。

最近では、有名どころの「アデランス」や「アートネーチャー」などで、無料体験も実施中とのこと。

今すぐにでも髪の毛を伸ばさなければいけない...!という方は、ぜひ一度相談に行ってみてはいかがでしょうか?

ここまで、の伸びが遅いことについてのメカニズムから対策方法まで紹介してきました。

大切なのは、「髪の伸びについて正しい知識を持って自分に合った方法を実践すること」。

ご自身の状況に合わせた、髪の毛を正常に健やかに伸ばすための対策方法を実親してくださいね!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。