目次

  1. 金髪に関する予備知識がないオッサンたち、金髪にする方法に驚く
  2. 憧れの金髪に気持ちが高ぶるオッサンたち
  3. 髪の色を変えたら、ちょっとオシャレなオッサンになれた
  4. 人生初の金髪にしてみた直後の、率直な感想
  5. 明日から、日々の生活がちょっと変わるかも知れない
この記事を書いたのは…

 中山 順司
 経営ハッカー編集長、サイクルガジェット編集長

 1971年生まれ。Covenant大学卒業。娘を愛し自転車を愛する四十路の父さん。ヘアラボで編集勉強会実施中。主な著書に『お父さんがキモい理由を説明するね』など。

みなさん、こんにちは。

40代後半のオッサン二人が「人生で1回くらい金髪にしてみたいよね」「やってみたらちょっと人生前向きになれるかもね」ってことから実際に金髪に挑戦する企画の続編です。

前回の記事はこちら。


筆者(中山)もヘアラボ編集部の石川さんも金髪童貞でして、やるって決意したはいいものの、すぐさま行動には移せません。

ノープランで美容室に行って大丈夫なのかもわからないし、なにかしら準備も必要かもしれないじゃないですか。

前回で「金髪にするぞ!」と盛り上がった二人は、さっそく予約した美容室にやってきました。 さっそくとか書いてますが、この日を迎えるまでにじつは2週間の執行猶予期間を設けてあるんですけどね…。

理由? 怖いからですよ。きまってるじゃないですか。前日の晩なんて、ろくに眠れませんでしたよ。

で、決行日は金曜。

金髪にした翌日にいきなり通勤電車に乗って出社するのは、いくらなんでもこっちの心の準備が整いませんからね。

土日でまずは家族の失笑に慣れておき、月曜からの出社に照準を合わせてメンタルを整えようという算段です。

ご協力いただいたのは、原宿にある美容室「GOAT原宿」さん

「GOAT原宿」さん

原宿駅から徒歩1分!アクセスがすごくいいです。

さっそくお店に入り、出迎えていただいた店長の秋山さんと金髪について相談します。

ちなみに秋山店長は30歳ほど。脂の乗り切った美容師さん、という感じです。

おしゃれな店構えに怖じ気付きつつ、入っていく二人。

中山
中山

さっそくですが、二人とも金髪にしたいと思ってまして。

店長
店長

わかりました。ではまず、ブリーチから始めるのが一般的な手順なんですが…。

中山
中山

すみません……そもそもブリーチって何ですか?

石川
石川

金髪って、金色のカラー剤で染めるんですよね? ドバっと塗って…。

店長
店長

(なんも知らないな、この二人)……いえ、そんな単純な話ではないです。

二人のオッサンは、髪を金髪にする手順について知識ゼロ。

店長
店長

ブリーチは脱色のことです。 実は、髪を金色にする手順は2段階あります。まず髪をブリーチして色を抜きます。これで髪が黄色になります。人によってはオレンジ色、金色になります。

中山
中山

え、最初に色を抜くの?

店長
店長

ええ、黒髪をいきなり金色に染めることはできないんです。で、色を抜いてから好きな色に染めます。抜く→染める、の2段階です

石川
石川

Tシャツの色を抜いて自分の好きな色に染め直すような感じ? それと同じことを、自分の髪でやるんですか。

店長
店長

そういうことです。

秋山店長から金髪の工程について説明を受ける。

石川
石川

ブリーチで色を抜くだけで金色になるってことなら、その時点で目的達成してません? 染める必要はないんじゃないですか?

中山
中山

確かに。ブリーチだけで金髪になれるなら、もうそれでいいですよね?

店長
店長

そう考える人は実は少なくなくって、お金に余裕がない高校生はブリーチだけで済ませることも多いですね。

中山
中山

つまり、ブリーチだけでもOKだ、と。

店長
店長

いやいや、ブリーチだけだとドギツイ感じになりがちなんです。高校生ならいいでしょうが、大人の方にはあまりおすすめしません。

石川
石川

なるほど、そうなんですか。じゃあ、ブリーチした後の髪の色を見てから染めるかどうか考えることにします。

店長
店長

そうですね、それがいいと思います。 ちなみに、ブリーチしてどの程度色が抜けるか、どんな色になるかは、人によります。実際にブリーチしてみないと分からないんですよ。明るい髪色にしたい人で色が抜けにくいときは、二度も三度もブリーチすることがありますね。そうやって色を抜いた上で、好みの色を入れていくことになります。

石川
石川

思っていたより大変なんですねぇ…。

店長
店長

他にも、金髪にするにあたって抑えておくべきポイントはいつかあります。

<金髪にする際のポイント>

  • 白髪染めで染めている毛は、色を抜くことができない。

  • 金髪化にかかる費用は、ブリーチ代+カラー代で15,000円前後(中年男性の一般的な髪の量で、ブリーチ1回の場合)

  • 金髪化に要する時間は3時間くらいみておくといい

石川
石川

私、実はちょっと前まで白髪を黒く染めていたので、まだ髪に色が残ってると思うんです。そこが金髪にならないのって、ちょっと不安かもしれない。

店長
店長

そこは大丈夫です。私もプロなので、最終的にはキレイに仕上げます

中山
中山

さすが店長さん、かっこいいなー。

店長
店長

ありがとうございます(笑)。あ、そうだ。ひとつお伝えしなければならないことがありまして…。金髪にする際、頭皮に痛みを感じるかもしれません。これは人によるんですが。

中山
中山

え、そうなんですか?

店長
店長

ブリーチは結構強い液剤なんで、痛いとおっしゃるお客さんはときどきいらっしゃいますね。

中山
中山

ほぉ…。(ドキドキ)

店長
店長

カラー剤も、頭がジンジンするという人は多いですね。実際私はこれまで何度もブリーチやカラーをしましたが、正直に言うと毎回痛いです。

石川
石川

慣れているはずの店長さんですら?

店長
店長

私の場合は、です。これは本当に人による、としかいえないですね。

中山
中山

ちょっとドキドキしますが…金髪にしたいので頑張ります!

石川
石川

私も頑張ります!

ここで、金髪にする前の二人の姿をご覧ください。

石川さんは白髪交じり。中山はフサフサの黒髪です。

はたしてどんな髪色になるのでしょうか?

まずはブリーチから開始です。

石川さんに店長さんが、中山にスタッフさんがそれぞれピッタリと張りつき、二人の髪にブリーチ剤を隙間なく塗っていきます。

小さなシャンプーハット状のモノで耳を覆います。

髪にたっぷりとブリーチ剤を塗っていきます。

店長
店長

お二人とも、痛くはありませんか?

石川
石川

なんだかシクシクと滲(し)みてきました。

中山
中山

僕はまったく滲みません。ぜんぜん平気だな。

店長
店長

それは羨ましい。中山さんはブリーチ剤に対して強いタイプなんでしょう。

10分ほど経過。色がどんどん変わっていく…!? 

変わっていく!

店長
店長

結構色が抜けてきましたよ。石川さんはかなり抜けそうですね。

石川
石川

変色しているの、鏡を見ていても分かります。なんだかテンションが上がってきましたよ!

店長
店長

中山さんも色落ちは充分ですね。ラップを巻いて30分放置して、色が抜けるのを待ちましょう。その後、ブリーチ剤を洗い流しますので。

雑誌を読んだりスマホをチェックして時間をやり過ごし…

ブリーチ剤を洗い流す!

店長
店長

はい、色が抜けました!

石川
石川

おお!

中山
中山

すでになんだか格好いい!

憧れた金髪にテンション爆上げ。少年のような笑顔になる二人

中山
中山

もうこれで完成でいいんじゃないですか? 十分すぎるくらい金髪だと思いますよ。

石川
石川

私もこれでいいや。イメージしていた金髪はこんな感じです。じゃ、帰りますか…。

店長
店長

いやいやいや、これだけだとかなりキツいと思いますよ…。

石川
石川

(言われてみれば……たしかに中山さんはキンキンだな)

中山
中山

(石川さん、白髪染めで黒くした部分がマダラになっとる…)

石川
石川

初見ではやったー!完成だっ!って思ったんですけど、なんていうか…プロレスラーっぽくありません?

中山
中山

僕もそれ思った…。高山善廣(たかやまよしひろ)選手を彷彿(ほうふつ)とさせるかんじ。

石川
石川

高山選手って…?

中山
中山

え、知らないんですか!? 2002年のPRIDE21で、ドン・フライと互いのパンチを避けずにボコボコに殴り合う壮絶な戦いを繰り広げた、あの高山善廣ですよ。最終的にマウントパンチからのTKOで負けてしまいましたが、あの感動は15年たった今でも忘れません。

石川
石川

完全に思い出した。

店長
店長

中山さん、いい例を出していただきました。そうなんですよ、ドギツイ感じになるってのは高山選手みたいになるということなんです。

中山
中山

うーーーん、たしかにここまで明るすぎる金髪だとちょっと気後れしそう…。

店長
店長

どうされます? きれいな色を入れて、もっとオシャレにしてみませんか?

石川
石川

ぜひお願いしますっ!

店長
店長

いまの髪の色やお二人の髪型、お顔立ちからすると…。石川さんは、銀色っぽくしてみたらどうでしょう? ジャニーズの手越くんのような…。

ジャニーズさんなのでこのような画像で申し訳ありません…。

石川
石川

いいですね〜。モテそうな気がしますよ。

店長
店長

中山さんは、すこし赤紫を入れて大人っぽくすると格好いいと思います。

中山
中山

赤と紫?

こういうこと?

店長
店長

いえ、大人っぽく、落ち着いた色です。任せてください。

中山
中山

もう、気分はまな板の上の鯉なので完全におまかせします。(ドキドキ)

店長
店長

痛くはありませんか?

石川
石川

カラーもジンジンと来ますね。

中山
中山

僕はカラーもまったく痛くない。

石川
石川

羨ましいな~。(って、中山さんの髪、大阪のおばちゃんみたいになってる!)

紫キャベツ?

石川
石川

(でも、おもしろいから放っておこう…)

店長
店長

では、30分ほど待って色を定着させましょう。その後は流して整えていきますね。

互いの髪色を確認するオッサン二人

ジャー(カラー剤を洗い流す音)

丁寧にカラー剤を洗い流していただいた後、髪を乾かしながら整えてもらう二人。

一体、どんな髪色で仕上がったのでしょう?

店長
店長

おお、石川さん、いい色ですね! 白髪染めで黒くなっていた部分もうまくグラデーションになって、いい感じです!

石川
石川

たしかに! これは自分史上、いちばんイケてるかも知れない。

手越くんっぽい髪色です

石川
石川

(中山さんは? 大阪のおばちゃんになったのかな?)

店長
店長

中山さんも落ち着いた、かなりいい感じになりましたね。

シックな大人感を演出する落ち着いたブロンズヘアになりました

中山
中山

いや〜、これもいいですね。

石川
石川

私、中山さんの髪がキツい赤紫色になるんじゃないかと心配していました。その色ツヤ、高級感すらありますよ。

店長
店長

ホント、いい色だと思います。

黒髪の頃と仕上がりの髪色を比較してみましょう。

仕上がり後のオシャレさは一目瞭然ではないでしょうか。

年齢も若返って、二人とも40代前半だと言っても通用する気がします。

石川
石川

店長さん、ありがとうございました。期待をかなり上回ってます!

店長
店長

ありがとうございます!

中山
中山

改めて思うんですが、金色になった段階で『終わり!』にしなくて良かったですね。

これが…

こうなりました

石川
石川

まったくです…。ブリーチして金髪になったときは『めちゃくちゃいいじゃん!』と思いましたが、冷静に比較するとこっちの髪の色のほうがオシャレ感が半端ない

店長
店長

そうなんです。金色だけだと、ちょっと荒いというか、色が強いんですよね。こうやってそれぞれに合わせた色を入れると、格段に上品で格好良くなります。

中山
中山

よく分かります。

石川
石川

これなら怖い人に因縁を付けられるようなことはなさそうなので、ホッとしてもいます。

中山
中山

むしろ、家族も喜んでくれそうですね。お父さん、かっこよくなったじゃんって。

石川
石川

あ、実は私、金髪にすることを家族に伝えてないんですよね…。

中山
中山

サプライズで驚かせる感じですか? 僕は家族にもう伝えていて、どんな風になるのか、嫁も子供も楽しみにしています。

石川
石川

ほんわかした家族の話もいいですが、中山さん、なんだか我々モテそうな気がしません?

中山
中山

あんたそればっかりだな(笑)

思わずガッツポーズ

中山
中山

やってみて思ったんですが…なんかこう、案ずるより産むが易しだったなと。昨晩なんて緊張でろくに眠れませんでしたが、こんなもんかって感があります。

石川
石川

私は『似合わなかったらどうしよう』という不安はかなり大きかったです。でも、店長さんに上手に仕上げていただいて。鏡を見ると気分がいいですね。

中山
中山

僕は似合う似合わないではなく、周囲の反応が怖かった。後ろ指を刺されるんじゃないか的な。年甲斐もなくやんちゃしてバーカ、みたいな。まあ、まだ誰にも見せてはいないんですが…。

石川
石川

それは私も持ってます。家族や近所の人に何を言われるか、実はまだ心配です…。

中山
中山

今日が金曜日で本当に良かった。この頭で明日出社しろって言われたら、緊張でおかしくなってたかもしれない。

石川
石川

土日に家で心の準備ができますよね。

中山
中山

なんだかんだ言って、ビビっているんですね、我々は…(笑)

石川
石川

この気持ち、なんでしょう。不安と、イケてる髪になったうれしさのせめぎ合い。この歳で高校生のようにドキドキするなんて思ってもいませんでした。

中山
中山

新鮮な気持ちで週末を過ごせますね!

互いの髪の色に興奮してはしゃぐオッサン二人ですが、最後に店長さんから注意がありました。

店長
店長

この髪色ですが、髪を洗うたびに色が徐々に落ちていきます

石川
石川

なんと!

中山
中山

落ちていくと言うことは、だんだんプロレスラー風の金色になっていくってこと?

店長
店長

そうです。もちろん、ブリーチ直後のようなキンキンの金色に戻ることはないですが、金色に近づくのは確かです。

中山
中山

そうなんですか。でも、色の変化を徐々に楽しめるなら、それも面白いかも知れないですね。

石川
石川

確かに。そもそも金色にしたかったわけだし、上品なトーンを保ちつつ金髪になるのもアリだと思います。

店長
店長

明日は朝起きて鏡を見たら、『誰だ!?』ってビックリするかも知れません。髪色を変えた生活をぜひ楽しんでください。

石川
石川

わかりました!

中山
中山

精一杯楽しみます!

19時にお店に入り、すべてが終わったのは22時近く。

髪色ひとつでオシャレに生まれ変わった二人のオッサンは、「明日から、なにかが変わる気がする」という希望を胸に原宿の街への消えていったのでした。

<次号予告>   髪の色が突然変わったオッサン二人を、家族の遠慮ないコメントが襲う…。
髪の色が派手なオッサンは、通勤電車で回りからどんな反応をされるのか。
会社で怒られることはないのか?
次回は期待と不安の「金髪にして2週間が経った」編をお届けします!