目次

  1. 日本初のまつ毛貧毛症治療薬「グラッシュビスタ」
  2. まつ毛の育毛剤「グラッシュビスタ」ってどんな薬?
  3. まつ毛貧毛症ってどんな病気?
  4. まつ毛の育毛剤「グラッシュビスタ」の効果
  5. まつ毛の育毛剤「グラッシュビスタ」の副作用
  6. まつ毛の育毛剤「グラッシュビスタ」はどうしたら使えるの?
  7. まつ毛の育毛剤「グラッシュビスタ」は正しく使おう

「グラッシュビスタ」というまつ毛の育毛剤を聞いたことがありますか?

医薬品として承認を受けているという育毛剤のグラッシュビスタ、まずはどんな薬なのか、そして承認薬にはどんなメリットがあるのかについて、お話ししていきましょう。

日本で唯一の承認薬

まつ毛は、メイクをする上でも気になるパーツのひとつ。長さや量など、より魅力的にするために、まつ毛専用の美容液や育毛剤を使っているという方も多いのではないかと思います。

まつ毛の美容液や育毛剤というと、市販のものをイメージしていませんか?実は、日本で唯一、薬品として承認されたまつ毛の育毛剤があるのです。それが、日本初のまつ毛貧毛症治療薬「グラッシュビスタ」です。

2009年にアメリカで承認されて以来、世界23カ国でたくさんの人に使われている、グラッシュビスタ。日本では2014年9月から、治療に使用できるようになりました。

承認薬であることのメリット

医薬品として承認されるためには、実際に効果があるかどうかを確かめる「臨床試験」をしなくてはなりません。まつ毛の育毛剤であるグラッシュビスタももちろん、臨床試験をした上で、医薬品としての承認を受けています。

グラッシュビスタに含まれる成分は、ビマトプロスト(Prostaglandin F2α誘導体)というもの。この成分が、まつ毛の長さや太さ、濃さを改善する効果があることが、臨床試験できちんと確認されています。

また、承認を受けた医薬品は、医薬品副作用被害救済制度や製造物責任法の対象となります。万が一、なんらかの健康被害を受けた際には、救済給付を受けられるのです。

グラッシュビスタは、まつ毛貧毛症の治療薬として承認を受けた育毛剤です。この「まつ毛貧毛症」とは、どのような病気なのでしょうか?

まつ毛貧毛症とは、その名の通り、まつ毛が不足していたり、不十分な状態のこと。まわりの人と比べてまつ毛が少なかったり、短かったりするのが気になる方は。もしかしたらこの病気であるかもしれません。(参照1)

まつ毛貧毛症になる原因はいろいろあります。例えば、普段のメイクやケアで蓄積したダメージや、年齢の影響、皮膚の病気薬の副作用などが考えられます。


参照1:まつ毛クリニック.com


グラッシュビスタの効果って?
グラッシュビスタの効果って?

まつ毛の育毛剤グラッシュビスタは、承認を受けるための臨床試験で、まつ毛貧毛症に効果があることがしっかりと確認されています。

具体的にどのような効果があったのか、ご説明していきましょう。

グラッシュビスタはどんな効果が期待できる?

日本で行われた臨床試験では、「特発性睫毛貧毛症」と「がん化学療法による睫毛貧毛症」と診断された方に4か月使用されました。

日本人での臨床試験において、特発性睫毛貧毛症及びがん化学療法による睫毛貧毛症の成人患者にこの薬を4ヵ月間使用した結果、それぞれの患者において、評価スケール(GEA-J)*で1段階以上の改善が77.3%(68/88例)、及び88.9%(16/18例)の割合で認められました。

*日本人用画像数値化ガイド付き総合的まつ毛評価スケール:標準写真を参考に、医師が患者の上まつ毛の全般的な印象を4段階(1「低い」、2「普通」、 3「高い」、4「著しく高い」)で評価する基準

グラッシュビスタの効果|Glash|アラガン・ジャパン

臨床試験の結果、4か月の使用で、まつ毛の長さ・太さ・濃さのいずれについても改善が認められたそう。効果だけでなく、実際に使った方の満足度も高かったという結果も出ています。

グラッシュビスタを使った人の口コミ

まつ毛の育毛剤グラッシュビスタを実際に使った人は、どんな効果を感じているのでしょうか。口コミをご紹介していきましょう。

まつ毛の育毛剤グラッシュビスタを使い始めて、まつ毛が濃くなった長くなったという方の声が多く見られます。グラッシュビスタのおかげでマツエクをしなくても良くなった、という人もいます。

しかし中には、値段は10,000円前後と高額なために、手を出しにくいという声も。ただ、マツエクをしている人にとっては、マツエクのメンテナンスにかかる値段を考えるとあまり変わらないようです。

グラッシュビスタに副作用はあるの?
グラッシュビスタに副作用はあるの?

医薬品として承認を受けている、まつ毛の育毛剤グラッシュビスタ。効果が認められている反面で、副作用もあります。

グラッシュビスタの副作用って?

グラッシュビスタの主な副作用は、以下の通りです。

  • 黒目(虹彩)が濃くなる
  • まぶたがくぼむ
  • メラニンの増加でまぶたが黒ずむ
  • まぶたや目のかゆみ
  • 目の痛み、目がしみる

こういった副作用が発生する可能性があるため、使用時には気をつけなくてはなりません。万が一、使用中に副作用のような症状や不快感がみられた場合、ただちに病院で診察を受けてください。

また、妊娠中、あるいは妊娠している可能性のある人は使用を避けるように、製薬会社から注意が出ています。

グラッシュビスタの副作用に関する口コミ

まつ毛の育毛剤グラッシュビスタを使って、実際に副作用を感じた人はいるのでしょうか。副作用に関する口コミをご紹介していきましょう。

効果だけでなく、赤みや目のくぼみなどの副作用を感じた人もいるようです。中には、グラッシュビスタを使ってみたいけれど、副作用が一歩踏み出せないという人も。

副作用の現れ方は人それぞれですし、正しい使い方をすれば防げる場合もあります。万が一副作用を感じた場合は、早めに医師に見てもらいましょう。

グラッシュビスタは病院で処方してもらおう
グラッシュビスタは病院で処方してもらおう

まつ毛の育毛剤グラッシュビスタは医療用医薬品なので、病院を受診して、医師の処方を受ける必要があります。

病院では、まずは医師の診察を受けます。グラッシュビスタは、発毛できる毛包がないと、使っても効果がありません。ですので毛包の有無を確認したり、ほかに何か原因となる病気がないかを検査してもらうのです。

診察を受けて使っても良いと判断された場合、グラッシュビスタを処方してもらえます。それと合わせて、生活習慣やまつ毛ケアのアドバイスがされることもありますので、ぜひ参考にしましょう。

グラッシュビスタを取り扱っている病院は、皮膚科や眼科、美容外科など。グラッシュビスタの処方は保険適用外になりますので、自由診療となります。値段は1万円前後〜1万数千円で取り扱っているところが多いようです。

医療用医薬品として認められているまつ毛の育毛剤、グラッシュビスタの効果と副作用をみてきました。

医薬品として承認されている分、効果が期待できますが副作用ももちろんあります。何度も言いますが、副作用が出たかもしれないと感じたときは、すぐに医師に診てもらうことも大切です。

グラッシュビスタは、医師の診察をきちんと受けて正しい方法で使用するようにしましょう。