目次

  1. フィンペシアにもいろいろあるって知ってる?
  2. そもそもキノリンイエローフリーのフィンペシアって何?
  3. キノリンイエローフリーのフィンペシアの効果
  4. 【要注意】副作用はあるの?
  5. 具体的な入手方法とは?
  6. キノリンイエローフリーのフィンペシアを使用される際は、自己責任で!

発毛剤「プロペシア」のインド製ジェネリック医薬品、コピー医薬品として知られるフィンペシア

抜け毛が気になって発毛剤の服用を考えてる方はよくご存じかもしません。

しかしフィンペシアには、比較的最近まで危険と言われていた添加物が含まれていたことも知られています。

その添加物とは、キノリンイエロー

このキノリンイエローには微量のタール色素が含まれていることから、健康に害があるのではと不安視されていた物質です。

現在のフィンペシアはキノリンイエローを含まないものになっていますが、果たして大丈夫なのでしょうか?

また、そもそもキノリンイエローは危険なのか?

この記事では、そんな疑問に答えていきます。

また、フィンペシアの効果から副作用までをすべて解説するので、フィンペシアにご興味がある方は是非参考になさってくださいね。

キノリンイエローフリーのフィンペシアについて説明する前に、まずは『キノリンイエロー』についてご紹介しましょう。

キノリンイエローとは、タール色素に分類される添加物の一種

日本では化粧品への使用は認められていますが、食品への添加は安全性が完全に認められないとの理由から禁止されています。

そんな成分が含まれていることから、健康に害があるのではと不安視する声が多かったフィンペシアですが、現在売られているものにはキノリンイエローは含まれていません

キノリンイエローフリーのフィンペシアは、原則としてフィンペシアと同じ発毛効果があると考えられます。

フィンペシアと同様に、主成分としてフィナステリドが含まれています。

フィナステリドには、AGA(男性型脱毛症)の原因と言われる脱毛ホルモン『DHT(ジヒドロテストステロン)』を作り出す酵素『Ⅱ型5αリダクターゼ』の働きを抑える効果があります。

そのため、服用によって頭皮環境を整えて抜け毛の減少が期待できるというわけです。

もっとも気をつけなければならないのは、副作用があることです。

そもそも「プロペシア」自体に副作用があるのですが、そのジェネリック医薬品であるフィンペシアに副作用があるのは当然といえます。

フィンペシアの副作用の主な症状としては、性欲減退や男性機能障害など。

もちろん個人差がありますので、副作用が出ない方もいらっしゃいますが、副作用のリスクがあることは考えておきましょう。

また、プロペシアで忘れてはならないのが、「女性は触れることもNG」という点。

特に妊娠中の女性の場合、間違って服用すると胎児に奇形が生じる可能性があります。

フィンペシアでもこの点は同じなので、取り扱いには充分注意する必要があります。

副作用が出ても保証の対象外である

副作用に関しては、もう一つ大きな問題があります。

キノリンイエローの有無を問わず、フィンペシアは日本国内では臨床試験も行わられていない、未承認の医薬品

海外では薬として認められていても、日本の厚生労働省の認可を受けていない商品ですから、服用はいわば自己責任となります。

国内で認められている医薬品を服用して副作用に見舞われた場合、『医薬品副作用被害救済制度(注1)』の対象となり、医療費等の給付を受けることができます。

しかしフィンペシアのような未承認の医薬品の場合は、副作用があったとしても制度の対象外になってしまうのです。

キノリンイエローフリーのフィンペシアは日本では未承認の医薬品です。

医薬品として認められていないので薬局では販売できませんしクリニック病院などでも基本的に取り扱いがありません。

そのため入手する方法としては個人輸入という形になります。

個人輸入については、類似品粗悪品が流通していることも珍しくないので、ヘアラボでは個人輸入を推奨いたしません

個人輸入のフィンペシアを服用するよりも、フィナステリドを含むプロペシアなど、国内で認可を受けている発毛剤をクリニックで処方してもらい、服用したほうがいいでしょう。

フィンペシアを使用される際は、あくまでも自己責任でお願いいたします。

この記事では、キノリンイエローフリーのフィンペシアについて解説いたしました。

キノリンイエローフリーであるかどうかかかわらず、フィンペシアの服用を検討されている方は、認可を受けていない薬である点=効果が認められていない点と、自らの体へのリスクを考慮した上でご判断ください。

あくまでもヘアラボとしては、プロペシアやその他の認可済み正規ジェネリック医薬品(ファイザーやサワイなどから発売されています)といった、国内で認可を受けているフィナステリド配合の発毛薬の服用をおすすめします。

本記事が皆さまのお役に立てば幸いです。

参考文献
[1] 医薬品医療機器総合機構 , 医薬品副作用被害救済制度に関する業務 , https://www.pmda.go.jp/relief-services/adr-sufferers/0001.html、(最終検索日2018年3月19日)