目次

  1. フィンペシアは1日に何錠飲むべき…?
  2. そもそもフィンペシアってどんな薬?
  3. フィンペシアは1日2錠飲んではだめ!適切な服用量は?
  4. フィンペシアには1日の服用量以外にも注意が…
  5. 1日2錠の服用はNG!フィンペシアは正しく服用しよう

薄毛に効果的とされる医薬品、フィンペシア。

有名なプロペシアと同じ有効成分を含むことで、服用している方も多いはず。

しかし、中にはフィンペシアの効果を高めたいからと1日2錠服用しているという方や、1日に2錠服用すると良いという情報も…。

果たして、これは本当なのでしょうか?
また、フィンペシアは1日何錠飲むのが適切と言えるのでしょうか?

今回は、こうした疑問を解決すべく、フィンペシアの服用量について調査しました。

体にとって重要なことなので、現在フィンペシアを服用している方も、服用を検討している方も、最後までチェックしてくださいね。

プロペシアは、インドのシプラ社が製造・販売する医薬品。

AGA治療薬として有名なプロペシアと同じ、フィナステリドを有効成分としています。

一般的には、プロペシアのジェネリック医薬品として扱われることもありますが、厳密にはジェネリック医薬品ではなくコピー商品となります。

また、プロペシアは国内でAGAへの効果が認められていますが、フィンペシアは国内では未承認

効果や副作用についても厳密にはわかっていません。

しかし、一般的にどのような 効果が期待できるとされており、どのような副作用の可能性が考えられるのでしょうか?

フィンペシアの効果

フィンペシアの効果は、有効成分であるフィナステリドによるもので、AGA(男性型脱毛症)の進行を遅らせる効果があるとされています。

AGAというのは、強力な男性ホルモンDHTが、髪の成長周期を乱すことで、抜け毛・薄毛が起こる現象。

フィナステリドにはDHTの生成を抑える作用があるとされています。

そのため、AGAを引き起こす原因のDHTが減り、薄毛の進行を遅らせることができるのです。

フィンペシアの副作用

フィンペシアは薄毛への効果が期待できる一方、副作用への注意が必要です。

フィンペシア(フィナステリド)の副作用として考えられる症状がこちら。

  • 蕁麻疹、発疹などの過敏症
  • 睾丸痛、男性不妊、勃起不全などの生殖器への影響
  • 性欲減退
  • 肝臓への影響
  • その他、抑うつ症、めまい、乳房圧痛など

こちらはフィナステリドに考えられる副作用の一部です。

しかし、フィンペシアは国内未承認の医薬品であり、これら以外の副作用が起こる可能性もゼロではありません。

フィンペシアの服用で少しでも異変を感じた際は、すぐに使用を中止し、医師に相談しましょう。

AGAへの効果が期待できるフィンペシアですが、1日2錠の服用はNGです。

フィンペシアの有効成分フィナステリドは、AGAの治療に用いる際、1日の上限摂取量が1mgまでと決められています。

それ以上服用しても、効果が高まるということはなく、副作用のリスクが高まるのが理由。

フィンペシアは1錠あたりのフィナステリドの含有量が、1mgとなっています。

つまり、2錠以上飲むとフィナステリドの過剰摂取になってしまうのです。

フィンペシアを服用する際は、必ず1日1錠までにとどめましょう。

フィンペシアは、1日の服用量以外にも、いくつか注意が必要です。

これを知らずに服用すると、健康被害やひどい副作用に繋がる可能性があるので、しっかりチェックしてくださいね。

20歳以上の男性しか服用できない

フィンペシアの服用は、20歳以上の男性に限られています。

フィンペシアの有効成分フィナステリドは、未成年者や女性への有効性が確認されていないだけでなく、安全性も確認されていません。

そのため、未成年・女性が服用することで健康被害に繋がる可能性が考えられます。

これはフィンペシアに限ったことではなく、フィナステリドを含む医薬品に共通して言えること。

未成年・女性は服用しないよう注意しましょう。

未成年の子供や女性(特に妊婦など)は取り扱いにも注意が必要

未成年の人や女性の場合は、服用だけでなく取り扱いにも注意すべき点があります。

プロペシアやフィンペシアの主成分であるフィナステリドは、その成分が直接皮膚に触れると、体内に吸収されてしまうという性質があります。

特に妊娠中・授乳中の女性の場合、胎児や乳児の生殖器に影響が出る危険性も。

フィンペシアに触れないだけでなく、妊娠中・授乳中の女性や子供がいる場合、錠剤を割って使用することも避けてください。

錠剤を割って飛び散った粉末に、女性や子供が触れてしまう可能性がありますからね。

購入の方法にも注意が必要

フィンペシアは、購入にも注意が必要です。

購入方法としては、フィンペシアの取り扱いがあるクリニックで処方してもらうか、個人輸入で海外から取り寄せる方法があります。

しかし、国内で未承認ということもあり、取り扱っているクリニックはさほど多くありません。

また、安く購入したいという理由から、個人輸入を利用する人もいます。

ただし個人輸入には、偽造品が流通している危険性や、副作用が起きた場合に救済制度の対象にならない可能性などのリスクがあります。

こうしたことから、ヘアラボでは個人輸入により医薬品の購入はおすすめしていません

もし、どうしてもフィンペシアを服用したい場合は、取り扱いがあるクリニックを探して処方してもらいましょう。

また、フィナステリドを含むAGA治療薬を使用したい場合は、正規のプロペシアや国内製のプロペシアのジェネリック医薬品を処方しているクリニックを探してくださいね。

正規のプロペシアや国内製のプロペシアのジェネリック医薬品なら、多くのクリニックで扱っているので、探すのも簡単です。

個人輸入について、詳しくはヘアラボポリシーをご覧ください。

フィンペシアの服用は1日1錠まで

2錠以上の服用は、フィナステリドの過剰摂取となり、副作用のリスクが高まります。

また、フィンペシアには服用量以外の注意点もいくつかあります。

  • 未成年・女性の服用は禁止
  • 未成年・女性は取り扱いにも注意
  • 購入方法に注意が必要

フィンペシアを使用したい場合は、必ず医師に相談することをおすすめします。

さらにフィンペシアにこだわらなければ、同じ有効成分で国内でAGAへの効果が認められているプロペシアがあります。

できる限りリスクを減らして薄毛治療を行うためには、国内で効果が認められた医薬品を、クリニックで処方してもらいましょう。