目次

  1. 安価で手に入るAGA治療薬のジェネリック、フィナロとは?
  2. フィナロってどんな薬?効果は?
  3. 【注意点】フィナロを服用する前に
  4. 認可された治療薬を使いたい方は
  5. AGA薬はより安全なものを選びましょう

AGA(男性型脱毛症)の治療薬、フィナロ

プロペシアのジェネリック医薬品(注1)として登場したフィナロですが、その魅力は何といっても費用の安さですよね。

「プロペシアは高くて厳しいけど、フィナロなら続けられそう」という方もいるのでは?

ですが、医薬品ということもあり、費用だけでなく、効果や副作用も気になるところ

本記事では、フィナロとはどんな薬なのか、その効果や副作用リスクについて説明していきます。

注1:先発医薬品の特許期間(20〜25年間)終了後に発売されるもので、同じ成分、同じ効き目の薬のこと。ジェネリック医薬品は、先発医薬品と成分や効き目が基本的に同じ。

まずはフィナロがどのような薬なのかについて、

  • フィナロの基本情報
  • フィナロの効果

の2点で確認しましょう。

フィナロの基本情報

フィナロ基本情報は以下の通り。

  • 製薬会社
    :インタス社(インド)
  • 有効成分
    :フィナステリド
  • 効果
    :AGAの進行遅延
  • 費用
    :約40円/1錠

フィナロはAGA治療薬の一つ。

先発のAGA治療薬「プロペシア」のジェネリック医薬品として登場しました。

有効成分のフィナステリドには、AGAによる薄毛の進行遅延効果が認められています。

ただし、フィナロは医師からの処方が必要な医療用医薬品でありながら、日本では厚生労働省の認可が下りていない未承認医薬品です。

フィナロの効果

フィナロの有効成分フィナステリドには、AGAの進行遅延の効果が認められています。

詳しく説明すると…

AGAは、男性ホルモンの一つであるDHT(ジヒドロテストステロン)、別名『脱毛ホルモン』が、髪の成長サイクル(注2)を乱すことで引き起こされます。

このDHTは、同じく男性ホルモンのテストステロンと、5αリダクターゼという酵素が結合することで生まれる物質。

フィナステリドに認められているのは、この5αリダクターゼの働きを抑える効果です。

それによって、DHTが生まれるのを防ぎ、AGAの進行を遅延させることができるのですね。

注2:髪は生まれては抜ける、この流れを繰り返して生え変わっている。これをヘアサイクルと呼ぶ。別名、毛周期(もうしゅうき)。

ここまでを読んで、「安いから、やっぱりフィナロを服用したい」という人もいるでしょう。

しかし、フィナロを服用する前に、知っておいてほしいことがあと二点あります。

  • 副作用のリスク
  • 購入方法

順番に説明していきます。

副作用

フィナロの有効成分であるフィナステリドには、次のような副作用があります。

  • 性欲減退
  • 勃起不全
  • 抑うつ・めまい
  • じんましん、かゆみ、むくみ
  • 肝機能障害
  • 乳房肥大・圧痛

これらの副作用が現れた場合は、すぐに医師に相談し休薬などの処置を取りましょう。

ただし、フィナロは未承認医薬品のため、副作用被害救済制度(注3)の対象外になる点は理解しておいてください。

また、フィナステリドの効果が認められているのは成人男性のみ。

女性や未成年の方が服用した際の安全性は認められておりませんので、絶対に使用しないようにしてください。

注3:医薬品を使用して健康被害を被った際に、副作用の救済給付を請求できる制度。詳しく気になる方は、独立行政法人 医薬品医療機器総合機構のHPをご確認ください。

購入方法

フィナロを購入する場合、以下の2つの方法が考えられます。

  • 医師からの処方
  • 個人輸入

フィナロは医療用医薬品であるため、原則として医師からの処方がなければ購入できません。

しかし、例外的に個人輸入で海外から医薬品を取り寄せるという方法も、個人の使用の範囲内であれば合法です。

安価で手軽なため、利用している方も多いのではないでしょうか?

ですが、個人輸入には偽造品の流通という問題も。

偽造品には効果が期待できないばかりか、予期せぬ健康被害が現れるリスクもあります。

そのためヘアラボのポリシーにより、個人輸入は推奨しておりません。

フィナロをお求めの方は、取り扱いのある医療機関で処方してもらうようにしましょう。

先ほど説明した通り、フィナロは国内では認められていない未承認医薬品。

そのため、取り扱っている医療機関が少ない副作用の救済制度対象外になるなど、ユーザーとして気になる点がいくつかあります。

とはいえ、「プロペシアは費用も高くて厳しい…」という方もいますよね。

そんな方には、国内で認められたプロペシアのジェネリックを推奨します。

具体的には以下のメーカーによるもの。

  • ファイザー
  • サワイ
  • トーワ
  • クラシエ

これらは国の認可も下りていますし、プロペシアより安価に入手できます。
気になる方は、医師に相談の元、処方してもらってくださいね。

ここまでフィナロの効果やリスクについて説明してきました。

フィナロは他の治療薬と比較すると安いのは事実ですが、未承認医薬品のため、一定のリスクがあることも念頭に置いておきましょう。

特に個人輸入に関しては、安易に手を出して後悔する可能性も低くありません。

少しでも安全に薄毛を対策したい、という方にはプロペシア認可されたジェネリックを、医師の処方の元服用しましょう。