目次

  1. 増毛に興味があるけど…。フェルモって何?
  2. フェルモ増毛の仕組み
  3. フェルモ増毛のメリット・デメリット
  4. フェルモ増毛の費用は?
  5. フェルモ増毛まとめ

引用:フェルモ公式サイト

産後脱毛などで薄毛になった女性の思いは一つ。「早く、髪を増やしたい」

どうにかして髪を増やす方法はない?
フェルモ」という増毛があるらしいけど、どんなもの?
口コミも少ないし、誰か詳しく教えて!

そんな疑問に応え、今回は「フェルモ増毛」を詳しく解説します。

ラインアップはこちら!

フェルモ増毛は、自毛(じもう=自分の毛)1本に対し、化学繊維の毛を4〜8本結びつけ、ボリュームアップするもの。

一般的に「結毛式」と呼ばれる増毛法ですが、二重に結び付けるため外れにくく、しかも短時間で大量に増やせる、特許技術です。

普通の増毛だと専門のサロンに通わなければなりませんが、このフェルモ増毛は、全国の一般美容院で受けられるのが強み。

提携している美容院は、その数2600以上!北海道から沖縄まで網羅しています。


自毛の長さが8cm程度あれば施術可能で、人工毛は全部で27色から選択できます。

実際のフェルモ増毛の様子を紹介した30秒の動画もありますので、合わせてご覧ください。

フェルモ増毛で400本増やした場合のビフォーアフター

続いては、フェルモ増毛のメリットとデメリットに迫ります!

メリット

1つ目は、「短時間で髪がボリュームアップできる」。

フェルモ増毛は1か所約30秒で結ぶことができるので、200~280本の施術を40~60分前後で完了できます。

時間のかかる薄毛治療と違い、その日にその場で髪が増やせます。

2つ目は「普段通りの生活ができる」。

フェルモ増毛は、一度増やせば、その後自分で着脱する必要がありません。

寝るときもお風呂に入るときも、着けっぱなし。

シャンプーやスタイリングなど、自分の髪と同じように扱えます。

また、1つ1つの結び目が0.3~0.5ミリ程度なので、増毛が目立ちません。

他人の目を気にすることなく、これまでと変わらずに生活ができます

デメリット

一方で、フェルモ増毛にはデメリットもあります。

それは「定期的な交換」が必要であること。

化学繊維でできた人工毛は、時間がたつにつれ劣化し、縮れてきます。

フェルモ公式サイトによれば、もって半年。基本的には、2~3か月に1回の交換が必要になります。

一言でいえば、ランニングコストがかかるのですね。

もっとも、これはフェルモ増毛に限らず、すべての増毛に当てはまること。

《即効性に優れているが、持続性に乏しい》。増毛とは、そうしたものなのです。

実際に増毛するとなれば、気になるのは費用!

実は、フェルモ増毛の料金は一律ではなく、実施している美容院によって異なります

正確な料金は、フェルモ増毛を実施している各サロン・美容室にお問い合わせください。

1例だけご紹介すると、「美容室&まつ毛エクステ・クオーレ」ふじみ野店では、280本のフェルモ増毛を14,040円(税込)で提供しています。

これに別途、通常の自毛のカット料金などがかかり、しめて2万円前後というのが費用の目安になります。

以上、フェルモ増毛についてご紹介してまいりました。

いま一度、特徴を整理しましょう。

  • 方式
    自分の髪の毛1本に人工毛を4~8本結びつける
  • メリット
    ①短時間でボリュームアップができる
    ②普段通りの生活ができる
  • デメリット
    定期的な交換が必要 (目安は2~3か月に1回)
  • 費用
    散髪代コミで約2万円(店舗によって異なる)

薄毛でお悩みの女性は、まず一度、お近くのサロンで試されてはいかがでしょうか?