目次

  1. 受験のストレスが抜け毛の増加やハゲを招く!?
  2. 受験生が悩む〈ストレスと抜け毛の関係〉とは
  3. 【注意】受験のストレスによるハゲは“脱毛症”が原因かも
  4. 受験のストレスによる抜け毛を防ぐ〈対策方法〉
  5. 受験生のストレスはハゲを招きかねないので注意!

人生に影響する、「受験」という大舞台。

受験のプレッシャー焦りから、強いストレスを感じていませんか?

多少のストレスは日常において避けることはできません。

しかし、そのストレスが蓄積してたまると、抜け毛の増加ハゲに繋がってしまう可能性も…。

そこで今回は受験のストレスと抜け毛の増加やハゲ・薄毛の関係を調査しました!

受験勉強中に抜け毛が増えたと感じている方は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

適度なストレスなら、勉強の効率を上げたり受験に良い影響を及ぼすこともあるでしょう。

しかし、過度なストレスは勉強の効率どころか、抜け毛ハゲにも関係してきます。

ストレスが抜け毛を引き起こすメカニズムは以下の通り。

  • 1:脳がストレスを感じると交感神経(注1)が緊張し、血管が収縮

  • 2:全身の血流が悪くなり、頭皮まで十分な栄養が行き渡らなくなる

  • 3:栄養不足で髪が成長しきれず、細く弱い毛が増え、抜け落ちてしまう

このようにストレス過多による血行不良で、髪の成長に必要な栄養が不足して抜け毛の増加やハゲに繋がってしまうのです。

注1:交感神経とは、内臓や血管・消化器・汗腺などに分布する自律神経の一つ。

ストレスが血行不良を招くことで、抜け毛やハゲの原因となることがあるのは事実。

しかし、ストレスが引き起こす抜け毛・ハゲの原因はまだ他にもあります。

一つが、ストレスが自己免疫疾患を引き起こす場合。
また、ストレスが「毛を抜く」という行為につながる場合もあります。

このどちらの場合も脱毛症につながる可能性があるので、注意が必要です。

考えられる脱毛症の「円形脱毛症」と「抜毛症」それぞれについて詳しく見ていきましょう。

円形脱毛症

円形脱毛症は、「10円ハゲ」とも呼ばれている、円形に毛が抜けてしまう脱毛症です。

その特徴は、少しずつ抜け毛が増えていくのではなく、局所的に一気に抜け落ちてハゲてしまうこと。

受験勉強を頑張っていたら、ある日突然、後頭部に10円玉ほどの大きさのハゲが出てきてしまう…といったこともあるのです。

円形脱毛症の原因は、体の免疫システムが誤作動を起こす自己免疫疾患(注2)だといわれています。

その自己免疫疾患を引き起こしてしまう引き金となりうるのが、まさにストレスなのです。

注2:自己免疫疾患とは、通常は異物から体を守る防御反応を起こす免疫系が、自分自身の細胞などにまで反応し、攻撃してしまうことで症状を起こす病気のこと。

抜毛症

抜毛症は、無意識に自分の髪の毛を抜いてしまうことで起こる脱毛症のこと。

意識的であれば対処できますが、無意識の場合は上手くコントロールすることができないため、気がついたら抜け毛が増え、薄毛やハゲになってしまうのです。

その原因はまだはっきりとは分かっていませんが、一説によると、ストレスが大きく関係していると言われています。

強いストレスを感じると、体はそのストレスから逃れようとします。
そのストレス解消法が「髪の毛を抜く」という行為なのでは、と言われています。

受験勉強中は、焦りやプレシャーから極度なストレス状態になることがあります。

円形脱毛症や抜毛症に少しでも心当たりのある方は、ハゲや薄毛になってしまう前に皮膚科もしくは頭髪専門クリニックに相談してみましょう。

受験生がストレスを感じるのは仕方のないことです。

しかし、ストレスを溜め込んでしまってはよくありません。

抜け毛やハゲの原因となりうる血行不良を解消したり、健康不良によって頭皮の栄養不足を防ぐ対策方法をご紹介します!

今回おすすめする対策方法は次の5つ。

  • ① 良質な睡眠
  • ② バランスの良い食事
  • ③ 有酸素運動
  • ④ 頭皮マッサージ
  • ⑤ 育毛剤の使用

どれも受験勉強中でもできるぐらい簡単なので、抜け毛やハゲが気になる受験生は、ぜひ試してみてくださいね。

① 良質な睡眠

「朝早くから夜遅くまで勉強!」と受験勉強をしているうちに、寝不足になっていませんか?

睡眠は、健康だけでなく髪の生成や成長とも深い関係があります。

寝不足だと髪の毛の生成や成長に必要な成長ホルモンの分泌が妨げられ、抜け毛が増えたり、薄毛やハゲにつながることも。

そのため、睡眠時間の確保はもちろんのこと、良質な睡眠を心がけましょう。

良質な睡眠のために、寝る直前の飲食や飲酒、テレビや携帯などの液晶画面を見ることは避けてくださいね。

② バランスの良い食事

少しでも受験勉強をする時間を確保するために、とカップラーメンなどのインスタント食品やお菓子で食事を済ませていませんか?

しかし、インスタント食品やお菓子だけでは、摂取できる栄養が偏り、栄養不足になってしまいます。

カラダ全体の栄養が不足すると、命に関わる部分から優先的に栄養が使われていくため、髪の毛まで栄養が行き渡らなくなります。
すると、髪の毛は健康に成長できず、細く弱った状態となり抜けやすくなってしまうのです。

そうならないように、たんぱく質ビタミンミネラルなど髪の生成や成長に必要な栄養素をバランスよく取り入れるようにしましょう!

髪に必要な栄養素について、詳しくは関連記事を参考にしてくださいね。

③ 有酸素運動

受験勉強に追われて、すっかり運動不足…なんてことになっていませんか?

ストレスにからくる血行不良による抜け毛の増加やハゲ対策として、有酸素運動も有効です。

有酸素運動は、体全体の血の巡りを良くすることで、頭皮へ栄養が行き渡りやすくなります。

さらに、受験勉強の息抜きやストレス解消法としてもおすすめ。

ジョギングやウォーキング、水泳にヨガ、気分転換に有酸素運動を行ってみてはいかがでしょうか?

④ 頭皮マッサージ

頭皮マッサージは、頭皮全体に適度な刺激を与え、頭皮の血行を促進する効果が期待できます。

その結果、頭皮のすみずみまで栄養が行き渡るので、抜け毛やハゲ対策にも効果的。

さらに、受験勉強による眼精疲労もこの頭皮マッサージで解消しましょう!

受験勉強の合間にも手軽にできるため、ぜひ取り入れてみてくださいね。

頭皮マッサージの流れは次の通り。

  • ①側頭部から頭頂部に向けてマッサージ
  • ②前頭部・こめかみのマッサージ
  • ③頭皮全体を刺激するマッサージ

ポイントは、指の腹を使って、頭皮を動かすイメージでマッサージをすること。

もっと詳しい頭皮マッサージの方法は、関連記事を見てみてくださいね!

⑤ 育毛剤の使用

手軽にかつ効果的に抜け毛やハゲ対策ができるのが育毛剤

育毛剤は、育毛・発毛促進・抜け毛予防を目的として作られた医薬部外品です。

頭皮環境を整え、髪の毛が健康的に育つ土壌をつります。

国に育毛や発毛促進効果が認められていながら、肌への影響が少ないため、未成年の受験生でも気軽に使えますよ。

男女それぞれ、おすすめの育毛剤をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

男性におすすめの育毛剤

女性におすすめの育毛剤

今回は、受験のストレスと抜け毛の増加やハゲとの関係をご紹介しました。

受験勉強のためにストレスが溜まってしまうのは、ある程度は仕方のないことです。

しかし、そのまま蓄積してしまうと、抜け毛の増加やハゲに繋がってしまう可能性があります。

自分なりのストレス発散方法やリラックス法を見つけ、ストレスをできるだけためないようにしてくださいね。