目次

  1. デュタスとフィンペシアの併用って実際どうなの?
  2. まずは…デュタス・フィンペシアの効果や副作用についてチェック!
  3. 【重要】デュタスとフィンペシアの併用はおすすめしない
  4. デュタスやフィンペシアを服用するときの注意点
  5. 発毛剤は併用せず、正しく服用しましょう!

デュタスとフィンペシア。どちらも、インターネットでAGA治療に効果があると話題になっている内服型の発毛薬です。

内服型の発毛薬はほかにもいくつか種類がありますが、それらの薬を一気に飲んだら、AGAにも効き目がありそう、などと思ったことはありませんか?

デュタスとフィンペシアを併用したら効果が高まることはあるのでしょうか。

そもそも、薬には飲み合わせがあるし、併用することで弊害はないのか、という点も気になりますね。

そこで、併用による効果の変化弊害などを、デュタス・フィンペシア両方の効果や副作用を交えて説明していきます。

デュタスとフィンペシアの併用について説明する前に、それぞれがどういう効果と副作用を持った医薬品なのかを簡単に説明しますね。

デュタスの効果や副作用

デュタスは、デュタステリドという有効成分によってAGAへの効果が期待されている医薬品です。

■デュタスの効果

デュタステリドには、AGAの原因の一つとされるジヒドロテストステロン(DHT)という強力な男性ホルモンの生成を抑制する効果があるとされています。

DHTは男性ホルモンの一つテストステロンと5α-リダクターゼという体内酵素が結びつくことでできているもの。

デュタステリドは5α-リダクターゼの活性を抑えることで、DHTの生成を抑制します。

なお、この5α-リダクターゼには1型と2型が存在しますが、デュタステリドは1型2型どちらに対しても有効とされています。

■デュタスの副作用

デュタスの有効成分デュタステリドによって起こる可能性がある副作用をご紹介します。

  • 肝機能障害・黄疸(重大な副作用)
  • 勃起不全、性欲減退、射精障害
  • 頭痛、めまい
  • 気分の落ち込み
  • アレルギー症状様としてのじんましん、かゆみ、むくみ
  • 精巣痛、腫れ
  • 腹痛、下痢

また、重度の肝機能障害のある患者や、5α-リダクターゼ阻害薬に対し過敏症の既往歴のある患者への使用が禁忌とされています。

さらに、女性には絶対に使用せず、20歳未満の人も十分な検証がなされていないため使用しないように注意しましょう。

フィンペシアの効果や副作用

フィンペシアは、フィナステリドという有効成分によるAGAへの効果が期待されている医薬品です。

■フィンペシアの効果

フィナステリドも、デュタステリド同様AGAの原因である、DHT生成の抑制効果があります。

こちらも、DHTを作り出す5α-リダクターゼの活性を抑制することにより、DHTの生成を抑制します。

デュタステリドが1型2型どちらの5α-リダクターゼに対しても効果を発揮するのに対し、フィナステリドは2型5α-リダクターゼにのみ有効。

しかし、前頭部や頭頂部の薄毛を招いているのは、2型5α-リダクターゼなので2型にしか効果がないからといって薄毛への有効性が薄いということはありません。

■フィンペシアの副作用

フィンペシアの有効成分フィナステリドによって起こり得る副作用をご紹介します。

  • 性欲減退
  • 勃起・射精障害
  • 精液量の減少、精液の質低下、男性不妊症
  • 睾丸痛
  • 気分の落ち込み
  • アレルギー症状様としてのじんましん、かゆみ、むくみ
  • 肝機能の低下
  • 乳房肥大・圧痛

その他「妊婦・妊娠の可能性のある女性および授乳中の女性」「本剤に対し過敏症の既往歴のある患者」は使用しないように定められています。

結論から言えば、デュタスとフィンペシアの併用はおすすめしません。

その理由は、デュタスとフィンペシアは似た作用を持つ薬であるため。

これらの有効成分を過剰に摂っても効果が倍になるなどということはありません

反対に、過剰に摂取すると、肝臓への負担が大きくなり副作用の危険性が高まります

つまり、併用によるメリットはなく、デメリットだけが大きくなってしまうのです。

実際に薄毛治療を行うクリニックや皮膚科でも、デュタステリドとフィナステリドを並行して処方されることは基本的にありません。

デュタスやフィンペシア、それぞれ単体での服用にも注意点があります。注意点は大きく分けて3つ。

  • ①購入方法に注意する
  • ②用法用量を守る
  • ③異変を感じたらすぐに服用を中止する

①購入方法に注意する

デュタスとフィンペシアは、日本では販売・製造していない薬です。

また、国内でAGAに対する薬として認められているわけではないので、購入は簡単ではありません。

購入する場合は、取り扱いのあるクリニックを探して処方してもらうか個人輸入代行業者を利用しなければなりません。

ただ、個人輸入には模造品のリスクや副作用が出た際に救済制度の対象にならない可能性などのリスクがあるので、ヘアラボではおすすめしていません。

購入するには、デュタスやフィンペシアを取り扱っているクリニックで相談するようにしましょう。

個人輸入について詳しくはヘアラボポリシーをご覧ください。

②用法用量を守る

デュタスとフィンペシアの併用は、先にも説明したようにおすすめできません。

もちろん、デュタスとフィンペシアをそれぞれ別々で飲む場合でも、用法用量きちんと守ることが重要です。

大量に飲んだからといって、効果が早く出るわけではなく、かえって副作用のリスクが高まってしまいます

医師の指導に従い、用法用量を守りましょう。

異変を感じたらすぐに服用を中止する

デュタスとフィンペシアは、どちらも副作用のリスクがある医薬品です。

副作用と似た症状がでた場合や、異変があったときはすぐに服用を中止して、医師の診察を受けてください。

無理に飲み続けることで、副作用が重大になる可能性も考えられるので注意しましょう。

デュタスとフィンペシアは、どちらも薄毛に対して似たアプローチをする医薬品です。

そのため、併用はおすすめしません

どちらも副作用があり、併用によって副作用のリスクが高まることが考えられます。

さらに、デュタスやフィンペシアには購入時や服用時の注意もあります。

もし薄毛対策にこれらの医薬品を使用したい場合は、必ず薄毛治療を行うクリニックで相談しましょう。