目次

  1. びまん性脱毛症は育毛剤で改善する?効果が期待できる育毛剤
  2. 気になるびまん性脱毛症の症状とは?
  3. びまん性脱毛症になる原因
  4. ホルモンバランスの乱れによるびまん性脱毛症には育毛剤が効果的!
  5. びまん性脱毛症におすすめの育毛剤!
  6. 育毛剤だけではダメ!頭皮環境を改善するには?
  7. びまん性脱毛症はトータルの頭皮ケアで早めの対策を

全体的に髪が薄くなってきた」、という女性は多いのでは?

こんな症状を訴える女性の多くが、女性版のAGA(男性型脱毛症)、「びまん性脱毛症(FAGA)」だと言われています。

このびまん性脱毛症、実は育毛剤を使うことで改善効果が期待できます。

(びまん性脱毛症の改善をするのであれば、血行不良を改善させる成分が含まれていたり、フケ・かゆみを防ぐ成分が含まれる女性向けの育毛剤がおすすめです)

とはいっても、女性向けの育毛剤には多くの商品があるので、なかなか選べないと頭を抱えてしまう人も多いですよね。

そこで今回は、びまん性脱毛症におすすめの育毛剤をご紹介いたします。

さっそくご紹介といきたいところですが、その前に。

びまん性脱毛症の症状から原因までを理解することで、より効果的に育毛剤での対策をとることができます。

それではまず、症状と原因から解説いたしますね。

びまん性脱毛症(FAGA:Female AndroGenetic Alopecia)は、頭頂部を中心に髪の毛全体が薄くなっていく症状のことをいいます。

英訳名に「Female」と入っていることからも分かるように、女性に多い症状ではあるものの、男性でもなりうる脱毛症です。

男性の脱毛症であるAGAとの大きな違いに、はげ方があります。

AGAは男性の男性型脱毛症の場合、生え際が後退したり、頭頂部から薄毛になるなど目立った症状が多いのが特徴。

一方、びまん性脱毛症は特定の部位ではなく全体的に髪が薄くなっていくことから、目立った症状が現れにくく、自覚したころにはある程度進行していたケースも多いのが特徴といえます。

そもそも、なぜびまん性脱毛症になるのでしょうか?

自分にあった効果的な対策をたてるために、まずは原因を知っておきましょう。

びまん性脱毛症になる主な原因には、

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 頭皮環境の悪化

の2つが挙げられます。

以下、それぞれの原因について見ていきましょう。

①ホルモンバランス

体内のホルモンバランスの乱れは、びまん性脱毛症が引き起こされるきっかけになり得ます。

このホルモンバランスの乱れを引き起こす原因として挙げられるのは、以下の3点です。

  • 加齢
  • 出産
  • ストレス

これらによって女性ホルモンの分泌が減っていくと、男性ホルモンの量が優位になることがあります。

これがまさに、ホルモンバランスが乱れた状態

男性ホルモンの量が優位となると、結果としてAGAのような「少ない髪の毛、髪があっても育たない…」という現象が起き、薄毛が進行すると考えられているのです。

②頭皮環境の悪化

頭皮環境の悪化も、びまん性脱毛症を引き起こす原因になります。

そもそも頭皮環境が悪くなってしまう要因としては、

  • (1)誤ったヘアケア
  • (2)偏った食事(過度なダイエット)
  • (3)紫外線による頭皮ダメージ
  • (4)睡眠不足

が挙げられます。

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

(1)誤ったヘアケア

過度なヘアケアは、髪や頭皮を保護するどころか、反対にダメージを与えてしまうことがあります。

例えば、過度にシャンプーをしてしまった場合。 シャンプーをしすぎてしまうと、頭皮にとって必要な皮脂(注1)まで洗い流してしまい、頭皮は乾燥から守ろうと皮脂を過剰に分泌してしまいます。

その結果、頭皮が脂っこくなり、かえって頭皮に皮脂がつまってしまうなど、頭皮環境の悪化を招くことがあります。

一方で、ヘアケアを怠ることも頭皮環境の悪化を招く恐れがあるので注意が必要です。

こちらについてはイメージがしやすいかと思いますが、頭皮が不潔だと雑菌が繁殖してしまうなどが考えられます。

(2)偏った食事(過度なダイエット)

偏った食事も頭皮環境の悪化を招く原因となります。

食事が偏ってしまうと、健康な髪の毛を育てるだけの栄養が確保できず、頭皮環境の悪化を招く恐れがあるのです。

女性の場合、ダイエットを意識的に行う方も多いでしょう。

このダイエットが行き過ぎには特に注意してください。

(3)紫外線による頭皮ダメージ

紫外線によるダメージにも注意が必要です。

頭皮は体の他の部位に比べ、2〜3倍以上もの量の紫外線を浴びていると言われています。

気づかない間に紫外線によるダメージが蓄積されていくと、頭皮の乾燥や老化が進み、抜け毛につながってしまうのです。

(4)睡眠不足

睡眠不足も、頭皮に悪影響を及ぼします。

睡眠不足が続くと、髪の成長に大きく関わる成長ホルモンの恩恵を受けにくくなります。

また、睡眠不足によるストレスが血行不良を招き、頭皮へと栄養が運ばれにくくなってしまいます。

注1:皮膚に分泌される脂(あぶら)。本来紫外線などから皮膚を守る役割を担う。一方で、この皮脂が過剰に分泌されると、炎症が起きるなどのトラブルを招く恐れもある。

実は、上で紹介した2つの原因のうち、ホルモンバランスの乱れによるびまん性脱毛症(FAGA)であれば、育毛剤を使用することで症状を改善させることができます。

ただし、ホルモンバランスの乱れによるびまん性脱毛症に効果的な育毛剤には、ある育毛成分が入っている特徴があります。

育毛剤をご紹介する前に、まずはその成分を解説しましょう。

びまん性脱毛症に効果的な育毛成分

びまん性脱毛症に効果的な育毛成分として、

  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • 酢酸トコフェロール

が挙げられます。

センブリエキスはセンブリと呼ばれる薬草から取れる有効成分で、主に血行促進の効果があるとされています。

頭皮の血液循環がよくなれば髪を作る頭皮の細胞に 栄養が届きやすくなるので、改善効果に期待ができます。*

グリチルリチン酸ジカリウムは、敏感肌用の化粧水でも多く使われている有効成分。

高い殺菌作用があるため、フケ・かゆみを抑えてくれます。

酢酸トコフェロールには、センブリエキスと同様、血行を促進する効果が期待できます。

さらに、酸化を防ぐ効果がありますので、肌トラブルを防いでくれますよ。

一口に育毛剤といえど、多くの商品がありますので、何を選んだらいいのか迷ってしまいますよね。

そこで、ヘアラボおすすめの『びまん性脱毛症(FAGA)に効果的な育毛剤』を2つご紹介しましょう。

先ほどご紹介した有効成分が含まれている育毛剤になりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ベルタ育毛剤

まずご紹介するのは、「ベルタ育毛剤」です。

化粧品のようなかわいらしいボトルデザインであることから、ヘアラボでも多くの女性から支持を得ている育毛剤です。

有効成分として、

  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • 酢酸トコフェロール

の3つの成分を配合。これらの成分には、育毛抜け毛予防かゆみ・フケの防止などの効果が認められています。

上記の有効成分の他にも、数十種類の天然由来成分が配合されており、頭皮環境の改善が期待できます。

また、配合されている天然由来成分の中から32種類の成分を厳選し、1/1000のナノサイズまで凝縮することで、毛穴の奥まで成分が浸透することをサポート。

1日たったの30秒でケアできるので、仕事で忙しい女性にもおすすめですよ。

Wアプローチ ヘアプログラム

続いてご紹介するのが「Wアプローチ ヘアプログラム」。

Wアプローチヘアプログラムは、頭皮美容液(1剤)と薬用育毛剤(2剤)の二段構えで、薄毛にアプローチします。

2剤の薬用育毛剤には、

  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • 酢酸トコフェロール
  • ピロクトンオラミン
  • パントテニルエチルエーテル

の5種類の有効成分が配合。

ピロクトンオラミンは、医薬部外品のシャンプーにも含まれることのある、殺菌作用が特徴の有効成分です。 殺菌作用により、頭皮環境を清潔に保つ役割があり、フケ・かゆみを防ぐ効果が認められています。

また、パントテニルエチルエーテルは保湿効果に優れている上、抗炎症作用があり、*頭皮環境を清潔に保つサポートをしてくれるんですよ。

無着色無香料となっているので、肌が弱い方でも安心して使えるのもうれしいポイントですね。

ここまで、おすすめの育毛剤を見てきました。

しかし、どんなに優れた育毛剤を使ったとしても、もう一つの原因、頭皮環境の悪化を解消しなければ劇的な改善は見込めません。

育毛剤を使う、使わないにかかわらず、「全体的に髪が薄いな」と感じている方は、

  • ヘアケア方法を改める
  • 食生活を改める
  • 紫外線を避ける
  • 良質な睡眠を心がける

の4点を心がけ、育毛剤の使用と合わせて頭皮環境の改善を行いましょう。

びまん性脱毛症の症状の特徴や原因と、育毛剤での改善方法を解説してきました。

びまん性脱毛症は、食生活や適切なヘアケアなどの普段の生活習慣を改善しながら、育毛剤で効果的に対策をしてことが重要となります。

ぜひ本記事を参考に、早めの対策を行ってくださいね。