目次

  1. ボントレスローションの基本情報
  2. ボントレスローションに配合される「キャピキシル」とは?
  3. ボントレスローションの使用方法
  4. 【※注意点あり】ボントレスローションの購入方法
  5. 日本で認可済みのキャピキシル配合商品は?
  6. まとめ
  • 商品名:ボントレスローション

  • 価格(相場):5,000円〜

  • 容量:1本60ml

  • 製造国:インド


『ボントレスローション』は、髪・頭皮に塗布する液体状の製品です。

製造国はインド。日本では認可されていません。

そのため、手に入れたい方は個人輸入で購入する必要があります。 (※1)

「キャピキシル」という成分が配合されており、これが一部の方々に話題となっているようですね。


※1…ヘアラボのポリシーにのっとり、日本で認可されていない商品の購入は推奨していません。


ボントレスローションに配合されているキャピキシル。

一体どういった成分なのでしょうか。解説していきます。

キャピキシルとは?

キャピキシルとは、カナダの化粧品原料メーカー「ルーカスマイヤーコスメティクス社」によって開発された化粧品の原料です。

「アカツメクサ花エキス」や「アセチルテトラペプチド」といった複数の成分によって構成。

実は、毛髪・頭皮ケア用の新成分として業界で大いに注目を集めています。

ヘアラボ内でも『フィンジア』『Deeper3D』といった、キャピキシル配合の商品は人気です。

ボントレスローションも、この成分を採用していることで購入者が増えているようですね。


ボントレスローションのキャピキシル配合量は不明

キャピキシルが多ければ多いほど良いとは全く言えません。

しかし、「キャピキシル○○%配合」との謳い文句の商品を見かけることが良くありますよね。

そこで、「ボントレスローションにはどのくらいキャピキシルが配合されているか」と気になる方は多いのではないでしょうか。

ヘアラボが調査したところ、残念ながら、ボントレスローションに配合されるキャピキシルの量を正確に知ることはできませんでした

キャピキシルを3%以上配合している商品は、原料メーカーによりエンブレムが付与されます。
ボントレスローションにはこれも見当たりませんでした。

こちらがそのエンブレム
こちらがそのエンブレム


「発毛」や「育毛」効果は認められていません

業界内で注目を集めている新成分キャピキシル。

ここでひとつ認識していただきたいのは、キャピキシルは「発毛」や「育毛」といった効果が認められていない点。

ボントレスローションも、あくまで「ローション」であり、「発毛剤」や「育毛剤」ではありません。

使用を検討している方々は、この点をしっかり認識しておきましょう。


ボントレスローションはその名の通りローションです。

乾いた頭に、マッサージをするように適量を塗布するのが一般的な使用方法となるでしょう。

口コミを見たところ、どうやら「粘度が高い」ようです。
ベタつきや長時間待つ必要を難点としてる方が多く見受けられました。


冒頭でお伝えしたように、ボントレスローションは日本で未認可の商品

そのため、購入は個人輸入のみ可能となっています。


ここで大事なお話がひとつ。

ヘアラボでは個人輸入を推奨していません。

個人輸入の商品を「金銭面」だけで選ぶ方がいらっしゃいますが、「安全面」も考慮してほしいためです

個人輸入の商品は、たとえ評価が高くても、成分や販売元が不明確で、100%信頼出来るとは言い難いものばかり。

万が一問題が起きた場合、すべては自己責任となります。

以上の理由により、ヘアラボでは個人輸入の商品ではなく、国内で認可されている商品を選ぶようお願いしたいです。


日本で「化粧品」として認可されている、キャピキシル配合の商品はいくつかあります。

繰り返しますが、発毛や育毛などの効果は認められていません。
しかし、毛髪・頭皮ケア用品として注目を集めています。

ここではヘアラボで人気のものをご紹介しますので、どうぞ参考にしてください。


おすすめ商品『フィンジア』

  • 定期コース価格:9,980円(税込)

  • 内容量:50ml/約1ヶ月分


『フィンジア』はヘアラボで人気の、毛髪・頭皮用の化粧品です。

話題のキャピキシルは5%配合されています。

また、ヘアケア業界で注目されている、ピディオキシジルという新成分も採用。

「頭皮を健やかに保ちたい」「毛髪にハリ・コシを与えたい」そんな方々に選ばれている商品です。

全額返金保証の制度がありますので、お試し感覚で1本購入してみるのもいいかもしれませんね。


今回は、ボントレスローションという商品についてまとめました。

キャピキシルという注目成分を配合していることが、一部の方々に話題の理由でしたね。

しかし、ボントレスローションは日本で認可されていないため、購入は個人輸入のみとなります。

しかし、ヘアラボでは安全面を考慮して個人輸入は推奨していません。

単にキャピキシル配合の商品をお求めなら、最後に紹介したフィンジアのように、日本で認可されている化粧品を検討してみてはいかがでしょうか?