目次

  1. ブリーチではげる!?ヘアカラーと抜け毛の関係とは
  2. 【結論】ブリーチがはげの直接的な原因になることはない!ただし…
  3. ブリーチをするときの注意点
  4. ブリーチ後の頭皮や髪のケア方法を伝授!
  5. はげることはなくても、頭皮や髪への負担に要注意!

突然ですが、髪をブリーチするとはげの原因になる?!、という話を聞いたことがありませんか?

ブリーチをしたことがある方はわかるかもしれませんが、確かにブリーチをすると頭皮がヒリヒリしたり、髪が傷む感じがします。

このように頭皮や髪に負担がかかっていると、「はげるのでは?」と不安に感じますよね。

では、本当にブリーチをするとはげるのでしょうか?

そこで今回は、ブリーチをすることではげるのか、徹底検証していきます!

結論から述べると、ブリーチが直接的に「はげる」原因となることはありません。

ただし、はげることに直結しなくても、ブリーチが原因で頭皮環境が悪化することがあります。

そもそもブリーチとは、髪の色を抜く(脱色する)ことを言います。

このブリーチに使われる薬剤は非常に刺激が強く、頭皮に付着するとかゆみ赤みなど頭皮の炎症につながってしまうのです。

このように頭皮環境が悪化していると、髪が育つ土壌が荒れてしまうため、健やかな髪の成長や生成の妨げになってしまうことがあります。

つまり、頭皮の刺激となるブリーチを高頻度で行ってしまうと、抜け毛が増えたり、はげやすい頭皮環境になってしまうことは十分にありえるのです。

ブリーチで頭皮環境が悪化しないために、ブリーチをするときの注意点をご紹介します。

  • 自宅ではなく美容室で行う
  • パッチテストを行う
  • 期間をあけて行う

この3点について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

自宅ではなく美容室で行う

ブリーチは自分でするのではなく、美容室で行ってもらうのがおすすめです。

自分で染めるとどうしても見えなかったり、頭皮や肌につく量が多くなります。

また、美容室なら頭皮や髪の状態をみて、ブリーチをしても良いか判断してくれますよ。

美容室でもブリーチやカラーをする場合でも頭皮に付着してしまうこともあります。

はげや薄毛を気にしている方は、事前に“頭皮につけないように”、とお願いしておきましょう。

パッチテストを行う

自分でブリーチをする場合には、事前のパッチテストを行いましょう。

皮膚がかぶれたりしないか先にチェックすることで、頭皮の炎症を未然に防ぐことができます

パッチテストは、以下のように簡単な方法で試すことができますよ。

  • 使用するブリーチ剤を少しずつ小皿 (金属製は不可) に出し、綿棒で混ぜる
  • 腕の内側に綿棒で薄く塗り自然乾燥させる
  • そのまま48時間ほど放置する
  • 異常がでなければOK

パッチテストをしている間は、塗った部分がシャワーで流れないようにしましょう。

期間をあけて行う

炎症こそ起こさなくても、ブリーチをすることは頭皮に負担を与えています。

頻繁に行ってしまうと、髪のダメージはもちろん、頭皮のダメージもどんどん蓄積してしまいます。

このような負担がかかると頭皮環境は悪化し、健やかな髪の成長に悪影響を与えて、はげる可能性が高まります。

そのため、ブリーチだけでなく、ヘアカラーは最低でも2か月は期間を開けて行うようにしましょう。

はげる間接的な原因にならないように、

「どうしてもブリーチをしたい!」もしくは「よくブリーチをしている」

という方は、しっかりアフターケアを行うようにしましょう。

後のヘアケア方法にも気を配ることで、間接的にでもはげる可能性を減らすことができますよ。

  • 洗浄力の優しいシャンプーを使う
  • トリートメントを使用する
  • 洗い流さないトリートメントを使用する

こちらの3つのポイントをそれぞれ詳しく見ていきましょう。

洗浄力の優しいシャンプーを使う

ブリーチだけでなく、ヘアカラーを行った後の頭皮は、頭皮のバリア機能が低下しており非常に敏感です。

そのため、できるだけ頭皮に刺激を与えないように、洗浄力が優しいシャンプーを使用しましょう。

特におすすめしたいのが、洗浄成分がアミノ酸系などの、頭皮と同じ弱酸性のシャンプー。

ヘアラボでも人気のアミノ酸系シャンプーをご紹介しておきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


\ おすすめのシャンプーはこちら /

トリートメントを使用する

ブリーチで傷んでしまった髪のケア方法として、トリートメントを使用して髪のダメージを補修するのもおすすめです。

トリートメントを使用しても、一度受けたダメージがなくなる(修復する)ことはありません。

しかし、トリートメントでしっかり補修することで、髪の手触りが良くなるため、絡まったり、ひっかかることが少なくなり、これ以上に髪が傷むのを防いでくれますよ!

洗い流さないトリートメントを使用する

また、洗い流さないトリートメントを使うのもおすすめです。

トリートメントで補修した髪をさらにコーティングすることで、ドライヤーの熱や紫外線など外的ダメージから髪を守ってくれます

ブリーチ後の髪は乾燥したり、パサつきやすいので、2種類のトリートメントでしっかり補修しましょう。

ブリーチは、はげる直接的な原因にはならない、と考えられています。

しかし、はげることに直結しなくても、ブリーチが原因で頭皮環境が悪化する可能性があります。

そのため、ブリーチで頭皮環境が悪化した場合は、間接的にはげることも…。

そうならないように、できるだけ頭皮に負担がかからない工夫をしましょう!

はげることを気にしている方は、美容院で頭皮につけないようにお願いしたり、アフターケアを行ってみてくださいね。