目次

  1. 人気で選ぶバリカン10選!
  2. 人気バリカン《第1位》フィリップス HC3412/15
  3. 人気バリカン《第2位》パナソニック ER-GF80
  4. 人気バリカン《第3位》フィリップス HC3402/15
  5. 人気バリカン《第4位》パナソニック ER503PP
  6. 人気バリカン《第5位》ブラウン BT3040
  7. 人気バリカン《第6位》テスコム TC420-A
  8. 人気バリカン《第7位》パナソニック ER-GC10
  9. 人気バリカン《第8位》フィリップス QC5572/15
  10. 人気バリカン《第9位》パナソニック ER-GS60
  11. 人気バリカン《第10位》ブラウン HC5030
  12. 人気の10商品の特徴・価格まとめ!

バリカンを買いたい!でもどれがいいのかわからない…。

初めてバリカンを買う方は、通販サイトを覗いたり家電量販店を立ち寄ったりしたときに、あまりにも多くの製品があるので戸惑うのではないでしょうか。

さまざまなメーカーがあり、それぞれのメーカーからも多くの製品が出ています。

そこでこの記事では、人気のバリカン10点をご紹介いたします!

メーカー各社および量販店へのヒアリング、Amazonや楽天市場のランキングをもとに作った、ヘアラボ版「人気バリカン10選」。ぜひ参考にしてくださいね。

人気バリカン第1位は、フィリップス HC3412/15です。

Amazonの売れ筋ランキングで1位(注1)、バリカンの最大手メーカー「フィリップス」で売り上げNo.1(注2)と、非常に高い人気を誇っています。

本製品が厚い支持を集める理由は、ズバリ、次の3点でしょう。

  • 安い!
  • 長時間コードレスで使える!
  • お手入れがラク!

●安い!
まず、Amazon価格は1,826円(注3)と、高性能のブランド品としては、かなりお安め。
多くの人にとって、バリカンでセルフカットする最大の動機は《節約》。1000円カットと比較しても、わずか2回使うだけで元が取れてしまうというのは、超高コスパ。

●長時間コードレスで使える!
また、充電式なため、コードレスで使える点も〇。右サイドからバックへ、手を持ち替えて今度は左サイド…といった流れも、スムーズかつストレスフリー。
フル充電で75分連続使用できるというのも、非常に優秀。75分あれば、ツーブロックやソフトモヒカンといった高度な髪型も、十分に仕上げることができます。

●お手入れがラク!
極めつけは、お手入れが非常にラクだということ。
刃の部分が水洗いできるので、細かい毛を水で一気に洗い落とせます。ハケで掃く、という手間がありません。
さらに、普通だと刃こぼれ防止のために注油する必要があるところ、本製品には自動研磨機能がついており、手間なしに切れ味を保つことができます!

この価格でこれだけの性能を備えたバリカンはなかなかありません。人気No.1なのも納得です!

注1:2018年3月を通じて。4月11日現在も首位。
注2:「2017年を通じて最もよく売れたバリカン」として、メーカー回答。
注3:本記事の表示価格はすべて、2018年4月現在の税込み価格。

人気バリカン第2位は、パナソニック ER-GF80

言わずと知れた大手家電メーカー「パナソニック」は、バリカンメーカーとしても、先に紹介したフィリップスと双璧をなす存在です。

そんなパナソニックで一番人気(注4)、かつAmazon・楽天でも常に最上位付近にランクイン(注5)しているのが、こちらの製品。

その魅力は次の2点に集約されるでしょう。

  • 豊富なアタッチメント
  • ナショナルブランドへの信頼感

●豊富なアタッチメント
多くのバリカンには、ミリ数を調節するためのアタッチメントがついています。たとえば、毛の長さを3mmにしたければ、バリカンの先端に3mmアタッチメントを装着して使います。
本製品の場合、ミリ数調節用アタッチメントは「3/6/9/12/15/18mm」の6種類。

しかし、スゴイのはここからです。

頭皮の上を滑らすように動かして、長めのカットができるスライドアタッチメント
難しい耳まわりを自然に仕上げる耳まわり&ナチュラルアタッチメント
全体の長さを変えずにボリュームだけを減らすスキ刈りアタッチメント

これら豊富なアタッチメントにより、ヘアスタイルの自由度は大幅UP。頭を「刈る」だけでなく、髪を「切る」ことが可能になっています。
あなたの「バリカン」のイメージを覆す一本!

●ナショナルブランドへの信頼感
製品を選ぶ際、メーカーへの信頼感というのは、無視できないファクターです。

Amazonのレビューを見ても、他社製品に不満があり、こちらに買い替えたところ「さすがパナソニック」とうなった…というパターンが少なくないよう。

《信頼感》や《安心感》といった心理的側面だけでなく、事実、

  • 部位別・髪型別にバリカンの使い方を解説したテクニックブックがついてくる
  • 公式サイトの製品紹介ページでも、使い方を動画でわかりやすく解説

こういったところにも、日本メーカーらしい懇切さが表れています。

Amazonでの価格は4,093円(2018年4月現在、税込み)。

注4:「2017年を通じて最もよく売れたバリカン」として、メーカー回答。
注5:2018年4月11日現在、Amazon売れ筋ランキングで2位、楽天週間ランキングで2位。

人気バリカン第3位は、フィリップス HC3402/15

Amazonや楽天で上位常連、量販店でもよく買われている製品です。

本製品は、ずばり、第1位で紹介したHC3412/15の、1ランク下の製品
Amazon価格は、先のHC3412/15が「1,826円」だったのに対し、こちらHC3402/15は「1,638円」。ややお求めやすくなっています。

両製品が異なるのは、ただ1点、電源方式

こちらはいわゆる交流式であり、コードを電源につないだ状態でないと使えません

浴室やベランダなどでは使えないですし、使い勝手は多少劣りますが、「大人気のバリカンと同じ性能のものを、少しでも安く」という方におすすめです。

人気バリカン第4位は、パナソニック ER503PP

Amazonの売れ筋ランキングで上位常連、パナソニック社のバリカンのなかでも売れ行き上位の商品です。

このバリカンの特徴は、とにかく軽いこと。
本体重量は105グラムと超軽量です。
また、握りやすいアーチデザインで操作もしやすいです。

コンパクトな分、パワーが弱いかというと、そんなこともありません。
8時間の充電で、40分間のコードレスでの使用が可能。
十分な持久力だと言えます。

3mm~12mmまで4段階のアタッチメントがついているので、細かいグラデーションを作れますし、スキ刈りアタッチメントで伸びた毛先をスキ刈りすることも可能。

小さく見えて、機能は多彩。Amazon価格は1,806円と超お値打ち。人気なのもうなずけます。

人気バリカン第5位は、ブラウン BT3040

家電小売り最大手のヤマダ電機で売り上げNo.1!のバリカンです(注6)

2大メーカー(パナソニック&フィリップス)以外からは初のエントリーですが、本製品、かなりハイスペック

次の3つの特長で見ていきましょう。

  • きめ細かなミリ数調整
  • ひげ剃りとしても使える
  • 防水&自動研磨

●きめ細かなミリ数調整
「3mm単位で4段階」といったバリカンも多いなかで、本製品は、0.5mm~20mmまで「0.5mm単位で39段階」の長さ調節が可能!
その調節も、いちいちアタッチメントを付け替えるのでなく、ダイアルを回すだけ。お手軽です。

●ひげ剃りとしても使える
本製品は、メーカー公式サイトで、「バリカンとしても使えるヒゲ剃り」として紹介されています。
最小ミリ数が0.5mmと、かなりの深剃りが可能。まさに「刈る」と「剃る」の2WAYバリカン

●防水&自動研磨
本製品は完全防水。シャワーしながらの刈り上げ、いわゆる「ウェットカット」が可能です。
当然、使用後もまるっと水洗い可能。おまけに刃の部分に自動研磨機がついていますので、面倒なオイル差しが不要。
非常にお手入れがラクなので、頻繁に使われる方もストレスがありません。

これだけハイスペックでありながら、Amazon価格は3,295円。バリカンとシェーバーをともに探していた方は、本製品“一択”

人気バリカン第6位は、テスコム TC420-A

ヤマダ電機で売上2位の製品です。

人気のヒケツは、やはり豊富なアタッチメントでしょう。

ミリ数調節アタッチメントも、「1/2/3/6/9/12mm」という標準的な範囲から、「10/15/20/25/30/35/40㎜」のロングアタッチメント、さらにスキ刈りアタッチメントもついています。

ほか、コードレス使用可(フル充電で30分持久)、水洗い可と、優良バリカンと呼べるだけの条件を十二分に備え、Amazon価格は3,300円。

コストパフォーマンスに優れた製品だけに、「バリカンデビューはテスコムだった」という人も多いようです。

人気バリカン第7位は、パナソニック ER-GC10

通販サイトでも量販店でも、10位圏内に常住している人気商品です。

同じパナソニックのER-GF80(本ランキングでは第2位)と比べ、やや性能は劣るが、その分低価格

  • 3/6/9/12mmと、アタッチメントでミリ数調節可能
  • コードレス使用可(フル充電で40分持久)
  • 刃の水洗い可能

このように、ツボを押さえたスペックで、Amazon価格は2,100円。

「そこまで高性能でなくてもいいから、お手頃価格で、信頼できるメーカーのものを」と考える方におすすめしたい一品です。

人気バリカン第8位は、フィリップス QC5572/15

最大手の一角・フィリップスの全バリカン中、3番目によく売れている製品です。

「セルフヘアーカッター」という通称のとおり、セルフカットに特化した製品。

商品画像をご覧ください。形状が、一風変わっていますよね。

そう、ヘッド部分が180°回転するということ。これが本製品の一番の売りです。

バリカンによるセルフカットで何が難しいって、一番はやはり後頭部や頭頂部のカット。
手首をかなりムリな角度に傾けて刈ることになり、それが刈りムラとして、仕上がりに響いてしまいます。

その点、本製品は、ヘッド部分を回転させて、ムリせずどの部位でもカット可能。ムラのない仕上がりが実現しやすくなっています。

その他、

  • 細かいミリ数調節
    1~15mmまで11段階
  • 充電池が超優秀
    わずか1時間の充電で60分連続使用可
  • 本体丸洗い可
    ウェットカット対応。お掃除もラク
  • 自動研磨機能つき
    メンテ(注油)不要で切れ味キープ

このように、非常にハイパフォーマンスな製品。

Amazon価格は4,672円と、他製品に比べ値が張りますが、セルフバリカン歴〇年という猛者たちが、最後に行きつくのがこちらの製品。

セルフカットをお考えの方は、ぜひご検討を!

人気バリカン第9位は、パナソニック ER-GS60

こちらもAmazon・楽天で10位圏内に常駐している人気商品です。

「ボウズカッター」という通称のとおり、坊主刈りに特化した製品。次の2点を特長としています。

  • 1mmアタッチメントつき
  • 防水仕様

●アタッチメント
2~10mmまで9段階に調節できる通常のアタッチメントに加え、やや珍しい1mmアタッチメントが付属しています。アタッチメントを外すと0.5mmの長さにそろえることも可能!

●防水仕様
防水設計が施されているので、いわゆるウェットカットが可能です。
ウェットカットは、細かい毛を洗い流しながら刈り進めていくやり方。そのため、いちど坊主刈りにして、伸びてきた毛を「追い刈り」するときに有効です。

以上2つの特長から、坊主、もしくはそれに近い短髪にしてみたいと考えている方には一押しの人気バリカンです。

難を言えば、充電時間が長いこと。
12時間の充電で約40分間の使用が可能なので、使う前にはしっかりと充電してくださいね。

こちら、Amazon価格4,363円の商品となっています。

人気バリカン第10位は、ブラウン HC5030

量販店・通販サイトでともに堅調な売れ行きを示している製品です。

価格は2,798円。

こちらのバリカンの特徴は、長さ調節が細かくできること。
2種類のアタッチメントによって3mm~24mm、14mm~35mm、さらにコームを外せば0.5mmと、17段階の長さ調節が可能です。
坊主からベリーショート、ツーブロックなど、さまざまな髪型が楽しめますね。

グリップ部分はラバー加工が施されているので、しっかりと握って刈れます。
本体を丸洗いすることができるのでお手入れは簡単ですし、清潔に保てますよ。

8時間の充電で50分間の使用ができます。

さまざまな髪型に挑戦したい方に、特におすすめの人気バリカンです。

人気のバリカン10選をご紹介してきました。

気になるバリカンはありましたか?
ぜひ、公式サイトなどをチェックしてみてくださいね。

最後に、各製品の特徴と価格を表にまとめておきます。

メーカー名 型番 特徴 価格
フィリップス HC3412/15 低価格・高性能 1,854円
パナソニック ER-GF80 豊富なアタッチメント 4.093円
フィリップス HC3402/15 とにかく低価格 1,648円
パナソニック ER503PP-G 超軽量 1,806円
ブラウン BT3040 ヒゲのお手入れもOK 7,530円
テスコム TC420-A 豊富なアタッチメント 3,300円
パナソニック ER-GC10 コンパクトさ 2,100円
フィリップス QC5572/15 ヘッド部分が180°回転 4,672円
パナソニック ER-GS60 坊主カット専用 4,363円
ブラウン HC5030 長さ調節が細かくできる 2,798円

なお、「とにかく安いバリカンがほしい!」「持ち運びに便利な、軽量級のバリカンがほしい!」など、ニーズごとにおすすめ製品をまとめた記事があります。

そちらもあわせてチェックしてみてください。