目次

  1. 【徹底解説】バリカン坊主への道
  2. まずはバリカンを買う!
  3. バリカンのセルフカットの下準備
  4. いざ、バリカンで坊主に!~丸刈り編~
  5. いざ、バリカンで坊主に!~おしゃれ坊主編~
  6. 祝!バリカンマスターへの一歩

バリカンで坊主にしたい!と思ったことはありませんか?

爽やかで清潔感があるうえに、お手入れも楽なのが坊主。

でも、美容院や理髪店に頻繁に通うと、それなりにお金と時間がかかってしまいます。

バリカンで坊主にすれば、お金も時間も大幅に節約できますね。

この記事では、バリカンで坊主にする方法を徹底解説。
おすすめのバリカンから、坊主にする刈り方、おすすめの坊主の髪型までご紹介するので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

まずはヘアラボおすすめのバリカンを3つ、ご紹介します。

数あるバリカンの中からそれらの製品を選んだポイントは、こちらの3点。

  • 充電式であること
  • 防水式であること
  • ミリ数調節が細かくできること

それぞれご説明していきます。

≪充電式であること≫

バリカンは、コードレスで使用できる充電式のものが好ましいです。
コードがあると、どうしても刈るときに小回りが利きにくくなります。
完全充電式でなく、いざ充電が切れてもコードにつなげば使い続けられる充電・交流両用だとなお良しです。

≪防水式であること≫

バリカンを使うと、刃や本体に細かい毛が大量に付着します。
防水式のバリカンなら、丸ごと水洗いできるのでお手入れが楽。
また、浴室で坊主にする場合には水蒸気や水滴によってバリカンの中に水気が入ることがありますが、防水式ならその点でも安心ですね。

≪ミリ数調節が細かくできること≫

後述しますが、バリカンで坊主にするときのミリ数は、3mm~9mmがおすすめです。
ですが見栄えや好みによって細かいミリ数調整ができるように、1mm~2mm単位で他の長さにも変更できるバリカンだとより便利。

以上のポイントを押さえた製品をご紹介していきます。

パナソニック バリカン ボウズカッター 充電式 白 ER-GS60-W

最初にご紹介するのが、パナソニックのボウズカッター

商品情報はこちらです。

  • 価格 : 4,890円
  • 電源 : 充電・交流式
  • 水洗い : 〇
  • ミリ数調節 : 約0.5mm(直刃)、1mm、2mm~10mm(アタッチメント使用)9段階
  • 充電時間 : 12時間
  • 使用可能時間 : 約40分

その名の通り、坊主カット専用のバリカンで、1mmのものと、2mm~10mmまで9段階に調節できるものと2つのアタッチメントが付いています。
アタッチメントを外すと0.5mmの長さに揃えることも。

さらに「薄型カーブデザイン」が採用されていて、刈りにくい後頭部もすっきりとカットすることができます。

防水設計が施されているうえに、コードレスで使える充電式のバリカンなので、浴室でシャンプーをしながら使えます。
使用後には刃を外すことなく本体全体を水洗いできるので、後始末も簡単。

難を言えば、充電時間が長いこと。
12時間の充電で約40分間の使用が可能なので、使う前にはしっかりと充電してくださいね。

フィリップス セルフヘアーカッター QC5582/15

続いてご紹介するのは、フィリップス セルフヘアーカッター QC5582/15です。

  • 価格 : 4,672円
  • 電源 : 充電・交流式
  • 水洗い : 〇
  • ミリ数調節 : 1mm~15mm
  • 充電時間 : 1時間
  • 使用可能時間 : 約60分

セルフヘアカッターならではの特徴は、カッターのついたヘッド部分が180°回転するところ。
手の届きにくい部分を刈るときや、利き手でないほうの手で使うときなどに大活躍。

また、2つのアタッチメントを合わせて1~15mmまで、11段階の長さに調節することが可能です。
さらに自動研磨式なので、面倒なオイル差しをしなくても、つねに切れ味を保てます。

1時間の充電で60分間の連続使用が可能なので、ふと思い立ったときにも使えますね。

本体を丸洗いすることができるので、お手入れも楽です。

フィリップス 電動バリカン ヘアカッター HC3400/15

最後におすすめするのが、フィリップス 電動バリカン ヘアカッター HC3400/15

  • 価格 : 2,330円
  • 電源 : 充電・交流式
  • 水洗い : 〇
  • ミリ数調節 : 1mm~23mm
  • 充電時間 : 8時間
  • 使用可能時間 : 約75分

こちらは2,000円前後と、お買い求め安いバリカンです。

1mm~23mmまで、2mmごとに12段階のミリ数調節が可能。

刃とアタッチメントのみ水洗いができるので、お手入れが楽です。

さらに、自動研磨システムが搭載されていて、使用するたびに刃が自動に研磨されるので、使えば使うほど切れ味が鋭くなっていきます。
つまり、他のバリカンのように、オイルによる刃のお手入れをする必要がないのです。

バリカン坊主デビューの方におすすめのバリカンです。

ご自身に合ったバリカンは見つかりましたか?
バリカンが手に入れば、いよいよ髪を刈っていきましょう。

とはいえ、セルフカットをするには、しっかりとした下準備が必要。

ここでは下準備を、

  • 具体的な準備
  • 心の準備

の2つに分けてご説明していきます。

具体的な準備

具体的な準備として必要なのは以下の3点。

  • 浴室にバリカンを用意する
  • 排水口にはネットをかぶせておく
  • カットした髪を取り除くためのゴミ袋を用意する

まず、バリカンで坊主にする場所として、おすすめなのは浴室です。

バリカンで髪を刈るとかなり広い範囲に髪の毛が散らばるので、前もって新聞紙などをたくさん床に敷かなければなりませんし、その外に飛び散った毛を掃除機で片付ける必要もあるかもしれません。

その点、浴室なら事後にシャワーで流せばいいだけなので、後片付けが圧倒的に楽

とはいえ、飛び散った毛を一気に流すと排水口が詰まってしまうこともありますから、排水口にはあらかじめネットをかぶせておくことをおすすめします。

髪のボリュームが多い状態から坊主にする場合には流す毛の量も多くなるので、こまめに髪を取り除いて捨てる必要もあるでしょう。
そのために、カットした髪を取り除くためのゴミ袋も用意しておくと後片付けがスムーズに終わります。

心の準備

次に必要なのは、心の準備。

こんな坊主になりたい」というイメージを、具体的に描きましょう。

一般的に坊主といわれる髪の長さは、3mm~9mmです。

でも初めて坊主にする方は、ミリ数を言われてもピンとこないですよね。
そこで、それぞれの長さごとに、どんな見た目になるのかをお伝えします。

≪9mm≫

9mmだと、ある程度の長さがあるので、いかにも坊主という印象は与えません。
ツーブロックにするなど工夫すれば、いわゆるおしゃれ坊主にすることも可能。

≪6mm≫

うっすらと地肌が覗くほどの長さが6mm。
坊主、という印象も強まります。

≪3mm≫

ここまでくると、はっきりと地肌が透けて見えます。
冬だと寒いほどの長さです。

イメージはできましたか?
なりたい坊主をしっかりとイメージしてからバリカンを使って、「こんなはずじゃなかった」なんてことにならないようにしてくださいね。

準備が整ったところで、いよいよバリカンで坊主にしましょう。

頭全体を丸刈りにするスタイルと、部分的に長さを残すおしゃれ坊主のスタイルとに分けて見ていきますね。

まずは丸刈りから。
頭の各部位に分けて、刈り方をお伝えしていきます。

  • 前頭部
  • 頭頂部
  • 側頭部
  • 後頭部

の順に進めます。

重要なのは、

  • ゆっくり、少しずつカットする
  • 髪の状態をこまめに確認する

という2点です。

焦って一気に刈ってしまったり、髪の長さをよく確かめないままバリカンを動かしたりすると、望んでいたのとは違う結果になることもあるので注意してくださいね。

①前頭部

まずは前頭部。

最初はミリ数を9mmに合わせて、毛の流れに逆らうように、つまり生え際から頭頂部に向けて、バリカンを動かしていきます。

3mmや6mmに仕上げる予定でも、まずは9mmに刈り込んでいくことをおすすめします。

ある程度髪の量を減らしてから、アタッチメントを3mmや6mmのものに付け替えてさらに刈っていきましょう。
その際には、バリカンの刃を地肌に沿わせるようにして、あらゆる方向から滑らせていくようにして刈っていくのがコツ。

②頭頂部

続いて頭頂部。

前頭部と同じように9mmのアタッチメントを使い、毛の流れに逆らうようにあらゆる方向からつむじに向けてバリカンを動かします。

ある程度短くなったところで、3mm~6mmのアタッチメントに付け替えて、さらに全体を刈っていきます。

ここでも前後左右あらゆる方向からバリカンを動かすのがコツ。

同じ方向からだけカットしていくと、刈り残しやムラができることがあるので注意してくださいね。

③側頭部

側頭部も、毛の流れに逆らうように下から上に向けてカットしていきます。

ここでも一方向からにならないように、あらゆる方向からバリカンを動かしていくことを忘れずに。

側頭部のカットのポイントは、耳まわりです。
耳たぶが邪魔になって剃り残しのでやすいところなので、しっかり耳たぶを押さえて、慎重に刈っていきましょう。

また、揉み上げ部分を刈るときには、アタッチメントを外し、刃を直接地肌に当てて動かしてください。
バリカンの設計上、切れることはありませんが、刃は優しく当てましょう。

④後頭部

後頭部は、手探りでカットするしかないため、最も難しい部分です。

ですが、バリカンの当て方は同じで、下から上に向けて、9mmでカットした後に、3mm~6mmに変えて、あらゆる方向から刈りましょう。

刈り具合を確認するのも難しいですが、合わせ鏡にしてみるなど工夫をして、刈り残しやムラがないようにカットしてくださいね。

また、襟足部分は刈りづらいところですが、揉み上げと同じように、アタッチメントを外して刃を当てると綺麗に仕上がります。

最後に、バリカンで坊主にしている動画をご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

続いておしゃれ坊主のスタイルを見ていきましょう。

おしゃれ坊主にもいろいろありますが、ここでは、ツーブロックソフトモヒカンをご紹介します。

ぜひマスターしてくださいね。

ツーブロック

まずはツーブロックから。

世界的に流行しているこの髪型。
おしゃれで爽やかな印象を与えることができるので、試してみたい方も多いのでは。

ツーブロックの坊主を作るコツは、グラデーション

3mm、6mm、9mm、長めがいいなら9mm、12mm、15mmという具合に、トップにいくにつれて少しずつ長くしていきます。

まずは、刈り込む部分と長く残す部分との境目を決めます。

その境目から上の髪を、ダッカールやヘアピン、ヘアバンドなどでしっかり上げてから、それより下の部分をバリカンで刈っていきます。

長さは好みになりますが、坊主カットにツーブロックを合わせるなら、3mm~9mmがおすすめです。

刈るべき部分をまずは9mmでカットして、その後に6mm、3mmとグラデーションをつけて刈っていくと綺麗なツーブロックに仕上がります。

慣れてくれば、バリカンを下から上に動かしていく際に、バリカンを外側に反らせることによってグラデーションを作るやり方もあります

…と言われてもピンとこない、という方のために、ツーブロックにしている動画をご紹介。

何度もご覧になってイメージトレーニングを重ねてくださいね。

電源を入れていないバリカンを頭に当ててみて、事前に練習してみるのもおすすめです。

ソフトモヒカン

続いてはソフトモヒカン

トップから後頭部にかけて長めに残す、スタイリッシュな髪型です。
こんな髪型がバリカンひとつでできるなら素晴らしいですよね。

まずはサイドや耳まわりから。

ダッカールやヘアバンドで境目を作ってから、長めのアタッチメントをつけたバリカンで、ざっと刈っていきます。
その後に少しずつ短めのアタッチメントに付け替えて、グラデーションをつけていきましょう。

次に、前髪からトップにかけてのカット。

20mm以上のアタッチメントで、長めに刈っていきましょう。
最初は気持ち長くしておき、鏡を見ながら好みの長さに調節していくのがコツです。

気をつけていただきたいのが、トップとサイドの境目
髪の流れが逆になるので、グラデーションをつけてカットすることで境目をぼかして自然な感じに仕上げましょう。

バリカンを使った坊主カットの方法をお伝えしてきました。

イメージは掴んでいただけましたか?

バリカンの選び方から下準備、具体的なカットの方法までをご紹介したので、すぐにでもカットをしたい!と思われたかもしれません。

坊主にするなら、美容室に通うより断然お得なのがバリカン。
これを機に、ぜひバリカンの使い方をマスターして坊主ライフを楽しんでくださいね。