目次

  1. 前髪のつむじのパックリ割れをどうにかしたい!
  2. 前髪がつむじ割れする原因とは
  3. 自宅でたった3分!前髪のつむじの割れを直すヘアセット方法
  4. 前髪のつむじ割れを縮毛矯正やストレートパーマで直すのはNG
  5. 前髪のつむじの割れ対策!おすすめ髪型10選
  6. つむじ部分の薄毛が気になる人には前髪ウィッグがおすすめ
  7. 便利!スタイリング剤や皮脂のベタつきで、前髪のつむじ割れが発生したときの対処法
  8. 前髪のつむじの割れを解消して気分良い毎日を

前髪につむじがあって、いつも同じ分け目で分かれてしまう
毎朝、髪型をセットしても、気がつくと前髪がパックリ割れている

こんな風に、前髪のつむじ割れに悩む女性も多いのではないでしょうか。

前髪_つむじ_分け目_生え癖

つむじからの生え癖が強く、いつも同じ分け目になる前髪。

前髪_つむじ_ぱっくり_割れ

つむじによって、パックリ割れてしまう前髪。

前髪、つまり生え際あたりにつむじがあると、前髪が自動的にパックリ分かれてしまったり、前髪が浮いきてしまうなど、ヘアアレンジがしにくいですよね。

しかも前髪がパックリ分かれてしまうと、見た目にも心なしか「ワタシって薄毛?」と思えてしまう時さえある方もいるのではないでしょうか。

特に女性にとって、髪型の中でも前髪は顔の印象を大きく変えるもの。

前髪の仕上がりや分け目具合でその日の気分だって変わってきますから、少しでも自分の理想の分け目や前髪に整えたいと思うでしょう。

そこで、今回は生え際付近のつむじによる前髪のパックリ割れや癖の直し方と、つむじを気にしなくて良い前髪のヘアアレンジをご紹介します。


\ 前髪のつむじ割れの直し方をすぐ見たい人はこちら /

まずは、前髪の分け目がつむじにより、パックリ割れてしまう理由についてご説明しましょう。

そもそもつむじとは、「頭部の毛髪がうず巻きのように生えている部分」のことを指します。

つむじ

髪はつむじを中心に渦巻き状に生えています。

一般的につむじは頭頂部や後頭部にあります。

それにも関わらず、つむじが前髪付近にあり、前髪がぱっくり分かれてしまうというのは、どういうことなのでしょうか?

先述どおり、一般的につむじは後頭部にありますが、まれに前髪の生え際あたりにつむじがあるという人もいます。

そのため、つむじによって前髪が分かれやすくなるのです。

とはいえ、読者の方のなかには、「前髪につむじはないのに、前髪がパックリ割れる」という人も少なくないでしょう。

下の写真をご覧ください。

前髪_つむじ_ぱっくり_割れ

生え癖により、前髪がパックリ…。

上の写真の前髪は、前髪につむじがあるわけではありませんが、分け目ができています。

つまり、前髪につむじがない場合でも、頭頂部や後頭部のつむじによる毛流れが強いと、前髪が分かれやすくなるのです。

つむじによる毛流れは人それぞれ異なりますし、生え癖が強い人は前髪が浮いてしまったりするでしょう。

ですから前髪の生え際あたりにつむじがなくても、前髪がパックリ割れてしまうことも。

では、つむじにより前髪が分かれてしまう原因を具体的にみていきましょう。

前髪がつむじの割れを引き起こす3つの原因

つむじにより前髪が分かれやすくなる原因として考えられる要因は、大きく3つあります。

  • 髪型をセットする時、分け目がいつも同じ
  • シャンプー後、髪をすぐに乾かしていない
  • もともと生え癖が強い

一つひとつ説明していきましょう。

前髪がつむじ割れする原因①髪型をセットする時、いつも分け目が同じ

いつも同じ分け目をしていると、髪の根元に癖がつきます

そして、徐々にそれが生え癖となっていくのです。

さらに、髪の根元に癖がつくと、根元がペタッとしてしまうため、髪のボリュームダウンにも繋がります。

いつも同じ分け目にしているという女性は、こまめに分け目を変えると良いでしょう。

メンズでも同じことが言えるので、生え際のつむじで困っている男性は分け目を毎日同じにせず、変えてみましょう。

前髪がつむじ割れする原因②シャンプー後、髪をすぐに乾かしていない

シャンプー後の濡れた髪を自然乾燥させたり、少し時間をおいてからドライヤーで乾かしていませんか?

すぐに髪を乾かさず濡れた髪を放っておくと、乾く過程で前髪の生え癖がそのまま出てしまいます

また、すぐにブローしたとしても半乾き状態だと、同じことに。

シャンプー後は、すぐにブローしましょう。

そして、髪の根元からしっかり乾かすことを意識してください。

前髪がつむじ割れする原因③もともと生え癖が強い

もともと生え癖が強いという人もいます。

生え癖が強いと、前髪のつむじ割れを直すのはなかなか難しいかもしれません。

これから紹介するつむじの割れをなおす前髪のヘアセット方法を試しても、直らない可能性もあります。

そんな人は、美容師さんに相談してつむじの毛流れを生かして前髪をデザインしてもらうのがおすすめです。


前髪のつむじの割れを直すのに使うのは、ドライヤーと霧吹きだけ。
 

つむじによる前髪のパックリ割れを直すため、アイロンやコテを使ってセットしていているという女性もいるのでは。

しかし、「せっかく髪型をセットしたのに、数時間経つと元どおりになっていた」なんていう経験はありませんか?

つむじによる前髪のパックリ割れを直すには、髪の中間部分や毛先だけを直しても効果はありません

前髪のつむじの割れを直すには、髪の根元から癖をとることが大切なのです。

それでは、前髪のつむじ割れの直し方を、ご説明していきましょう。

 

<前髪のつむじの割れを直す方法>
ステップ①
前髪の根元を水で濡らします。霧吹きを使うとピンポイントで塗らせるので便利です。

ステップ②
後ろから前にドライヤーを当て、指の腹でつむじあたりの地肌をこすりながら乾かします。

ステップ③
半分ほど乾いたら、横から風をあて地肌をこすりながら乾かします。左右それぞれ3〜5秒間隔で約2往復繰り返します。

ステップ④
全体が乾いてきたら、ドライヤーを冷風に切り替えてブラシで整えます。冷風は髪を固定してくれるので、セットが崩れにくくなります。
ステップ⑤
髪も地肌も十分に乾いたら完成です。
 

下の写真は、ブローする前とした後の写真を比べたものです。

ブローした方は、生え際のつむじ割れがしっかり直っているのがわかりますね。


比べてみると、前髪のつむじ割れの違いが明らか。
 

ポイントは、乾かし方です。

髪の根元から癖を直すように、つむじ周りの髪の根元を軽くこするようにして乾かしましょう。

この時、強い力でこすったり、爪を立ててしまうと頭皮を傷つけてしまうことがあるので注意してください。

このブロー方法は、朝起きてから髪をセットする際にしてもOKですが、お風呂上がりの濡れた髪を乾かすときにもこのブローをしておけば、翌朝のヘアセットもより簡単になります。

また、朝のヘアセットの際には、霧吹きを使って、前髪のつむじ部分だけ濡らして乾かすのがおすすめ。

霧吹きを使えば、ピンポイントで髪の根元を濡らせます

このように前髪のつむじ割れを直すのは、ドライヤーを使って2〜3分でできるので、ぜひトライしてみてくださいね。

それでも、「ドライヤーを使ってヘアセットするのが面倒」だという女性は、つむじによる前髪や分け目のパックリ割れが目立たない髪型を紹介するので、そちらをチェックしてみてください。


\ ヘアアレンジをすぐ見たい人はこちら /

前髪のつむじの割れを直した後は、ヘアスプレーで前髪を固定しよう

前髪のつむじ割れや分け目をブローで直した後は、ヘアスプレーを使って前髪のデザインを固定しましょう。

ワックスだと前髪がベタベタしやすいので、ヘアスプレーがおすすめです。


セットした前髪は、ヘアスプレーで固定するのがおすすめ。
 

写真のように、手で前髪を持ち上げてヘアスプレーを前髪全体にかけます。

顔にスプレーが直接かからないよう、手で額を覆うことがポイント。

ヘアスプレーだと、「髪がガチガチに固まって不自然になるのでは」と思う人もいるかもしれません。

しかし、最近はナチュラルな髪型に仕上げてくれるスプレーも多くあります。

それらを使えばふんわりした状態の前髪を長時間キープできますよ。

編集部のおすすめは、花王のヘアスプレー、ケープ

雨や風でも髪型が崩れないスーパーハード、ハネや広がりを抑えてやわらかさをキープするソフトタイプなど4種類あるので、自分の好みに合わせて選んでみてください。

  花王
  ヘアスプレー ケープ
 ➡︎Amazonページ

ちなみに、せっかくセットしたのに、皮脂や汗によって、夕方になると前髪がベタつく…なんて経験はありませんか?

前髪がベタベタすると、不快な上に、前髪のつむじの割れが目立ちやすくなりますよね。

そんな人に朗報!

ベタついた前髪をサラサラヘアに戻す方法があるのです。

その方法は、記事後半の便利!スタイリング剤や皮脂のベタつきで、前髪のつむじ割れが発生したときの対処法でご紹介しているので、ぜひチェックしてくださいね。

前髪のつむじの割れが気になる人には、きっと役立つ情報ですよ。

前髪のつむじの割れを直すために、美容院で縮毛矯正やストレートパーマをかけようと考える女性もいるでしょう。

しかし、それはおすすめではありません。

これまでご紹介してきた通り、前髪のつむじ割れは、髪の根元部分、つまり生え癖によるものです。

縮毛矯正やストレートパーマをかければ、そのときは癖が直ったように感じるかもしれません。

しかし、根元の髪が伸びれば、また前髪のつむじ割れが起きてしまいます

さらに、縮毛矯正やストレートパーマをかけた髪の薬剤が、完全に取れるまでには数か月かかります。

その間アイロンやコテを使って無理やり直そうとすれば、前髪にさらなるダメージを与えてしまいます

縮毛矯正やストレートパーマは前髪のつむじの割れを根本的に解決するものではないので、安易にかけるのはおすすめしません。

つむじによる前髪の分け目の癖が強くて、パックリ割れてしまうという女性は、毎朝ドライヤーとブラシで髪型をセットする以外にも方法はあります。

それはヘアアレンジ。

つむじや分け目の癖を気にしなくて済む、おすすめの髪型のヘアアレンジをセレクトしたので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの髪型は、大きく分けて以下の4つに分けて、10種類ご紹介します。

ロングでもショートでも、髪の長さに関わらずチャレンジできる髪型ばかりなので、ぜひ好みの髪型にトライしてみてください。

つむじの割れを生かした<流し&アップバング>

つむじ割れを生かしたまま前髪を伸ばして流す髪型は、簡単でおすすめ。

流した前髪の毛先をアイロンやコテを使ってカールさせれば、適度な抜け感も出ておしゃれな雰囲気に。

前髪を伸ばして流すだけでイメチェンができるので、今のショートに飽きたという人は、写真のようなクールで大人っぽいショートに挑戦してみてはいかがでしょうか。

長い前髪ならくせ毛も活かすことができそう。

前髪をかきあげるヘアスタイルのアップバングもおすすめ。

カジュアルなイメージのショートヘアでもアップバングにすれば、大人の女性らしい印象に。

つむじ通りに分けると髪がペタッとしてしまう人は、つむじとは逆方向に前髪をかきあげれば、髪が立ち上がってふんわりし、見た目もボリュームアップ。

直毛の人は、毛先にニュアンスのあるパーマをかけてみるのも手です。

この髪型のアレンジはショートの人に限らず、レングスがもっと長い人でもOK。

また、最近”髪のボリュームが少ない””薄毛かどうか気になる”という人にも最適です。

つむじからそのまま伸ばした<ワンレングス>

ワンレンとは、ワンレングスの略で、髪の表面に段を入れず、同じ長さに切りそろえた髪型のことを言います。

前髪を作らない髪型で、段やレイヤーを入れずに毛先をすべて同じ長さに切り揃えているので、重めな雰囲気に。

センターで分けなくても、前髪のつむじがあるところで分ければOK。

ワンレンは、前髪の生え際あたりにつむじがあってもできる髪型で、ストレートでもパーマでも自然になじみます。

前髪のつむじ割れ部分の毛量を増やしてカバー<厚めのバング>

前髪のつむじ割れが気になるものの、前髪を作りたいという女性は、毛量を多めにとった厚めのぱっつん系バングがおすすめ。

後ろから髪の毛をとり、つむじ周りの前髪にかぶせることで、毛量に重さが出ます。

そうすると、前髪がパックリ割れにくくなります。

重めの前髪は好みじゃないという人は、毛先をそろえずに、すきバサミで毛量を減らせば、軽い印象にすることができます。

小物などを使ってつむじの割れを隠す<ヘアアレンジ>

つむじの割れが気にならないような髪型のヘアアレンジも、いろいろなバリエーションがあります。

上の髪型のように、前髪をふんわりアップさせたポンパドールは、つむじ割れが気になりません。

ポンパドールは、前髪をまとめてねじった髪を前に押し出して、後ろでピンで留めるだけとやり方も簡単です。

ショートの人やパーマをかけている人、前髪のくせ毛が気になる人にもおすすめ。

小物を使ってヘアアレンジするのも手です。

たとえば、前髪をサイドに流してヘアピンで留めれば、つむじの割れが気になりません。

あえて、つむじによる分け目とは逆方向に前髪を流せば、つむじ割れしやすい生え癖の解消にも繋がりそうです。

このヘアアレンジも、前髪のうねりやくせ毛に悩んでいる人にもおすすめ。

前髪をサイドで編み込みにするアレンジもフェミニンでおすすめです。

この髪型ならつむじ割れは気になりませんし、編み込むだけで女性らしい華やかな雰囲気に。

こちらの髪型は、ある程度前髪が長い人じゃないと、編み込んだときにサイドから髪がピンと出てしまうので、注意しましょう。

バンダナやヘアバンドを使ったヘアアレンジも、生え際付近にあるつむじを簡単に隠せるのでおすすめ。

巻き方次第で、可愛らしくもクールにも見せることができますよ。

この髪型も髪自体をバンダナなどで隠すアレンジなので、”最近抜け毛が多くて…”という人や”薄毛かどうか気になっている”という人にも最適です。

いっそ帽子をかぶるのも、つむじを含めた前髪全体を隠せるのでおすすめ。

帽子をかぶれば、つむじだけでなく、寝癖もカバーできる、簡単でおしゃれなアイテムです。

前髪のつむじ割れが気になる女性の中には、つむじ辺りが薄毛になっているかも?と感じている人もいるのではないでしょうか?

長年の生え癖により、髪の根元がペタンコになっている上に、いつも同じ分け目をしていると、分け目の間隔が広くなってきます

そのため、つむじ部分が薄毛になったり、薄毛に見えてくることがあるのです。

髪型を変えても分け目自体が気になるという人は、前髪ウィッグの使用がおすすめ。

とはいえ、前髪だけウィッグにすると、「地毛との境目に違和感があるように見えるのでは」と心配に思う人もいるでしょう。

しかし、最近はウィッグのカラーバリエーションが豊富

ヘアカラーをしていても自分の髪色や髪型に合った馴染みやすいウィッグが見つけられるはずです。

また、耐熱性能を備えているウィッグが多く、ドライヤーやアイロン、コテなどを使うことも可能

その時々の気分で前髪をカールさせたり、ストレートにしたりとアレンジすることもできます。   

これから、いくつかおすすめの前髪ウィッグを紹介していくので、気になるものがあればぜひ試してみてくださいね。

リーズナブルで種類も豊富「アクアドール ぱっつん+サイドあり 前髪ウィッグ 」



【商品名】ぱっつんサイド付き前髪ウィッグ
【価格】1,054円(税込)

普段使いから医療用まで取り揃えるウィッグ、エクステ専門店、アクアドールの前髪ウィッグ。

ウィッグにはサイドの髪も付いているので、自然に地毛と馴染ませることができます

使い方は、まず地毛の前髪をサイドにヘアピンで留めます。

前髪ウィッグのつけたい位置を決めたら、ウィッグについているクリップを留めて固定したら完成です。

地毛と前髪ウィッグの境目が気になる場合は、ヘアバンドや帽子などアイテムと一緒に使うのがおすすめ。

このタイプの前髪ウィッグは、ライトブラウン、ダークブラウンなど6種類のカラーを取り揃えています。

手植えだから自然な立ち上がりに「プリシラ ふんわり総手植え前髪ウィッグ」



【商品名】ふんわり総手植え前髪ウィッグ【ななめバング】FX-101耐熱
【価格】3,132円(税込)

ウィッグとエクステの専門店、プリシラの前髪ウィッグは、マシンメイド(機械植え)と手植えの2種類があり、こちらはすべての毛を1本1本丁寧に手植えされたもの。

地毛に取り付けるネットの際部分から植毛しているので、ふんわりとした自然な立ち上がりです。

こちらの前髪ウィッグは、シャギーカット×毛先カールでふんわりサイドに流せます。

さらに、耐熱ウィッグなので、アイロンやコテを使うことも可能

ブラックやナチュラルブラウン、アッシュイエローなどカラーは6種類を取り揃えています。

人気の前髪を実現「ブライトララ 前髪ウィッグ 手植え シースルーバング 」



【商品名】前髪ウィッグ 手植え シースルーバング
【価格】1,380円(税込)

ブライトララは、医療用から、普段使い、コスプレ用など幅広いニーズのエクステ、ウィッグを取り扱うお店です。

こちらの前髪ウィッグも100パーセントハンドメイドのため、生え際が自然な仕上がりに。

前髪のタイプは、人気なシースルーバング(おでこが見えるくらいの軽めな前髪)。

つむじ割れする前髪タイプの人は、地毛ではふんわりとした仕上がりのシースルーバングは作りにくいですよね。

こちらの前髪ウィッグなら、理想の前髪を実現してくれます。

色は、ナチュラルブラック、ビターブラウン、アーモンドモカ、マロンブラウンの4種類です。


髪のべたつきにより、前髪や分け目がパックリ割れてしまう場合には、ベビーパウダーがおすすめ。
 

最後に「朝セットしても皮脂や汗によって、夕方になると前髪がベタつく」という女性に、役立つ情報をお届けします。

前髪のつむじ割れで髪型に悩む女性の中には、ワックスを使って分け目の癖を直す女性もいますよね。

しかし、ワックスを前髪につけると、髪がベタつきやすくなります

また朝はしっかりセットできたとしても、夕方になるにつれ額の汗や皮脂も出てきて前髪がベタつき、結果前髪がパックリ割れてしまうことも。
  
そんなときに、おすすめなのがベビーパウダーです。

ベビーパウダーとは、あせもやただれを防ぐために肌に塗る粉末のことで、赤ちゃんの肌に塗るものとして広く知られています。

このベビーパウダーの主成分であるコーンスターチやタルクは、皮膚に塗ると肌の水分や油分を吸い取る性質があります。

こうした性質により、ベタベタした髪にベビーパウダーをつけると、頭皮や髪の余計な油分や水分を吸い取り、髪がサラサラになることが期待できるのです。

ベタベタの髪型をサラサラに!ベビーパウダーの使い方


少量のベビーパウダーを前髪に塗って、櫛でといて馴染ませればOK。
 

ベタベタした前髪にはベビーパウダーをつけるのがおすすめと言ったところで、ピンと来ない人もいるでしょう。

ここでは、前髪に塗る場合のベビーパウダーの使い方と、髪につけた際の髪型の変化を簡単にご説明します。

ベビーパウダーを使って、ベタベタした前髪や分け目を直す方法は、とっても簡単。

  • ① ベビーパウダーを少量手に取る 
  • ② 指に粉をつけて、ベタつきが気になる前髪や分け目部分に塗る
  • ③ 額や地肌の油分でベタつくので、髪の内側にも塗る
  • ④ 櫛でといて粉を馴染ませる

下の写真は、ベビーパウダーを塗る前と、塗った後を比較したもの。

ベビーパウダーを塗った前髪は、ふんわりサラサラになっているのがわかりますよね。


ベビーパウダーを塗る前のべたついた前髪(Before)に比べて、ベビーパウダーを塗った後(After)はふんわりサラサラの前髪に。
 

前髪の変化は写真を見れば、一目瞭然。

ベタついていた前髪が、ベビーパウダーによってサラサラヘアに変わりました。

前髪のつむじの割れや分け目を気にして、がんばってヘアセットしても、前髪がベタついたら台無し。

ワックスなどを使ったヘアセット後や、皮脂や汗で髪がベタついた時は、ベビーパウダーを前髪につけてみるのも手です。

  JOHNSON’S
  ジョンソンベビーパウダー
 ➡︎楽天ページ

今回は、生え際付近のつむじや生え癖によってパックリ割れてしまう前髪の直し方や、それらをカバーする髪型を紹介しました。

ただし、なかには、「生え癖が強くて、どうしても手がつけられない」という女性もいると思います。

そんな方は、髪型について美容師さんに相談してみることをおすすめします。

プロに相談すれば、自分の生え癖を生かした髪型を提案してくれたり、自分でできるヘアセットのコツなどを教えてくれます。

前髪の状態次第でその日1日の気分も変わるくらい、女性にとって前髪は大切なポイント。

今回の記事を参考に、前髪のつむじ割れを解消する方法を試してみてくださいね。