目次

  1. “前髪の抜け毛”が多い気がする…!原因は何?対処法はある?
  2. その前髪の抜け毛、正常?異常?
  3. 前髪の抜け毛が増える【原因】と【対処法】
  4. 原因にマッチした対処法で適切なケアを!
前髪の抜け毛、最近多いかも…。
前髪の抜け毛、最近多いかも…。

「気づいたら、前髪あたりからやたらと毛が落ちる」

なんて、前髪の抜け毛トラブルにお困りではありませんか?

この抜け毛って異常?何か対処すべき?など、さまざまな疑問をお持ちの方のために、この記事では「前髪の抜け毛」について詳しく説明いたします。

  • “危ない前髪の抜け毛”の判断基準

  • 前髪の抜け毛の“原因”

  • 前髪の抜け毛が起きた際の“対処法”

などをお伝えして参りますので、ぜひ参考にしてみてください。

もしかしたら異常かも?
もしかしたら異常かも?

対策すべきか知りたい…!

前髪の抜け毛を気にする方にとって、とても重要なのが「その抜け毛が正常の範囲内であるのか」という点かと思います。

今すぐ対処すべき抜け毛であるのかどうかも、きちんと判断したいですよね。

そこで、この段落では髪の毛が健やかに育つための周期(ヘアサイクル)の説明も交えて、対処すべき前髪の抜け毛の判断基準をお伝えしていきます。


髪の毛は、2~6年の間“古い髪が抜けて新しい髪が生える”という「ヘアサイクル」を繰り返していますので、髪が抜けること自体は普通のことです。

ちなみに、
髪が健康な方であれば毎日50~100本前後の抜け毛があると言われています。

ただし、上の数値を基準にするにしても、実際に1本1本抜け毛の本数を数えるのは難しいですよね…。

そんな時は、以下の“目安”を参考に、抜け毛が多いかどうかを判断してみてください

  • 以前に比べて抜け毛が増えた

  • 以前より排水口に髪の毛が詰まる頻度が増えた
  • 抜けた毛が「細い・短い」
  • 抜けた毛の毛根が「黒く、形がいびつ」

抜け毛に上記のような特徴が見られる場合は、何かしらの対処をするべきと判断してよいでしょう。

次項からは、そんな前髪の抜け毛が増える「原因」と「対処法」について解説していきましょう。

さっそく、前髪の抜け毛が増えてしまう原因対処法を紹介していきましょう。

前髪の抜け毛が増える原因として考えられるのは、以下の4つです。

それぞれ、前髪の抜け毛の対処法とともに詳細をお伝えいたしますので、ヘアケアの参考にしてみてください。

①生活習慣の乱れ

前髪の抜け毛が増える原因として、まず挙げられるのが生活習慣の乱れです。

具体的には、こちら。

  • 偏った食生活
  • 過度なストレス
  • 質の低い睡眠
  • 運動不足
  • 飲酒・喫煙を控える

それぞれ詳しい内容対処法を併せてお伝えしていきます。

偏った食生活

食事は体の資本です!
食事は体の資本です!

偏った食事ばかりを摂取していると、髪の成長・生成に必要な栄養素が不足し、頭皮まで行き渡らなくなってしまいます

すると、髪の毛は痩せ細って抜けやすい状態になってしまうのです。

もちろん前髪も例外ではありません。

そんな事態に陥らないよう、しっかりと栄養バランスのとれた食事を心がけ、健やかな頭皮・髪の毛に必要な栄養素を補充しましょう

主に重要な栄養素は、以下の3つとされています。

  • たんぱく質
  • ビタミン
  • ミネラル

「なぜこの栄養素が必要なのか」「具体的にどんな食材から摂取するべきなのか」などが気になる方は、《こちら》の関連記事も併せてご覧ください。

過度なストレス

ストレスは心だけでなく体も蝕みます。
ストレスは心だけでなく体も蝕みます。

過度なストレスを受けたり、溜め込んだりしてしまうと、自律神経の乱れから血管の収縮が起こり血行が悪くなります

血行が悪くなると、血液によって送られる栄養が頭皮まで行き渡らず、前髪を含む髪の毛の成長に影響してしまう可能性があるのです。

すると、健康な髪がしっかりと育たず、抜けやすくなってしまいます

この対策として、ストレスは溜めず、こまめに解消・発散するように普段から意識してみてください。

ランニングやヨガなどの有酸素運動は、ストレス発散だけでなく、リラックス効果血行促進効果も期待できるのでおすすめです。

また、男性趣味に没頭する時間を作る女性友人などと会話する時間を設けることもストレス発散には重要になります。

ご自身にあったストレス解消法を生活に取り入れて、心も健やかに保ちましょう

質の低い睡眠

深く、長く眠るのが睡眠の基本。
深く、長く眠るのが睡眠の基本。

睡眠不足も間接的に前髪などの抜け毛の原因となることがあります。

睡眠時間が不足していたり、質の悪い眠りが続くと、自律神経が乱れて体はもちろん、頭皮や髪に影響を与えます

髪の成長にも関係する“成長ホルモン”は、「寝ている間に多く分泌される」と言われているので、質の良い睡眠を長時間きちんと担保する必要があります。

良質な睡眠のためには、寝る前にスマートフォンやテレビ、パソコンを見るのを控えるのがおすすめです。

運動不足

髪だけでなく、健康のためにも適度な運動を心がけましょう。
髪だけでなく、健康のためにも適度な運動を心がけましょう。

運動不足は体中の血行を悪くするため、健やかな髪の成長に必要な栄養素をきちんと頭皮に運べない要因になります。

血行促進を促すための運動は、ジョギング、ヨガ、サイクリングなどの有酸素運動がおすすめです。

血行改善効果が望めるのはもちろん、有酸素運動は「ストレスホルモン」と呼ばれるストレスの元を分解し、快楽を感じる物質「エンドルフィン」の分泌を促すと言われているため、ストレスの解消にも役立ってくれます

また、健やかな血流を維持するためには継続的な運動が必要です。

思いついた時に一気にやるのでは健やかな体づくりのためにはならないので、「適度な運動を続ける」ことを目標に取り組んでみてください。

  • 帰宅時は一駅前で電車を降りて歩いて帰る
  • 基本的には階段をメインに使う

など…。

無理のない範囲の運動を、生活にうまく取り入れましょう。

飲酒・喫煙を控える

過度の摂取はNG
過度の摂取はNG

アルコールの摂取は適量であれば問題ありませんが、深酒や日常的な飲酒は控えましょう

「飲酒をすると寝入りが良くなる」とも言われていますが、アルコールを摂取すると睡眠の質が低下してしまいます。

睡眠時間をしっかりと確保していても、睡眠不足状態に陥ることもあるので注意しましょう。

また、喫煙は血管を収縮させるため血流が悪化します

これでは、頭皮や髪に栄養が届かなくなるだけでなく、ほかの部位の健康にも支障をきたす可能性があるので、ぜひとも禁煙に挑戦してみてください。

②頭皮環境の悪化

頭皮環境の悪化も、前髪の抜け毛が増える原因となり得ます。

具体的には、次のようなことが挙げられます。

  • 間違ったシャンプー選び
  • 不適切な洗髪方法
  • スタイリング剤のつけすぎ
  • パーマ・カラーのやりすぎ

など。

こちらも、それぞれ詳しく見ていきましょう。

間違ったシャンプー選び

ご自身の頭皮に合ったシャンプー選びが必要です。
ご自身の頭皮に合ったシャンプー選びが必要です。

頭皮の肌質は、人それぞれ違います。

“頭皮タイプに合わないシャンプー”を使用していると、髪の土壌となる頭皮が荒れて前髪をはじめとする髪の抜け毛につながりかねません。

したがって、ご自身の頭皮タイプにあったシャンプーを選ぶようにしましょう。

頭皮タイプは大きく分けると以下の「2種類」に分類できます。

  • 脂性肌
  • 乾燥肌

それぞれのタイプに合わせて、以下のようなポイントを抑えて適切なシャンプー選びを行ってみてください

■脂性肌の方

余分な皮脂を洗い流すため、「強い洗浄力のあるシャンプー」を選びましょう。
ただし、皮脂には頭皮を乾燥や外的ダメージから守る役割もあるため、洗いすぎには注意してください

■乾燥肌の方

もともとの皮脂の分泌量が少ないので、「皮脂を落としすぎない洗浄力のシャンプー」を選びましょう。
頭皮の乾燥がひどい場合は、さらに保湿成分が含まれているものなどがおすすめです。

不適切な洗髪方法

健やかな頭皮環境のためには「洗い方」も重要!
健やかな頭皮環境のためには「洗い方」も重要!

不適切な方法でシャンプーを行うと、頭皮を傷つけたり、汚れが残留したりして、頭皮環境が悪化する恐れがあります。

頭皮環境が悪化すれば、頭皮の炎症皮膚疾患が起こり、前髪などの抜け毛につながる可能性もあります。

今回はその対処法として、ヘアラボおすすめの洗髪方法をお伝えいたしましょう。

以下のような手順で、しっかりと清潔な頭皮環境を守ってくださいね

  • シャンプー前にブラッシングをする
  • ぬるま湯で丁寧に予洗いをする
  • シャンプーはよく泡立ててから頭皮につける
  • 指の腹を使い、頭皮をマッサージするように洗う
  • 頭皮にシャンプーが残らないようにしっかりとすすぐ

「さらに詳しいシャンプーの選び方・洗髪方法を知りたい!」という方は、《こちら》の関連記事も一緒にチェックしてみてください。

スタイリング剤のつけすぎ

つけ方次第で頭皮環境悪化の要因に…
つけ方次第で頭皮環境悪化の要因に…

スタイリング剤のつけすぎは、スタイリング剤の頭皮への付着頭皮への残留を引き起こす要因となります。

頭皮についたスタイリング剤は毛穴を詰まらせて頭皮トラブルを誘発しかねません

このような頭皮環境の悪化は髪の成長にも影響し、最終的には前髪などの抜け毛を招くことがあります。

抜け毛につながらないよう、スタイリング剤は適量を付け、できるだけ短い時間の使用にとどめることを意識してみてください。

また、スタイリング剤を使用した日は、しっかりと洗い流すようにしましょう

パーマ・カラーのやりすぎ

ヘアチェンジは節度を持って楽しみましょう。
ヘアチェンジは節度を持って楽しみましょう。

カラーやパーマに使われている薬剤は、どのようなものを用いたにしろ頭皮にとっては刺激になります

したがって、頭皮に薬剤が付着することで頭皮が炎症を起こしてしまうことがあります。

その影響により、抜け毛や薄毛を引き起こしてしまうことも…。

カラーやパーマは頭皮への負担が大きいため、なるべく期間を空けて行うのがおすすめです。

「前髪の抜け毛が気になる」という方の場合は、基本はしない

もしくは、頻度を少なくしたり、できるだけ頭皮に薬剤をつけないように工夫する必要があります。

③脱毛症

脱毛症による抜け毛の可能性もあります。
脱毛症による抜け毛の可能性もあります。

前髪の抜け毛が増える原因として、さらに考えられるのが脱毛症・抜毛症です。

いくつか考えられるものがありますが、今回は特に“可能性が高い”と考えられる「AGA(男性型脱毛症)」症状について紹介していきます。

AGA(男性型脱毛症)とは、おもに頭頂部前頭部に起こる薄毛の症状のことで、思春期を過ぎた男性であれば誰にでも発症の可能性があります。

日本人の成人男性の「4人に1人」「20代でも10%」の男性が発症すると言われている、ポピュラーな脱毛症です。

上記のように、“頭部の前側〜てっぺんにかけて”に抜け毛を引き起こす脱毛症なので、前髪の抜け毛に関与している可能性が高いと判断できます。

こちらに関しては、治療しなければどんどん症状が悪化していく「進行性の脱毛症」なので、まずAGA治療の行えるクリニックに通院するのが賢明です。

それから、①②で紹介したような対処法も併せて取り入れ、少しでも頭皮環境をよくできるようにケアするのがベストでしょう。

※前髪の抜け毛が増えた時の“対処法”は“対策・予防法”にもなる!

対処と対策を兼ね備えたケア方法です。
対処と対策を兼ね備えたケア方法です。

これまで紹介してきた対処法は、その名の通り「すでに前髪の抜け毛が気になっている方」が行うべきケア方法です。

しかし、同時に「これ以上の悪化を阻止する」ため対策でもあり、「まだ心配はなさそうだけど、今からケアしておきたい」という方の予防法にもなります。

前髪などの抜け毛の増加を前もってケアしておきたいのであれば、ぜひ早いうちにトライしておくことをおすすめします。

前髪の抜け毛は、原因に合ったケア方法でしっかりと対処しましょう。
前髪の抜け毛は、原因に合ったケア方法でしっかりと対処しましょう。

ここまで、前髪の抜け毛が増えてしまう原因対処法について、詳しくお伝えしてきました。

おさらいになりますが、以下のようなポイントのいずれかに当てはまるような抜け毛は、対処が必要であると考えられます。

  • 以前に比べて前髪の抜け毛が増えた

  • 以前より排水口に髪の毛が詰まる頻度が増えた
  • 抜けた毛が「細い・短い」
  • 抜けた毛の毛根が「黒く、形がいびつ」

考えられる原因に合った対処法を適切に用いて、前髪の抜け毛の悪化を防ぎましょう

また、前髪の抜け毛がどんな原因であったとしても、ご自身の頭皮・髪の毛の状況をより正しく判断するためには専門家である医師の診断が必要です。

もちろんこの記事で紹介したような対処法を日々のケアとして用いることも大切ですが、少しでも「おかしいな」と感じるのであれば、できるだけ早いうちに皮膚科などに足を運ぶことをおすすめいたします。