目次

  1. アートネイチャーは途中解約できるの?増毛の疑問を徹底調査
  2. アートネイチャーは途中で解約できる?
  3. アートネイチャーを途中解約するまでの流れ
  4. 【要注意】途中で解約ができないことも…
  5. 【要注意】聞いてないよ!途中解約時の費用
  6. 実際に途中解約を試みた人の口コミ
  7. 条件をしっかり把握して契約をしましょう!

アートネイチャーの増毛は、薄毛・ハゲ対策としてはかなり高級の部類に属します。

高い料金を支払うことができ、結果に満足している方はさておき、中にはアートネイチャーを始めてみたものの「やっぱり支払いが大変」という方もいらっしゃるはず。

そのような方は、アートネイチャーを途中解約できるのでしょうか

また、途中解約した場合、支払ったお金は戻ってくるのでしょうか

さらに、違約金は発生するのでしょうか

お金に関する不安や心配は、早めに解消しておきたいですよね。

この記事ではアートネイチャーの途中解約について、口コミを交えながら紹介していきます。

育毛剤の場合、ほとんどの販売元は「30日以内であれば全額返金保証」と解約に応じています。

販売サイトにも、大きな文字で返金方法が書いてあります。

ところがアートネイチャーの公式ホームページには、途中解約の説明書き見当たりませんでした。

少なくともトップページには、「解約」の文字は掲載されていません(2018年1月現在)。

アートネイチャーのトップページのURLはこちらです。 http://www.artnature.co.jp/mens-artnature/

ただし、法律的に途中解約は可能です。

しかし契約から日にちが経過していまうと、返金が難しい場合がありますので注意してください。

アートネイチャーの途中解約は、契約から8日以内9日目以降で異なります。

それぞれ分けて解説します。

契約から8日以内(クーリングオフ)の場合

契約から8日以内ですと、クーリングオフという制度を利用できます。

クーリングオフはアートネイチャーの制度ではなく、法律上の仕組みです。

本来、契約というものは一度双方が合意に達したら、双方とも契約内容を守らなければなりません。

クーリングオフは契約の原則に例外を設けて消費者を守るための制度です。

クーリングオフが該当するケースは次の通りです。

  • 期間が1カ月を超える
  • 契約代金が5万円を超える
  • 契約を結び法定書面(契約書のこと)を受け取った日から8日以内

クーリングオフをするときは、利用者がアートネイチャー側に「通知書」を送る必要があります。

通知書は、契約日時や商品、会社名、自分の氏名・住所などを書いた上で、「支払った代金を返金してください。そして商品を引き取ってください」と記します。

クーリングオフが成立すれば、違約金などを支払う必要はなく、全額戻ってきます。

クーリングオフ対象期間後に途中解約する場合

契約から9日目以降になると、クーリングオフ制度は使えません。

つまりアートネイチャー側は、次のように主張できます。 - 契約は成立しています - 商品はお渡しします - お金はお支払いください - 支払い済みのお金は返金しません

それでも解約したい場合、あとはアートネイチャー側と話し合いをすることになります。

違約金を支払えば、解約できるかもしれません。

違約金を支払うといっても、利用者側がお金を渡すのではなく、支払ったお金から違約金分を差し引いて返金してもらうことになります。

1つ注意していただきたいのは、アートネイチャーのすべての商品についてクーリングオフができるわけではないということです。

クーリングオフを使うにはいくつかの条件をクリアしなければなりません。

もしクーリングオフを活用する場合、消費者センターに相談したほうがいいでしょう。

また、アートネイチャー側との話し合いの結果、途中解約できないケースもないわけではありません。

利用者側が悪質だった場合などは、解約できない可能性があります。

途中解約をする場合、違約金といった形で費用が発生してしまう可能性があります。

これは、利用者による解約によって、アートネイチャー側がするからです。

違約金はその損失を穴埋めするためのものです。

なぜ違約金という制度があるかというと、「契約が成立したら、双方ともに契約内容を実施しなければならない」からです。

「契約はした。でもやっぱりやめたい」というのは、本当は認められない行為なのです。

それでは実際に途中解約を試みた人は、どのような結果を迎えたのでしょうか。

口コミから探ってみます。

途中解約(クーリングオフ)できた人の口コミ

今年の6月にアートネイチャーの無料ヘアチェックに行って担当者に不安を煽られ契約してしまいました。その後、落ち着いて考えてクーリングオフを行いました。

翌月以降口座から引き落としがないのでクーリングオフはできたと思いました。しかし、今日知らない番号から不在着信があり調べたらアートネイチャーの事業所からのようでした。留守番メッセージはなかったです。クーリングオフは済んでいるのでこれは無視してよいのでしょうか。

出典: Yahoo!知恵袋

この方はクーリングオフの知識を持っていたのですね。

きちんと手続きを取り、翌月の口座からの引き落としは免れたようです。

ただ、今後どうなるか心配している様子です。

途中解約できなかった人の口コミ

 以前、アートネイチャー(東京都渋谷区)の店舗において、無料のお試し体験(ヘア・チェック、ヘア・フォーライフ、増毛お試し体験、育毛お試し体験)を受けたところ、「いまのうちに抜け毛予防しないと頭髪が抜けてしまう」と執拗に勧誘され、何時間も店舗に閉じ込められた末に、男性用カツラや増毛コースをクレジット払いで購入契約してしまいました。そのときの提携ローン会社は、セディナでした。その後、彼らの勧誘方法に疑問を感じ、解約を申し出ましたが、担当者がクーリング・オフに応じてくれませんでした。

出典: 提携ローン返還支援機構

この方はクーリングオフに応じてもらえなかったと主張しています。

いつクーリングオフを通知したのか分かりませんが、もし契約日から8日以内に通知を出していたとしたら、アートネイチャー側の対応が間違っているかもしれません。

しかしクーリングオフの通知を出したのが契約から9日目以降だった場合、クーリングオフできないのは当然、ということになります。

高い買い物ですから、必ず契約内容何度も確認しましょう。

そして少しでも迷ったら即断はせず、納得ができるまで契約は控えましょう

というのも、仮にクーリングオフが適用されてお金が戻ってきたとしても、クーリングオフの手続きは相当大きな手間です。

自分の納得がいく金額で受けられる薄毛治療を、根気よく探して行きましょう!