目次

  1. ラボモシャンプーの効果・使用感の口コミが知りたい!
  2. 《口コミまとめ》ラボモシャンプーの評価とは?
  3. ラボモのシャンプーの《特徴と相性》
  4. 頭皮にあったシャンプーを選んで適切なスカルプケアを!
ラボモシャンプーの実態がきになる…
ラボモシャンプーの実態がきになる…

「さっぱりした使用感で、しっかりと頭皮を洗浄できる」と話題の、アートネイチャー発ラボモシャンプー

薄毛対策頭皮ケアでたくさんの人を笑顔にしてきたアートネイチャーのシャンプーだから、「頭皮を少しでも健やかに保ちたい」という方は期待してしまいますよね。

このシャンプーは従来、1商品だけだったのですが、2017年10月に完全リニューアル。

男性向けと女性向けの2商品で新たに発売開始となりました。

今回は、そんなラボモシャンプーの口コミをもとに、どのようなシャンプーなのかを検証したいと思います!

一番参考になるのは、やっぱり使用した方の意見!
一番参考になるのは、やっぱり使用した方の意見!

ラボモシャンプーには、以下の2種類があります。

  • 男性用の「アートブラック」

  • 女性用の「シルキーソフト」

この2つのラボモシャンプーについて、使用感効果、自分の髪質や頭皮に合わない可能性もあるのかなど、毎日使うものだからこそ使っている人の評価が気になりますよね。

しかし、ラボモシャンプーは2017年10月に完全リニューアルして間もないシャンプー。

記事を執筆している11月現在、実は口コミ情報がまだありません…。

そこで、ヘアラボの編集部は知人に声をかけ、実際にラボモシャンプーを使用してもらい、独自に使用感や効果の口コミを集めてみました!

対象になったのは、乾燥肌の男性と脂性肌の男性一人ずつと、乾燥肌の女性と脂性肌の女性一人ずつ。

それぞれ男性用の「アートブラック」と女性用の「シルキーソフト」を2週間試してもらい、良いところ悪いところについて口コミを調査しました。

男性用「アートブラック」の口コミ

良い評価

泡立ちはとても良く、持続力もあるので何度も注ぎ足ししなくていい。そんなに値段は安くないけれど、この点を加味するとちょっとお得感があります。

出典: 乾燥肌の知人男性(Hさん)

いつもなら夕方あたりになるとベタついてくる髪の毛が、使用した次の日はまださらっとしていた。 泡立ちも良いので、何度もシャンプーせずに済みます。

出典: 脂性肌の知人男性(Oさん)

まずは男性用ラボモシャンプー「アートブラック」の口コミ。

泡立ちが良く、泡の持ちも良いためちょっとお得感がある」という感想がありました。

確かに、泡立ちや泡持ちが悪いシャンプーだと、何度もシャンプーをポンプから出すことになるので、ちょっと損した気持ちになりますよね…。

その点、アートブラックはお値段こそそれなりですが、ワンプッシュで十分頭皮全体を洗えるとのことなので、コスパは悪くなさそうです!

また、脂性肌の男性からは「次の日は夕方になっても髪の毛がさらっとしている」という口コミも。

総合すると、「一度のシャンプーで爽快感を得たい」「次の日もベタつきや重くなる髪を気にしたくない」という方におすすめできそうですね。

悪い評価

すっきり感はあるのですが、私は乾燥肌だからか使用した翌日は頭皮が若干つっぱり、頭皮が少しかゆくなりました。

出典: 乾燥肌の知人男性(Hさん)

自然っぽいというか…ハーブっぽい香りは好き不好きがあると思う。 香りはそこまで強くないので、気になるのは洗うときだけですが…。

出典: 脂性肌の知人男性(Oさん)

悪い口コミは以上の通り。

「若干頭皮のつっぱりが…」という口コミがある遠い、やはり洗浄力は強めなので、時期にもよるとは思いますが、乾燥肌の方には合わない可能性もあるようです…。

また、ラボモシャンプー「アートブラック」は「ハーブのような香りが気になる」という口コミも。

香りに持続性はあまりないようなので、ずっと香りがきになるということはないようですが、「ハーブ系の香りは苦手」という方は購入前に良く検討したほうがかもしれません。

女性用「シルキーソフト」の口コミ

良い評価

シャンプー後に頭皮が乾燥して突っ張る感じがなくていい感じ。

出典: 乾燥肌の知人女性(Yさん)

アミノ酸系のシャンプーにしては泡立ちは良かった気がする。香りも女性らしいんだけど、すっきりとしたしつこくない香りですごく良い!

出典: 脂性肌の知人女性(Mさん)

お次は女性用ラボモシャンプー「シルキーソフト」の口コミです。

必見すべきは、「アミノ酸系シャンプーにしては泡立ちが良い」という口コミ。

アミノ酸系シャンプーといえば、泡立ち・泡持ちの悪さは広く知られていると思います。

しかし、ラボモシャンプーのシルキーソフトはアミノ酸系シャンプーのわりに泡立ちが良いそう。

頭皮の負担になりにくいシャンプーは使いたいけれど、泡立ちが悪くてどうしても苦手だった」という方にはおすすめできそうです。

また、ラボモシャンプー「シルキーソフト」は洗浄力の穏やかなアミノ酸系シャンプーなので、シャンプー後の頭皮のつっぱりがなく、頭皮の乾燥によるかゆみなどの心配も少ないとの評価。

しつこすぎない爽やかな香りも、口コミから察するに女性受けがいいようです。

悪い評価

泡立ちは割と良かったけど、持ちはいまひとつなので「がっつり洗えている感」の欲しい方は苦手かもしれません。

出典: 乾燥肌の知人女性(Yさん)

何度か洗わないとイマイチすっきり感は感じられないかも…? 1回洗いで終わった日の翌日はやはりちょっと髪の毛が重くなりやすい。

出典: 脂性肌の知人女性(Mさん)

悪い口コミとしては、以上の通り。

やはりアミノ酸系シャンプーのわりに泡立ちは良くても、泡持ちはそこまで良くないそうなので、モコモコの泡でがっつり洗えている感じを実感したい方には、確かに向いていなさそうです…。

また、ラボモシャンプー「シルキーソフト」は、女性で脂性肌の方には向いていない可能性もありそう。

「1回洗いだと次の日に髪の毛が重くなりやすい」という評価からは、脂を落とし切れていない可能性も感じられます。

先述した通り、アミノ酸系シャンプーは洗浄力が穏やかなので、脂性肌の方は何度かシャンプーをする手間がかかってしまうかもしれません。

自分との相性も気になる…。
自分との相性も気になる…。

ご覧いただいた通り、ラボモシャンプーに関する口コミは賛否両論

なぜこのように評価が割れてしまうのでしょうか?

その理由は、「シャンプーと頭皮の相性」にあります。

では、ラボモシャンプー「アートブラック」と「シルキーソフト」は、どのような特性があるのでしょうか?
また、どんな人と相性が良いのでしょうか…?

次項で詳しく見ていきましょう。

アートブラックの特徴と相性

ラボモシャンプー「アートブラック」は、高級アルコール系シャンプーです。

高級アルコール系シャンプーには、

  • 洗浄力が強い
  • 頭皮に溜まった皮脂をしっかり洗浄できる

などの特徴があり、サッパリと爽やかな洗い上がりになります。

アミノ酸系シャンプーなどと比べると洗浄力が強い分、もともと皮脂の分泌量が少なく乾燥肌で悩んでいる方や、敏感肌肌が荒れやすい方には向いていない傾向にあります。

皮脂にはさまざまな刺激から頭皮を守る役割がありますが、乾燥肌や敏感肌を抱える人がラボモシャンプー「アートブラック」を使い続けると、皮脂を落としすぎてしまう可能性があります。

すると、より乾燥肌や敏感肌が進行し、かゆみやフケの原因になるかもしれません。

また、過度な乾燥から皮脂の分泌が逆に過剰になり、頭皮に炎症が起こることも考えられます。

一方で、脂性肌の男性や毎日ワックスなどをたっぷり使うような方にはおすすめできます。

洗浄力が強いので、余分な皮脂やスタイリング剤の洗い残しの心配もありません

しっかりと汚れや皮脂を洗い落としたい方にこそおすすめなのがラボモシャンプー「アートブラック」なのです。

シルキーソフトの特徴と相性

ラボモシャンプー「シルキーソフト」は、アミノ酸系シャンプー

以下のような特徴が挙げられます。

  • 洗浄力が穏やか
  • 頭皮の負担になりにくい

必要な皮脂を残せる程度の洗浄力で、頭皮を優しくいたわる分、皮脂の分泌量が多い方や整髪料をたっぷり使う方にはあまりおすすめできません。

以上のような方がこのシャンプーを使い続けると、過剰に分泌されている皮脂や汚れを落としきれない可能性があります

皮脂や汚れが残ることによって頭皮が炎症を起こし薄毛を誘発する可能性もあるので注意が必要です。

一方で、乾燥肌の女性や頭皮に炎症ができているため刺激の少ないものを探している方にはおすすめできるシャンプーです。

すべての人に良い効果だけを与えてくれる完璧なシャンプーはありません。

自分の頭皮や髪質に合うシャンプーを選び、使用することが良い頭皮環境への鍵になります。

積極的にケアしたい

アートネイチャー発のラボモシャンプーには、男性向け「アートブラック」女性向け「シルキーソフト」があります。

この記事で紹介した口コミからは、ラボモシャンプーは男性向け・女性向けというよりも、脂性肌か乾燥肌かで相性が分かれることがお分りいただけたのではないでしょうか。

シャンプー選びにおいて、大事なのは自分の頭皮に合ったシャンプーに出会うこと。

自分の頭皮の状態を把握し、より良い頭皮環境が得られるシャンプーに出会えば、きっと頭皮の悩みも改善するでしょう。

なお正しいシャンプーの選び方が気になる方は、ぜひ以下の記事も覗いてみてくださいね。

きっと、自分に合ったシャンプーに出会う手助けになるはずです。

自分に合うシャンプーを見つけて、頭皮環境を健やかに保ちましょう。