目次

  1. あんず油による頭皮ケアの効果や正しい使い方って?
  2. あんず油の頭皮ケア効果は?
  3. あんず油による頭皮ケアの方法
  4. あんず油はヘアケアやスタイリングにも使える!
  5. 正しい頭皮ケア・ヘアケアでツヤツヤ髪に!

ツバキ油やオリーブオイル、ココナッツオイルなど、体に優しいイメージの植物性油脂は昔からよく知られており、気になる人も多いことでしょう。

中でも最近、あんず油は頭皮ケアにも良いと話題。

では、あんず油を使って頭皮ケアをすると、どんな効果があるのでしょうか?

また効果的な使い方などはあるのでしょうか?

そこで今回は、あんず油による頭皮ケアの効果や、その方法を徹底解説。

あわせて、あんず油でできるヘアケアについてもご紹介するので、ぜひ最後までお読みくださいね!

あんず油を使った頭皮ケアの効果はクレンジング

シャンプー前に頭皮に直接つけてマッサージをすることで、余分な皮脂を取り除くことができるのです。

そのため、頭皮のベタつきや臭いを防いだりと、頭皮を清潔に保つ効果が!

また、直接的なあんず油の効果ではありませんが、頭皮のマッサージそのものには血行促進の効果があります。

あんず油による皮脂汚れを落とす効果とともに、マッサージによる血行促進効果も同時に得られるのは、嬉しいですよね。

では、具体的にどのようにあんず油を使うのが効果的なのか、詳しくみていきましょう。

こちらでは、あんず油による頭皮ケアの方法(参考1)をご紹介していきますね。

難しいものではないので、ぜひ参考にしてみてください!

【タイミング】
シャンプーの乾いた頭皮に使用してください。 油は水とはなじみにくいので、髪の毛を濡らす前に行いましょう。

【使用量の目安(注1)】
大さじ1杯(15ml)ほど。

【手順】
①まず、あんず油を適量乾いた手のひらに伸ばします。

②手のひらに伸ばしたオイルを頭皮全体になじませます。

③指の腹で円を描くように、3分ほどかけて頭皮全体をマッサージします。

④シャンプーで2度洗いをして完了。


これで、頭皮のクレンジングは完了です。とても簡単ですよね。

ポイントは、手のひらであんず油をたためてから使うこと。そうすることで、油がより頭皮全体になじみやすくなりますよ。

また、爪を立ててマッサージをすると頭皮を傷つけてしまうので、注意してくださいね。


参考1:柳屋あんず油の使い方
注1:使用量はあくまでも目安ですので、自分の頭皮の状態などに合わせて調整してみてください。


頭皮のケアとしても優秀なあんず油ですが、実はヘアケアやスタイリングにも使えるのです!

その方法はさまざま。

こちらでは、あんず油でできるヘアケアと、その方法(参考2)についてご紹介しますね。

あんず油でできるヘアケアがこちら。

  • ヘアパック
  • トリートメント・ドライヤー対策
  • 紫外線によるダメージ対策
  • スタイリング

参考2:柳屋あんず油の使い方


ヘアパック

あんず油でヘアパックをすることで、指通りの良いなめらかな髪に仕上げることができますよ。

ヘアパックをするときのあんず油の使い方はこちら。

【タイミング】
シャンプー前、お湯で濡らした髪の毛に使用してください。

【使用量の目安(注2)】
ショートカットの方:大さじ1/3
ミディアムヘアの方:大さじ2/3
ロングヘアの方:大さじ1

【手順】
①お湯で濡らした髪に毛先からなじませます。

②蒸しタオルやラップで髪を覆い10分程度放置します。

③シャンプーでしっかり洗い流します。


ヘアパックの場合も手のひらであんず油を温めておくと、髪になじみやすいですよ。

手間もかかりませんし、これならシャワーを浴びながらや、お風呂に浸かりながらできますよね。

髪のダメージが気になる方は、ぜひ一度挑戦してみてください!

洗い流さないトリートメント・ドライヤー対策

あんず油は洗い流さないトリートメントとしてもお使い頂けます。

ドライヤーの使用前にあんず油で髪をコーティングすれば、ドライヤーの熱から髪を守ることもできますよ。

【タイミング】
シャンプー後、タオルドライをした後にお使いください。

【使用量の目安(注2)】
ショートカットの方:2滴
ミディアムヘアの方:4滴
ロングヘアの方:6滴

【手順】
タオルドライをした後、毛先から髪全体にかけてなじませます。

②ドライヤーを髪から20cmほど離して乾かします。


普段、洗い流さないトリートメントを使っている方なら、代わりにあんず油を使ってみるのもいいかもしれませんね。

手間もいらず、簡単なのでぜひ使ってみてください!

紫外線によるダメージ対策

紫外線や髪の日焼けによるダメージが気になる方にも、あんず油の使用がおすすめ。

あんず油をつけておくことで、髪を保護して紫外線によるダメージから守る効果が期待ができますよ。

【タイミング】
おでかけ前

【使用量の目安(注2)】 1滴~2滴

【手順】
①乾いた髪の毛先から内側、外側の順で髪になじませます。

②ブラシや手ぐしで髪を整えます。


あんず油以外のものでスタイリングをした場合は、スタイリングの最後に取り入れるだけでも大丈夫。

簡単ですが、これで少しでものダメージを抑えられるのであれば、嬉しいですよね。

スタイリング

髪の毛の広がりが気になる方には、スタイリングの際にあんず油を使うのもおすすめです。

オイルなので、ツヤツヤな仕上がりになりますよ。

【タイミング】
ドライヤーの後

【使用量の目安(注2)】
1滴〜2滴ほど

【手順】
①ドライヤー後、毛先から髪の内側、外側の順でなじませます。

②ブラシや手ぐしで髪を整えます。


あまりきっちりとスタイリングをしない日や、髪をおろしたい日などは、ぜひ取り入れてみてくださいね。


注2:使用量はあくまでも目安となります。髪の長さや量によって、使用量も調整しながらお使いください。


頭皮のクレンジングとして使えるあんず油ですが、ヘアケアとしても使えます。

あんず油で簡単に頭皮とヘアケアがどちらもできるのは、うれしいですね。

本記事の頭皮ケア方法・ヘアケア方法の参考となっているあんず油はこちら!

気になる方は、ぜひ一度使ってみてくださいね。