目次

  1. 産後の髪トラブル予防にヘアケアは必須!
  2. 産後に髪のトラブルが増える理由とは
  3. 産後におすすめのヘアケア方法7選!
  4. 産後のヘアケアは早めに始めよう!

産後は抜け毛が増えるだけでなく、「髪質が変わった」「髪のまとまりがなくなった」など、思ってもみなかった髪のトラブルに見舞われることがあります。

髪トラブルのせいで好きな髪型にできなかったり、薄毛になってしまったりすることも…。

その原因は、産後の女性を取り巻く環境にありました

今回は、産後に髪トラブルが起きてしまう原因と、おすすめのヘアケア方法をご紹介!

ヘアケア方法を探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

産後に髪のトラブルが増える原因としてまず考えられるのは、ホルモンバランスの変化です。

また、それにともなって産後は頭皮が非常に敏感になっており、少しの刺激でも頭皮トラブルにつながりやすいのも原因のひとつと言えます。

これらに対しておすすめしたいのが、正しいヘアケアによって髪のトラブルをある程度抑えていくこと

すぐにでもできる、産後におすすめのヘアケア方法を見ていきましょう。

産後にぜひやってほしいヘアケア法が、次の7つです。

  • ①バランスの良い食事
  • ②質の良い睡眠
  • ③ストレスを溜めない
  • ④シャンプーを見直す
  • ⑤洗髪方法を見直す
  • ⑥カラーやパーマに注意する
  • ⑦育毛剤を使用する

それぞれのヘアケア法について詳しく見ていきましょう。

①バランスの良い食事

食事の改善は、髪への栄養という面から考えると立派なヘアケア方法と言えます。

そもそも、妊娠中や産後の授乳期は胎児や子どもに栄養がいくため、どうしても母体の栄養が不足してしまいます。

そのため、頭皮に満足に栄養が行き届かず、髪トラブルの原因に。

特に、髪の生成や成長に関わるタンパク質ビタミンミネラルは、髪の毛を作るうえで重要な栄養素であり、あまりに不足すると健康な髪が育たず、抜け毛や薄毛になりかねません。

そうならないように、普段からバランスの良い食事を心がけ、体とともに頭皮も健康にしていきましょう。

下の記事では、さらに詳しく栄養素や摂取方法を紹介していますので、こちらも参考にしてみてくださいね。

②質の良い睡眠

産後は子ども中心の生活となってしまうため、なかなか睡眠時間を確保できていない人も多いのではないでしょうか。

髪の成長に関わる成長ホルモンは、寝ている間に最も多く分泌されていると言われています。

そのため、睡眠不足が続くと成長ホルモンの分泌量が低下し、髪の毛が十分に成長できないため、抜け毛や結果的に薄毛に繋がってしまいかねないのです。

また、睡眠不足によってホルモンバランスが乱れることがあるため、髪トラブルの原因となることも…。

そうならないために、しっかり寝ることもヘアケア方法の一つです。

家族で協力して、できれば6時間以上の良質な睡眠を取れる環境を整えましょう。

③ストレスを溜めない

産後は特に初めてのことだらけで、ストレスが溜まりやすい環境にあります。

また、髪トラブルにより髪型が決まらなかったり、人の目を気にしてしまったりすることで、ストレスがどんどんたまる悪循環に陥ってしまう場合もあります。

そのままストレスを溜め続けてしまうと、髪のトラブルの原因になってしまうことも…。

ストレスが蓄積されると、血管が収縮し、血行不良を招いてしまいます。

その結果、十分な栄養を摂っていたとしても、頭皮に栄養が行き渡らず、健康な髪の生成や成長に影響してしまう可能性があるのです。

ストレスは、ためずに発散するのが一番。

育児や家事の隙間時間を見つけ、簡単な運動をしたり、友達と話すなど、ストレスを少しずつでも解消するようにしましょう!

④シャンプーを見直す

自分の頭皮に合わないシャンプーを使っていると、頭皮が荒れ、髪のトラブルに陥ってしまうことがあります。

髪のトラブルを防ぐためのヘアケア方法として、自分の頭皮タイプを把握して、どのシャンプーが合うのかを今一度確認しましょう

頭皮が敏感な産後には、頭皮にやさしい弱酸性で洗浄成分がアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

ヘアラボでおすすめのチャップアップシャンプーを紹介していますので、気になる方は公式サイトをチェックしてみてくださいね。

⑤洗髪方法を見直す

シャンプーの選択だけでなく、洗髪方法もヘアケアの一つとして重要です。

ヘアラボおすすめの洗髪方法は次の通り。

  • ブラッシングで髪の汚れを落とす
  • お湯だけで髪と頭皮を予洗いする
  • シャンプーをしっかり泡立てる
  • 指の腹を使って頭皮をマッサージするように洗う
  • しっかりとすすぐ
  • タオルドライ後、ドライヤーを使って髪を乾かす

ここで重要なのは、頭皮を傷つけないようにすることです。

指の腹を使って、髪ではなく頭皮を洗うイメージで洗髪しましょう!

より詳しい洗髪方法の手順については、下記の関連記事を参考にしてみてくださいね。

⑥カラーやパーマに注意する

正しいヘアケア方法をしていても、頭皮に過度な刺激が加わることで、髪や頭皮トラブルを引き起こしてしまうことがあります。

特に、頭皮が敏感になっている産後のカラーやパーマには要注意

カラーやパーマの薬剤は刺激が強いため、頭皮につくとかゆみや発疹などの炎症を起こす可能性があります。

その結果、頭皮環境の悪化により、抜け毛の増加や薄毛を招くことに…。

そうならないために、カラーやパーマはできるだけ避ける、もしくは頻度を少なくしましょう。

⑦育毛剤を使用する

「育毛剤」と聞くと、ハゲや薄毛のイメージがあるかもしれません。

しかし、育毛剤には育毛効果や発毛促進効果が認められている成分が一定量配合されている一方、人体に対する作用が緩やかで刺激が少ないのが特徴です。

そのため、産後の敏感になっている頭皮ケアやヘアケアとしてもおすすめなのです。

また、育毛剤には育毛効果の他にフケやかゆみの予防効果があり、頭皮環境を整えることができます。

この点からも、産後にはぴったりの方法と言えるでしょう。

でも、育毛剤には種類がたくさんあって選べない…という方のために、妊娠中や授乳中の方でもご使用いただける育毛剤をご紹介します。

それは、ベルタ育毛剤。ヘアラボで女性に一番売れている育毛剤です。

気になる方は公式サイトをチェックしてみてくださいね。

今回は、産後に抜け毛が増える原因と、おすすめのヘアケア方法7つを紹介しました。

産後に髪のトラブルが起きてしまう主な原因は、ホルモンバランスの乱れ
また、頭皮が敏感になっていること。

しかし、妊娠・出産という体に大きな変化がある以上、ホルモンバランスの乱れを防ぐことはできません。

そのため、産後は特に意識してヘアケアを行うことが重要です。

今回紹介したヘアケア方法は、すぐに実践できる簡単なものばかり。

ぜひ、今日から取り入れてみてくださいね!