目次

  1. アミノ酸トリートメントって何?私も使える?
  2. 《解説》アミノ酸トリートメントについて
  3. おすすめアミノ酸トリートメント【3選】
  4. 効果を高める!おすすめトリートメント方法
  5. ご自身の髪質や欲しい効果を考慮したトリートメント選びを!
“髪や肌に良い”と言われるアミノ酸を含むトリートメントの実態とは…?
“髪や肌に良い”と言われるアミノ酸を含むトリートメントの実態とは…?

主に美容室などで耳にする機会の多い、アミノ酸トリートメント

「アミノ酸トリートメントって具体的にどんな効果があるの?」
「自分の頭皮や髪の毛に合っているかどうかが知りたい」

などと興味津々の方もたくさんいらっしゃるでしょう。

この記事では、アミノ酸トリートメントのすべてをぎゅっとまとめてお伝えしていきます。

アミノ酸トリートメントの特徴役割などの基本的な情報はもちろん、どのような方に適したトリートメントなのか効果的な使い方なども一緒に紹介していくので、ぜひヘアケアの参考にしてみてください。

アミノ酸トリートメントの詳細をまるっと解説!
アミノ酸トリートメントの詳細をまるっと解説!

こちらでは冒頭でお伝えしたような方たちのために、

  • アミノ酸トリートメントの特徴・役割
  • アミノ酸トリートメントが適している方

などについて、しっかりと解説していきます。

アミノ酸トリートメントとは?

アミノ酸トリートメントとは、その名の通りアミノ酸を豊富に含むヘアケアトリートメントのことを指します。

そんなアミノ酸トリートメントにはどのような特徴があり、どのような役割を担うのか…。

「そもそもアミノ酸の働きとは?」という点から、詳しく見ていきましょう。

アミノ酸と天然保湿因子

人の肌や髪の毛など“細胞から成る物質”には、必ず角質層の水分保持を担う「天然保湿因子(NMF)」がもともと備わっているのですが、実はこの天然保湿因子の約半分はアミノ酸で出来ています

アミノ酸は水と結合しやすい性質を持っているため、天然保湿因子としての役割を担うことができるのです。

しかし、この天然保湿因子が日頃のダメージなどで失われていくと、肌や毛髪の水分が次第に減っていき、乾燥が進んでしまいます

したがって、この肌や毛髪の“うるおいの素”の働きをサポートするためにはアミノ酸が欠かせないのです。

アミノ酸トリートメントの特徴と役割

上記にあるような保湿作用を持つアミノ酸を豊富に含んでいるため、アミノ酸トリートメントは髪の水分保持に優れているという特徴があります。

そんな高い保湿性を活かして、ダメージを受けて乾燥した髪の毛に水分をキープし、髪の毛にツヤやうるおいを与え、手触りの良い状態に導いてくれる役割があるのです。

保湿力に優れていることから、コンディショナーを使用する必要がない商品が多いのも、アミノ酸トリートメントのポイントです。

アミノ酸トリートメントに含まれる“アミノ酸成分”

一口に「アミノ酸」と言っても、その種類は数多に存在します

なんと自然界には“500種類”ほどのアミノ酸が存在していると言われており、このうち、私たちの生命を維持するために必要な栄養素であるたんぱく質を構成しているアミノ酸は、わずか“20種類”(※)のみ。

※具体的な成分一覧:(左の▶をクリックすると開きます)

バリン、ロイシン、イソロイシン、アラニン、アルギニン、グルタミン、リジン、アスパラギン酸、グルタミン酸、プロリン、システイン、スレオニン、メチオニン、ヒスチジン、フェニルアラニン、チロシン、トリプトファン、アスパラギン、グリシン、セリン

中でも、保湿成分としてよく含まれる主なアミノ酸は、以下の通りです。

  • グリシン
  • アラニン
  • セリン
  • プロリン
  • アルギニン

アミノ酸トリートメントが向いている方

保湿性に優れたアミノ酸トリートメントですが、もちろん「どんな方にも効果的」というわけではありません

アミノ酸トリートメントには、

  • 髪のダメージを補修ケアする
  • 傷み・乾燥によるゴワつきや髪の広がりを抑える
  • ツヤ・ハリ・コシ・まとまりを与えて、見た目や手触りを良くする

などの効果が期待できます。

したがって、以下のような方適していると言えるでしょう。

  • ヘアダメージが気になる
  • 髪のボリューム感を抑えたい
  • ツヤやかでしっとりとした髪を目指したい
  • 絡まりやすい髪の毛の指通りを良くしたい

対して、

  • トップがペタンコになりやすいので髪にボリューム感がほしい
  • 髪の毛をふんわりと軽やかな質感にしたい

という方には向いていないので、使用は控えましょう

アミノ酸トリートメントの概要向き・不向きが把握できたところで、おすすめのアミノ酸トリートメントについて紹介していきたいと思います。

ラインナップは、以下の3つ

  • ①アミノレスキュー/ハイダメージトリートメント
  • ②ジュレームアミノ/ディープリペア アルゲ ヘアマスク
  • ③ベルーガ/アミノダメージケア トリートメント

それぞれ基本情報や特徴をお伝えしていくので、ぜひお買い物の参考にしてみてください。

①アミノレスキュー/ハイダメージトリートメント

内容量
200g

価格
通常価格:1,450円(税抜)

特徴
16種類のアミノ酸を配合。

傷んだ髪の補修ケア、カラーの持続を第一に考えて作り出されたサロンクオリティのヘアパックです。

集中ケアトリートメントで、毛先まで指通りなめらかでパサつきのない美しい髪の毛に導きます。

②ジュレームアミノ/ディープリペア アルゲ ヘアマスク

内容量
200g

価格
オープン価格
参考価格:

特徴
18種類のアミノ酸やナノダメージ補修成分を配合し、傷んだ髪を徹底補修ケア。

ダメージ補修だけでなく、ヘアカラーの色落ちや湿気による髪の広がりなどを予防し、コンディショナーなしでも1日中まとまりのある手触りの良い髪をキープしてくれます。

③ベルーガ/アミノダメージケア トリートメント

内容量
400mL

価格
オープン価格
参考価格:1,800円(税抜)

特徴
18種のアミノ酸成分を配合。
さらに、リペア効果の高い生ケラチンや生コラーゲンをプラスし、ダメージによるパサつき、うねり、傷んだ部分を集中補修ケアします。

髪の内側まで補修し、一本一本にハリ・コシを与えます。

こちらでは、アミノ酸トリートメントの保湿効果をグッとを高めるトリートメント方法について紹介していきます。

写真も交えて分かりやすく手順をお伝えしていくので、ぜひ今日からお試ししてみてください。

①シャンプーをした後は水分をきる

両手を合わせて、毛先までしっかりと。
両手を合わせて、毛先までしっかりと。

②トリートメントをつける

髪の毛の中間から毛先に向かって、念入りに。
髪の毛の中間から毛先に向かって、念入りに。

③トリートメント剤をなじませる

手ぐしで中間〜毛先までを全体的に。
手ぐしで中間〜毛先までを全体的に。

④コームでトリートメントを細部までなじませる

髪に負担がかかりにくいよう、目の荒いコームで。
髪に負担がかかりにくいよう、目の荒いコームで。

⑤熱いお湯につけて絞ったタオルでトリートメントパック

「3分〜5分」ほど時間を置く。
「3分〜5分」ほど時間を置く。

⑥トリートメントをしっかりすすぐ

毛先までトリートメント剤が残らないように。
毛先までトリートメント剤が残らないように。

⑦お好みでコンディショナー(リンス)を使用する

髪の毛の傷みが気にならない方は、トリートメントのみでOK。
髪の毛の傷みが気にならない方は、トリートメントのみでOK。

注意点

  • 頭皮までトリートメントをつけない
    洗い上がりが重たくもったりしたような質感になります。

  • すすぎ残しがないかしっかりチェックする
    毛穴詰まりを起こして頭皮トラブルを招く可能性があります。

いつまでも健やかで美しい髪を保つために。
いつまでも健やかで美しい髪を保つために。

ここまで、特徴役割、期待できる効果、向き不向き、おすすめ商品にいたるまで、アミノ酸トリートメントの“いろは”を詳しくお伝えしてきました。

おさらいになりますが、アミノ酸トリートメントは「保湿」に特化したトリートメントです。

  • ヘアダメージが気になる方
  • 髪のボリューム感を抑えたい方
  • ツヤやかでしっとりとした髪を目指したい方
  • 絡まりやすい髪の毛の指通りを良くしたい方

などにはおすすめできますが…

  • トップがペタンコになりやすいので髪にボリューム感がほしい方
  • 髪の毛をふんわりと軽やかな質感にしたい方

上記のような方には向いていないトリートメントなので、ご使用を検討する際はご自身の欲しい効果が得られるかをしっかりと考慮してください。