目次

  1. 【1分で理解】「オールオンスカルプ」の革命的な3つの特徴
  2. 反則すぎる成分数!「オールオンスカルプ」と他の育毛剤の違いとは?
  3. 気になる「オールオンスカルプ」の安全性は?副作用はない?
  4. 【開発秘話】「オールオンスカルプ」の誕生ストーリー
  5. 最強育毛剤「オールオンスカルプ」はどこで買うべき?
  6. 「オールオンスカルプ」の効果を発揮しやすくなる使い方を解説!
  7. 【まとめ】オールオンスカルプで薄毛対策をすべき理由

※値段はすべて税抜き価格です。

令和元年の6月、国立大学が監修した革新的なヘアケア用品「オールオンスカルプ」が発売されました。

いきなり結論から言うと、薄毛で悩んでいる人は、まず「オールオンスカルプ」を試してみてください
この1セット(育毛剤×ブースター)があれば、他の育毛剤を試す必要がありません。

なぜなら「オールオンスカルプ」は、他の育毛剤のエース級の成分のほとんどを配合しているからです。

日本には120種類以上の育毛剤があると言われますが、「オールオンスカルプ」を試せば、薄毛の悩みが育毛剤で解決できるかを判断できます

自分に合う育毛剤を何本も試すような、“育毛剤難民”になる心配も少ないです。

◎「オールオンスカルプ」の主な3つの特徴

  • 世の育毛剤の注目成分を全配合(※1)
    →業界初155種類配合(※2)

  • 国立大学研究「フラバンジェノール」配合
    →フランスでは医薬品として使われている注目成分

  • 育毛剤とブースターのWアプローチ
    →育毛剤にプラスして、ブースターで二刀流ケア

(※1)メーカーが現時点で考えられる最適な成分をすべて処方(2019年6月時点) (※2)ヘアラボ調べ(2019年6月時点)

次の章から、「オールオンスカルプ」の革新的な特徴や安全性などについて、詳しく見ていきましょう。

「オールオンスカルプ」を一言で表現すれば、“プロ野球のオールスターのような育毛剤”です。

他の育毛剤の4番バッター・エースピッチャーに当たる成分を「オールオンスカルプ」1セットにギュッと凝縮しました。

育毛効果を最大限に発揮する》ため、そして《1本で育毛剤との相性を判断できるようにする》ため、 全155種類もの成分が配合されています。

オールオンスカルプ(育毛剤)の成分一覧

D-パントテニルアルコール、グリチルリチン酸ジカリウム、精製水、エタノール、1,3-ブチレングリコール、濃グリセリン、1,2-ペンタンジオール、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、 フェノキシエタノール、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、クエン酸ナトリウム、クエン酸、ツバキ油、 フランスカイガンショウ樹皮エキス、加水分解ヒアルロン酸、加水分解黒豆エキス、無水エタノール、チンピエキス、ニンジンエキス 、 ジオウエキス、センブリエキス、 ビワ葉エキス、オオムギ発酵エキス 、モモ葉エキス、カモミラエキス(1)、ユズセラミド

オールオンスカルプ(ブースター)の成分一覧

水、エタノール、PEG−40水添ヒマシ油、(アスペルギルス/乳酸桿菌/レウコノストック/ペディオコッカス/サッカロミセス /ジゴサッカロミセス)/(オオムギ種子/ダイズ種子/コメ/アズキ種子/ナタマメ種子/ハトムギ種子/ヒエ種子/アワ種子/キビ種 子/アメリカブドウ果実/リンゴ果実/ウンシュウミカン果実/ヤマブドウ果実/バナナ果実/モモ果実/ウメ果実/ナシ果実/イチジク 果実/スイカ果実/セイヨウカボチャ果実/カキ果実/パパイア果実/アンズ果実/ニンポーキンカン果実/カリン果実/ヨーロッパキイ チゴ果実/クリ果実/ビワ果実/クコ果実/ナツメ果実/ユズ果実/モモルジカグロスベノリ果実/オタネニンジン果実/キャベツ(葉/ 茎)/シソ葉/ヤマグワ葉/ドクダミ/ヨモギ/ヤブカンゾウ花/サツマイモ根/キクイモ塊茎/ニンジン根/ダイコン根/ハス根茎/タ マネギ根/カブ根/ゴボウ根/ヤマユリ根/サトイモ塊茎/ヤマノイモ根茎/クワイ塊茎/カンゾウ根/アカバギンナンソウ葉/マコンブ 葉/ワカメ葉/モズク/オニグルミ種子/イチョウ種子/マタタビ果実/ゴマ種子/ヤマブシタケ子実体/マイタケ子実体/シイタケ子実 体)発酵エキス、オレンジ果皮油、コリアンダー果実油、オタネニンジン根エキス、ダマスクバラ花油、ジャスミン油、ベルガモット果実 油、ティーツリー葉油、ペルベチアカナリクラタエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、センブリエキス、セリン、グリシン、スサビノリ エキス、コトジツノマタ/ミツイシコンブ/ヒトエグサ葉状体エキス、マヨラナ葉エキス、ボタンエキス、グルタミン酸、チャ葉エキス、 アラニン、アルギニン、リシン、トレオニン、フユボダイジュ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ミツイシコンブエキス、カミツレ花エ キス、ヒキオコシ葉/茎エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、プロリン、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、 セイヨウキズタ葉/茎エキス、セイヨウノコギリソウエキス、セージ葉エキス、スギナエキス、オトギリソウ花/葉/茎エキス、 アルテア根エキス、アルニカ花エキス、アカツメクサ花エキス、BG、メントール、クエン酸Na、EDTA−2Na、クエン酸、 グリチルリチン酸2K、パンテニルエチル、ヒアルロン酸Na、酢酸トコフェロール、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド、 グリセリン、ベタイン、イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPD、PCA−Na、ソルビトール、ピロ亜硫酸Na、メチルパラベン、 デキストラン、塩化亜鉛、アセチルテトラペプチド−3、プロピルパラベン

※「成分一覧」をクリックすると全成分が表示されます。

あまりに数が多く、さすがに全部は説明しきれないので、特筆すべき<4種類>を見ていきましょう。

海藻エキス
キャピキシル
リデンシル
フラバンジェノール

有名育毛剤に必ず入っている「海藻エキス」

有名育毛剤に入っているエース級の育毛成分の筆頭が「海藻エキス」。

育毛剤ランキングの上位に登場する有名どころに入っている育毛成分の王様的存在です。

北海道に繁殖する<ミツイシコンブ>から抽出して製造されたエキスで、優れた保湿効果や、頭皮を健康にする効果が期待されています。

しかも、ミネラルが豊富な上に、肌に弱い人や女性にも優しい頭皮ケア成分。

有名育毛剤で重宝され、王道成分として君臨しています。

「オールオンスカルプ」ではブースターに、<ミツイシコンブエキス>という成分名で配合されています。

配合するメーカー急増中の「キャピキシル」

キャピキシルの原材料「アカツメクサ花」
キャピキシルの原材料「アカツメクサ花」

2つ目の注目成分は「キャピキシル」。

キャピキシルは、カナダの化粧品原料メーカー「ルーカスマイヤーコスメティクス社」によって開発された化粧品成分で、皮膚の柔軟性を保ち、毛髪にハリとコシを与える目的で配合されます。

現在、ヘアケア業界から最も注目を集める成分といっても過言ではなく、キャピキシルを配合する商品が急増中。

キャピキシルは《育毛剤には配合されない成分》であり、「オールオンスカルプ」でもブースターに入っています(「アセチルテトラペプチド-3」と「アカツメクサ花エキス」を合わせたものがキャピキシル)。

売り切れ続出の先進成分「リデンシル」

リデンシルの原材料「セイヨウキズタ」
リデンシルの原材料「セイヨウキズタ」

3つ目の注目成分は「リデンシル」。

リデンシルは、スイスのインデュケム社が開発した成分で、高い育毛力が期待される先進成分。

世界最大の化粧品原料展示会「インコスメティック」では、2014年に銀賞を獲得しており、以下の成分を組み合わせたものです。

  • セイヨウキズタエキス(DHQG):肌を整える
  • 茶エキス-1(ESCG2):頭皮環境を清潔に保つ
  • グリシン:タンパク質の主要構成成分で、毛髪の成長をサポート
  • 塩化Zn:毛髪を構成するケラチンに含まれるシスチンの結合を強化
  • ピロ亜硫酸Na:保湿成分

高い育毛効果が期待できることから、今後はヘアケア業界で引っ張りだこになること間違いなしです。

国立大学研究の「フラバンジェノール」配合

海岸松から抽出される「フラバンジェノール」
海岸松から抽出される「フラバンジェノール」

「オールオンスカルプ」の凄いところは、他社の育毛成分の寄せ集めだけでなく、《独自のスカルプ成分》も配合していることです。

新たな薄毛ケアアプローチとして国立大学が研究している「フラバンジェノール(松樹皮抽出物)」を採用したことで、空前絶後のヘアケア用品となりました。

「フラバンジェノール」は、フランス南西部に植林された海岸松から抽出された天然由来のポリフェノールで、フランスでは40年以上も血管系疾患の医薬品として使われています。

「オールオンスカルプ」を一緒に提携して製造している東洋新薬という国内大手の製薬会社が着目し、育毛剤への配合が実現しました。

オールオンスカルプ育毛剤に入っている<フランスカイガンショウ樹皮エキス>が「フラバンジェノール」です。

育毛剤とブースターのダブルアプローチ

※角質層まで

「オールオンスカルプ」が育毛剤とブースターに分かれているのを見て「2つも使うのが面倒臭そう」と思った人もいるでしょう。

いえいえ、ちょっとお待ちください。育毛剤とブースターの二刀流が、反則すぎる成分数の秘密なのです。

というのも、そもそも育毛剤やスカルプエッセンス(化粧品)は、成分数の規制が厳しいヘアケア用品。

医師や薬剤師が対面で判断して量を調節する医薬品と違い、育毛剤や化粧品は不特定多数の人が使います。
そのため、問題が起きないように、身体に影響の出る成分の量を“かなり”セーブしなければいけません。

育毛剤や化粧品は、配合できる成分量が少ない

特に育毛剤は、厚生労働省が効果を認めた有効成分が入っている反面、身体に悪影響が出ないよう、配合量ががんじがらめに制限されます。

これまで育毛剤が、「効果がない」「どれを使っても一緒」と言われてきた理由はそこにあります。

そのハードルを超えるべく「オールオンスカルプ」は、育毛剤とブースターの二刀流によって、育毛パワーを最大限に発揮しているのです。

せっかく大切なお金と時間を使うのですから、少々手間がかかっても、きちんと効果を上げる方がいいですよね?

オールオンスカルプの3つの特徴

・世の育毛剤の注目成分を全配合(※1)

・国立大学研究「フラバンジェノール」配合

・育毛剤とブースターの二刀流ケア

(※1)メーカーが現時点で考えられる最適な成分をすべて処方(2019年6月時点)

次の章から、「オールオンスカルプ」の革新的な特徴や安全性などについて、詳しく見ていきましょう。

育毛剤において、効果と同時に気になるのが副作用です。

「オールオンスカルプ」のように、これでもかと育毛成分を詰め込んだら、身体への悪影響も強いのでは?と不安になりますよね。

ですが、安心してください。「オールオンスカルプ」は国内の工場で生産し、安全性を検証するための試験を実施しています。

具体的には、皮膚科専門医によって、次のような試験が実施されました。

  • パッチテスト
    →赤み、腫れの試験

  • スティンギングテスト
    →かゆみ、ヒリヒリ感の試験

  • 放射性物質検査
    →放射性物質を検出する試験

これら厳しい3つの審査をすべてクリアした上で販売しています(※すべての人に刺激・アレルギーが出ないわけではありません)。

実際にオールオンスカルプを使った使用感の口コミ

ここで、実際に「オールオンスカルプ」のサンプルを使った人の口コミを見てみましょう。

手間なく簡単に使用できて、サラサラな液体の安心感もGOOD。それと、2本使う瞬間の贅沢な感じがたまりませんね。

20代男性:

これまで使ってきた育毛剤は、「もう終わり?ホントに効果あるのかな?」という虚無感に包まれていましたが、オールオンスカルプは2回ケアするから効果ありそうです!

液も水みたいで、変にベタベタしないので、これならズボラな僕でも継続できそうですね!

30代男性:

話している相手の視線が頭にいかなくなりました。

今までは会話をしている相手が時々自分の頭を見ていることが多かった気がしたのですが、今ではそういった視線を感じることはありません。

今年の夏は、数年ぶりの海水浴に行き、存分に水を浴びて来たいと思います!

40代男性:

ここまで「オールオンスカルプ」の成分や安全性について説明してきましたが、ここでオールオンスカルプの開発に関わった人に話を聞いてみましょう。

「オールオンスカルプ」の販売を手がける、株式会社アラン・プロダクツの澤口さんです。

――まずは、澤口さんが育毛剤を開発することになった経緯を教えてください。

澤口
澤口

実は僕自身が、中学生くらいから友達に「てっぺん薄くない?」と言われていて、、、。 日常的に頭頂部の薄毛を気にしていました。

そんな中で今回、会社が育毛剤を開発すると聞いて、これはいいチャンスだと自ら希望して関わりました。

――「オールオンスカルプ」を開発するにあたって、どんな育毛剤にしよう思いましたか?

澤口
澤口

僕自身が薄毛に悩んでいるので、効果が期待できる育毛剤を作ろうと思いました。

だから、髪や頭皮に良い成分をできる限り配合しようと、採算度外視で成分にこだわっています

――ということは、「オールオンスカルプ」は原価が相当かかっているのですか?

澤口
澤口

ここだけの話、(他の育毛剤より)数倍はかかっていると思います(笑)。

薄毛と一口に言っても実は様々な原因があり、その原因ごとに適切な成分は異なります

でも売られている育毛剤ってそれぞれ売りにしている成分が異なっていて、どれが自分に合うものなのか判断することは難しいですよね。

実際にいくつもの種類の育毛剤を試しては諦めている方をたくさん見てきました。

そこで、人気育毛剤に含まれている成分を全部入れてしまおう!という大胆なコンセプトで生まれたのが「オールオンスカルプ」です。

自分に合う育毛剤選びにかかってしまう不必要な時間とお金を無くし最低限の費用で育毛ケアできることを願って製造させていただきました。

――たしかにこれなら迷っている人におすすめしたくなります。また国立大学が研究した技術を搭載しているという話を聞いたのですが、こちらも詳しく教えてください

澤口
澤口

記事でも説明してもらった「フラバンジェノール」ですね。

新たなアプローチによる育毛作用を期待できる成分として国立大学が研究していて、フランスでは医薬品として扱われているようです。

この「フラバンジェノール」は、2009年にノーベル生理学・医学賞を獲得した「テロメラーゼ」という酵素を活性化させるという研究結果が出ています。

参考文献
[1] 東洋新薬 , 『フラバンジェノール®』がテロメラーゼを活性化することを確認―毛髪のもととなる細胞を増加させ髪の成長を促進する可能性― ,

――「テロメラーゼ」はNHKの『クローズアップ現代』で、不老不死の薬として特集されましたね。ヘアケア用品にも応用できるのですか?

澤口
澤口

はい。これまでの育毛剤やブースターの難点は、毛根まで浸透しないことがある点でした。角質層といって、液が頭皮の表面までしか届かないんです。

でも、フラバンジェノールによって、頭皮の上でも成分がアプローチする効果が期待できるんです。

溶液が毛根まで浸透しなくても、毛髪・頭皮が整えられるよう働きかけます。

ぜひ「オールオンスカルプ」を体験して欲しいですね。

オールオンスカルプの開発秘話

・薄毛対策に適切な成分は一人ひとり異なる

・人気育毛剤の全成分配合*

・国立大学が研究している成分を配合

*メーカーが現時点で考えられる最適な成分をすべて処方(2019年6月時点)

製品について理解できたところで、次に気になるのは、どこで購入するのが得か?

「オールオンスカルプ」の購入場所は、2019年6月24日現在、公式サイトのみです。

今後はAmazonや楽天市場、ヤフーショッピングにも出店される予定ですが、おすすめは《定期便の購入》《返金保証》がある公式サイト。

◎定期便のメリット

  • 初回価格980円(税抜き)の95%オフ
  • 全国、どこでも送料無料
  • 電話1本で解約OK
  • 永久全額返金保証つき
  • プレゼント付き(初回のみ)

毎月、指定した日時に届く定期便であれば、通常価格20,000円が9,800円(税抜き)になる割引価格。
初回はなんと95%オフの980円(税抜き)です。

そして、単品購入だと送料が660円かかるところも無料になります。

また、髪の毛の成長に必要なタンパク質を含んだプロテインを1袋プレゼント(初回購入分のみ)。

安心の《永久全額返金保証》つき

「オールオンスカルプ」は定期便で購入すると、なんと《永久全額返金保証》がついています(初回購入分のみ)。

期間が永久なので、肌に合わなかった場合や、継続して使うのが難しいと判断したときに、1本試してからでも返金が可能です。

お得な返金保証があるのは、公式サイトだけ。

ぜひ「オールオンスカルプ」の購入は、<公式サイト>から<定期便>でお申し込みください。

公式サイトで購入するメリット

・定期購入の初回は81%オフの3,800円

・定期便は2回目からも9,800円

・初心者も安心の永久返金保証つき

※値段は税抜き価格です

育毛剤とブースターのWケアという画期的な「オールオンスカルプ」ですが、正しく使わないと効果は発揮されません。

「オールオンスカルプ」の使用方法は1日1回。おすすめのタイミングはシャンプー直後です。
タオル、ドライヤーで完全に乾かした後に使いましょう。

頭皮が清潔の状態の方が、「オールオンスカルプ」の液が浸透しやすくなるからです(※角質層まで)。

まずは育毛剤から10プッシュ、ブースターを5〜6プッシュし、どちらも頭皮全体にスプレーしてください。

オールオンスカルプは、頭皮全体を健康にして毛髪を活性化させるヘアケア用品です。

薄毛が気になる部分だけでなく、髪がある後頭部などにも塗りましょう。

オールオンスカルプはどれくらい使い続ければいい?

薄毛の改善までは個人差がありますが、まずは6か月以上お使いください。

6か月という期間は、荒れてしまった頭皮が健康に戻る目安です。大部分の人は3か月以内に諦めてしまいますが、それまで投資した費用が時間が水の泡です。

すぐに薄毛が改善されて欲しいのは誰もが同じですが、薄毛対策は根気勝負。

1日1回、たった数分のケア。継続は力なりですので、ぜひ半年間は粘りましょう。

※値段はすべて税抜き価格です。

以上、革新的なヘアケア用品「オールオンスカルプ」を解説してきました。

最後に、オールオンスカルプで薄毛対策をするべき理由を整理しましょう。

◎オールオンスカルプの3つの特徴

  • 155種類の成分を配合

  • フラバンジェノール配合

  • 育毛剤とスカルプエッセンスのWアプローチ

◎オールオンスカルプの安全性

  • 国内工場で生産
  • 皮膚科医による3つの安全性テストを実施

「オールオンスカルプ」は、育毛剤難民にならないよう、“これ1セット”で育毛剤の見極めができるアイテムです。

令和元年に誕生したオールオンスカルプで、薄毛対策の一歩を踏み出しましょう。