目次

  1. 生え際の薄毛、AGA治療で対策できる…?
  2. AGA治療は生え際の薄毛にも効果が期待できます
  3. AGAとは?
  4. AGAによる生え際の薄毛には治療薬がおすすめ
  5. AGAによる生え際の薄毛、治療薬で対策してみては?

生え際の薄毛が気になる…」
「AGA治療って生え際にも効くの?」

こんな悩みを持っている方、いませんか?

「頭頂部は対策できるが、生え際は対策できない」といった噂もありますし、不安になりますよね。

いざAGA治療をしたものの、まったく効果が得られなかった…なんてことは避けたいところ。

そこで本記事では、AGA治療は生え際にも効果が期待できるのか、そして具体的な治療を紹介していきます。

結論から言うと、AGA治療は生え際の薄毛にも効果が認められています。

ただし、生え際の薄毛すべてにAGA治療が有効なわけではないのも事実。

AGA治療の効果が期待できるのは、AGAによる生え際の薄毛のみです。

生え際の薄毛の多くはAGAによるものだと考えられていますが、一部頭皮ダメージやその他脱毛症によるものもあり得ます。

なので、生え際の薄毛がAGAによるものなのかどうか、事前に知ってから対策することが重要ですよ。

また、「AGA治療は生え際には効きにくい」なんて意見もありますが、これは噂に過ぎず明確な根拠はありません。

生え際の薄毛、いわゆるM字ハゲは典型的なAGAの症状であるため、AGAのための対策で効果が期待できるのは当然ともいえますね。

それではまず、AGAについて説明していきましょう。

AGAとは思春期を過ぎた男性に現れる薄毛の症状のことで、男性型脱毛症とも呼ばれます。

男性の薄毛の大半はこのAGAが原因と言われており、前頭部・頭頂部から薄毛が進行するという特徴があります。

そのため、生え際の薄毛も多くはAGAによるところと考えられるわけですね。

AGAは、男性ホルモンの一つであるDHT(ジヒドロテストステロン)が髪の成長サイクルを乱すことで引き起こされます。

DHTは男性ホルモンであるテストステロンと、5αリダクターゼという酵素が結合することで産生されます。

AGA治療では、このDHTの産生を防いだり、DHTによって乱された髪の成長サイクルを整えることで、薄毛を治療していきます。

そのため、頭皮環境の乱れ円形脱毛症によって生え際の髪の毛が減っている場合、AGA治療の効果を期待することはできません。

「生え際の薄毛が気になるけれど、原因が分からない」という方は、一度医療機関で診察してもらい、原因を明らかにすることが大切ですよ。

AGA治療と一口に言っても、その方法は多岐にわたります。

今回は、日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版において、推奨度Aとされている方法を2つ紹介します。

  • フィナステリド(内服)
  • ミノキシジル(外用)

フィナステリド(内服)

フィナステリドは、AGA治療において一定の効能効果が認められている有効成分です。

5αリダクターゼの働きを抑えることで、AGAの原因であるDHTの産生を防ぐ効果が認められています。

AGAの原因を抑えることが主な働きであるため、積極的に発毛するというわけではなく、薄毛の進行遅延を目的とした成分といえます。

フィナステリド含むAGA治療薬として有名なのが、『プロペシア』です。

このプロペシアは、クリニックや病院などで処方してもらえますよ。

ミノキシジル(外用)

発毛効果の認められたミノキシジル

ドラッグストアなどでも購入できるおなじみの発毛剤、リアップシリーズの有効成分です。

頭皮の血行を促進させ、髪へ栄養を送りやすくする働きを持ち、さらに髪の成長サイクルを整え、発毛を促す効果も。

フィナステリドがAGAの進行遅延を目的とした成分なのに対し、ミノキシジルは発毛で薄毛を対策する成分といえます。

フィナステリドもミノキシジルも、副作用のリスクがある医薬品です。

そのため、医師や薬剤師の許可がなければ購入できません。

使用を検討している方は、医療機関や薬局で相談し、慎重に判断するようにしましょう。

最後にまとめると、AGAによる生え際の薄毛であれば、AGA治療の効果が期待できるのですね。

繰り返しになりますが、まずは自身の薄毛がAGAなのかどうかについて、医療機関で診てもらうのが重要です。

今回、日本皮膚科学会でも推奨されているフィナステリド・ミノキシジルを対策としてご紹介しましたが、副作用が気になるという方は、以下の記事を参考にしてみてください。

自分に合った対策で、生え際の薄毛をケアしていきましょう。