目次

  1. 要注意!AGAとタバコの関係
  2. そもそもAGAとは?
  3. 【結論】タバコが原因でAGAが悪化する可能性あり
  4. 禁煙するためには、クリニックもしくは病院へ
  5. AGAにお悩みの方は、タバコとの付き合い方を考えてみては?

AGA(男性型脱毛症)で悩む方の中には、タバコを吸っている方もいますよね。

タバコが健康に悪いというのは常識ですが、髪への影響は意外と知られていません。

「髪に悪いならやめたいけど、どうなの?」という方もいるではないでしょうか?

そこで本記事では、タバコが髪にどのような影響を及ぼすのか、タバコとAGA(男性型脱毛症)の関係について、詳しく解説します。

AGAとは、思春期を過ぎた男性に現れる薄毛の症状で、男性型脱毛症とも呼ばれます。

徐々に進行する脱毛症で、頭頂部や前頭部から薄毛になるのが特徴。

AGAの多くは、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が、髪の成長サイクルを乱すことで引き起こされます。

DHTは同じく男性ホルモンのテストステロンと、5αリダクターゼという酵素が結合することで産生されるもので、脱毛ホルモンとも呼ばれます。

しかし、なぜタバコがAGAを悪化させると言えるのでしょうか。

具体的に述べると、タバコによって引き起こされると言われているのは、AGAの原因であるDHTの増加です。

ハーバード大学で行われた調査によると、非喫煙男性と喫煙男性では喫煙男性の方がDHTが多かったというデータがあります。

DHTが多い=AGAになるとは言い切れないのですが、すでにAGAになっている場合、DHTの増加が薄毛の進行を早めることも…。

そのため、タバコがAGA悪化の原因となる可能性があると言えるのですね。

また、AGA悪化の直接の原因とはいえませんが、髪や頭皮に悪影響を与えるポイントも3つあります。

  • 血管の収縮
  • ビタミンの消費
  • 肝機能の低下

順番に見ていきましょう。

血管の収縮

ニコチンには血管を収縮させる作用があるため、頭皮をはじめ体全体の血行を悪くします。

頭皮の血行が悪くなると、髪に栄養を送る毛乳頭という部分に必要な栄養素が届きにくくなり、髪の成長を妨げる可能性がありますよ。

また、タバコの煙には一酸化炭素が含まれており、これは酸素を運ぶヘモグロビンと強力に結合するため、頭皮や髪の毛に運ばれる酸素の量も少なくなります。

つまり、タバコの血管収縮作用によって必要な栄養素や酸素が行き渡らなくなり、髪が十分に成長できない環境になってしまうのです。

ビタミンを消費する

タバコにはビタミン類を大量に消費するという作用があります。

髪の毛の成長には、ビタミンEやビタミンC・ビタミンB12などが必要不可欠。

タバコはこれらのビタミンを破壊したり、ビタミンの吸収を阻害するため、髪の成長のさまたげになりかねません。

また、タバコの煙にはシアン化水素という成分が含まれ、これがビタミンB12を消費します。

ビタミンB12は髪の毛が生成される際の細胞分裂を促す栄養素なので、不足すると髪が育たなくなる可能性があります。

肝機能の低下

肝臓は体の中に溜まった毒素を処理してくれたり、摂取したものを栄養に変換してくれる臓器です。

つまり、タバコによる有害物質の処理や、髪の毛が成長するための栄養を作る臓器とも言い換えられますね。

タバコを普段から吸っていると、肝臓は体内に入ってきた有害物質の処理に追われることになります。

すると、栄養の変換が追い付かなくなり、髪の成長に支障をきたす可能性も…。

もともと肝機能の低い方や、アルコールをよく飲む方は特に注意が必要ですよ。

このように、タバコが髪に与える悪影響は多大なものです。

なので、髪をいたわるのであれば禁煙をおすすめしますよ。

とはいえ、禁煙はよほどのことがない限り、自分一人ではなかなかできないものですよね。

そこで、クリニックの禁煙外来を考えてみてはいかがでしょうか。

禁煙外来では、禁煙のための補助薬を処方することで、ニコチン切れの離脱症状を抑え、禁煙を続けやすくします。

禁煙補助薬には、次のようなものがあります。

  • ニコチンを含まない飲み薬
  • ニコチンパッチ
  • ニコチンガム

専門の医師が処方し健康保険等が使えるのは、ニコチンを含まない飲み薬と、医療用のニコチンパッチです。

ニコチンガムと一部のニコチンパッチは一般用医薬品なので、ドラッグストアなどでも購入できます。

タバコはAGAに悪影響を及ぼすとともに、頭皮環境にも良くないのですね。

また、髪だけでなく身体の健康を考えてもタバコのデメリットは計り知れません。

なので、可能であればすぐに禁煙することを推奨します。

とはいえ、突然やめるのは難しいという方もいますよね。

そういう方は少しずつ減らす、禁煙外来に行くなど、意識してタバコをやめる努力を始めてはいかがでしょうか?