目次

  1. AGA治療薬の個人輸入は危険!?
  2. AGA治療薬の個人輸入をおすすめできない4つの理由
  3. AGA治療薬の購入はクリニックがおすすめ!3つのメリット
  4. クリニックでAGA治療薬を処方してもらった場合の費用は?
  5. 個人輸入での薬の購入は、慎重に検討しよう

プロペシアなどAGAの治療薬として知られる医薬品を、できるだけ安く手に入れたいという方も多いはず。

そんな方の味方となるのが、個人輸入や個人輸入の代行を行なってくれる業者ですよね。

けれど、AGAの治療薬として用いられる医薬品を個人で輸入することや、個人輸入の代行業者から購入することはおすすめできません

今回は、個人輸入がおすすめできない理由や、AGA治療薬をクリニックで処方してもらった場合のメリットを合わせてご紹介します。

AGAに効果的とされる薬の使用を考えている方は、自己判断で購入する前にぜひこの記事をご確認ください。

個人輸入や個人輸入代行業者からの医薬品の購入がおすすめできない理由は、大きく分けて4つあります。

  • ①偽造品や粗悪品の可能性がある
  • ②症状に適した医薬品かわからない
  • ③使用禁止の人や使用注意の人がわからない
  • ④副作用が出ても迅速な対応が受けられない

①偽造品や粗悪品の可能性がある

個人輸入や代行業者からの購入がおすすめできない理由の1つ目は、偽造品や粗悪品の可能性です。

海外では、医薬品の偽造品が多く出回っており、これはAGA治療薬も例外ではありません

中には極め正規品に近いものが流通していることもあるので、見分けるのが難しくなっています。

また、海外での製造、保管、流通の部分までは個人輸入代行業者も目が行き届かないため、どのような経緯で日本に輸入されているかわかりません。

場合によっては、有害な物質が含まれていることも。

さらに、日本で定められた品質や安全性の調査がなされていない医薬品になるため、思わぬ健康被害が起きないとは言えません。

②症状に適した医薬品かわからない

個人輸入や、個人輸入代行業者から医薬品を購入する場合、医師の診断を受ける必要はありません。

治療に使われる薬というのは、基本的には処方箋がなければ購入できませんが、個人輸入の場合は自由に購入できてしまいます。

医師の診断を経ているわけではないので、たとえばAGAの薬としてプロペシアを個人輸入で購入したとしても、実はAGAではないものが薄毛の原因だったということも考えられます。

自分の症状や、その症状の原因に適した薬でないと、効果は見られません。

むしろ効果はなかったけれど、副作用だけ出てしまうということも考えられます。

個人輸入や代行業者から購入する場合、このように自分の症状に適していない薬を購入、使用してしまうことも考えられるので注意が必要です。

③使用禁止や使用注意の人がわからない

個人輸入や個人輸入代行業者から医薬品を購入した場合、医師や薬剤師の説明を受けることはできません

医薬品は、それぞれの薬に”禁忌”というものがあり、使用できない人が決まっています。

また、使用の前に医師への確認が必要な人や、相談が必要な人も。

これはAGA治療薬も例外ではありません

しかし、個人輸入で医薬品を購入すると、添付されている文書は英語で書かれていることが多く、ネットで情報を集めるしかありません。

さらにネットの情報も全てが正しいものとは限らないため、正確な情報がわからないまま使用することに。

こうした状態で医薬品を使用すれば、ひどい副作用が出る可能性も考えられます。

④副作用が出ても迅速な対応が受けられない

個人輸入や代行業者から医薬品を購入し使用していた場合、副作用が出ても迅速な対応が受けられない可能性が考えられます。

海外の医薬品は医師や薬剤師が、その成分などを十分に把握できないため、何によって副作用が起こっているのかもわからず、迅速かつ適切な対応ができないことが考えられるのです。

また、場合によっては副作用救済制度の対象にならないことも。

そうなると、経済的にも負担が大きくなってしまいます。

AGAの薬を個人輸入や個人輸入代行業者から購入するのがおすすめできない理由は理解いただけたかと思います。

一方、AGA治療薬はクリニックで処方してもらうことができます。

こちらでは、AGA治療薬をクリニックで処方してもらうメリットを3つ、ご紹介します。

①自分の症状に合った薬を処方してもらえる

薄毛と一言で行っても、その原因はさまざま。

また、AGAといっても人によって進行度合いなどが異なります。

薄毛治療を行なっているクリニックであれば、薄毛の原因や頭皮の状態、症状によって適切な薬を提案してくれます。

さらに、薄毛の原因がAGAでない場合なども、自己判断よりも正確な判断をしてもらうことが可能。

薄毛の進行度合いなどによっても、薬の強さを調節してもらえたりと、より自分の症状に適した薬を購入できます。

AGAの疑いがある場合や、薄毛の原因がわからない場合は、まず薄毛治療を行うクリニックでカウンセリングを受け、薄毛の原因や適した薬を教えてもらいましょう。

②遺伝子検査や血液検査に基づいた投薬が可能

薄毛治療を行うクリニックには、遺伝子検査や血液検査を受けられる医院があります。

これらは、薄毛の原因を突き止める他、AGA治療薬が効果的かどうか、副作用の可能性はどうかなどを測る目的で用いられる検査。

そのため、より効果的と考えられる治療薬を処方してもらうことができます。

これは個人輸入ではできない判断ですよね。

効果的なのかわからないものを使用するよりも、より効果が望めるものを使用できるのも、クリニックでAGA治療薬を処方してもらうメリットといえます。

副作用が出た時に相談できる

クリニックで処方された薬であれば、副作用が出た時もすぐに相談できます。

さらに、医師や薬剤師などもしっかり成分や効果、副作用などを把握している医薬品を処方してもらえるため、副作用に対する対応も迅速かつ適切なものになります。

もちろん、使用前に副作用の説明や使用法の説明を受けることができるので、誤った使用で作用を起こす心配もありません

体への影響を考えても、クリニックで処方を受けるメリットはかなり大きいと言えるでしょう。

AGAの薬は、個人輸入の方がクリニックの処方より安くなると言われています。

では、薄毛治療を行うクリニックでAGA治療薬を処方してもらった場合、費用はどれくらいになるのでしょうか?

今回はAGA治療薬として処方されることが多いプロペシアとそのジェネリック、ザガーロカプセル、ミノキシジルタブレットの4つの費用をご紹介します。

薬の種類 詳細 費用
プロペシア 初回処方 約5,000~
6,000円
2回目以降 約7,000円
プロペシア
ジェネリック
初回処方 約4,000~
5,000円
2回目以降 約6,000円
ザガーロ 初回処方 約5,000円
2回目以降 約8,000~
10,000円
ミノキシジル
タブレット
約10,000円

クリニックでAGA治療薬を処方してもらう場合、ジェネリック医薬品にすることで費用を抑えられます。

また、クリニックごとでも費用が変わるので、あらかじめホームページなどで費用を調べておくのもおすすめです。

AGAの薬の個人輸入は、偽造品の可能性や体への影響などの理由からおすすめできません

しかし、AGA治療薬はクリニックで処方してもらうことが可能。

クリニックでの処方なら、自己判断や個人輸入で医薬品を使用する際のリスクを減らすことができます。

費用こそ個人輸入よりも高くはなりますが、個人輸入で健康被害が出てしまえば、かえってお金がかかってしまうことも考えられます。

AGA治療薬の購入や使用を検討している方は、自分の判断ではなく、クリニックで処方してもらいましょう。