目次

  1. AGA治療に《育毛メソセラピー》!?
  2. 徹底解説!育毛メソセラピーとは何か
  3. 育毛メソセラピーを受けられるクリニック3選
  4. AGA治療の選択肢、《育毛メソセラピー》をご検討あれ!

AGAの治療法として、今注目されている育毛メソセラピー
AGAや薄毛に悩む方の中には、一度は耳にしたことがある人もいるかも知れません。

実際、育毛メソセラピーが受けられるクリニックは増えています。しかし、比較的新しい治療法とあって、まだその正体がよく知られているとは言いがたい状況です。

果たして、育毛メソセラピーとは、どのような治療法なのでしょうか。そして、その効果のほどは?

今回は育毛メソセラピーについてじっくりと解説していきます!

一言でいうと、育毛メソセラピーとは、発毛促進に有効な成分を、注射器などで頭皮に直接注入するAGA治療法のこと。

そもそもメソセラピーは、美容外科において、痩身のために脂肪を溶解する目的で使われていた手法。

それを薄毛治療に応用したのが、この育毛メソセラピーなんです。

実施しているクリニックによって、「AGAメソセラピー」「毛髪再生メソセラピー」など、呼び方はまちまち。

この記事では「育毛メソセラピー」で統一します。

具体的に、《何を》注入する?

注入する薬液はクリニックによって異なりますが、およそ共通して、主成分は「成長因子(グロースファクター)」と呼ばれるものです。

「成長因子」は、体内で細胞を成長・増殖させたり、細胞の分裂を促進したりする、タンパク質の一種。 毛乳頭や毛包を細胞レベルで活性化させ、発毛促進させる働きをします。

その「成長因子」に、さらに「毛乳頭細胞に作用して毛髪を太くするミノキシジル」、「AGAの原因となる男性ホルモンDHTの生成を抑制するフィナステリド」(注1)、その他ビタミンなどの栄養分を配合したものを、各クリニックが使っています。

のちほど具体的なクリニックに即して、より詳しい成分を確認していきますね。

注1:ミノキシジルとフィナステリドは医薬品成分です。

《どう》注入する?

注入方法は、大きく分けて2種類。注射針を使う方法と、針を使わずレーザーや専用の機器を使う方法があります。

針を使わないタイプの最大の利点は、痛みがない(少ない)こと。

ただ、一方の針を使うタイプでも、使われる針はごく細いものですし、院ごとにさまざまな痛みを軽減する工夫が行われています。

いずれの方式でも、施術時間は10〜30分程度と、短時間で終了します。

《なぜ》注入する?外用や内服より効くのか?

AGA治療の有効成分を摂取する方法として、一般的なのは「外用」(頭皮に直接塗布する)と「内服」(飲む)です。

メソセラピーでは、なぜ「注入」するのでしょうか。注入すると、外用したり内服したりするより、よく効くのでしょうか?

「その通り、よりよく効くのだ」、とするクリニックもあります。

たとえば、このあと紹介する湘南美容外科は、「毛髪再生メソセラピーは発毛育毛に必要な成分を直接頭皮から浸透させますので、効果が高」い、としています(参照1)。

一方に、「いや、育毛メソセラピーの効果にエビデンス(医学的根拠)はない」、とする専門家の声もあります(参照2)。

やや専門的な話になりますが、厚生労働省や日本毛髪科学会が認めた「ミノキシジル外用」や「フィナステリド内服」に対し、育毛メソセラピーには権威ある機関のお墨付きがないのが現状です。

実際、メソセラピーを取り入れているクリニックでも、育毛メソセラピーをオプションと位置付け、主たる治療は飽くまで処方薬としているところが多いよう。

学界・臨床の双方から、さらなる報告が待たれます。

さて、それではここから、育毛メソセラピーの実状を、具体的なクリニックに即して見ていきましょう。

今回は育毛メソセラピーが受けられるクリニックを3つ、ご紹介します。

最初に、目次を兼ねて、各院のメソセラピーの料金を一覧表でお示ししましょう。

銀座総合美容クリニック 19,440円/1回
湘南美容外科 98,000円/3回
東京青山クリニック 75,600円~/1回

※価格は2017年11月現在(税込み)。なお、育毛メソセラピーは保険適用外のため、全額自己負担となります。

①銀座総合美容クリニック

針を使わない「ノーニードルメソセラピー」

まずご紹介しますのは、銀座総合美容クリニック、通称「銀クリ」。

東京・新橋の人気クリニックです。

こちらの育毛メソセラピーは針を使わないタイプ。痛みがなく、術後の腫れもないとのことです。

注入する薬液は、主に次のような成分で構成されています。

  • 成長因子
  • ミノキシジル
  • フィナステリド
  • その他(コエンザイムQ10、ヒアルロン酸、銅ペプチド)

先にも述べましたが、成長因子は発毛を促進するもの、ミノキシジルは毛髪を太くするもの、フィナステリドはAGAの原因物質をブロックするもの。

これらは多くのクリニックの育毛メソセラピーに共通しています。

「その他」に含めてしまいましたが、コエンザイムQ10は血行促進、ヒアルロン酸は保湿、銅ペプチドは抜け毛を防ぐ効果が期待できる、とのことです。

価格は、1回あたり19,440円。

「半年間に8回」を1クールとして実施している、とのことです。

※育毛メソセラピーは内服薬による治療の補助、という位置付けなので、このほかに薬代や診察費がかかります。

②湘南美容外科

全国に50以上の分院を持つ湘南美容外科は、2009年に毛髪部門が誕生して以来、多種多様な薄毛治療を行っています。

湘南美容外科で実施しているメソセラピーは、針を使わないタイプ。

レーザーや超音波を駆使して、各種の成長因子を毛根に届け、発毛を促します。

治療の回数・期間は経過を見ながらの判断になりますが、3回(最短)で98,000円、12回(最長)で380,000円。

なお、一部の院では、注射針を使うタイプのメソセラピーも実施されています。

米FDA(日本の厚労省にあたる)承認の「ボトックス」という製品を注射し、「頭皮の緊張を低下させる」というもの。

こちらは1回、68,850円となっています。

メソセラピー単体でも受けることはできるものの、効果を期待するなら、やはり処方薬との併用が望ましいとのことです。

③東京青山クリニック

東京・青山を本院に、全国に12の分院を展開する東京青山クリニック

こちらのメソセラピーは、針で注入するタイプ。ごく細い針を使うので、痛みはほとんどないとのことです。

注入する薬液ですが、オリジナルのものを調合して使用するクリニックが多いなか、こちらは提携関係にある米「BENEV社」の既製品を使っています。

やはり成長因子が主たる成分のようです。

料金は、1回あたり75,600円~。一応メソセラピー単体でも受けることはできますが、処方薬との併用が推奨されています。

育毛メソセラピーがどういった治療法か、理解を深めることができたでしょうか。

今回ご紹介したクリニックは、いずれも無料カウンセリングを実施しています。

より具体的な話を、クリニックで直接お聞きになるのも手ですよ!

「AGA治療は薬だけではない」という点だけでも、押さえておいて損はありません。ひとつの選択肢として、育毛メソセラピーをご検討ください!

参考文献
[1] 銀座総合美容クリニック , https://www.gincli.jp/ , 最終検索日 2018年4月6日
参考文献
[2] 湘南美容クリニック , http://www.s-b-c.net/ , 最終検索日 2018年4月6日
参考文献
[3] 東京青山クリニック , http://www.tokyoaoyama.com/ , 最終検索日 2018年4月6日